番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎月第3火曜日 17:30~17:50
協力:NCGM 国立国際医療研究センター 国際医療協力局

途上国へ赴き、現地の医療システム全体の改善に貢献する「グローバルヘルス」。
その活動経験を持つマスターと、カフェの常連客が、世界の健康問題について語り合います。
マスターが淹れるめずらしいコーヒーも登場します。
出演は、国立国際医療研究センターの明石秀親と、シンクタンク・ソフィアバンク代表の藤沢久美。

新着記事

第28回「みんなでSDGs」テキストデータ版(2018.4.17放送) [放送内容テキストデータ]

2018.04/17 番組スタッフ 記事URL

※音声はこちらからお聴きいただけます。
番組をオンデマンドで聴く
聴く第28回「みんなでSDGs」(2018年4月17日放送分)


<出演>
マスター:明石 秀親(国立国際医療研究センター)
藤沢:藤沢久美(シンクタンク・ソフィアバンク代表/常連客)

※ 番組では、みなさまからのご意見・ご感想を募集しております。
※ 番組宛メール送信フォームより、ぜひご意見をお寄せください。
※ お寄せいただいた内容は、番組内でご紹介させていただく場合がございます。


【はじめに】
マスター:藤沢さん、いらっしゃいませ。今日は何にしますか?
藤沢:桜もきれいなので、桜茶。ありますか?
マスター:かなり難しいご注文ですが、はい。ありますよ。
前回は1月でしたからだいぶ久しぶりですね。寒いときもありましたが、いかがお過ごしでしたか?
藤沢:相変わらず全国行脚をしておりました。地方の仕事が多くて、いろんな地方のプロジェクトをお手伝いしに行くので、毎日新幹線か飛行機に乗ってという感じでしたね。
マスター:藤沢さんの助言を得たいという人はたくさんいるような気がしますね。


【動き出した難民健康手帳】


藤沢
:マスターは相変わらず世界を飛び回っていらっしゃった?
マスター:1月2月は忙しくて、例えばタイとかベトナム、ヨルダンにも行ってきました。
藤沢:ヨルダンではなにを?
マスター:実は前に藤沢さんに宿題をいただいた、というか毎回いただくんですが、最初の宿題のことをずっと覚えていていまして。
難民健康手帳というのを考えつき、あのとき藤沢さんにちょっとお聞きしたら、面白いんじゃないですか?とおっしゃっていたのが一点。
それともう一点。起業・アントレプレナーシップの人と、アイデアはあるんだけど何にも進まない人と、一体何が違うんですか?ってうかがったんですよね。
藤沢さんは言下に「それは、やるかやらないかです」っておっしゃられて、ばっさり切られた気がしたんです。

難民健康手帳については、自分の中でアイデアとして思いついて、会議でも言ったんです。
会議に出ていた人は、面白いと話していた。
だけど私としては、誰かやったらいいんじゃない?って思っていたんですね。
そんなときに藤沢さんからの言葉を聞いて、これって自分でやらなきゃダメなんだ!ってね。
それで、そもそも難民手帳って、実際に難民のお仕事をしていらっしゃる方はどう思うんだろうと考えて、聞きにいったんですよね。
藤沢:おおすごい!動き出しましたね。

マスター
:それで日本の、UNHCR・難民高等弁務官事務所に行ってお話してみたら、面白いかも知れないということでした。
今度はまた別のミャンマー難民のやっている方にお聴きしたら、それはいけるかもしれないと。
ただ、健康だけじゃなくて、教育などの項目も一緒に加えれば役に立つんじゃないかという話が出たんです。

要するに難民は国を離れたときに、自分が糖尿病などの病気だとしても、どういう治療を受けていたのかよくわからない。
あるいは何の予防接種やったかわからない。
そしてその他にも、小学校を卒業したということが証明できずに中学校に入れない。
職歴でも、「医者だったんです」って言っても証明がないわけですよね。
そういうことがあるので、教育の学歴とか、免許とか、仕事の経歴だとか、そういうことを一緒に加えれば、国を移ったときに役に立つのではということです。
藤沢:確かに。

