番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週水曜日 8:40~9:00
提供:プロネクサス

海外マーケット動向・今日の個別材料・そして明日に向けての個別銘柄まで欲張りな20分間!出演は、需給ならおまかせ!スプリングキャピタル代表 井上哲男氏。独自の視点で今日のマーケットの見方を語ります。

新着記事

1月12日の「アサザイ 今日の1社」コモンズ投信の取材後記につきまして [「今日の1社」取材後記]

2022.01/12 今日の1社担当 記事URL

----------------------------------------------------------------------------------
 毎回「取材後記」をお読み下さいまして誠に有難うございます。

 今回、放送させて頂きましたコモンズ投信につきましては投資顧問会社様でいらっしゃることから、「取材後記」の掲載を自粛させて頂きます。金融機関(等)は金商法、布令、ガイドライン、金融諸協会の諸規則等によるコンプライアンス事項の遵守が求められております。

 「取材後記」は私が取材を通して感じたことを、あくまでも私の主観として書いているもので、投資の勧誘を目的としたものではありません。また、私が書いたものをそのまま配信し、企業活動と齟齬があった場合のみ、その部分を訂正するという形で、企業様に事前に了解や校正を求めたこともありません。

 しかし、金融機関(等)である企業様に対して、「取材後記」が、前述の法令等における「広告に関する規定」から導かれる「ソーシャルメディアにおける第三者による記載」に該当しているのではないかと当局等が判断し、企業様にご迷惑がかかってはいけないとの配慮から、「取材後記」の掲載を自粛するものであります。

 これまでにご出演頂きました金融機関(等)の企業様につきましても、同じ判断から掲載を自粛して参りました。ご理解を賜りたく、お願い申し上げます。

 井上哲男
------------------------------------------------------------------------------------

~Podcast配信のお知らせ~
本日の放送はPodcast配信にて早速アップされております。
今回はロングインタビューもアップされております。是非お聴きください。
いつも聴く!ポッドキャスト

(関連ウェブ)
コモンズ投信  ウェブサイト

代表取締役社長兼最高運用責任者 伊井 哲朗さまと

1月12日の「アサザイ 今日の1社」はコモンズ投信を放送します。

2022.01/11 今日の1社担当 記事URL

 1月12日の「アサザイ 今日の1社」はコモンズ投信を放送します。

 アサザイ、第2回目の運用会社ご紹介になります。
 同社は、「コモンズ30ファンド」・「ザ・2020ビジョン」と、好みに合わせて選べる2つのファンドを運用している運用会社です。

 「コモンズ30ファンド」は「日本株の長期集中投資ファンド」です。投資先は「真 のグローバル企業」を中心に約30銘柄を厳選し、企業との双方的対話を重視した企業価値の創造と共有を目指しています。

 「ザ・2020ビジョン」は、国内株式を主な投資対象としたアクティブファンドです。具体的には、日本の新しい国づくりに向け"変化しはじめた企業"、"変化にチャレンジする企業"を中心に中長期的な視点で厳選し、ダイナミックな運用を行っております。

 今回は、代表取締役社長兼最高運用責任者 伊井 哲朗 様にお越しいただき、沿革、ファンドの紹介等についてお話を伺いました。

 どうぞお楽しみに!

コモンズ投信 ウェブサイト

1月5日の「アサザイ 今日の1社」はOneリート投資法人(3290・東証)を放送しました。 [「今日の1社」取材後記]

2022.01/06 今日の1社担当 記事URL

1月5日の「アサザイ 今日の1社」はOneリート投資法人(3290・東証)を放送しました。

今回は、Oneリート投資法人 執行役員(みずほリートマネジメント株式会社 代表取締役)鍋山 洋章 様にお越しいただき、リートの特徴、市場動向、今後の取り組みについてお話を伺いました。

~みずほ信託銀行をスポンサーとして、ミドルサイズのオフィスビルに重点投資~
 同社は、みずほ信託銀行をスポンサーとする複合型J-REITです。
投資対象は、主に延床面積が概ね3,300㎡(約1,000坪)~33,000㎡(約10,000坪)の範囲にあたるミドルサイズのオフィスビルです。
スポンサーである、みずほ信託銀行の高い信用力を背景に安定的な財務基盤を構築しながら、安定性の見込める東京経済圏を中心に、入居するテナントのニーズを充足する一定のスペックを有した中規模、または中大規模のオフィスビルに投資を行っています。

 同リートが考える不動産の本質的価値は、「立地」と「ビルスペック」にあります。
東京経済圏及び地方政令指定都市等を主な投資対象エリアとして位置付け、テナント視点での「安心」、「快適」、「便利」を実現するためのスペックを定め、オフィスビルの名前にはOneリートの頭文字であるOneと最上級の語尾を表すest を合わせた「ONEST(オネスト)」の名称を冠し、順次ブランド展開を図っています。テナントに選ばれるビルを目指し、長期的視点でビルスペックの維持・向上を追求しており、ポートフォリオは現在31物件、約1,200億円となっております。

 それでは、同リートの第3回公募増資(2021年9月)において取得をした6物件のうち、2物件をご紹介します。ぜひご覧ください。


▼倉持ビルディング第一

















JR 総武本線及び東京メトロ半蔵門線他「錦糸町」駅より徒歩約 6 分に位置するオフィスビルであり、オフィスの集積地である「東京」駅・「大手町」駅へのアクセスに優れる等、交通利便性の高い立地。
貸室内はレイアウトし易い整形無柱空間であり、スペック面においても個別空調設備、機械式警備等を有していることから、今後も安定的なテナント需要が見込まれる。


