番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週金曜日 22:30~23:00
提供:アルコニックス プロパティエージェント

伊藤洋一の本音トークを30分じっくり楽しめる番組はここだけ !
国内外で起こった1週間の経済・社会・政治関連の 出来事、指標、トピックスなどを分かりやすく解説。刻々と変化していく現代をグローバルに見渡すことのできる30分です。

新着記事

2021年11月26日放送内容(第1276回)

2021.11/26 ディレクター 記事URL

東京「銀座 桃花源」にて

<ヘッドライン>
バイデン米大統領、パウエルFRB議長を再任へ 金融政策の安定と継続を重視する姿勢示す/円、4年8ヶ月ぶりに一時115円台に下落 パウエル再任で米金融緩和縮小が進むとの見方/10月FOMC議事録「資産購入額の削減ペースをやや速めるべきだ」「資産購入額のペースを調整し、政策金利を現在の想定より早く引き上げる準備をすべきだ」/バイデン米政権「今後数ヶ月かけて戦略石油備蓄を5000万バレル放出」、日・中・印・韓・英と協調しガソリン価格を抑制する狙い 岸田総理、石油の国家備蓄を初めて放出すると表明/政府、経済対策の裏付けとなる2021年度補正予算案を閣議決定 追加歳出35兆9895億円と補正予算として過去最大、22兆580億円分の国債を発行/新生銀、SBIホールディングスによるTOBに対抗する買収防衛策を取り下げてSBI傘下へ 3500億円の公的資金が残存、議決権の2割強を握る国が買収防衛策に賛同せず/東京都、コロナワクチン3回目接種で大規模接種会場を6箇所程度開設へ 3回目接種は原則2回目から8ヶ月以上の間隔、自治体からは間隔6ヶ月でも認めるように求める声も/スズキ、2025年までに実質負担金を100万円台に押さえた軽自動車サイズのEVを国内市場に投入へ 価格をガソリン車並みに抑え普及目指す/日経平均、南アでの新たなコロナ変異型発見により一時800円あまり急落 NY市場休場で投資家のリスクオフの売りが集中  

<ポイント> 
(1) 今週のマーケット
(2) 国債発行、経済対策で22兆円増をこう見る


<今週のここ/これを見てきた>
桃花源

<アーカイブ配信のご案内>
放送後1ヶ月が過ぎた番組を、スマホアプリ【audiobook.jp】の「聴き放題プラン」で有料配信しています。最初の1ヶ月はお試し無料、2ヶ月目以降は月額750円(税込)の定額サービスです。【audiobook.jp】アプリをインストールの上、お楽しみ下さい。 *詳しくはこちら

2021年11月19日放送内容(第1275回)

2021.11/19 ディレクター 記事URL

上海ガニを堪能しゴキゲンなイトーさん(東京・新橋亭にて)

<ヘッドライン>
COP26成果文書、石炭火力発電の利用について当初案の「段階的な廃止」を「段階的な削減」に変更 産業革命前からの気温上昇「1.5度以内に抑える努力を追求」/米JPモルガン・チェース、ワラント巡り1億6200万ドル支払い求めテスラを提訴 マスクCEOによるツイートでテスラ株乱高下でもワラント契約変更に応じず/習近平中国国家主席「台湾独立の分裂勢力が挑発的に迫り、レッドラインを突破すれば、我々は断固とした措置をとらざるを得ないだろう」 バイデン米大統領とオンライン協議/米10月小売売上高、前月比プラス1.7%の6381億8900万ドル 7ヶ月ぶりの高い伸び率/円の実効為替レート、68.71と約50年ぶりの低水準に接近 物価上昇率の海外に比べた低さと輸出競争力を重視した円安政策が要因/米アップル、iPhoneなどを消費者が自分で修理・電池交換することを容認へ 来年初めに米国内で部品や工具の販売開始、順次拡大/政府、「ワクチン・検査パッケージ」で接種証明に写真撮影した画像やコピーの利用認める アプリの実用化が経済再開に間に合わず政府、過去最大55.7兆円規模の経済対策を閣議決定 家計や企業への給付などコロナ禍での危機対応に重点 デジタル化や脱炭素など経済成長を押し上げる新規案件乏しく、財源議論先送り 

 

<ポイント> 
(1) 政府の経済対策をこう見る
(2) コロナワクチン接種証明、結局、写メやコピーでOKに思う
(3) 円の実質実効為替レートが半世紀ぶり低水準について


