巡り合わせを感じる実況。
2017/12/05(火) 11:46 大関 隼

 こんばんは。大関です。

 いよいよ中央競馬は暮れの中山、阪神、中京が開幕。やっぱり寒さは厳しく、コートを着込んで震えながら仕事をしておりました。日曜日などは朝起きた時から体が重くて「嗚呼、俺やっぱり寒さに弱いな」と頭を抱えながらの実況。夜にバタンキュー(死語だ)と寝込んだおかげで体調は戻りましたが、これではまだまだ続く冬はどうなるのか?先が思いやられます。

 そんな日曜日。おお、この馬のデビュー戦の実況に当たったか...と感慨深い馬がいました。中山5Rの新馬戦に出走したメジャーラプソディという馬。父ゴールドアリュール、母キャッチータイトル。姉にメジャーエンブレムがいる血統です。

 メジャーエンブレムと言えば!忘れもしない、去年入社10年目にして初めて実況したGI=NHKマイルカップの勝ち馬。心臓が口から出てくるんじゃないか?と思うくらい緊張した中で、無我夢中でした。そんな状況でしたから、無事に終わるだけで精一杯。終わった後「もう1回、メジャーエンブレムが走るGIを実況したい。その時にはもっと質の高い実況を」と思っていたのですが、結局あのNHKマイルカップで、メジャーエンブレムは現役生活を終えることに。余計にあの実況に悔いが残りました。

 そんな馬の妹の新馬戦の実況が巡って来ると、場内実況である以上「特定の馬に私情を挟んではいけない」と分かっていても、頑張って欲しい、と思ってしまうもの。実際単勝1倍台の断然人気で、好スタートからスピードの違いでハナを切って最後も余裕を持っての逃げ切りという危なげない競馬。ゴールしたあとは「ああ、勝つところを実況出来て良かった」というのが正直な気持ちでした。

 実況のキャリアを重ねていくと、こんなシーンにも巡り合うようになります。やっぱりそんな時には実況やっていて良かった、と思うもの。メジャーラプソディが今後GI路線に乗って行って、GIで走るところを見てみたい。そしてそのレースを実況するのが自分であれば、と思いたくなる週末のお昼時だったのです。

 という訳で、今日の写真は暮れの中山の風物詩を。レースが終わった後には恒例のツリーのイルミネーション。



 そしてプロジェクションマッピングに癒されます。家族連れの皆さまも多くて、競馬場が地域の憩いの場になっているんだな、とほっこりする光景。





 さて本題。今日の「競馬が好きだ!」では、今週の地方の重賞の中から木曜日の園田金盃の話題を。ファン投票で出走馬が決まる「園田版グランプリ」、今年も園田の古馬路線を引っ張る馬が集結しました。お楽しみに!

★今後1週間、オッズパークで購入可能な主な地方重賞
7日(木)園田金盃(園田)
9日(土)大淀川賞(佐賀)
10日(日)寒菊賞(水沢)、中日杯(金沢)

 

コメント