番組紹介

ラジオNIKKEI第1
毎月  第1日曜日 21:30~22:05
再放送 第2日曜日 21:30~22:05
提供:青南商事

2019年、世界的な祭典ラグビーワールドカップが日本で開催されます。

スポーツライターの藤島大さんが、ゲストとともにラグビーの試合や注目選手の情報などを、取材音声やレポートなどをまじえて月1回お伝えします。また、放送では楕円球にまつわるヒューマン・ストーリーや音楽なども。藤島大さんならではのラグビー夜噺をお届けします。

7人制ラグビーはオリンピック種目でもあります。2019年のラグビーワールドカップの日本開催と20年の東京五輪を盛り上げましょう!

新着記事

番組の公開収録を実施!!!

2019.03/10 ディレクター 記事URL

今月11日は、東日本大震災から8年を迎える。

ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズは、
国内第2戦となるレッズ戦の3月16日(土)に「チャリティデー」を開催する。
当日は、被災地の復興に向けた支援活動と、ワールドカップ2019日本大会の会場で、
被災地でもある岩手県・釜石の地元高校生を招待する。

イベントの一環として、サンウルブズとコラボした当番組の公開収録を実施! 
「ラグビーマガジン」の田村一博編集長の司会で、
ノンメンバーの選手とスポーツライターの藤島大氏のトークイベントを行う。
釜石の高校生にインタビューする企画も予定している。

・実施場所:秩父宮ラグビー場正面広場内(「外苑前」駅より徒歩5分)
                 ※雨天時は予告なく場所を変更する可能性があります。
・実施時間:午前11:40~12:30の間で30分程度
・放送日時:4月7日(日)夜9時30分 ※再放送4月14日(日)夜9時30分


一緒に公開録音を盛り上げてください!
立見で自由に観覧していただく予定です。

釜石鵜住居復興スタジアム

3月の番組を10日夜9時30分から再放送。特別版はPodcastで配信中。

2019.03/10 ディレクター 記事URL

今月の番組ゲストは、「ラグビーマガジン」の田村一博編集長。
10日夜9時30分からラジオNIKKEI第1で再放送する。

番組の前半では、サンウルブズと日本代表の動きを伝える。

後半は、ワールドカップ・イヤーの特別企画を届ける。
スタジアムに響くファンに親しまれる「ラグビー・ソングス」。
今回取り上げた主な応援歌は以下の通り。

Swing Low, Sweet Chariot
Cwm Rhondda
Calon Lan
The Fields of Athenry


番組恒例「ゲストのリクエスト曲」コーナーでは、
藤島氏がゲストの田村編集長に「GW小唄」を逆リクエスト!
田村編集長は、早稲田大学で準体育会の
「GWラグビー・クラブ」に所属していた。
同クラブにおいて、歌い継がれる一曲だ。
今回の企画のために、編集長の仲間が集まり、OB有志が唄い手で登場! 
公式行事で披露される部歌とは別に、試合後や飲み会で
円陣になって肩組み唄い込まれた歌声が味わい深い。

3/3 放送予告

2019.03/03 ディレクター 記事URL

3月のゲストは、「ラグビーマガジン」田村一博編集長だ!

(写真左はゲストの田村編集長。右は、国立高校ラグビー部マネージャーからの贈り物シャツにひさしぶりに袖を通した藤島大氏)

サンウルブズが、スーパーラグビー参戦4季目で、ついに敵地で初勝利! 3月2日、ニュージーランドのハミルトンでチーフスと対戦し、30-15で今シーズン初勝利を挙げた。


今季1勝2敗のサンウルブズ。開幕節シンガポールでは、シャークス(南アフリカ)相手に、10―45で完敗した。つづく23日のワラターズ(オーストラリア)との国内開幕戦(東京・秩父宮)では、30―31で惜敗した。

