番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週水曜日 8:40~9:00
提供:プロネクサス

海外マーケット動向・今日の個別材料・そして明日に向けての個別銘柄まで欲張りな20分間!出演は、需給ならおまかせ!スプリングキャピタル代表 井上哲男氏。独自の視点で今日のマーケットの見方を語ります。

新着記事

2月14日の「アサザイ 今日の1社」はゴルフダイジェスト・オンライン(3319)を放送しました。 [「今日の1社」取材後記]

2018.02/14 今日の1社担当 記事URL

 2月14日の「アサザイ 今日の1社」はゴルフダイジェスト・オンライン(3319・東証1部)を放送しました。

 今回は、代表取締役社長 石坂 信也 様にお越し頂き、事業内容・業界動向・今後の展開等についてお話を頂きました。

 同社は、「ゴルフで世界をつなぐ」をミッションに、「ゴルフメディア」、「ゴルフ用品販売」、「ゴルフレッスン」、「ゴルフ場予約」、の4事業を中心にゴルファーのあらゆるニーズに応えるサービスの展開をしております。

 また、これらの既存サービスに加えて、「ゴルフ×テクノロジー」、「ゴルフ×地域」をキーワードに新規事業・海外事業もスタートしました。それは、「2020年の東京オリンピックの先に、世の中や社会とどうかかわっていくか、どう成長していくのか」という大きなテーマになるものです。今回の放送でも詳しくお話し頂きました。

 井上哲男より取材後記が届いております。ぜひご覧ください。

------------------------------------------------------------------------------------------
取材後記
ゴルフダイジェスト・オンライン (3319) (東証1部)
ラジオNIKKEIスタジオで取材・収録。お相手は、代表取締役社長の石坂 信也(いしざか のぶや)様。

「ゴルフ専業として」

▼ゴルフダイジェスト・オンラインが提供する4つのサービス
 創業は2000年。今年で18年目を迎えるが、一貫してゴルフ専業として、ゴルフに特化したサービスを提供している。

 主な提供サービスは4つ。1つ目は、売上高で最もウェイトの高い「ゴルフ用品販売」。ゴルフウェアを含め、ゴルフ用品のEコマース事業をメインとしている。また、中古用品についても関東にある「ゴルフガレージ」という実店舗5店舗とEコマースの両方で取り扱っている。
 2つ目は、利益面での稼ぎ頭である「ゴルフ場予約サービス」。これは、インターネットでゴルフ場が予約できるサービスであるが、日本に現存する約2300のゴルフコースのうち、およそその約8割のコースと提携して予約枠を仕入れ、お客様に提供している。また、ゴルフ場そのもののIT化・効率化に寄与するシステムの販売を手掛けていることも特徴として挙げられる。
 3つ目は、同社のWebサイト事業であり、集客窓口でもある「ゴルフメディア」。国内・海外のゴルフニュースだけでなく、レッスン動画やゴルフファッションに関するコンテンツなど様々なコンテンツを無料で配信しており、ゴルフニュースはすべて同社の社員が世界中を飛び回って取材しているという。このメディアに対する世界のゴルフ業界での評価が上がっており、昨年開催された、あの「マスターズ・トーナメント」(世界4大プロツアーの1つ)において、日本のメディアとしては唯一、取材パスとカメラパスの両方を与えられたという。これは快挙と言える。
 そして、4つ目が「レッスンサービス」。これは、2012年に始めた後発のサービスであるが、アメリカで一番の店舗数をもつゴルフテックという会社と業務提携し、インドアで完全マンツーマンレッスンを始めている。その規模は、この2月に名古屋に新店舗を開き10店舗に増加した。このレッスンスタジオは、フィッティングサービスもやっているので、いつも教わっているコーチから、自分に合ったクラブを選んでもらうことができる。つまり、「ゴルフ用品販売」における"体験型ストア"という位置づけでもある。

▼野球やサッカーよりも大きい、ゴルフの市場規模
 業界動向、市場規模を聞いてみた。
 「ゴルフ市場」というと、どうしてもバブル期に全盛を極めたイメージが強く、衰退産業と位置づけてしまいがちだが、どっこいそうではない。
 スポーツを「市場」として捉える際に、その「規模」としてカウントされるのは、小売り、スポーツ施設運営、興行、放送権などが含まれるが、確かに、この10年ほどで約3/4ほどに縮小している。
 しかし、2012年時点でもそれは約5.5兆円と依然として大きな規模であり、ゴルフはその約1/3を占めトップの地位を守っている。意外な感があるかもしれないが、野球やサッカーよりも大きいのだ。

