5年前は初重賞実況、そして今年はですね。
2018/02/13(火) 18:30 大関 隼

 こんばんは、大関です。つい先程まで、雪で中止になった小倉開催の代替中継のディレクターをしていました。

 丁度1年前も、この週の小倉開催が雪で中止になり、代替中継の本社受けをしていたのでした。東京本社に戻ってきてから初めての本社受けだっただけに、落ち着かない部分も多かったのですが、今年はそんな経験も生きたのか?自分の中では相当落ち着いて仕事していました。

 と言っても、本来3日間のはずだった競馬開催がまさかの4日間という展開に。いつもより1日短いスパンで週末が来るのもふわふわする感覚なのに、2日短いスパンで...というのは内心ちょっと戸惑う部分もあります。やっぱり無事に競馬が行われてくれる事に越したことはありません。しかも、今回は昨日夜からも小倉に雪が降っていて、除雪作業で1レースの発走も繰り下げて開催にこぎつけたという状況。競馬開催のために尽力してくれた関係者の皆様には、ただただ感謝ですね。

 さて、今週末はいよいよ冬の東京、京都の最終週=フェブラリーステークス。ここ何年か、この週は小倉大賞典を実況するのが定番になっていて、毎年「1年前の自分と勝負する」ことを掲げていました。結果的にそれは物凄く勉強になることばかりだったのですが、この週に今年はワタクシ、フェブラリーステークスを実況することに。

 初めて重賞を実況してから5年。その週末に今年はフェブラリーステークスを実況という立場になったので、改めて初心に帰って、5年前に自分は重賞の壁に打ちのめされて何を学んだのか、1つ1つ思い出しつつ、実況の準備をしたいと思います。

 (↓5年前、初めて実況した重賞(小倉大賞典)の塗り絵。勝ったヒットザターゲットが今年のこのレースで引退...)


 さて、今日の「競馬が好きだ!」でも、地方競馬の話題を中心にお送りしています。明日は浦和で桜花賞トライアルのユングフラウ賞、地方のレースでも春近しを知ることの出来るシーズンになりましたね。お楽しみに。

コメント