時として好天も目には。
2018/01/30(火) 18:30 大関 隼

 こんばんは、大関です。

 先週は開幕週の東京で実況でした。ほぼ2か月ぶりの東京競馬場でしたが、久々に来てみるとやっぱり広く感じられるもの。そして、実況する上でもいつも以上に気を揉む開幕週でした。

 そうさせたのは「雪」の存在。週明けから関東は寒波が襲来、降ってきた雪が障害コースや内馬場に結構残っていて、銀世界の外側に除雪されたダートと芝コースがあるような状態になっていました。この雪が晴れていると、さながら白い反射板のように太陽光を反射して眩しく見えるのです。こうなると薄めの色(黄色や水色、桃色あたりかな?)が、双眼鏡でもかなり見辛くなります。たまたまそんな服の馬が固まった馬群の外を走っていたりすると、道中で追っていく時に見逃してしまっていた、他の馬と混ざってしまっていたという事もあります。なので、慎重に馬を見極めて実況していたのですが...。

 とは言っても、あの大雪がもう1日くらい前にずれていたらどうなったか。東京競馬場でも22日に雪が降り、積雪は30センチに達していたそうです。そんな中、人海戦術でコースの除雪をされていたという作業員の皆様にはただただ感謝ですね。無事に競馬が行われてくれた事に、とにかく感謝したい、そう感じた先週でした。


(土曜日朝の東京競馬場。芝、ダートコースの他は好天で眩しく感じるような雪が)


 そんな先週も胸熱くなるレースが多かったのですが、個人的には日曜9レース、セントポーリア賞でJRA勢を突き放して勝ったホッカイドウ競馬のハッピーグリンが実況していて、特に印象的でした。血統的にも評判になっていたような中央馬を経験豊富なハッピーグリンが上がり3ハロン33秒台の脚で突き放す、というのは、今後も順調に行ければ...と感じるものでした。地方競馬好きの一人としては、あの馬が皐月賞やダービーのパドックを周回するところを見てみたいな、という願望も持っています。

 さて、今日の競馬が好きだは地方競馬の話題から。今回は、明日に控えた今年の日本競馬最初のGI(JpnI)競走、川崎記念の話題を中心にお送りします。お楽しみに!!


コメント