番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週月曜日~木曜日 20:00~20:10
提供:オッズパーク

ラジオNIKKEI競馬実況アナウンサーが日替わりで登場。競馬のデイリーニュースから競馬関係者の声まで、競馬情報と愛情たっぷりの番組。

新着記事

日本の馬券で負けても、香港が...!

2016.12/06 大関 隼 記事URL

こんばんは、大関隼です。

 

いよいよ暮れの阪神、中山、中京開催がスタート。4年ぶりに先週は「冬の中山」に行っていたのですが、この時期としてはかなり気温も上がって風も穏やかな中での仕事でした。日曜の午後など、特別戦の取材で検量室前とスタンドの放送席を行き来していると、スーツの上にコートを着なくてもあまり寒さを感じないくらい。こんな感じで冬を乗り切れたら良いんですが、そんなに甘くはないんでしょう。

 

ちなみに、暮れの中山名物のイルミネーションは今年も実に美しいモノ。競馬が終わった後には家族連れの方々が多数、このイルミネーションを楽しまれていました。競馬場を家族で楽しんで、競馬が終わればイルミネーションも楽しめる。これはぜひ沢山の方に実際に見て頂きたいですね。そして、お子様の中から未来の競馬ファンが出てくれれば...。

 

 

今週末は、日曜日には日本勢が大挙出走するシャティンでの香港国際競走。4つのGIが1日で一挙に行われる、日本でもすっかりおなじみのシリーズですが、4レース合わせて日本勢が13頭も遠征!しかも、今年からは日本国内で馬券を(ネット限定とは言え)4つとも買えるんですから、例年以上に注目を集めるのは間違いないでしょう。

 

せっかくこれだけ日本馬が出て盛り上がるなら、今後、この週はWIN5も通常のJRA5競走対象に加えて、香港と日本のGI対象のWIN5をやっても面白いのでは?とも思ってしまいました。ちなみに、今年は15時00分に香港ヴァーズ、15時40分に阪神ジュベナイルフィリーズと香港スプリント、16時50分に香港マイル、17時30分に香港カップ、という発走時刻。阪神ジュベナイルフィリーズと香港スプリントが同時発走なので今年は無理ですが、海外馬券がかなりの売り上げを記録している流れが今後も続くようなら、検討の余地はあるのではないでしょうか。JRAのレース5つが対象のWIN5が途中で外れても、香港のレースも入ったWIN5の行方に一喜一憂できる...こんな楽しみ方があっても良いと思うのですけど。

 

さて本題。今日7日(火)の競馬が好きだ!は、今週末に迫った日本、香港のGIの見所を中心に、今週末地方競馬で行われる情報もご紹介です。担当は舩山アナ。お楽しみに!

 

★今週のオッズパークで購入可能な、主な地方重賞★

10日(土) 師走賞(佐賀)

11日(日) 寒菊賞(水沢)

11日(日) 中日杯(金沢)

 

こんばんは、大関隼です。

いよいよ暮れの阪神、中山、中京開催がスタート。4年ぶりに先週は「冬の中山」に行っていたのですが、この時期としてはかなり気温も上がって風も穏やかな中での仕事でした。日曜の午後など、特別戦の取材で検量室前とスタンドの放送席を行き来していると、スーツの上にコートを着なくてもあまり寒さを感じないくらい。こんな感じで冬を乗り切れたら良いんですが、そんなに甘くはないんでしょう。

ちなみに、暮れの中山名物のイルミネーションは今年も実に美しいモノ。競馬が終わった後には家族連れの方々が多数、このイルミネーションを楽しまれていました。競馬場を家族で楽しんで、競馬が終わればイルミネーションも楽しめる。これはぜひ沢山の方に実際に見て頂きたいですね。そして、お子様の中から未来の競馬ファンが出てくれれば...。


今週末は、日曜日には日本勢が大挙出走するシャティンでの香港国際競走。4つのGIが1日で一挙に行われる、日本でもすっかりおなじみのシリーズですが、4レース合わせて日本勢が13頭も遠征!しかも、今年からは日本国内で馬券を(ネット限定とは言え)4つとも買えるんですから、例年以上に注目を集めるのは間違いないでしょう。

