番組紹介

ラジオNIKKEI第1
毎月  第1日曜日 21:30~22:00
再放送 第2日曜日 21:30~22:00
提供:青南商事

2019年、世界的な祭典ラグビーワールドカップが日本で開催されます。

スポーツライターの藤島大さんが、ゲストとともにラグビーの試合や注目選手の情報などを、取材音声やレポートなどをまじえて月1回お伝えします。また、放送では楕円球にまつわるヒューマン・ストーリーや音楽なども。藤島大さんならではのラグビー夜噺をお届けします。

7人制ラグビーはオリンピック種目でもあります。2019年のラグビーワールドカップの日本開催と20年の東京五輪を盛り上げましょう!

新着記事

5月の番組をオンデマンド&Podcastで配信!

2016.05/03 ディレクター 記事URL

今月のゲストは、女子7人制ラグビー日本代表サクラセブンズの中村知春主将(アルカスクイーン熊谷所属)だ。先月25日にお誕生日を迎え28歳になったばかり。(中村知春。1988年4月25日神奈川県生まれ。法政大学から電通東日本/東京フェニックスからアルカスクイーン熊谷)


サクラセブンズは、昨年11月、リオデジャネイロオリンピックのアジア予選の決勝で、カザフスタンを14-7で破り、アジア代表として出場権を得た。7人制ラグビーは五輪新種目。2020年の東京五輪でも実施される。サクラセブンズにメダルの期待は高まっている。

中村主将は学生時代バスケットボールに打ち込み、卒業後にラグビーへ転向した。7人制ラグビーの魅力を、「スピード感」と語る。そして、サクラセブンズらしさは、ひたむきなプレーにあるとアピールしてくれた。リオでの目標は金メダルだ。

ただ、オーストラリア、ニュージーランド、イングランド、カナダ、アメリカ、フランスという世界の強豪国に勝つのは容易ではない。体格差もある。4月8日・9日、ワールドラグビー女子セブンズシリーズのアトランタ大会でサクラセブンズは10位だった。16日・17日のカナダ大会では、全敗の最下位(12位)。シリーズ総合順位は、11位である。世界の壁は打ち破れるのか――。

昨年のラグビーワールドカップで活躍した15人制男子と同じく、サクラセブンズは年間270日ほどの長い合宿でハードワークに取り組んでいる。その過酷な練習メニューなどを聞くと、練習量では他国に負けていない。5月にはフランス大会がある。

中村選手が所属するアルカスクイーン熊谷は、開催中の太陽生命ウィメンズセブンズシリーズの保土ヶ谷大会で優勝した。国内の大会についても聞いた。また、男性ファンは聞き逃せない、サクラセブンズの恋愛事情にまで話がおよんだ。番組を聴いて、サクラセブンズを一緒に応援しよう!


今月の番組プレゼントは、日本代表中村主将のサインです。
つぎの4つを明記してメールでお送りください。


1. あなたの郵便番号・ご住所
2. 氏名(ご本名とペンネーム)
3. 「サイン希望」と書いてください。
4. 番組のご感想など

なお、メール送信欄からもお寄せいただけます。
締め切り5月20日。抽選後、当選の発表は、発送に代えます。
メッセージは番組内でご紹介する可能性があります。
賞品の発送先となるご住所を明記してください。


世界最高峰リーグの日本のサンウルブズが、アルゼンチンのジャガーズに36対28で勝利! スーパーラグビーでうれしい初勝利となった。ジャガーズは、スーパーラグビーにサンウルブズとともに今季から初参戦したチーム。昨年のワールドカップでベスト4入りしたアルゼンチン代表などで構成するチームだ。(写真は試合後。ジャガーズ主将とHC。サンブルブズの立川理道とマーク・ハメットHC。秩父宮でファンと勝利を喜ぶ)



◆5月の番組の聴き方いろいろ

【ポッドキャスト&オンデマンド】
放送した番組を再編集して配信中。

【radiko( http://radiko.jp/#RN1 )】
5月8日ラジオNIKKEI第1 21:30再放送! 
オンエアでは中村知春主将のリクエスト曲も聴ける。
ラジオNIKKEIの放送をインターネットで同時に配信するサービス。
ラジオNIKKEI第1放送のradiko月間ユニークユーザー数は、全国第1位!

