夏への憧れ
2022/07/05(火) 00:10 米田 元気

関東はとっくに梅雨が明けて、梅雨なんて1週間ぐらいで終わっちゃったんじゃないかと思わせるような目まぐるしさです。

東北南部も6月29日に梅雨明けが発表されました。6月中の発表は統計開始以来初めてで、史上最速の梅雨明け(梅雨は史上最短)だそうです。

だから福島は暑かったんですね。私は先週、福島競馬場で仕事をしていて意識が朦朧としそうになりました。冷房はつけているとはいえ、換気のためドアを基本的に開けているため、室内はほとんど涼しくはありませんでした。

夏の福島の蒸し暑さはずいぶん前から知っているので覚悟はしていましたが、想定を超えていました。スタンドにいるので日差しを受けることはありませんが、湿度がこたえます。

例年だと本格的に暑くなるのはもう少し先じゃないですか?話が違います。これからどうなってしまうのでしょうか。季節の区分が変わってきそうです。

前回も申し上げましたように、夏という季節は好きです。夏休みやお祭りなどイベントが多いイメージがあり、他の季節に比べて開放感があるからでしょうか。

夜の福島駅前の広場では、数多くの提灯が灯されていました。こういう光景を見ると、いかにも夏だなという感じがして気分が高揚します。他の季節もいろいろとイベントがあるのに、夏の光景に目を引かれるのは、それだけ憧れがあるのだと思います。

梅雨が明けたら、さっそく台風です。今頃は九州に上陸ですかね...。進路がそれることを祈ります。というのも、水曜日には川崎競馬場で取材があるからです。進路がそれても雨は避けられないか...。雨だとペン取材は大変なのです。馬がいるところでは傘を差せませんし、紙が濡れて文字がにじむので後で確認がしづらいのです。

今後、台風の進路に何度も気を揉むことになるわけですが、お天道様、何卒、競馬開催に影響のなきようお願い申し上げます。

さて、今日の「競馬が好きだ!」は地方競馬の話題。6日(水)に川崎競馬場で行われる牝馬の交流重賞・スパーキングレディーカップの展望を中心にお送りします。お楽しみに!

コメント