<今週のここ/これを見てきた>
久しぶりの会食
*東京「銀座 桃花源」は2021年9月25日に営業を再開しました。

<アーカイブ配信のご案内>
放送後1ヶ月が過ぎた番組を、スマホアプリ【audiobook.jp】の「聴き放題プラン」で有料配信しています。最初の1ヶ月はお試し無料、2ヶ月目以降は月額750円(税込)の定額サービスです。【audiobook.jp】アプリをインストールの上、お楽しみ下さい。 *詳しくはこちら

2021年11月12日放送内容(第1274回)

2021.11/12 ディレクター 記事URL

加藤満理子さん           伊藤洋一さん

<ヘッドライン>
イーロン・マスク米テスラCEO「保有するテスラ株の10%を売却してでも納税すべきかどうかをツイッター上の投票によって決める」「私は株しか持っていないので、個人的に税金を払う唯一の方法は株を売ること」/第2次岸田内閣が発足 外務大臣に林芳正・元文部科学相を起用、そのほかの閣僚は第1次内閣から再任自民・公明、年収960万円以上の世帯を除き18歳以下の子どもに10万円相当を給付する方針で合意 年内に5万円、来春めどに子育てに使途限った5万円のクーポン配布へ米国債の変動リスク示す「MOVE指数」が上昇 世界的インフレ圧力の高まり、各国中銀の量的緩和縮小による資金需給悪化を警戒中国10月卸売物価指数が前年同月比プラス6.2%、消費者物価指数も1年1ヶ月ぶりの上昇率 資源高に伴うコスト上昇が家計に徐々に波及米10月消費者物価指数、前年同月比プラス6.2%と約31年ぶりの高い上昇率 6ヶ月連続で5%以上の上昇率続く/米中両政府、COP26で共同宣言を発表 温暖化ガスの一種であるメタンや石炭の削減・森林保護など気候変動対策での協力策/中国共産党、6中全会で第3の「歴史決議」採択 「習総書記を核心とする党中央が歴史的な成果を上げ、歴史的変革を起こした」と総括、来秋の党大会での習総書記3期目就任が確実に/欧州各国、コロナワクチンの3回目接種急ぐ 感染が再拡大、冬の大流行による重症者増を予防
 

<ポイント> 
(1) 2次・岸田内閣の課題
(2) 中国共産党の歴史決議をどうみるか?
(3) CPI31年ぶり6%」のインパクト


<今週のここ/これを見てきた>
劣化する東京の紅葉

<アーカイブ配信のご案内>
放送後1ヶ月が過ぎた番組を、スマホアプリ【audiobook.jp】の「聴き放題プラン」で有料配信しています。最初の1ヶ月はお試し無料、2ヶ月目以降は月額750円(税込)の定額サービスです。【audiobook.jp】アプリをインストールの上、お楽しみ下さい。 *詳しくはこちら

2021年11月5日放送内容(第1273回)中国スペシャル

2021.11/05 ディレクター 記事URL

柯 隆 さん
:東京財団政策研究所・主席研究員。1963年中国南京市生まれ。86年南京金陵科技大学日本語学科卒業、88年来日。94年名古屋大学大学院経済学研究科修士課程修了(経済学修士)。同年4月長銀総合研究所入社。98年富士通総研経済研究所・主任研究員。2008年7月同・主席研究員。15年4月、富士通総研・主席研究員。18年4月より現職。財務省関税・外国為替等審議会委員などを歴任。論文、著書多数。18年11月、『中国「強国復権」の条件  「一帯一路」の大望とリスク』(慶應義塾大学出版会)が第13回・樫山純三賞を受賞。当番組準レギュラー、中国問題御意見番。

<伊藤さんからの主な質問>

(1) 米中関係は小康状態?
(2) 欧州での対中観の変化をどう見る?
(3) 習近平・中国共産党総書記の3期目は当然?
(4) 3期目を実現するための課題とは
(5) 習近平の「権威」が経済を混乱させた?
(6) GDP成長率の低下による社会の歪みとは?

(7)   中国経済にとって「ゼロコロナ」政策は重荷なのでは? 
(8) 中国のGDP成長率はもっと下がる?
(9) 王毅外相の「ゴマスリ」に見られるように、中国の今後は心配なのでは?

