新種牡馬の名前で蘇る記憶。
2018/06/12(火) 18:30 大関 隼
こんばんは、大関です。先週末は久々に金曜から休みを貰っていたので、せっかくの機会だからと茨城の実家へ里帰りする事に...と言っても、競馬の行方は気になるもの。

( ´-`).。oO(金曜の夜も結局、父親と実家で晩酌しながら競馬新聞を手元に置いてあーだこーだ翌日の話でした) 

 新馬戦にも早速新種牡馬が出てきたなぁと思っていたら、土曜の阪神5Rに組まれていた新馬戦(芝1200)では、ジャスタウェイ産駒のアウィルアウェイが勝って、今年のJRA2歳戦における新種牡馬産駒勝ち上がり第1号となりました。

 ジャスタウェイ、現役当時は大関も彼が走るような大レースは実況していませんでしたが、大阪勤務の頃にジャパンカップに出た時、陣営の共同会見のインタビューを担当したこともあって、色々と思い入れのある馬でした。そんな現役時代を近い時期だと鮮明に覚えているだけに、ああ、時が経つのは早いなぁと感じたものです。

 オルフェーヴル、ロードカナロア(揃って顕彰馬に名を連ねることになりましたね)という二大巨頭がいた去年と比べるとインパクトは?という声も耳にしますが、世界ランキング1位に上り詰めたこともあるジャスタウェイを筆頭に今年もタレント揃い。そんな中でも大関の注目は1頭挙げるとしたら、ベルシャザールでしょうか。

 実は、ベルシャザールの新馬戦を実況していたのがワタクシ大関。新馬を勝ったあと当時はオープン特別だったホープフルステークス勝ち、ダービー3着。そこから2度の長い休みを挟んで復帰した、初ダートのナリタブライアンカップと白川郷ステークスを実況していたのもワタクシ大関だったのです。

 ダートに変わって素質を開花させるキッカケとなったレースも実況していたので、長い休養を乗り越えてのジャパンカップダート制覇(阪神で行われた最後の年)は、実況していなかったとは言えども感慨深いモノでした。

 そして今年、いよいよ新種牡馬として産駒がデビュー。キングカメハメハの後継種牡馬、となるとロードカナロアを筆頭にルーラーシップ、この後にはドゥラメンテ、ホッコータルマエ、リオンディーズ、ラブリーデイといった面々も控えています。この後継争いから抜け出すのは簡単ではないのでしょうが、2歳戦から走れて芝でもダートでも走れる血統構成、というのは大きな武器になるはず。現役時代に思うところ色々あった馬だけに、良い産駒が沢山出て来て欲しい、と願っています。

 さて、今日の「競馬が好きだ!」は来週開幕のヤングジョッキーズシリーズ、そして週末に迫ったダービーシリーズの高知優駿の話題を中心にお送りします。先週日曜の岩手ダービーダイヤモンドカップをチャイヤプーンが勝って、ダービーシリーズの1番人気が勝てない、という流れがひとまず止まりましたがどうなるか?お楽しみに!

コメント