▼リードシー千葉駅前ビル









JR 総武本線・成田線他「千葉」駅より徒歩約 2 分、北口ロータリーに面しており、千葉都市モノレール「千葉」駅や京成千葉線「京成千葉」駅も利用可能な交通利便性の高い立地。
基準階床面積が約 250 坪と希少性があり、かつ貸室は整形で分割対応可能な形状。また、エントランスやアトリウムなどの共用部は 2020 年にリニューアル工事が実施され、エリア内において競争力のあるスペックを具備していることから、今後も安定的なテナント需要が見込まれる。


~投資主価値の向上に向け様々な可能性を追求~
 同リートは、現在継続した資産入替によるポートフォリオの質的改善、ポートフォリオ・マネジメントの堅調なトラックレコード等が評価され、格付見通しは「安定的」との評価から昨年4月に「ポジティブ」に向上するなど着実に評価を上げています。
 今後は、強固な財務基盤とスポンサーサポートを活用し、資産規模拡大と資産の入替によるポートフォリオの安定性向上の取り組みを継続し、今年3月の見直し時に「エプラナリート(FTSE EPRA Nareit Global Real Estate Index)」へのグローバル・インデックス入りを目指します。

 ESGへの取り組みでは、2020年に続き、2021年もGRESBレーティング「4スター」を獲得しました。現在、みずほリアルティOneグループとしてマテリアリティの特定を行い、今後の具体的施策を検討しています。日増しに高まっているESGへの関心を踏まえ、この分野の情報開示充実についても準備を進めております。

 また、古いビルを丁寧に活用し、省エネ設備等への入替を行いつつエネルギー性能の向上に努める一方で、環境性能の高い築年数が比較的新しい物件も意欲的に組み入れていくことによって、ポートフォリオの平均築年数を徐々に若くしていくという視点も重要と考えており、今後もポートフォリオの資産入替についても一定程度、継続して取り組んでいく考えです。

 オフィス市況については、テレワークの進展や働き方改革の動きを反映して不透明な状況が継続する一方、ONEリートの保有するミドルサイズオフィスに入居頂いている中堅・中小企業に対するテナント層のすそ野は広く、保有物件は90%台後半と安定的な稼働を維持できている状況にあります。
 引き続き、投資主価値の最大化に向けて、鋭意運用を行ってまいります」と語る同リートの取り組み、アサザイも注目して行きたいと思います。

~Podcast配信のお知らせ~
本日の放送はPodcast配信にて早速アップされております。
今回はロングインタビューもアップされております。是非お聞きください。 
いつも聴く!ポッドキャスト

(ウェブサイト)
Oneリート投資法人 ウェブサイト


みずほリートマネジメント株式会社 代表取締役 鍋山 洋章さまと



12月31日(金)は「PRONEXUS Presentsアサザイ・スペシャル」を放送しました。 [「今日の1社」取材後記]

2022.01/05 今日の1社担当 記事URL

 12月31日(金)は「PRONEXUS Presentsアサザイ・スペシャル」を放送しました。

 今回もパーソナリティの井上哲男さんより、2021年の振り返り、2022年度の見方を語って頂きました。

また、企業IRコーナーには、
・ランドコンピュータ 代表取締役社長 福島 嘉章 様
・ユナイトアンドグロウ 代表取締役社長 須田 騎一朗 様

にご出演頂き、井上哲男さんのインタビューに答えて頂きました。

今回の放送はポッドキャスト配信にてアップされております。
聞き逃した方は、ポッドキャスト配信からぜひお楽しみください!

(関連リンク)
いつも聴く!ポッドキャスト
ランドコンピュータ IRサイト
ユナイトアンドグロウ IRサイト

ランドコンピュータ 代表取締役社長 福島 嘉章さまと


















ユナイトアンドグロウ 代表取締役社長 須田 騎一朗さまと

1月5日の「アサザイ 今日の1社」はOneリート投資法人(3290)を放送します。

2022.01/04 今日の1社担当 記事URL

 1月5日の「アサザイ 今日の1社」はOneリート投資法人(3290・東証)を放送します。

 同社は、みずほ信託銀行をスポンサーとする複合型J-REITです。
 投資対象は、主にミドルサイズのオフィスビルであり、安定性の見込める東京経済圏を中心に、入居するテナントのニーズを充足する一定のスペックを有した中規模、または中大規模のオフィスビルに投資を行っています。

 みずほ信託銀行の高い信用力を背景に安定的な財務基盤を構築している一方で、スポンサーが持つ広範な顧客基盤や情報ネットワークを活かした不動産情報の提供やウェアハウジングストラクチャーの組成・提供を受け、「テナントに選ばれるビル」を目指し、長期的視点でビルスペックの維持・向上を追求しております。

 今回は、Oneリート投資法人 執行役員(みずほリートマネジメント株式会社 代表取締役)鍋山 洋章 様にお越しいただき、リートの特徴、市場動向、今後の取り組みについてお話を伺いました。


 どうぞお楽しみに!

Oneリート投資法人 ウェブサイト

12月31日 の「アサザイ スペシャル」のランドコンピュータ(3924)の動画はこちら

2021.12/31 番組スタッフ 記事URL

 12月31日 の「アサザイ スペシャル」ランドコンピュータ(3924・東証1部)の動画版はこちら。





 今回は、代表取締役社長 福島嘉章様にお越しいただき、事業内容・業績の振り返り・成長戦略・株主還元等につきましてお話を伺いました。

ランドコンピュータ ウェブサイト

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

井上 哲男
いのうえ てつお

上智大学卒業後、国内保険会社での運用部門を経て、UAMジャパン・インク チーフ・ストラテジスト兼株式運用部長に転身。その後、プラウド投資顧問、QUICK、MCP証券などでストラテジストを務め、2014年3月よりスプリングキャピタル株式会社代表。

パーソナリティ一覧はコチラ