名勝負と大団円が生む感動。
2017/12/26(火) 18:30 大関 隼

 有馬記念ウイークの先週は中山競馬場で仕事でした。個人的には7年ぶりに有馬記念の当日に中山へ、という勤務で、どんなシーンに立ち会えるのか、と楽しみにしていたのですが、いやはや、その想像を突き抜けて行くような2日間でした。

 土曜日の中山大障害、王座奪還に燃えるアップトゥデイトが大逃げを打ち、ゴール寸前まで障害界の不動の王者オジュウチョウサンを苦しめました。それを差し切ってしまうあたり、やはりオジュウチョウサンが障害界のスーパースターたる所以なのでしょう。力のある2頭の最後のマッチレースは、25年以上破られていなかったシンボリモントルーのレコードを1秒以上更新という名勝負を生みました。オジュウチョウサンはこれで大障害コース4勝目、来年の中山グランドジャンプにはカラジに並ぶ同レース3連覇、バローネターフに並ぶ大障害コース5勝目という大偉業がかかる事に。個人的には、今まで「史上最高の障害馬は?」と聞かれれば「3歳で、しかも障害キャリア3戦目で中山大障害を圧勝したテイエムドラゴン」と答えていましたが、それも超えて行ったのかもしれません。これだけの馬、顕彰馬になる可能性も大いにあるんじゃないか?とも思えるような名勝負でした。

(有馬記念発走直前、人がうねる波のように見えたスタンド)


 そして翌日の有馬記念。地鳴りのような大歓声に包まれて、これが引退レースだったキタサンブラックが堂々逃げ切り、史上最多タイのJRA・GI競走7勝目。日もとっぷり落ちた頃に始まった「お別れセレモニー」では、北島三郎さんが新曲「ありがとうキタサンブラック」を披露して大喝采、大盛り上がりでした。

 一番印象に残っているのは、セレモニーに菊花賞で騎乗していた北村宏司騎手、普段から調教をつけている黒岩悠騎手が北島オーナーに呼ばれて壇上に姿を見せ、ファンの方々の祝福を受けているという光景。「チーム・キタサンブラック」の絆を表現していたようで、じーんと来ました。1年の終わりに待っている中山大障害と有馬記念というビッグレース、そこで生まれるドラマと、年の瀬の少し寂しさを含んだような旅立ちの見送り。競馬の持っているドラマ性が、24日の中山にはぎゅーっと詰まっていたような気がします。

(キタサンブラック「お別れセレモニー」のひとコマ。暗闇に光るステージ)


 キタサンブラックは来年から、社台スタリオンステーションで種牡馬生活へ。父親がディープインパクトの全兄、ということでサンデーサイレンス系、ディープインパクト系の後継種牡馬として激戦が待っている立場ではありますが、ぜひ良い子供をターフにまた送り出して欲しい、と願っています。

 さて本題。今日の「競馬が好きだ!」は、各地方競馬の「暮れの大一番」を一挙に紹介していきます。中央競馬が終わっても、29日以降にも各地方競馬は大一番が目白押しなのです。お楽しみに!

 

 

コメント