番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週水曜日 20:40~20:50
提供:各社

日本が抱える課題について考え、より良い未来に向けて議論するプロジェクト・未来会議。「つくりかえよう。」をテーマに、ラジオNIKKEIの番組と日本経済新聞の紙面や電子版ほかグループ各メディアを通じて経営者と若い方々が双方向で対話し、アイデアの実現可能性を探ります。次世代につなげる持続的な社会をどう築けばいいのか。日本を代表する有力企業経営者から提示される課題に、感性あふれる提案をお寄せください。
アイデアのご応募やプロジェクトの詳細は、日本経済新聞社の特設サイトをご覧ください。

新着記事

本日(7/17) の「未来会議プロジェクト」 [本日の番組予告]

2019.07/17 番組ディレクター 記事URL

みなさん、こんばんは!
本日7月17日(水) 20:40~20:50 は
『未来会議プロジェクト』をお送りします。


今回のキーワードは「あたらしい時代です。」

日本経済新聞「未来面」と連動し、世界を変えるべく、
"あたらしい時代"となる未来に向けた様々な課題を
企業のトップが提示し、みなさんとともに解決策を考えていきます。



今回ご登場いただいている企業トップは、
株式会社ローソン 代表取締役社長 竹増貞信さん

日常生活に欠かすことのできない社会インフラとしての役割を
担っているコンビニエンスストア。
いまや小売業という枠を飛び越えて運送業や金融業など様々な
業種の複合体として存在しているコンビニは「IT」や「AI」など
時代を動かすキーワードが具現化された象徴と言っても過言では
ありません。

その一方で"地域に根差した存在"であるからこそ機能性や効率性を
重視するだけでなく「人」が介在し、その想いが反映された
サービス提供やつながりを形にしていくことが求められている点も
コンビニの存在意義であると言えます。

そんなコンビニエンスストア業界における進取の気性に富んだ存在で
新しい「令和」の御世に、新しい価値創造を目指すローソンの
経営トップ・竹増社長に先日行ったインタビューの模様を
今週来週、【前編】【後編】の2回にわたってお送りします。



【後編】となる今回は
『社会インフラとしてのコンビニエンスストアと「ローソン」の存在意義
テーマにうかがっていきます。

みなさんぜひ番組をCheckしてみてくださいね!!



本日(7/10) の「未来会議プロジェクト」 [本日の番組予告]

2019.07/10 番組ディレクター 記事URL

みなさん、こんばんは!
本日7月10日(水) 20:40~20:50 は
『未来会議プロジェクト』をお送りします。


今回のキーワードは「あたらしい時代です。」

日本経済新聞「未来面」と連動し、世界を変えるべく、
"あたらしい時代"となる未来に向けた様々な課題を
企業のトップが提示し、みなさんとともに解決策を考えていきます。



今回ご登場いただいている企業トップは、
株式会社ローソン 代表取締役社長 竹増貞信さん

日常生活に欠かすことのできない社会インフラとしての役割を
担っているコンビニエンスストア。
いまや小売業という枠を飛び越えて運送業や金融業など様々な
業種の複合体として存在しているコンビニは「IT」や「AI」など
時代を動かすキーワードが具現化された象徴と言っても過言では
ありません。

その一方で"地域に根差した存在"であるからこそ機能性や効率性を
重視するだけでなく「人」が介在し、その想いが反映された
サービス提供やつながりを形にしていくことが求められている点も
コンビニの存在意義であると言えます。

そんなコンビニエンスストア業界における進取の気性に富んだ存在で
新しい「令和」の御世に、新しい価値創造を目指すローソンの
経営トップ・竹増社長に先日行ったインタビューの模様を
今週来週、【前編】【後編】の2回にわたってお送りします。


【前編】となる今回は
『コンビニエンスストア業界が直面する課題と「ローソン」の取り組み
テーマにうかがっていきます。

みなさんぜひ番組をCheckしてみてくださいね!!



今回の課題&応募詳細<7/3 放送分> [課題&応募方法]

2019.07/03 番組ディレクター 記事URL

みなさん、今回の『未来会議プロジェクト』はいかがでしたか?

「あたらしい時代です。」をキーワードに、様々な課題を企業トップが提示し、
みなさんと解決策を考える、日本経済新聞「未来面」の紙面と連動した
本プロジェクト、今回ご登場いただいたのは
株式会社ローソン 代表取締役社長 竹増貞信さんでした。


竹増社長から発表された、みなさんへの課題は...、
「令和のコンビニに期待するものは何ですか?」です。

この課題について、みなさんからの400字程度の投稿を大募集!!
応募された投稿の中から竹増社長が選んだ優れたアイデアは
7月24日(水)放送の番組内で発表させていただきます。
締切は7月11日(木)正午です。


下記「ご応募詳細」をご参照の上、
みなさんからのたくさんのご応募をお待ちしています!!!