初戦で黒星スタートとなったサンウルブズが、どうチームを改善できたか。番組では、スポーツライターの藤島大氏と「ラグビーマガジン」田村一博編集長が、取材を基に解説する。海外からの補強選手中心に臨む、試合のメンバー構成など、ファンからのよくある素朴な疑問にも説明を入れながら、修正したスクラムについては専門的な視点で、今季のサンウルブズを分析する。

番組後半は、ワールドカップ・イヤーの特別企画を届ける。ラグビー強豪国でファンに親しまれる「ラグビー・ソングス」を紹介する。歓声に湧くスタジアムで起こる観客の唄い声。その曲の数かずである。

ゲストの田村編集長は、早稲田大学で準体育会「GWラグビー・クラブ」に所属していた。番組名物「ゲストのリクエスト曲」コーナーでは、藤島氏がゲストに「GW小唄」を逆リクエスト! 同クラブにおいて、歌い継がれる一曲だ。今回の企画のために、仲間が集まり、OB有志が唄い手で登場! 公式行事で披露される部歌とは別に、試合後や飲み会で円陣になって肩組み唄い込まれた歌声だ。 

番組では、3月16日土曜に、東京・秩父宮ラグビー場で、ヒト・コミュニケーションズ サンウルブブズとコラボレーションしたスペシャル公開録音を行う。今回のゲスト、田村編集長の司会で、サンウルブズの主力選手も登壇し、藤島大氏とトークショーを実施予定。当日はレッズ戦がある。詳しくは番組を聴いてチェックしよう!

速いラグビー、セットプレーの安定で、今季のサンウルブズに勢いがついてくることを期待したい。

3月3日(日)午後9時30分からラジオNIKKEI第1で放送。


◆番組の聴き方:

ラジオNIKKEIは、短波ラジオはもちろん、radiko(ラジコ)のサービスを利用して、PCやスマートフォンでも全国無料で放送を聴ける。放送後も1週間試聴できるタイムフリー機能がある。また、4日からポッドキャストでも特別版を配信する(未放送音源も含む)。10日(日)夜9時30分には再放送する。ラグビーソングスが聴けるのは、オンエアだけ!

◆プレゼント:番組のリスナーを試合へご招待いたします!

スーパーラグビー
「ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ vs. レッズ」

開催日: 3月16日(土)
開催場所: 秩父宮ラグビー場(東京メトロ銀座線「外苑前」駅より徒歩5分)
ご招待人数: 5組10名様 ※抽選
締め切り: 3月7日
当選の発表はチケットの発送をもって代えさせていただきます。
→ 応募する!

※番組のご感想を添えてご応募ください!

2月の番組を10日夜9時30分から再放送。特別版はPodcastで配信中。

2019.02/08 ディレクター 記事URL

今月の番組ゲストは、明治大学の主将を務めた福田健太選手。

1月12日、明治大学は大学選手権決勝で、関西王者の天理大学に
22―17で勝ち、22季ぶり13度目の大学日本一の座に輝いた。
決勝戦までの舞台裏を明かす。
いまだから話せるエピソードが満載。あの感動をもう一度!

10日夜9時30分からラジオNIKKEI第1で再放送する。

1/2 帝京大学は、関西王者の天理大学に、大学選手権準決勝で敗れ、10連覇を阻まれた。

1/12 天理大学は準優勝。島根主将は、会見で涙した。

1/12 明治大学の優勝会見。



◇明大ラグビーファンにオススメの過去放送

・ゲスト 丹羽政彦氏 → (2014/10/05) 聴く♪ 

・ゲスト 田中澄憲氏 →  (2018/06/03) 聴く♪ 

・2月3日放送をラジコのタイムフリー機能で 聴く♪
・2月3日放送の特別版配信(未放送音源も収録した約50分の拡大版) 聴く♪

2/3 放送予告

2019.02/03 ディレクター 記事URL

2月のゲストは、明治大学の福田健太主将だ。勝つ組織への変革を語る!