せっかくこれだけ日本馬が出て盛り上がるなら、今後、この週はWIN5も通常のJRA5競走対象に加えて、香港と日本のGI対象のWIN5をやっても面白いのでは?とも思ってしまいました。ちなみに、今年は15時00分に香港ヴァーズ、15時40分に阪神ジュベナイルフィリーズと香港スプリント、16時50分に香港マイル、17時30分に香港カップ、という発走時刻。阪神ジュベナイルフィリーズと香港スプリントが同時発走なので今年は無理ですが、海外馬券がかなりの売り上げを記録している流れが今後も続くようなら、検討の余地はあるのではないでしょうか。JRAのレース5つが対象のWIN5が途中で外れても、香港のレースも入ったWIN5の行方に一喜一憂できる...こんな楽しみ方があっても良いと思うのですけど。

さて本題。今日7日(火)の競馬が好きだ!は、今週末に迫った日本、香港のGIの見所を中心に、今週末地方競馬で行われる情報もご紹介です。担当は舩山アナ。お楽しみに!

★今週のオッズパークで購入可能な、主な地方重賞★
10日(土) 師走賞(佐賀)
11日(日) 寒菊賞(水沢)
11日(日) 中日杯(金沢)

テンションの上がる曲。

2016.11/29 大関 隼 記事URL

こんばんは。大関隼です。

 

ジャパンカップも終わり、いよいよ今週末からは師走の中山、阪神、中京開催。おかしいなぁ、この前札幌に行ったばかりのはずだけど?という感覚になります。競馬に携わっていると、1年が流れていくのが本当に早く感じられますね。

 

先週は京都に出張だったのですが、最終12レースに組まれていたのが重賞・京阪杯。実はその本馬場入場曲には、京阪電車の駅発車メロディーなども手がけていることで有名な作曲家、向谷実さんの作った、京阪淀駅の発車メロディーをモチーフにした曲「A Promising Moment」が使われたのです。ちなみに向谷実さんは、現在「中央競馬実況中継」で使われているオープニングテーマ「ビクトリー・ロード」と、エンディングテーマ「日はまた昇る」の作曲・編曲も担当してくださっています(詳しくはこちら)。

 

結構あちこちで書いているのですが、ワタクシ大関はこの類の「出囃子」が大好きなのです。普段とは違う入場曲で出走馬の紹介が出来るときなどは、一気にテンションが上がってしまいます。近年の中央競馬だと、1年を締めくくる冬の阪神開催最終日の最終レース=ファイナルステークスの入場曲でEuropeの「The Final Countdown」が使われるのが有名でしょうか。

 

有馬記念ウィークの入場曲にワム!の「ラスト・クリスマス」が使われたり、今年の京阪杯のように「入場曲にいつもと違うスパイスがかかる」機会、もっと増えないかなーと願っています。来年は中央競馬に久々にバレンタインステークスが復活しますし、以前のように「バレンタイン・キッス」が入場曲になることも期待してみましょうか。勿論フリーウェイステークスにはユーミンの「中央フリーウェイ」を!

 

さて本題。29日(火)の「競馬が好きだ!」では、女性騎手5人がシリーズ戦で覇を競う「レディースヴィクトリーラウンド(LVR)」の話題を中心にお送りします。7日(月)に盛岡で第1ラウンドが行われ、30日(水)には名古屋で第2ラウンドが控えています。進行は山本直アナ。このシリーズ、もっと女性ジョッキーが増えれば、女性騎手だけで(JRAのジョッキーも交えて)行える形式なので、近未来にぜひ純粋な女性ジョッキー同士の戦いも見てみたいところ。お楽しみに!