■□ ご応募詳細 □■ □■ □■

*出題 : 株式会社ローソン 竹増貞信 代表取締役社長
*課題 : 「令和のコンビニに期待するものは何ですか?」
*募集内容 : 上記課題について、400字程度にまとめた投稿
*ご応募先 : 日本経済新聞社「未来面」特設サイト(リンクあり)
*締切 : 2019年7月 11日(木)正午
*発表 : 7月24日(水)20:40~20:50放送の本番組内、および
    7月22日(月)発売の日本経済新聞・朝刊、日本経済新聞電子版「未来面」

 ※採用者への通知は、本番組内でのご紹介および日本経済新聞紙面、同電子版への
   掲載をもって替えさせていただきます。

 ※本日の放送内容やご応募詳細については、7/1付 日本経済新聞・朝刊および
   日本経済新聞電子版「未来面」にも掲載されています。合わせてご覧ください。

 

本日(7/3) の「未来会議プロジェクト」 [本日の番組予告]

2019.07/03 番組ディレクター 記事URL

みなさん、こんばんは !!

本日7月3日(水)20:40~20:50は『未来会議プロジェクト』
お送りします。


今回のキーワードは「あたらしい時代です。」です。

日本経済新聞「未来面」の紙面と連動し、世界を変えるべく、
"あたらしい時代"の未来に向けた様々な課題を企業のトップが提示し、
みなさんとともに解決策を考えていきます。



今回ご登場いただくのは、
株式会社ローソン 代表取締役社長 竹増貞信さん

いまや単なる"お弁当を買うところ""ちょっと買い忘れたものを
買いに走れる便利なミニ・スーパーマーケット" のような存在にとどまらず
日常生活には欠かすことのできない社会インフラとしての役割をも担って
いるコンビニエンスストア。

小売業という枠を飛び越えて運送業や金融業など様々な業種の複合体
として存在しているコンビニエンスストアは「IT」や「AI」など
時代を動かすキーワードが具現化された象徴的存在であるといっても
過言ではないかも知れません。

その一方で"地域に根差した存在"であるからこそ単純に機械的な機能や
効率性重視なだけではなく、「人」の存在が介在するサービス提供や
「人」の想い、つながりといったものを形にしていくことが求められて
いるとも言えます。


そんなコンビニエンスストア業界において、
「何か最初にやってみよう!」という進取の気性に富んだ存在で
常に業界の先駆者的存在にあるローソン。

「令和」という新しい御世においてさらなる新しい価値創造を目指し
とどまることなく成長しようとするローソンを率いる竹増社長から
みなさんに投げかける課題とは!?


......ぜひ番組をCHECKしてみてくださいね。


なお竹増社長から発表される課題について、みなさんから400字程度の
投稿を募集します。

竹増社長にお選びいただいた優れた投稿は、番組や日本経済新聞の
紙面やサイトで紹介されます!!

詳細は番組放送直後、本blog内で発表いたしますので、こちらもぜひぜひ
ご確認ください。

本日(6/26)の「未来会議プロジェクト」 [本日の番組予告]

2019.06/26 番組ディレクター 記事URL

みなさん、こんばんは!

本日6月26日(水)20:40~20:50は『未来会議プロジェクト』
お送りします。



今回のキーワードは「あたらしい時代です。」
日本経済新聞「未来面」の紙面と連動し、世界を変えるべく
"あたらしい時代"となる未来に向けた様々な課題を
企業のトップが提示し、みなさんとともに解決策を考えていきます。

今回は、
6月5日の放送で募集した日東電工株式会社
代表取締役取締役社長 髙﨑秀雄さん
にご提示いただいた課題
「社会の"不"を5G時代にどう解決しますか?」にお寄せいただいた
みなさんからのアイデアの中から、髙﨑社長にお選びいただいた優れた
投稿を発表いたします!

また髙﨑社長からいただいたみなさんからのアイデアへの講評
ご紹介します。

本日(6/19) の「未来会議プロジェクト」 [本日の番組予告]

2019.06/19 番組ディレクター 記事URL

みなさん、こんばんは!
本日6月19日(水) 20:40~20:50 は
『未来会議プロジェクト』をお送りします。


今回のキーワードは「あたらしい時代です。」

日本経済新聞「未来面」と連動し、世界を変えるべく、
"あたらしい時代"となる未来に向けた様々な課題を
企業のトップが提示し、みなさんとともに解決策を考えていきます。



今回ご登場いただいている企業トップは、
日東電工株式会社 代表取締役 取締役社長 髙﨑秀雄さん

来年から本格的に日本でもサービスがスタートする次世代通信規格「5G」。
最大の魅力は大容量データの送受信が可能になることでしょう。これにより
自動運転や遠隔医療、4K・8Kといった超高精細放送などの分野で
今まで経験したことのないような目覚ましい変革が起こるはずです。


そんな中 絶縁技術などを手掛け、光と電子信号の変換コネクターや
低誘電基盤などにも強みがある日東電工では、プラスティック製の
光ファイバー素材の開発に取り組むなどインフラ整備支援の形で「5G」に
貢献しようとしています。


既存の社会構造の在り方をも大きく変えようとする5G社会において
日本の"あたらしい時代"を前進させるための日東電工の新たなチャレンジ
について、経営トップ・髙﨑社長に先日行ったインタビューの模様を
【前編】【後編】の2回にわたってお送りします。


先週の【前編】に引き続き【後編】となる今回は
『新時代の「グローバル・ニッチトップ」と「エリア・ニッチトップ」
テーマにうかがっていきます。

みなさんぜひ番組をCheckしてみてくださいね!!

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

山本 直
やまもと なお

パーソナリティ一覧はコチラ