2021年10月29日放送内容(第1272回)

2021.10/29 ディレクター 記事URL

伊藤洋一さん          加藤満理子さん

<ヘッドライン>
コロナワクチン接種証明の活用方法定まらず 政府の接種証明アプリ運用開始は今年12月、各自治体の制限緩和に間に合わず/国内でコロナワクチン接種が一巡へ、2回摂取の割合は全人口の8割前後で来月下旬にも頭打ちに PCR検査拡充や3回目接種で「第6波」に備える必要/世界各国の金融政策が転換点に 景気の先行き不透明感が拭えないまま、インフレ抑制のため利上げ前倒し迫られる/中国政府、固定資産税にあたる「不動産税」を一部都市で試験導入へ 課税対象に初めて「土地の使用権」含む、高騰する不動産価格を抑え拡散税制図る/中国、北京冬季五輪控え「ゼロコロナ」政策を厳格化 広州市に大規模隔離施設を新設、3期目目指す習近平国家主席が五輪でコロナ封じ込めの成果披露目論む/米フェイスブックが社名を「Meta」に変更 企業体質や管理体制への批判高まり、社名変更でイメージ刷新狙う/日銀「経済・物価情勢の展望」、2021年度実質GDP成長率見通しを前年度比プラス3.4%と7月発表から0.4ポイント引き下げ 半導体不足を受けた生産の落ち込み・夏場の個人消費の低迷を反映/米7〜9月実質GDP成長率、前期比年利換算プラス2.0%と4〜6月のプラス6.7%から大幅に減速 コロナウイルス・デルタ型の感染拡大で個人消費が鈍化、供給制約・物価上昇も逆風に 

 

<ポイント> 
(1) 中国初の「不動産税」試験導入のインパクト
(2) Facebook改めMetaが抱える問題点
(3) コロナワクチン接種証明をどうすべきか?


<今週のここ/これを見てきた>
秋の京都

<アーカイブ配信のご案内>
放送後1ヶ月が過ぎた番組を、スマホアプリ【audiobook.jp】の「聴き放題プラン」で有料配信しています。最初の1ヶ月はお試し無料、2ヶ月目以降は月額750円(税込)の定額サービスです。【audiobook.jp】アプリをインストールの上、お楽しみ下さい。 *詳しくはこちら

2021年10月22日放送内容(第1271回)

2021.10/22 ディレクター 記事URL

耐寒重装備がネズミ男にしか見えないイトーさんと思わず腰が引けるカトーさん

<ヘッドライン>
米インフレ期待が政策目標2%上回る 11月FOMCで「高インフレは一時的」との認識の見直しの有無に注目/中国の銀行業界が資本不足に陥る可能性高まる 不動産向け融資が銀行業界全体の資本の半分を超える/中国2021年7〜9月GDP成長率、前年同期比プラス4.9% 4〜6月の同プラス7.9%から大幅に減速ウォーラーFRB理事「今年末まで高水準のインフレが続くなら来年は量的緩和の縮小にとどまらず、より積極的な政策対応が必要になるだろう」/王毅・中国外相、「人民日報」への寄稿で習近平総書記に異例の57回言及 来月の重要会議控え習総書記への「忠誠競争」始まる/中国メディア「中国・恒大集団が、今月23日に利払いの猶予期限が切れる米ドル債の利息8350万㌦=約96億円を21日に送金」/東京都と大阪府、飲食店への営業時間の短縮要請を今月25日から解除 緊急事態宣言が9月末で終了した19都道府県のうち、沖縄県以外の全ての自治体で深夜営業が可能に
 

<ポイント> 
(1) 相次ぐ飲食店への時短要請解除決定をこう見る
(2) 中国GDP成長率5%割れのインパクト
(3) 今週のマーケット


<今週のここ/これを見てきた>
政権交代狙うファミマ

<アーカイブ配信のご案内>
放送後1ヶ月が過ぎた番組を、スマホアプリ【audiobook.jp】の「聴き放題プラン」で有料配信しています。最初の1ヶ月はお試し無料、2ヶ月目以降は月額750円(税込)の定額サービスです。【audiobook.jp】アプリをインストールの上、お楽しみ下さい。 *詳しくはこちら

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

伊藤 洋一
いとう よういち

*伊藤洋一氏のサイト「YCASTER」
http://arfaetha.jp/ycaster/

 

 

加藤 満理子
かとう まりこ

東京都出身。
ラジオ福島編成局放送部勤務を経て、フリーアナウンサーとして活動。

パーソナリティ一覧はコチラ