 また、世界における日本のゴルフという点では、無論、世界一は当然ながら広大な土地を持ち、"ゴルフ大国"と称されるアメリカ(ゴルフ場の数はなんと1万6000)であるが、日本の前述した約2300というゴルフ場の数は、それに次ぐ世界第2位であり、やはり、世界でも有数のゴルフ大国である。
 また、2016年のリオデジャネイロオリンピックからゴルフが112年ぶりに正式種目に選ばれたことにより、世界中で再度、ゴルフという競技が注目されつつあるという。

 さらに、日本におけるゴルフ用品市場、ゴルフ場の予約事業に絞って聞いてみたところ、日本のゴルフ用品(小売)市場は およそ3,500億円で、同社は、大手量販店に続く5番目の規模になるという。また小売市場のうち、Eコマース事業は約3割程度を占め、そのうち約1/3のシェアを同社が占めているという。また、ゴルフ場予約は、依然として電話予約やゴルフ場のフロントでの予約が主流であり、ネット予約は、およそ全体の2~3割程度と目されるが、概ね1/3程度は同社経由での予約ということである。

▼「テクノロジー」と「地域活性化」が成長のキーワード
 同社の今後の展開であるが、鍵となる言葉として、社長は、「2020年の東京オリンピックの先に、当社が世の中や社会とどうかかわっていくか、どう成長していくのかが重要」と語った。
 2020年以降、世界中でテクノロジーの加速度的な発展が続き、10年前は夢だった技術が実現するスピード感が早まっていくことを同社は予想している。その環境の中で、「ゴルフ×テクノロジー」「スポーツ×テクノロジー」は一つの大きなテーマと成りうると考えている。
 AI、IoT、Fintech、BIGDATA、進化するテクノロジーをどんどん"サービス"として取り入れて、ゴルフを始めとしたスポーツの魅力を伝えることができるかどうか、その「鍵」の部分に対して、同社は今から進取的に取り組む決意を持っている。
 また、「ゴルフ×地域」もまた大きなテーマになると社長は語った。その"地域"には、国内に限らず、海外も含まれるという。ゴルフツーリズムや地域情報の発信という形で、ゴルフを通じて地域活性化に貢献できるかどうか、この点にも積極的に取り組んでいきたいという。

 最後に社長は、「今後、株主還元と共に、IR活動にも積極的に取り組んでいきたい」と語った。既に、海外の投資家に向け、ロードショーも開始している。機会があれば是非、その言葉を直接聞いて欲しい。ゴルフ(事業)が持つ今後の楽しみな展望がお分かり頂けると思う。

------------------------------------------------------------------------------------------

取材後記は以上です、いかがでしたか?

本日の放送はオンデマンド配信にて早速アップされております。是非お聞きください。

それでは来週もお楽しみに!

ゴルフダイジェスト・オンライン IRサイト
アサザイ(2018.2.14放送分)

代表取締役社長 石坂 信也さまと

2月14日の「アサザイ 今日の1社」はゴルフダイジェスト・オンライン(3319)を放送します。

2018.02/13 今日の1社担当 記事URL

 2月14日の「アサザイ 今日の1社」はゴルフダイジェスト・オンライン(3319・東証1部)を放送します。

 同社は、ゴルフ専業として、「ゴルフメディア」、「ゴルフ用品販売」、「ゴルフレッスン」、「ゴルフ場予約」、の4事業を中心にゴルファーのあらゆるニーズに応えるサービスの展開をしております。

 「ゴルフで世界をつなぐ」というミッションのもと、ゴルフを通して人生を楽しく豊かなものに導いてゆく、「世界No.1のゴルフ総合サービス企業」を目指した取り組みを続けています。

 今回は、代表取締役社長 石坂 信也 様にお越し頂き、事業内容・業界動向・今後の展開等についてお話を頂きました。

 どうぞお楽しみに!

