番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週月曜日 22:50~23:00
提供:各社

日本が抱える課題について考え、より良い未来に向けて議論するプロジェクト・未来会議。「つくりかえよう。」をテーマに、ラジオNIKKEIの番組と日本経済新聞の紙面や電子版ほかグループ各メディアを通じて経営者と若い方々が双方向で対話し、アイデアの実現可能性を探ります。次世代につなげる持続的な社会をどう築けばいいのか。日本を代表する有力企業経営者から提示される課題に、感性あふれる提案をお寄せください。
アイデアのご応募やプロジェクトの詳細は、日本経済新聞社の特設サイトをご覧ください。

新着記事

今回(1/14) の「未来会議プロジェクト」 [本日の番組予告]

2019.01/14 番組ディレクター 記事URL

みなさん、こんにちは。
毎週月曜日から22:50~23:00にお送りしている『未来会議プロジェクト』です。


今期のキーワードは「つくりかえよう。」

日本経済新聞「未来面」と連動し、世界を変えるべく、
未来に向けた様々な課題を企業のトップが提示し、みなさんとともに
解決策を考えていきます。



今回ご登場いただいているのは、
大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長/COO 芳井敬一さん

家族構成の変化とともにその役割が大きく変わってきている「家」ですが、
AIやIoTなどの進化とともにその在り様がさらにまた一つ大きな変革期を
迎えようとしています。

それでも「家」という存在は、私たちが帰るべき場所でありほっとできる場所で
あることは変わらないし、また変わらないで欲しい部分でもあります。

変化の中にあって変わらないもの、また変化することでより快適になるもの。
「家」がもつそんな側面を誰よりも知っているはずの日本を代表する
住宅メーカーの一つでもある大和ハウス工業 芳井社長のインタビューの模様を
【前編】【後編】にわたってお送りしていきます。


【前編】となる今週は
「芳井社長が考える"帰りたくなる家"の要素と今後求められる"家の在り方"」
ついてうかがっています。

ぜひCHECKしてみてくださいね。

今回の課題&応募詳細<1/7放送分> [課題&応募方法]

2019.01/07 番組ディレクター 記事URL

みなさん、今回の『未来会議プロジェクト』はいかがでしたか?

"つくりかえよう。"をキーワードに、様々な課題を企業トップが提示し、
みなさんと解決策を考える、日本経済新聞「未来面」の紙面と連動した
本プロジェクト、今回ご登場いただいたのは
大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長/COO 芳井敬一さんでした。


芳井社長から発表された、みなさんへの課題は...、
「ワクワクドキドキ帰りたくなる家とは?」です。

この課題について、みなさんからの400字程度のアイデアを大募集!!
応募されたアイデアの中から芳井社長が選んだ優れたアイデアは
1月28日(月)放送の番組内で発表させていただきます。
締切は1月17日(木)正午です。


下記「ご応募詳細」をご参照の上、
みなさんからのたくさんのご応募をお待ちしています!!!



■□ ご応募詳細 □■ □■ □■

*出題 : 大和ハウス工業株式会社 芳井敬一 代表取締役社長/COO
*課題 : 「ワクワクドキドキ帰りたくなる家とは?」
*募集内容 : 上記課題について、400字程度にまとめたアイデア
*ご応募先 : 日本経済新聞社「未来面」特設サイト(リンクあり)
*締切 : 2019 年 1月 17日(木)正午
*発表 : 1月 28日(月)22:50~23:00放送の本番組内、および
    1月 28日(月)発売の日本経済新聞・朝刊、日本経済新聞電子版「未来面」

 ※採用者への通知は、本番組内でのご紹介および日本経済新聞紙面、同電子版への
   掲載をもって替えさせていただきます。

 ※本日の放送内容やご応募詳細については、1/7付 日本経済新聞・朝刊および
   日本経済新聞電子版「未来面」にも掲載されています。合わせてご覧ください。

 

本日(1/7) の「未来会議プロジェクト」 [本日の番組予告]

2019.01/07 番組ディレクター 記事URL

みなさん、あけましておめでとうございます!!
本日1月7日(月)の22:50~23:00は『未来会議プロジェクト』にお付き合いください。


今期のキーワードは「つくりかえよう。」

日本経済新聞「未来面」と連動し、世界を変えるべく、
未来に向けた様々な課題を企業のトップが提示し、みなさんとともに
解決策を考えていきます。



今回ご登場いただくのは、
大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長/COO 芳井敬一さん

家族構成の変化とともにその役割が大きく変わってきている「家」ですが、
AIやIoTなどの進化とともにその在り様がさらにまた一つ大きな変革期を
迎えようとしています。