【日本の母子手帳のシステムを応用】

マスター:日本には母子手帳がありますよね。
この母子手帳を持っているのはお母さんです。
お母さんは自分と子どもの記録を持っているわけで、住むところが変わっても、それを持っていけば子どものことがわかる。
このシステムそのものが難民の方にとって使えるんじゃないかなと。
難民が国をまたいだときに、自分の記録を自分が持って歩いて、次のところに行っても使える。
藤沢:で、いよいよここにつながるわけですね。
ここに母子手帳も親子健康手帳もあるし、横文字のもありますよ。
マスター:これはあの、試作品ですよね。
藤沢:Refugee Health Handbookって書いてある。「難民健康手帳」、いよいよなんですね!
マスター:まだプロトタイプです。
ただ、藤沢さんのお言葉が非常に強く、ガツンとやられた気がしたんです。

【動いてみると課題も見えてくる】

藤沢:でも、動いてみるといろんなアイデアが出てくるでしょう?
マスター:それもありますね。ただ前途としてアイデアだけで始めるけど、難しさも見えてくるじゃないですか。
会うと「いいんじゃない?」って言ってくれる。「でもこれ、こういうところが難しいよね」と、いろいろご意見をいただきますよね。
それってどうやってやるんだろうと考える。
会社を始められるときもそうなのかなって。
藤沢:そうなんです。でも、ちょっとずつ始めればいいんです。
プロトタイプはまさに全部紙なんですけど、これがこれからデジタル化すると思う。
これ、すごい分厚い手帳ですよね。
でもアプリになっていれば、最初からこんなにたくさん入れなくても、まずは名前と出身地、家族、出身校から始めて、アプリの更新で新しい項目を後から追加していけばいい。
まずは簡単なところから始めてみるっていうね。
さっきマスターが、アイデアを言ってみたら面白いって言われ、また別のところで言ってみたら健康だけじゃなくてこんなのもあったらいいねって言われ、とおっしゃっていたじゃないですか。
なので、とにかく動いてみる。
始めてみると次のニーズが見えてくるし、課題が出てくる。
「こんな課題がある」と言うと、「だったらこうしたほうがいいんじゃない」っていろんな人が教えてくれて巻き込まれてくる。
だからこそ、とにかく動いてみることですよね。

【SDGsを身近にわかりやすく】

藤沢:そしてこの動いてみるっていうお話で、前回マスターと盛り上がったのが「SDGs」。
マスター:そうですね。SDGsの標語みたいなかたちで、leave no one behindといって、誰一人取り残さない。国の枠を超えてね。
実際に先ほどお話したみたいに健康だけじゃないんですね。
教育も関係あるし、平和、差別とか、雇用のお話もあるしっていう。これらについて考えると、SDGsの17の要素が見えてくるんじゃないでしょうか。
藤沢:持続可能な開発目標というのがSDGsです。前回聞いてくださった方は覚えてくださっているかもしれないけれど、あらためて17の目標についてご紹介します。