ゴルフダイジェスト・オンライン ウェブサイト

2月7日の「今日の1社」、イントラスト(7191)の取材後記につきまして [「今日の1社」取材後記]

2018.02/07 今日の1社担当 記事URL

----------------------------------------------------------------------------

 毎回「取材後記」をお読み下さいまして誠に有難うございます。

 今回、放送させて頂きましたイントラスト様(東証7191)につきましては、金融機関でいらっしゃることから、「取材後記」の掲載を自粛させて頂きます。金融機関は金商法、布令、ガイドライン、金融諸協会の諸規則等によるコンプライアンス事項の遵守が求められております。

 「取材後記」は私が取材を通して感じたことを、あくまでも私の主観として書いているもので、投資の勧誘を目的としたものではありません。また、私が書いたものをそのまま配信し、企業活動と齟齬があった場合のみ、その部分を訂正するという形で、企業様に事前に了解や校正を求めたこともありません。

 しかし、金融機関である企業様に対して、「取材後記」が、前述の法令等における「広告に関する規定」から導かれる「ソーシャルメディアにおける第三者による記載」に該当しているのではないかと当局等が判断し、企業様にご迷惑がかかってはいけないとの配慮から、金融機関である企業様については「取材後記」の掲載を自粛するものであります。

 これまでにご出演頂きました金融機関の企業様につきましても、同じ判断から掲載を自粛して参りました。

 井上哲男

-----------------------------------------------------------------------

(関連ウェブ)
イントラスト IRサイト
アサザイ(2018.2.7放送分)

代表取締役社長 桑原 豊さまと

2月7日の「アサザイ 今日の1社」はイントラスト(7191)を放送します。

2018.02/06 今日の1社担当 記事URL

 2月7日の「アサザイ 今日の1社」はイントラスト(7191・東証1部)を放送します。

 同社は、家賃債務保証を軸に、医療費用保証・介護費用保証等を手がける総合保証サービスを手掛けています。

 事業内容は、様々な契約時に必要とされる連帯保証人を、同社がその立場を引き受ける「保証サービス」と、変化する顧客ニーズに応えるため、専門的な業務支援サービスを提供する「ソリューションサービス」の2つです。また近年では、新しい保証市場として医療・介護費用の保証商品の提供を進めるなど、医療・介護への分野にも展開が進んでいます。

 今回は、代表取締役社長 桑原 豊様にお越し頂き、事業内容・業界動向・強み・成長戦略等についてお話を頂きました。

 どうぞお楽しみに!

イントラスト ウェブサイト 

1月31日の「アサザイ 今日の1社」は森トラスト・ホテルリート投資法人(3478)を放送しました [「今日の1社」取材後記]

2018.02/01 今日の1社担当 記事URL

 1月31日の「アサザイ 今日の1社」は森トラスト・ホテルリート投資法人(3478・東証)を放送しました。

 今回は、森トラスト・ホテルアセットマネジメント株式会社 代表取締役社長 坂本 周様にお越しいただき、新たなホテル特化型リートの投資戦略や強みについてお話しを伺いました。

~ホテル特化型リートとして昨年2月上場~
 同リートは、森トラストグループである「森トラスト」「森トラスト・ホテルズ&リゾーツ」をスポンサーとし、魅力的なホテルアセットに対し重点投資を進めています。
 森トラストグループと言いますと、以前、「アサザイ」にもご出演頂きました「森トラスト・総合リート投資法人」を思い浮かべるリスナーの方も多いかと思いますが、こちらのリートさんは、インバウンド需要の拡大を背景に日本の基幹産業へと変革しつつある「観光産業」に着目し、多くの投資家の方々から求められ誕生しました。
 同リートの基本的な投資基準は「立地」および「グレード」の2点です。立地については、「競争力のある場所」、「不動産価値の高い」ものにこだわって投資、グレードについては、インターナショナルブランドホテルを中心とした「上質な、いわゆるアッパークラスのホテル」に重点投資を進めています。

 それでは、同リートの「立地」、「グレード」にこだわった物件をご紹介します。


▼シャングリ・ラ ホテル 東京(リース)
















「東京」駅至近、希少性の高い丸の内アドレスに所在する物件です。
スポンサーである森トラストが丸の内トラストシティの開発に際して、日本初進出となる最上級のインターナショナルブランドホテル「シャングリ・ラ ホテル」を誘致、「東京」駅に隣接する希少性の高いラグジュアリーホテルです。



▼コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション
















マリオットグループの中で最大の施設数を有する中核ブランド「コート―ヤード・バイ・マリオット」。「東京」駅から徒歩4、中央通りに面したロケーションで、ホテルから1km圏内には、国内外の有力企業が集積する丸の内・大手町エリアや、ショッピングやグルメショップが多数存在する日本有数の観光スポットである銀座・日本橋エリアが広がり、平日のビジネスユースや休日のファミリーユース等の幅広い客層に対応可能なホテルです。