(写真:明治の戦法について、ダブリン大学のネクタイを締めた藤島大氏と語り合う福田主将)

1月12日、大学選手権決勝で、明治大学は関西王者の天理大学に22―17で勝ち、22大会ぶり13度目の大学日本一の座に輝いた。試合終了間際で、天理ボールのスクラムになるピンチもあった。そのとき5点差。トライを許せば、逆転負けの可能性があった。粘り強い防御でリードを守った決戦を振り返る。天理戦で勝つマインドをつくり上げたのは、相手の分析と監督の力が大きかったという。さらに、秩父宮ラグビー場に沸いた観客の「メイジコール」が後押しした。

福田健太。1996年12月19日生まれ、埼玉・三郷市出身。茨城・守谷市育ち。小1から常総ジュニアRSでラグビーを始め、茨城の名門、茗渓学園高では2年、3年に花園連続出場(3年で主将)。明大1年の大学選手権から公式戦に出場し、4年で主将を務める。1メートル73、79キロ。U17日本代表。ポジションはスクラムハーフ。

明大は、前回大会決勝の舞台で、大学王者の帝京大学に1点差で負けた。福田主将は、「あの悔しさを1日も忘れたことはなかった」という。その勝利への執念が、田中澄憲監督の目にとまり、主将になった。選手として明治最後の日本一を経験していた田中監督は、現役時代に、福田主将と同じポジション。その監督の指導により、プレーに対する意識も改革された。

チームは今季、対抗戦で、慶應と早稲田に負けている。その後、明大ラグビー部全体が飛躍を遂げた過程には、なにがあったのか。そして選手は眠れない夜をどう乗り越えたのか――。スポーツライターの藤島大が迫る。

紫紺のジャージのプライド。かつて名将・北島忠治監督のもと、黄金期を築いた「前へ」の精神が、チームの心をひとつに、優勝へと導いた。歴史を変えた今季のメイジの舞台裏。「いまだから話せますよ」。

2月3日(日)午後9時30分からラジオNIKKEI第1で放送。


◆番組の聴き方:

ラジオNIKKEIは、短波ラジオはもちろん、radiko(ラジコ)のサービスを利用して、PCやスマートフォンでも全国無料で放送を聴ける。放送後も1週間試聴できるタイムフリー機能がある。また、4日からポッドキャストでも特別版を配信する(未放送音源も含む)。10日(日)夜9時30分には再放送する。


プレゼント:番組のリスナーをサンウルブズの試合へご招待いたします!

スーパーラグビー「サンウルブズ vs. ワラターズ」

開催日: 2月23日(土)
開催場所: 秩父宮ラグビー場(東京メトロ銀座線「外苑前」駅より徒歩5分)
ご招待人数: 5組10名様 ※抽選
締め切り: 2月15日
当選の発表はチケットの発送をもって代えさせていただきます。
→ 応募する!

※番組のご感想を添えてご応募ください!

1月の放送をPodcastなどで配信中

2019.01/15 ディレクター 記事URL

2019年はラグビーワールドカップが日本で開催される。
今年飛躍しそうなジャパンの若手、
姫野和樹選手が今月のゲスト




















1月13日(日)21時30分からラジオNIKKEI第1で再放送した
番組は、ラジコ(radiko)のタイムフリーポッドキャストで!

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

藤島 大
ふじしま だい

スポーツライター。1961年、東京生まれ。都立秋川高校、早稲田大学でラグビー部に所属。スポーツニッポン新聞社を経て、92年に独立。都立国立高校、早稲田大学でコーチも務めた。著書に『ラグビーの情景』(ベースボール・マガジン社)、『ラグビー大魂』(ベースボール・マガジン社)、『楕円の流儀 日本ラグビーの苦難』(論創社)、『知と熱 日本ラグビーの変革者・大西鉄之祐』(文藝春秋)、『ラグビーの世紀』(洋泉社)などがある。また、『ラグビーマガジン』や『東京新聞(中日新聞)』、『週刊現代』、『ボクシング・ビート』などでコラム連載中。J SPORTSのラグビー中継でコメンテーターを務める。

パーソナリティ一覧はコチラ