 

(そういえば今年はのんびり紅葉を見る機会もなく師走を迎えてしまいそう。去年までは大阪に住んでいたので、ふらーっと紅葉を見に京都へ行ってたんです。というわけで、去年見に行って心が洗われた、知恩院にある高村光雲作の聖観音菩薩立像と紅葉の写真でも)

 

★今週のオッズパークで購入可能な、主な地方重賞★

1日(木) 園田金盃(園田)

3日(土) 雲仙岳賞(佐賀)

4日(日) ばんえいオークス(帯広)

4日(日) 北上川大賞典(水沢)

日本にもカーニバルデーがあったら。

2016.11/22 大関 隼 記事URL

こんばんは、大関隼です。

いよいよ今週末はジャパンカップ。「ジャパン・オータム・インターナショナル」と銘打たれた秋のGI4連戦もいよいよあと2つとなりました。

ただ、GI4つで外国馬の参戦はジャパンカップの3頭、そのうち2頭は昨年に続いてのジャパンカップ参戦。新顔の外国馬の参戦が少ないというのは、勝ち負けどうこうを抜きにしてちょっと寂しいような気がしてしまいます。

なぜ来日する馬が少ないか。個人的にですが、やはり「国単位でチームを組んで遠征」ができないって大きいのかな、という気もします。日本勢がドバイや香港に行く、となれば複数のGIが同日に一挙に開催されるので、複数の馬が同じ輸送スケジュールでチームを組んで遠征できる、そして馬同士でも1頭にならずに精神的負担を少なくできる、といったメリットが考えられます。これを海外からジャパンカップという1レースでやろうとするのは難しいわけで。

そうなると、いわゆる「カーニバルデー」の創設が、日本でも考えられても良い時期に来たのかもしれません。JBCが1日JpnI競走一挙に3連発、というスタイルで盛り上がっているように。「1日で4つ」は難しいかも知れませんが、「11月の3週目、京都でエリザベス女王杯+マイルCS」「次の週に、東京でJC+チャンピオンズカップ」という「2+2」の構図なんか一度見てみたいな、とも思います。京都が国際色にあふれた翌週は東京へ、国際レースの実施間隔を詰めることで外国勢が「チームを組んで」日本へ遠征しやすくする、というスタイルがあっても良いんじゃないか...と。エリザベス女王杯を実況するときに「ここにスノーフェアリーのような馬が来ていたら」ということを想像して思ったのでした。

さて本題。22日(火)の「競馬が好きだ!」では、あす23日(水祝)に園田競馬場で行われるダートグレードJpnII=兵庫ジュニアグランプリの展望を中心にお送りします。進行は小林アナ。

折角なので、また兵庫ジュニアグランプリの塗り絵を作ってみました。


そして23日といえば、高知では記念すべき第1回の重賞=黒潮ジュニアチャンピオンシップ。昨年、久々にサラ系2歳戦の復活なった高知で今年は2歳の重賞レース。昨年高知からデビューして、地方他地区でも活躍している現3歳ディアマルコの活躍を見ても、ぜひここをきっかけに飛躍する馬が出てほしいところ。

そういえば、大阪に勤務していた頃、高知へ旅打ちに行こう、行こうと思っているうちにチャンスを逸してしまったワタクシ大関。高知競馬場にはまだ1回も行った事がないゆえ、何とか機会を作って行きたいなぁ。美味しい鰹と土佐あかうしが食べたいんです(そっちですか?)。



★今週のオッズパークで購入可能な、主な地方重賞★
23日(水) 兵庫ジュニアグランプリ(園田・JpnII)
23日(水) 黒潮ジュニアチャンピオンシップ(高知)
24日(木) 笠松グランプリ(笠松)
26日(土) 久住山賞(佐賀)
27日(日) ドリームエイジカップ(ばんえい)
27日(日) 金沢ヤングチャンピオン(金沢)