▼コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション








2015
年11「コート―ヤード・バイ・マリオット」にリブランドオープン関西における重要な拠点の1つとなっているエリア「新大阪」駅より徒歩1の距離に立地、世界遺産等の文化財の多い京都や奈良を結ぶ"関西ゴールデンサークル"へのアクセスに優れており、観光拠点としてもインバウンド需要の拡大を享受可能な好立地に所在しています。



▼ホテルサンルートプラザ新宿(リース)

















1
日の平均乗降者数が340万人を超え、日本一の平均乗降者数を誇るターミナル駅「新宿」駅から徒歩3に立地し、「エクスぺディアアワード2015」の訪日外国人の予約件数の多かった宿泊施設「ホテル」部門で1となるなど、宿泊客の約8割を外国人が占めるホテルです。


~インターナショナルブランドホテルの強み~
 訪日外国人数は、2012年以前は年間1,000万人に満たなかったところ、その後毎年二桁成長を続け、2017年には2,800万人を超えるまでに至りました。今後もその伸びは継続すると予想されています。
 その中で、初めて日本に訪れる外国人にとって、グローバルに展開するインターナショナルホテルは、ホテルのグレードやサービスをイメージできる安心感から、非常にニーズが高まってきています。
 森トラストグループでは、長年このインターショナルブランドホテルの展開を強化しており、立地に拘った開発をする事で、名だたる海外のトップブランドホテルに認められ、誘致に成功してきました。
 日本では、まだまだ希少性の高いインターナショナルブランドホテルは、誰でもつくれるホテルではなく、今後もますます優位性を高めていきます。
 その森トラストグループの強みを最大限活用した同リートの「立地」、「グレード」に重点をおいた投資戦略は、他のホテルリートとは一線を画した強みがあります。

 日本の観光産業の成長およびスポンサーサポートにより、競争力あるホテルに重点投資し、収益性を高め、分配金の向上を目指してゆくという同リート、アサザイも今後の展開にぜひ注目してゆきたいと思います!

~オンデマンド配信のお知らせ~
早速オンデマンド配信を開始しております。改めて是非お聞きください!
アサザイ(2018.1.31放送分)


~ロングインタビュー配信のお知らせ~
今回、坂本社長にはロングインタビューでも詳しくお話を伺いました。
是非お聞き下さい。
ロングインタビュー 

森トラスト・ホテルアセットマネジメント株式会社 代表取締役社長 坂本 周様と

【3月1日・東京】ラジオNIKKEI&プロネクサス共催 アサザイ・IRスペシャルセミナー [イベント告知]

2018.01/31 番組スタッフ 記事URL

ラジオNIKKEI&プロネクサス共催セミナー
アサザイ・IRスペシャルセミナー
アサザイの企業IRセミナー
井上哲男の着眼点をセミナーで体感!
60名様を無料ご招待
開催日 2018年3月1日(木) 開場 18:00 開演 18:30 終演 20:30
会場 虎ノ門・琴平タワー3F
〒105-8565 東京都港区虎ノ門1-2-8
参加企業 株式会社データ・アプリケーション(3848・JQ)
進行スケジュール 18:30 第1部 井上哲男講演
出演: 井上哲男氏 「アサザイ」 パーソナリティ 井上 哲男 氏

19:00 第2部 データ・アプリケーションIRセミナー
出演: 武田好修 株式会社データ・アプリケーション
代表取締役社長執行役員 武田好修 氏
出演:        「アサザイ」パーソナリティ 井上 哲男 氏
 
20:00 第3部 井上哲男氏講演
           「アサザイ」パーソナリティ 井上 哲男 氏

※当日のスケジュールは変更になる場合がございます。予めご了承ください。
定員 抽選で60名様をご招待
※先着順ではありません。抽選で60名様に地図入り招待状をお送りします。(2月23日発送予定)当選者の発表は招待状の発送をもって代えさせていただきます。
参加費用 入場無料
締切 2月20日(火)16:00必着
主催 ラジオNIKKEI(株式会社日経ラジオ社) プロネクサス

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

井上 哲男
いのうえ てつお

上智大学卒業後、国内保険会社での運用部門を経て、UAMジャパン・インク チーフ・ストラテジスト兼株式運用部長に転身。その後、プラウド投資顧問、QUICK、MCP証券などでストラテジストを務め、2014年3月よりスプリングキャピタル株式会社代表。

パーソナリティ一覧はコチラ