貧困、飢餓、保健、教育、ジェンダー、水・衛生、エネルギー、成長雇用、イノベーション、不平等、都市、生産・消費、気候変動、海洋資源、陸上資源、平和、実施手段。

前回このカフェでみなさんに、「持続可能な開発目標」とか「SDGs」っていう言葉が難しいから、みんながわかる言葉に変えましょうよって呼びかけたんですね。
その後リスナーのみなさんから、アイデアあります!ってたくさんのメールをいただきました。
マスター:本当ですね。
藤沢:ちょっと紹介していいですか?
一つ目はね、ユウタさん。30代男性、公務員の方。
「(S)全ての人が (D)大好きになる (G)ゴール」。
マスター:なるほど。
藤沢:それからね、ポンちゃんさん。女性です。
SDGsをわかりやすく言い換えるとしたら、「一歩前進」。わかりやすいですね。
不老川さん、60代男性です。
「わかりやすく言い換えるとしたら、全人類型循環型社会の実現のために」。
マスター:これ、わかりやすくなっているんですかねぇ。
藤沢:非常に、高尚になっております。
マスター:そうですね!!
藤沢:森田さん。30代男性。
「少しずつ前へ、健康で元気に」。
SDGsなのかなと思ったんだけど、「す」こしずつのSと、健康「で」のDと、「げ」んきにのGかなと。
マスター:なるほどそうですね。
藤沢:栗三昧さん。50代女性。面白いこれ。
「(S)さぁ、(D)団体戦で (G)がんばろう!」
マスター:これもSDGsですね。すばらしいですね。
藤沢:究極はですね、桑子さん、40代男性。
「すごいことはせず、だんだんと、少しずつ前へ」。
「す」ごいことはせずのSと、「だ」んだんとのDと、少しずつ前への「ずつ」がDsなのかなと思って。この桑子さんが一番SDGsを全部入れた。優勝かな?
マスター:優勝ですか!
藤沢:いっぱい出てきますよね。

【一人ひとりにできること】

マスター:本当ですね。みんなで考えるといろいろ良いアイデアが出そうですね。
藤沢:そうなんですよ。SDGsを難しく考えるんじゃなくって、みんなで世界が持続可能、人類が持続可能になるために、一人ひとり何ができるかっていう話をしたじゃないですか。
それもね、みなさん応募してくださっています。
さっきのユウタさんはね、「1日ひとつ、誰かの役に立てることをTwitterでツイートする」。
マスター:いいですね。
藤沢:いいですよね。ユウタさん、TwitterのID教えてください。フォローしますよ。
マスター:すばらしい。
藤沢:あとねぇ、不老川さんすごいですよ。「埼玉県川越市環境審議会委員として環境行政に関わりはじめた」。
マスター:おお。これはまたすごい。みんなちょっとずつやり始めている感じ?
藤沢:あとね、ラジオネームがとってもむずかしい。ピロニキバンバンさん。20代学生さんは、これもすばらしいな。「毎日学校へ行くまでのゴミ拾いをする」。
マスター:これも大事ですね。
藤沢:17のテーマのどれかに当てはまるっていうか複数ですよね。水・衛生にも関わるし、都市っていうテーマにも関わるし。
あとね、ポンちゃんさんはね、「毎日ジョギングや筋トレをして老化に対抗しています」。これもいいですよね。
マスター:大事ですね。私も必要です、これ。
藤沢:これはSDGsの保健・全ての人に健康と福祉をっていうところで、まず自分が健康になるということ。
マスター:個人個人で少しでも前にいけるアイデアがありますね。
藤沢:ありますね。だから今年のグローバルヘルス・カフェ、「みんなでSDGs」ってどうです?
マスター:それいいですね!みんな、これだったら私もできそうみたいなのが出てきて、実際にさっきの難民手帳じゃないけど、私これ始めました、とか、そういうアイデアが次々に集まってくると面白いですよね。
藤沢:面白いと思います。
私、ポンちゃんさんの、毎日筋トレっていうのは、私もやります!
最近太ってきちゃったし、まず自分の健康のために。
私たちもできるようなアイデアをこうして出してもらえると嬉しいですよね。
マスター:そうですよね。ぜひみなさんに番組のほうで「私こんなの始めました」というのを送っていただけるといいですね。
藤沢:17のゴール・目標なんだけれども、こういうゴールもあっていいんじゃない?っていう新しいゴールもね。
マスター:17はかなり網羅しているとは思うんですが、17の中でどれかなっていうよりも、これいいんだけど始めました、でも何番かわからないとしたらね、別に18番目を作ればいいってことですよね。
藤沢:なーんかマスター、だんだん起業家っぽくなってきました。
なきゃ作ろうっていう。とっても嬉しいです。
このカフェではマスターが起業家になり、みんなも起業家になる。
マスター:これはやっぱりメンターである藤沢さんがいらっしゃるから。
藤沢:このカフェに来るたびにマスターがどんどん変わっていかれるのも嬉しいんですけれど。