それでも「家」という存在は、私たちが帰るべき場所でありほっとできる場所で
あることは変わらないし、また変わらないで欲しい部分でもあります。

変化の中にあって変わらないもの、また変化することでより快適になるもの。
「家」がもつそんな側面を誰よりも知っているはずの日本を代表する
住宅メーカーの一つでもある大和ハウス工業 芳井社長がみなさんに
投げかける課題とは?


......ぜひ番組をCHECKしてみてくださいね。


なお芳井社長から発表される課題について、みなさんから400字程度の
アイデアを募集します。
芳井社長にお選びいただいた優れたアイデアは、番組や日本経済新聞の
紙面やサイトで紹介されます!!

詳細は番組放送直後、本blog内で発表いたしますので、こちらもぜひぜひ
ご確認ください。

本日(12/31) の「未来会議プロジェクト」 [本日の番組予告]

2018.12/31 番組ディレクター 記事URL

2018年最後となる『未来会議プロジェクト』

今回は日本経済新聞「未来面」の紙面の企画をプロデュースしている
日本経済新聞 特別企画室・企画部 稲葉俊亮さんをゲストにお迎えして
2018年緒「未来面」での取り組みを振り返るとともに、新年1月から
ご登場予定の大和ハウス工業 芳井社長のインタビューの聴きどころ、さらに
今後の「未来面」の注目ポイントなどをうかがっていきます。

 


本日(12/25)の「未来会議プロジェクト」 [本日の番組予告]

2018.12/25 番組ディレクター 記事URL

みなさん、こんばんは!

本日12月25日(火)の22:50~23:00は、「未来会議プロジェクト」
お送りします。



この番組は日本の「つくりかえよう。」をキーワードに、未来に向けた様々な
課題を企業のトップが提示し、みなさんとともに解決策を考える、
日本経済新聞「未来面」の紙面と連動したプロジェクトです。


今回は、
12月3日の放送で募集した日本特殊陶業株式会社
尾堂真一代表取締役会長兼社長
にご提示いただいた課題
「新しい時代の医療や健康の在り方は?」
お寄せいただいたみなさんからのアイデアの中から、尾堂会長兼社長にお選びいただいた
優れた投稿を発表いたします!

また尾堂会長兼社長からいただいたみなさんからのアイデアへの講評
ご紹介します。



なお番組は、ラジオNIKKEI 番組特設WEBサイトからオンデマンドおよび
ポッドキャストで、いつでも繰り返しお聴きいただくことができます。
こちらも合わせてご利用ください。

本日(12/17) の「未来会議プロジェクト」 [本日の番組予告]

2018.12/17 番組ディレクター 記事URL

みなさん、こんばんは!
毎週月曜日の22:50~23:00は「未来会議プロジェクト」にお付き合いください。


今回のキーワードは「つくりかえよう。」

日本経済新聞「未来面」と連動し、世界を変えるべく、
未来に向けた様々な課題を企業のトップが提示し、みなさんとともに
解決策を考えていきます。



今回ご登場いただくのは、
日本特殊陶業株式会社 代表取締役会長兼社長の尾堂真一さん

自動車の内燃機関(エンジン)に必要なスーパープラグにおいて
世界トップシェアを誇る日本特殊陶業。
その日本特殊陶業が新たな事業の柱として「医療事業」の注力を掲げました。

既存のセラミック技術を活かして"人工骨"などの製造を手掛けていた
同社ですが、今後はさらに一歩踏み込んで呼吸器系の医療機器などの
分野にも参入していくとのこと。

そんなドラスティックな事業展開に舵を切った背景とは?
そして新たな中核事業となるであろう「医療事業」を推進する同社のトップ、
尾堂会長兼社長のインタビューの模様を【前編】【後編】にわたって
お送りします。

【後編】となる今週は
「IT時代の向き合い方と尾堂社長が今の若者たちに伝えたいこと」について
お話いただきます。


......ぜひ番組をCHECKしてみてくださいね。


新着記事一覧

新着一覧はコチラ