♪リクエスト曲 
女子ラグビー日本代表サクラ セブンズ応援歌「なないろ」United 76jah Nation


♪エンディング曲
Don't think twice, it's all right  

5/1 放送予告

2016.04/30 ディレクター 記事URL

今月は、ラジオNIKKEI第1で5月1日21:30~放送。ゲストは、女子7人制ラグビー日本代表サクラセブンズの中村知春主将(アルカス熊谷所属)だ。誕生日を迎え28歳になったばかり。

サクラセブンズは、昨年11月、アジア予選の決勝戦でカザフスタンを14--7で破り、リオデジャネイロオリンピックの出場権を得た。7人制ラグビーが夏季五輪に正式種目として採用されたことで各国強化を加速しているなかでのアジア予選優勝。その盛り上がりを受けて、昨年末のNHK紅白に、サクラセブンズの選手が出場するなど、メダルへの期待は高まっている。しかし、不安はある。4月8日・9日、ワールドラグビー女子セブンズシリーズのアトランタ大会では10位。16・17日のカナダ大会では、全敗の最下位(12位)だった。シリーズ総合順位は、11位である。世界の壁は打ち破れるのか――。昨年のラグビーワールドカップで活躍した15人制男子と同じく、サクラセブンズは長い合宿でハードワークに取り組み、練習量を積んでいる。リオ五輪まで約100日。日本代表の戦い方、過酷な練習メニュー、世界の強豪チームなどを紹介する。5月にはフランス大会がある。さらに開催中の国内シリーズの保土ヶ谷大会で優勝した中村知春が所属するアルカスクイーン熊谷についても聞く。番組を聴いて、サクラセブンズを一緒に応援しよう! オンエアでは中村選手のリクエスト曲も聴ける。(5月8日同時刻に再放送)



◆トピックス

ラグビーの世界最高峰リーグ、スーパーラグビーで日本のサンウルブズが、アルゼンチンのジャガーズにうれしい初勝利。番組では試合後の選手の声を伝える。









◆プレゼントの応募方法:


今月の番組プレゼントは、日本代表中村主将のサインです。
つぎの4つを明記してメールでお送りください。


1. あなたの郵便番号・ご住所
2. 氏名(ご本名とペンネーム)
3. 「サイン希望」と書いてください。
4. 番組のご感想など

なお、メール送信欄からもお寄せいただけます。
締め切り今月20日。抽選後、当選の発表は、発送に代えます。
メッセージは番組内でご紹介する可能性があります。
賞品の発送先となるご住所を明記してください。



◆当番組おすすめの聴取方法は以下のとおり。

【radiko( http://radiko.jp/#RN1 )】
ラジオNIKKEIの放送をインターネットで同時に配信するサービス。
ラジオNIKKEI第1放送のradiko月間ユニークユーザー数は、全国第1位!


【ポッドキャスト】
5月2日午後、放送した番組を再編集して配信予定。
番組の音声ファイルをパソコンやスマートフォンに無料でダウンロードして聴くことが可能。


【オンデマンド】
5月2日午後、番組を再編集して配信予定。番組音声ライブラリーからお楽しみください。
http://www.radionikkei.jp/rugby-radio/ondemandlist.html

4月の番組をオンデマンド&Podcastで配信!

2016.04/11 ディレクター 記事URL

4月のゲストは、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスの新主将、金正奎(FL)だ。昨季のトップリーグ年間ベストフィフティーンに選出された。同チームからはアマナキ・レレィ・マフィ(NO8)も選出されている。金選手は、昨春にチーム派遣でニュージーランドへ留学し、プレースタイルを進化させた賜物だろう。


金正奎は、3月21日までフィジーで開催された「パシフィック・チャレンジ」から帰国したばかり。今回のジュニア・ジャパンは、金主将、中村亮土副将(サントリー)をはじめオーバーエイジの選手6名を加えたU20(20歳以下)日本代表候補を軸にした編成だった。フィジーが優勝し、日本は最下位。今大会は、世界的導入が検討されている試験的ルールで実施された。得点は、トライ6点、コンバージョン2点、ペナルティーゴール2点で構成された。試合を振り返りながら、改正ルールや思い出を語る。

177センチ、93キロ。粘り強さと低いプレーが強み。スクラムの3列目に位置するフランカーとしては、サイズが小さいが、活躍にはわけがあるにちがいない。食事管理や実家の焼肉店の話もうかがっている。高校日本代表では主将、早大では副将、ジュニア・ジャパン主将という金正奎に、NTTコムのロブ・ペニー・ヘッドコーチは、新主将に据えて彼にどんな期待をしているのか。シーズン始動に向け抱負をお話いただく。



◆プレゼントのご応募:

4月の番組プレゼントは、金正奎選手のサインです!
つぎの4つを明記してメールでお送りください。


1. あなたの郵便番号・ご住所
2. 氏名(ご本名とペンネーム)
3. 「サイン希望」と書いてください。
4. 番組のご感想など


なお、メール送信欄からもお寄せいただけます。


※締め切り今月18日。抽選後、当選の発表は、発送に代えます。
 メッセージは番組内でご紹介する可能性があります。
 賞品の発送先となるご住所を明記してください。

4/3 放送予告

2016.04/02 ディレクター 記事URL

今夜はサンウルブズのキングス戦。明晩は9時30分から「藤島大の楕円球にみる夢」の放送(ラジオNIKKEI第一)を楽しもう。
4月の「藤島大の楕円球にみる夢」は、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスの新主将に決まった金正奎(FL)がゲストに登場する。177センチ、93キロ。昨年度のトップリーグ年間ベストフィフティーンとして1月に表彰された。同チームからはアマナキ・レレィ・マフィも選出されている。昨春にチーム派遣でニュージーランドへ留学し、プレースタイルを進化させた賜物だろう。

金正奎は、3月21日までフィジーで開催された「パシフィック・チャレンジ」から帰国したばかり。今回のジュニア・ジャパンは、金主将、中村亮土副将(サントリー)をはじめオーバーエイジの選手6名を加えたU20(20歳以下)日本代表候補を軸にした編成だった。フィジーが優勝し、日本は最下位。今大会は、世界的導入が検討されている試験的ルールで実施された。得点は、トライ6点、ペナルティートライ8点、コンバージョンゴール2点、ペナルティーゴール2点で構成された。若きリーダーに試合を振り返ってもらう。

粘り強さと低いプレーが強み。高校日本代表では主将、早大では副将、ジュニア・ジャパン主将という金正奎に、NTTコムのロブ・ペニー・ヘッドコーチは、新主将に据えた彼になにを期待しているのか。シーズン始動に向け抱負をお話いただく。

選手のリクエスト曲が聴けるのは、オンエアのみ。また、リスナーにプレゼントもある。お楽しみに!

熊谷ラグビー場の地元特産品テントの弁当。350円。「化学の味なし。なんと過不足なく美しい様子であることよ。大ファン」藤島氏談。ラグビーの高校選抜大会は4月7日まで開催中。

今回のラジオで弁当には触れないが、金正奎は焼肉についての大事な話もする予定だ。


◆ラジオの聴き方:
ラジオNIKKEIは、「radiko.jp(http://radiko.jp/#RN1)」のサービスを利用して、パソコンやスマートフォンでも全国無料で放送を聴ける。スマホ用にはアプリがある。なお、ラジオNIKKEIは、短波放送が受信可能なラジオ受信機でも全国で聴ける。4日午後には、ポッドキャストとオンデマンドで特別版を配信する。10日の夜9時30分からは再放送がある。


◆プレゼントのご応募:

4月の番組プレゼントは、金正奎選手のサインです!

つぎの4つを明記してメールでお送りください。


1. あなたの郵便番号・ご住所
2. 氏名(ご本名とペンネーム)
3. 「サイン希望」と書いてください。
4. 番組のご感想など


なお、メール送信欄からもお寄せいただけます。


※締め切り今月18日。抽選後、当選の発表は、発送に代えます。
 メッセージは番組内でご紹介する可能性があります。
 賞品の発送先となるご住所を明記してください。

3月の番組をPodcast&オンデマンドで配信!

2016.03/13 ディレクター 記事URL

「藤島大の楕円球にみる夢」(ラジオNIKKEI 第1)は、3月13日夜9時30分から再放送がある。ゲストは、昨年のワールドカップにおいて大活躍した稲垣啓太だ! ラグビートップリーグ王者のパナソニックワイルドナイツ、そして南半球のプロチームが競うスーパーラグビーに今季から参戦しているサンウルブズに所属している。
昨年の9月19日、ラグビーW杯イングランド大会における南アフリカ戦。ラスト残りワンプレーで、得点は29-32。最後の総力戦を稲垣選手が語る。ジャパンがペナルティーを得た。五郎丸歩がショットを決めて3点を追加すれば、引き分けで試合が終了する。だが、主将のリーチマイケルはスクラムを選択した。「ビート・ザ・ボクス(打倒スプリングボクス)」の精神を貫いたのだ。後半17分から三上正貴と交代で入った左最前列の稲垣選手が、あの場面を振り返る。後半13分には畠山健介に代わり山下裕史が。同じく29分、フッカーは堀江翔太に代わり木津武士がいた。一方、稲垣の対面には、途中出場のコーニー・ウェストハイゼンのシンビン(不当なプレーによる一時的退場)により、ヤニー・デュプレシーがピッチに戻っていた――。

更に今回、サンウルブズの記念すべきスーパーラグビー初戦となった今年の2月27日、ライオンズ戦でのスクラムの駆け引きを、稲垣選手に解説してもらう。2019年のW杯日本開催に向けて、稲垣啓太はハングリーだ。サンウルブズでの挑戦はまだ始まったばかり。ラジオを聴いて応援しよう! オンデマンド&ポッドキャストには、放送していないエピソードを収録している。エディー・ジョーンズ、元日本代表ヘッドコーチ(イングランド代表HC)にワールドカップ中に叱られた思い出などを明かしてくれた。稲垣選手のリクエスト曲など音楽は、オンエア限定企画。


◆出演:
パーソナリティ スポーツジャーナリスト 藤島大     
ゲスト サンウルブズ 稲垣啓太(PR)

◆トピックス:

廣瀬敏朗(東芝ブレイブルーパス、日本代表の前主将)が現役引退


サンウルブズ主将の堀江翔太がチーム初トライ


◆プレゼント応募:
3月の番組プレゼントは、稲垣啓太選手のサインです!