【150周年を迎える国立国際医療研究センター】

そういえばマスター、何かアニバーサリーがあったそうで。
マスター:そうですね、私のじゃなくて、実はこの番組を提供している国立国際医療研究センター・NCGMが、150周年記念なんですよね。
藤沢:すごい、150周年。1世紀以上ですか。
マスター:そうですね、1868年の明治維新のときに山下門内仮病院という病院が、ちょうど帝国ホテルとか、日比谷公園のあたりにあったらしく、そこが起源だと言われています。
12月3日に150周年の記念式典をやることになりました。
森鴎外さんも一時、ちょうどドイツにいらっしゃる前に研修などで勤務していたんです。
藤沢:12月3日に150周年の記念式典があるということですが、その記念式典でみんなのSDGsのアイデアのアワード、表彰式とかどうですか?
マスター:そうですね。記念式典でそれができるかどうかわかりませんが、おっしゃるようにみんなが持ち寄る機会を作るのはいいですね。
「私こんなことやってる」というのを話しているうちに、一緒にできるかもね、という話になるかも知れないですし。
藤沢:そうですよ。さっき「さぁ、団体戦でがんばろう」って言ってたじゃないですか。
一人でこんなの始めましたと発表したら、じゃあわたしも!って共感が生まれて、さっきの筋トレみたいに「私もやります」ということが生まれるかも知れません。
マスター:ゴミ拾いも「一緒にやるよ」といったようにね。
藤沢:団体戦になっていく。
アワードを出す予行練習として、この番組に「こんなことやっています」っていうメールと、やっている写真があったら送ってください。ぜひ番組サイトで紹介したいですね。
マスター:それいいかも。
藤沢:仲間募集なんかがあれば。
マスター:楽しくなりそうですね。
藤沢:ということでなんか楽しみな新年度が始まりましたので、みなさまよろしくお願いいたします。
マスター:よろしくお願いします。

第28回「みんなでSDGs」放送時間のご案内 [お知らせ]

2018.04/12 番組スタッフ 記事URL

グローバルヘルス・カフェ、次回の放送は4月17日火曜日の17時30分~です!
テーマは「みんなでSDGs」。

世界全体の目標として設定された「SGDs」の17の項目。
マスターや藤沢さんをはじめ、リスナーのみなさんから寄せられた取り組みの紹介や、私たちが参加できる項目は何かを考えます。

番組宛てに、SDGsに関するみなさまの取り組みをお知らせください。
ご意見をいただいた方の中から抽選で2名様にマスターからのお土産をプレゼント。

メイド・イン・カンボジアの手ぬぐい「クロマー」です。
男女共用で、カンボジアでは頭や首に巻いたりして使われています。


番組サイト右側のメール送信フォームに
①住所
②お名前
③電話番号
④SDGsに関する取り組み
をご記入の上、ご応募ください。

締め切りは5月31日です。
当選発表は、プレゼントの発送をもってかえさせていただきます。


【出演】
明石 秀親(国立国際医療研究センター/医師)
藤沢 久美(シンクタンク・ソフィアバンク代表)




出典:外務省




PC・スマートフォンから全国どこからでもラジオNIKKEIがお聴きいただける「radiko.jp」からラジオNIKKEI第1を選んでお楽しみください。


放送後にはオンデマンド・ポッドキャストでも配信いたします。
また、過去の放送分もオンデマンドでお楽しみいただけます。
当番組ページ右側の「今すぐ聴く!オンデマンド」から、聴きたい回をクリックしてください。



<Master's Memory更新中!!>

マスターが国際協力で渡り歩いた開発途上国の文化・習慣・風土を記したブログ「Master's Memory
リスナーの皆さんはもうご覧いただいてますでしょうか?