やっぱり無我の境地に。

2016.11/15 大関 隼 記事URL

こんばんは、大関隼です。 1週間前の今頃に比べると、なにか相当穏やかな気持ちでキーボードに向かっているように思えます。

私事ですが、先週日曜日、京都競馬場でGI・エリザベス女王杯を実況してきました。

実況が決まった時には、春にNHKマイルカップでGI実況の緊張感、プレッシャーを初めて経験してから半年、 この間に自分がどれだけやれるようになったかを確かめられる好機到来だ!という嬉しさがありました。 しかし、レース当日が近付いてくるほどにプレッシャーはじわじわと増大し、前日土曜の前半の実況から 普段とは違う緊張感が襲ってきました。

そして結局、当日もスタンドの盛り上がりも普段とは違う中で感じる、 胃がキリキリするような緊張感には「ああ、やっぱり初めてGI実況した時と変わらないな...」と思わされました。

とにかく今回は2200mでペースも落ち着くから、焦らずに行こうという意識はしていました。しかし、4コーナーからは組み立てなんてしている余裕は皆無で無我夢中、気がついたらすでに レースは終わっていた、という感覚は半年前と全く同じでした。 当然、我に帰ったら「ダメだ、あそこであの言い方は...」とか頭を抱える点は多々あったのも全く同じですが。何とか無事に終わってここ2週間くらい付きまとっていたプレッシャーからやっと 解放してもらえた、という事だけが救いでした。

安堵感から帰宅後、泥の様に眠ってしまった事は言うまでも無く!

(せっかくなので、今週はエリザベス女王杯の塗り絵の写真を。書き込みが大量に入ってます↓)

表示

今回の実況で教えられたのは「GIは何回経験しても、こんな凄まじい緊張に襲われる」という事でした。 その中でいかに質の高いサービス(実況)をするか、また考えていかなくてはいけませんね。 「練習は仕事、レースは集金」「意識をして練習し、無意識で本番に臨む」―。 練習の鬼として一時代を築いた滝澤正光さんの言葉は重い、と痛感する今です。

さて本題。15日(火)の「競馬が好きだ!」では、今週末20日(日)に水沢で行われる3歳の地方全国交流重賞、 ダービーグランプリをメインに特集します。担当は中野アナ、ダートグレード時代の名馬の活躍も振り返ります。お楽しみに!

★今週のオッズパークで購入可能な主な地方重賞★
17日(木) 東海菊花賞(名古屋)
19日(土) カペラ賞(佐賀)
20日(日) ダービーグランプリ(水沢)
20日(日) 土佐秋月賞(高知)

沸きに沸きました、文化の日の川崎。

2016.11/08 大関 隼 記事URL

こんばんは、大関隼です。 いやー、今年も熱いJBCでした。

去る3日(木)、好天の川崎競馬場で第16回JBCが行われました。ワタクシ大関にとっては入社2年目から9年連続で現地で見届ける事になったJBC、「地方競馬の祭典」にふさわしい盛り上がりでした。

競馬場のすぐ隣に商業施設「マーケットスクエア川崎イースト」が今年2月にオープンし、場内もリニューアルされて迎えたJBC。スタンドの中も人でぎっしりと埋まり、内馬場の芝エリアにも見渡せばたくさんの敷物が見えていました。

JBCデー、内馬場も賑わう川崎

ちなみに、内馬場からスタンドを見るとこんな感じ。




1日に国内における最高グレードレース(JpnI)を3つも見られる、という年に1回しかない特別な日。取材しているとあっという間に次のJpnIがやってくるのでなかなか大変ですが、この高揚感はJBCじゃなければ味わえないよな、といつも思うのです。

個人的には、「持ち回り」をコンセプトに生まれたJBCですから、この高揚感、もっといろんな所で味わえたらな...とも思います。普段ビッグレースの機会が少ないような場所に、JRA勢を含めたダート界のスターホースやスタージョッキーがやって来て、現地で競馬を見てもらう。これも、競馬がこの先盛り上がっていくには大事なんじゃないかなー、と川崎の盛り上がりを肌に感じるにつけ思いました。

...それは大関アナがJBCにくっつけた旅打ちに行きたいだけでは?という突っ込みは許してください(;´・ω・)