つぎの4つを明記してメールでお送りください。


1. あなたの郵便番号・ご住所
2. 氏名(ご本名とペンネーム)
3. 「サイン希望」と書いてください。
4. 番組のご感想など


なお、メール送信欄からもお寄せいただけます。


※締め切り今月20日。当選の発表は、発送に代えます。
 メッセージは番組内でご紹介する可能性があります。



ポッドキャストとオンデマンドで特別版を配信中。
13日の夜9時30分からは再放送がある。

3/6 放送予告

2016.03/04 ディレクター 記事URL

今月は、サンウルブズの稲垣啓太選手(25)をゲストに迎える。3月6日夜9時30分から放送(ラジオNIKKEI第一)。
稲垣啓太は、パナソニックワイルドナイツ、そして南半球のプロチームが競うスーパーラグビーのサンウルブズに所属する。新潟県出身。ラグビー部だった次兄の影響で、中学3年時にラグビーを始めた。新潟工業高校時代には、高校日本代表、U20日本代表に選ばれ、関東学院大4年では主将を務めた。パナソニックに入った2013年度、トップリーグの新人賞とベスト15をダブル受賞。昨年のラグビーワールドカップでは、全4試合に出場する活躍だった。仕事量の多い、動き回れるプロップ。第1列で日本代表の躍進に貢献した。

昨年9月19日。W杯イングランド大会で、日本代表は二度の優勝国である強豪の南アフリカに34―32で勝利した。あのスクラム対決に焦点を当てる。スプリングボクスのスクラムの特徴と、日本代表の戦略が明かされる。「ブライトンの奇跡」はなぜ生まれたのか。グラウンドで起きていたことが、稲垣の目を通して語られる。

さらに、サンウルブズの記念すべきスーパーラグビー初戦となった2月27日秩父宮ラグビー場。ライオンズ戦でのスクラムの駆け引きを、当事者である稲垣選手に解説してもらう。 稲垣選手のリクエスト曲が聴けるのは、オンエアのみ。おどろくべき個性的な選曲! また、稲垣選手からリスナーにプレゼントもある! お楽しみに。

 

◆出演:

パーソナリティ  スポーツジャーナリスト 藤島大     

ゲスト サンウルブズ 稲垣啓太(PR)

 

◆ラジオの聴き方:

ラジオNIKKEIは、「radiko.jp」のサービスを利用して、パソコンやスマートフォンでも全国無料で放送を聴ける。スマホ用にはアプリがある。なお、ラジオNIKKEIは、短波放送が受信可能なラジオ受信機でも全国で聴ける。7日午後には、ポッドキャストとオンデマンドで特別版を配信する。13日の夜9時30分からは再放送がある。


◆プレゼント

【今月の番組プレゼント応募概要】

3月の番組プレゼントは、稲垣啓太選手のサインです!
つぎの4つを明記して こちらからお送りください。


1. あなたの郵便番号・ご住所
2. 氏名(ご本名とペンネーム)
3. 「サイン希望」と書いてください。
4. 番組のご感想など


なお、メール送信欄からもお寄せいただけます。


※締め切り今月20日。当選の発表は、発送に代えます。
 メッセージは番組内でご紹介する可能性があります。

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

藤島 大
ふじしま だい

スポーツライター。1961年、東京生まれ。都立秋川高校、早稲田大学でラグビー部に所属。スポーツニッポン新聞社を経て、92年に独立。都立国立高校、早稲田大学でコーチも務めた。著書に『ラグビーの情景』(ベースボール・マガジン社)、『ラグビー大魂』(ベースボール・マガジン社)、『楕円の流儀 日本ラグビーの苦難』(論創社)、『知と熱 日本ラグビーの変革者・大西鉄之祐』(文藝春秋)、『ラグビーの世紀』(洋泉社)などがある。また、『ラグビーマガジン』や『東京新聞(中日新聞)』、『週刊現代』、『ボクシング・ビート』などでコラム連載中。J SPORTSのラグビー中継でコメンテーターを務める。

パーソナリティ一覧はコチラ