マスターが現地で見て、触れて、感じたそのままをお伝えする言わば「グローバルヘルス・カフェ番外編」として当番組ブログに好評連載中。
放送がない間も、随時更新をしておりますのでこちらも要チェック!
Master's Memoryの記事一覧はこちらから

また更新情報は、グローバルヘルス・カフェ番組公式Facebookページでもお知らせをしております。
http://www.facebook.com/GlobalhealthCafe
こちらにもアクセスしてみてください。

グローバルな世界へ-外科医の国際医療協力― @日本外科学会学術集会シンポジウム [お知らせ]

2018.02/13 番組スタッフ 記事URL

NCGM・国立国際医療研究センターは、第118回日本外科学会定期学術集会にて、
外科と国際医療協力に関するシンポジウム(主催:日本外科学会)を共催いたします。

グローバル化が進む世界の中、国際医療協力もこれまでの母子保健、感染症中心から、
脳卒中、心臓病、がんなど、慢性の非感染疾患が重要な課題となってきています。
他方、大規模な自然災害や絶えることのない紛争災害などにより、外科の重要性が再認識されています。

今回のシンポジウムでは、途上国における国際医療協力活動の経験豊富な外科医にお集まりいただき、そのキャリアに基づき、今日的な国際医療協力における外科の重要性について議論していただきます。

本シンポジウムを通じて、特に若手・中堅の外科医の皆さんにグローバルな視点から外科医療を考えていただき、日本から世界に向かうモチベーションを持っていただく機会になれば幸いです。


「グローバルな世界へ-外科医の国際医療協力―」

日時:201846日(金)1530から1730まで

場所:東京国際フォーラム「ホールA

アクセス情報は以下から

https://www.t-i-forum.co.jp/general/access/access_page.pdf

  

詳細は以下リンクのフライヤーをご参照ください。

http://kyokuhp.ncgm.go.jp/gekaflyer0206.pdf

 

参加は無料ですが、以下のリンクから事前申し込みをお願いします。

https://goo.gl/forms/lDa8CTxP5zCRyiMr2

第27回「SDGs(持続可能な開発目標)」テキストデータ版(2018.1.16放送) [放送内容テキストデータ]

2018.01/26 番組スタッフ 記事URL

※音声はこちらからお聴きいただけます。
番組をオンデマンドで聴く
聴く第27回「SDGs(持続可能な開発目標)」(2018年1月16日放送分)


<出演>
マスター:明石 秀親(国立国際医療研究センター)
藤沢:藤沢久美(シンクタンク・ソフィアバンク代表/常連客)

※ 番組では、みなさまからのご意見・ご感想を募集しております。
※ 番組宛メール送信フォームより、ぜひご意見をお寄せください。
※ お寄せいただいた内容は、番組内でご紹介させていただく場合がございます。

【SDGsとは!?】

マスター:藤沢さん、いらっしゃいませ。今日は何にしますか?
藤沢:こんにちは。今日はあったかいものがいいなぁ。
すごく寒いですもんね。ホットチャイを。
マスター:じゃあそれにいたしましょう。
いろいろなご注文をありがとうございます。
藤沢:いつもマスターに挑戦をしていただくようになってきました。
マスター:藤沢さん、襟につけていらっしゃるバッチは?
藤沢:キレイでしょ?17色あるんですけれども、SDGsのバッチなんです。知ってます?
マスター:そうですね。知っているも何も、うちのスタッフもつけています。
藤沢:これって、2015年の秋に国連のサミットで作られた国際的な目標なんですよね。
マスター:SDGsというのは、日本語でいうと持続可能な開発目標、英語でいうと、Sustainable Development Goalsです。ちょっと難しいですよね。
今まではどちらかというと開発途上国中心の目標設定が多かったんですが、この17の項目は先進国も含む世界全体の目標としましょうということで、2030年までの国際目標として設定されました。
藤沢:開発目標といわれると、マスターがおっしゃったように途上国の開発目標というイメージがあるけれども、開発途上国だとか先進国だとか関係なく、世界中のみんなでこの目標を達成していこうということなんですよね。
マスター:そうですね。日本にいる人も当然関係あるんですが、SGDsってよくわからないですよね。それで個人的にはね、「(S)すごく(D)大事な(G)ゴール」みたいな言い方がいいんじゃないかなって。
こういうとオヤジギャグみたいになりますが。
とにかくみんながしっくり来ないと、目標って共有できないんじゃないかなって思います。
藤沢:今の「すごく大事なゴール」、とってもステキだなって思います。
もしかしたらみんなで日本なりにSDGsをわかりやすい言葉に代えてもいいんじゃないかと思いますね。
要するに、世界中がみんな一人たりとも取り残されることなく幸せに生きていけるように、みんなで目標を達成していきましょうということだと思うんですよね。
17個のテーマのタイトルだけ紹介します。
貧困、飢餓、保健、教育、ジェンダー、水・衛生、エネルギー、成長雇用、イノベーション、不平等、都市、生産・消費、気候変動、海洋資源、陸上資源、平和、そして実施手段、という17種類があるんですよね。 【続きを読む】