さて本題。今日8日(火)の「競馬が好きだ!」では、10日(木)に門別競馬場で行われる、ホッカイドウ競馬の1年を締めくくる大一番、今年で59回目を迎える道営記念の展望を中心にお送りします。メイン担当は舩山アナ。

ホッカイドウ競馬の開催が門別1場になってからは「年間の開催最終日の最終レース」に組まれるようになった道営記念。去年の勝ち馬グランプリブラッドが出走を残念ながら取り消しましたが、一昨年の勝ち馬ウルトラカイザー、今年5戦4勝2着1回と充実の4歳シーズンを迎えたオヤコダカ、今年の北斗盃、北海優駿と2冠を達成して世代交代を狙う3歳馬スティールキングなど、ホッカイドウ競馬の頂上決戦に相応しい豪華なメンバーとなりました。お楽しみに!

ちなみに、道営記念も塗り絵作ってみました。



★今週のオッズパークで購入可能な主な地方重賞★
10日(木) 兵庫クイーンカップ(園田)
10日(木) ブロッサムカップ&道営記念(門別)
12日(土) 周防灘賞(佐賀)
13日(日) クインカップ(ばんえい)、南部駒賞(水沢)、北國王冠(金沢)、黒潮マイルチャンピオンシップ(高知)

...と、今週末にも地方は重賞目白押しですが、注目は日曜に金沢競馬場で行われる日本最長距離のダート重賞、2600mの北國王冠でしょうか。

北國王冠と言えば思い出すのは、ナムラダイキチとジャングルスマイルが残り800mから完全に後続を千切って一騎打ちを見せた2011年の一戦。実況アナがゴール前で「うーん、これは良いモノを見た!」と唸るくらいの凄いレース。ワタクシ大関も「競馬の名勝負」をいくつか挙げるとしたら、絶対に挙げたくなるような名レースですね。ぜひ一度見てみてください。こちら


これもアウェーの洗礼?

2016.11/01 大関 隼 記事URL

こんばんは、大関隼です。

メルボルンカップ、日本から参戦のカレンミロティックは24頭中の23着。輸送もうまくいき、現地の調整もうまく行っていたと伝わっていましたが...そう簡単にいかないのが海外遠征、アウェーの難しさなのでしょうか。それを考えると、10年前にワンツーを決めたデルタブルース、ポップロックがいかに凄かったかと思い出します。

そして24頭もいると、実況をするのも(たぶん)相当大変。我々の実況に使う「塗り絵」は中央競馬に合わせて最大18頭まで塗れる、という仕様に基本なっているので、現地へ実況に向かった中野アナ、普段使っている塗り絵の用紙を2枚つないで24頭仕様にしたようです。

ちなみに、かつてダービーを実況していた大先輩、長岡一也アナウンサーが今日会社に来ていたのですが、かつて28頭立てのダービーを実況していた頃は、塗り絵を上下2段(1~4枠と5~8枠)にして実況していたそうです。うーん、今の自分には28頭立てのレースを実況できる自信は持てないなぁ...。先輩は偉大です。

さて本題。今日1日(火)の競馬が好きだ!では、先週に続いて2日(水)に行われる第1回西日本ダービーについて、兵庫県競馬組合広報の手塚誠さんへのインタビューを中心にお送りします。そして、3日(木)に迫ったJBCの話題も。進行はワタクシ大関です。

せっかくなので、西日本ダービーも塗り絵をしてみました。お楽しみに!



★今週のオッズパークで購入可能な、主な地方重賞★
1日(火) 北海道2歳優駿(JpnIII・門別 発走は20時00分)
2日(水) 第1回西日本ダービー(園田)
5日(土) 天山賞(佐賀)
6日(日) ばんえい菊花賞(ばんえい)
6日(日) 絆カップ(盛岡)
8日(火) ラブミーチャン記念(笠松)

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

小林 雅巳
こばやし まさみ
舩山 陽司
ふなやま ようじ
小塚 歩
こづか あゆむ
大関 隼
おおぜき しゅん
山本 直
やまもと なお
中野 雷太
なかの らいた

パーソナリティ一覧はコチラ