第27回「SDGs(持続可能な開発目標)」放送時間のご案内 [お知らせ]

2018.01/12 番組スタッフ 記事URL

グローバルヘルス・カフェ、次回の放送は1月16日火曜日の17時30分~です!
テーマは「SDGs(持続可能な開発目標)」。

国際医療協力のエキスパート・明石医師がマスターを務める「グローバルヘルス・カフェ」。
今回取り上げるのは、途上国だけでなく、先進国も含む世界全体の目標として設定された「SGDs」の17の項目。
日本での取り組みの紹介や、私たちが参加できる項目は何かを考えます。

番組では、みなさんからのアイデアを募集しています!
①SDGsをわかりやすく言い換えるならこれだ!
(例:(S)すごく(D)だいじな(G)ゴール)
②SDGsに関するこんな取り組みができそうだよ!
(例:現役世代が高齢者に頼ることで雇用がうまれる)

ご意見をいただいた方の中から抽選で7名様にマスターからのお土産をプレゼント。
メイドイン・モンゴルの、羊の皮でできた大きめのコースターです。
番組サイト右側のメール送信フォームに
①住所
②お名前
③電話番号
④アイデア(SDGsをわかりやすく言い換えると・・・/SDGsに関する取り組み)
をご記入の上、ご応募ください。

締め切りは2月28日です。
当選発表は、プレゼントの発送をもってかえさせていただきます。


【出演】
明石 秀親(国立国際医療研究センター/医師)
藤沢 久美(シンクタンク・ソフィアバンク代表)








PC・スマートフォンから全国どこからでもラジオNIKKEIがお聴きいただける「radiko.jp」からラジオNIKKEI第1を選んでお楽しみください。


放送後にはオンデマンド・ポッドキャストでも配信いたします。
また、過去の放送分もオンデマンドでお楽しみいただけます。
当番組ページ右側の「今すぐ聴く!オンデマンド」から、聴きたい回をクリックしてください。



<Master's Memory更新中!!>

マスターが国際協力で渡り歩いた開発途上国の文化・習慣・風土を記したブログ「Master's Memory
リスナーの皆さんはもうご覧いただいてますでしょうか?

マスターが現地で見て、触れて、感じたそのままをお伝えする言わば「グローバルヘルス・カフェ番外編」として当番組ブログに好評連載中。
放送がない間も、随時更新をしておりますのでこちらも要チェック!
Master's Memoryの記事一覧はこちらから

また更新情報は、グローバルヘルス・カフェ番組公式Facebookページでもお知らせをしております。
http://www.facebook.com/GlobalhealthCafe
こちらにもアクセスしてみてください。

第26回「途上国の高齢化を考える」テキストデータ版(2017.11.21放送) [放送内容テキストデータ]

2017.11/27 番組スタッフ 記事URL

※音声はこちらからお聴きいただけます。
番組をオンデマンドで聴く
聴く第26回「途上国の高齢化を考える」(2017年11月21日放送分)


<出演>
マスター:明石 秀親(国立国際医療研究センター)
藤沢:藤沢久美(シンクタンク・ソフィアバンク代表/常連客)

※ 番組では、みなさまからのご意見・ご感想を募集しております。
※ 番組宛メール送信フォームより、ぜひご意見をお寄せください。
※ お寄せいただいた内容は、番組内でご紹介させていただく場合がございます。

【NCDsと高齢化は表裏の関係】

マスター:あ、藤沢さん、いらっしゃいませ。今日は何にしますか。

藤沢:今日は外寒いんですけれども、このお店入ったらとってもあったかいので、ちょっと冷たいもので。

マスター:じゃあ、アイスコーヒーですか。

藤沢:いやあ、アイスチャイでもいいですか。

マスター:アイスチャイ、珍しい。

藤沢:インドの気分で。

マスター:インドの気分。じゃあマハラジャな感じで。

藤沢:前回はヨルダンのお話とか、日野原重明先生のお話から、NCDsって私も初めて聞いた言葉でしたけれど、非感染性疾患というんですか、感染病ではない病気。このお話を伺って、成人病とかああいうものだというお話でしたよね。

これが先進国、私達日本とか、先進国だけじゃなくて、途上国にも問題になっているというお話を伺って、私もびっくりしたんですけど、リスナーさんからもびっくりしましたというメールをいっぱい頂いていて。

例えば"ぼこちゃん"50代、男性ですけれども、「楽しく拝聴しております。先進国だけでなく、肥満などの生活習慣病は、発展途上国でも問題になっているのですね。その反対に貧困層は栄養失調という現実があり、とても考えさせられる深い内容でした。これからも頑張ってください」って。

マスター:ありがとうございます。

藤沢:ありがとうございます。ほかにも"どきんちゃん"とか"まつさん"とか"みゆたろうさん"とか"マスカットさん"とか。みんな「途上国にも生活習慣病があるってびっくりしました」という。

マスター:ああ、そうですか。そうですよね。

藤沢:意外なことだったんですけど。このNCDs、こういう感染性ではない病気で人が亡くなっちゃうというのはどういう背景があるのでしょうか。

マスター:もともとは前の時もお話したかもしれませんが、感染症だからばい菌とかにうつって病気になって亡くなってしまう。というか、あるいはお母さんと子供がよく亡くなる。とか、事故とかそういうので亡くなるというパターンが多かったわけですけれども、逆にそういうのがだんだん予防接種とかですね、母子保健のいろいろな介入というかな、支援でだんだん良くなってくる。
早く亡くなる命が減ってきて、その分だんだん長生きになってくる。
長生きになってくるに従ってだんだん生活習慣病ですね。糖尿病とか高血圧とか、がんとかもありますが、そういうのがだんだん比率として増えてくる、ということが起こっている。
その背景には逆にいうと高齢化が起こってきているということの裏返しだとは思いますけれどもね。


藤沢
:つまり高齢化が起きているということも含めて、結局、医療の技術とか保健医療とか、要するに医療技術、公衆衛生とかもあるんでしょうけれども、医療に関わる技術がすごく進んで治っちゃうよというか、治すことができるようになったというのも大きい理由ですね。

マスター:あとはその治すだけではなくて予防、例えば予防接種を広げるとか、そういう公衆衛生的なもの、あるいは水、綺麗な水とかですね、トイレの話とか、そういうことも含めて医療と公衆衛生的なそういうのがだんだん効いてきたというか、効果が出てきた。その背景があってこういうことが起きてきていると思いますけれどもね。

藤沢:そうするとますます高齢化って、結構大きなテーマ、医療の世界で。

マスター:そうですね。ご存じのように日本は超高齢化社会になってきて、世界的に見ても高齢化のトップランナーだというのは皆さんよくご存じだと思いますけれども、それが日本だけじゃなくていろんな国々で次々に起こってきているという。

だから日本よりも場合や国によっては速いスピードで高齢化が起きているということになりますよね。

【続きを読む】

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

明石 秀親
あかし ひでちか

医師/NCGM 国立国際医療研究センター国際医療協力局

藤沢 久美
ふじさわ くみ

シンクタンク・ソフィアバンク代表

パーソナリティ一覧はコチラ