番組紹介

ラジオNIKKEI第2 毎週火曜日 22:00~23:00

やついいちろうがゲストの選曲を基に、その人の素顔に迫る新感覚の音楽番組。

新着記事

2017.09/12 番組スタッフI 記事URL


エレマガラジオDX! DJは、やついいちろうさんです。
ゲストは先週に引き続き、セブンティーンアゲインのヤブソンさんです。
選曲で、ヤブソンさんの「最高のラブソング」は、槇原敬之さんの「LOVE LETTER」でした。
中学生のころ、実際にラブレターを書いたことがあるそうで、
ヤブソンさんは恥ずかしいと話してましたが
やついさんは書いたことがないので、「書いといて損はない」と悔んでましたね。

セブンティーンアゲインは、9月、10月とライブが続きます。
ヤブソンさんは、エレマガでは、やさしい感じでお話してくれましたが、
ヤツイさん曰く、ライブではまったく違うそうです。
どんなステージを見せてくれるのか!
ぜひセブンティーンアゲインのライブを体感してください。
ヤブソンさん、2週にわたってありがとうございました!

【選曲】
ダンシング・イン・ザ・トラッシュ/セブンティーンアゲイン
フォーユー/WANIMA
ラブレター/槇原敬之
リプレイスメンツ/セブンティーンアゲイン
夏なんです/はっぴいえんど
クリームソーダ/スーパーカー
サマーソルジャー/サニ―デイサービス



2017.09/04 番組スタッフI 記事URL


エレマガラジオDX! DJは、やついいちろうさんです。
ゲストは、セブンティーンアゲインのヤブソンさん。
2003年にボーカル・ギターのヤブソンさんを中心に活動を開始。
ですが、去年夏にベースの大澤さんとギターのウシさんが脱退。
7月にはフジロッ久(仮)のロッキーさんがベースで加入し、新体制で
活動再開されました。
ヤブソンさんの運命の一曲は、きゃりーぱみゅぱみゅの「でもでもまだまだ」でした。
この曲の出会いはラジオだそうで、すぐに買ったそうです。
どうして衝撃を受けたかというと、こんなパンクっぽい歌詞で、
曲も早くて、音もとにかくでかい。
これより音が小さいとダメだし、これより弱い歌詞を書いちゃダメだな、と思ったそうです。
自分で曲を作っては、「でもでもまだまだ」と聴き比べて
それでも負けてると思ったら、作りなおしてたそうです。
まさに運命の一曲ですね。また次週もヤブソンさんをお招きします。
どうぞお楽しみに。

【選曲】
スクラップ&クラップス/セブンティーンアゲイン
十七歳の地図/尾崎豊
でもでもまだまだ/きゃりーぱみゅぱみゅ
わずかな光/セブンティーンアゲイン
サヨナラコンプレックス/CHAI
ホーミング・ユー/集団行動
Jungle Beat/The Suzan
everyday/バディホリ―

2017.08/31 番組スタッフI 記事URL


エレマガラジオDX DJはやついいちろうさんです。
ゲストは、初のミュージシャン以外のお方、テレビプロデューサーの
角田陽一郎さんです。バラエティ番組の企画制作をしながら
映画監督、音楽フェスの開催、舞台演出などなど八面六臂の活躍。
元TBSテレビのディレクターでもありました。
そして7月21日に新刊「好きなことだけやって生きていく」が発売されました。
「お金がなくても、環境が良くなくても、好きなことさえ見つかれば
生きていける」と角田さんは言います。
テレビ業界を目指しているという方は必聴です。
聞き逃したという方は、エレマガのアーカイブで聴くことが出来ます。
角田陽一郎さん、ありがとうございました。

【選曲】

悲しいしらせ/ムーンライダーズ
魔法の呪文/ワタナベタカシ
いつかどこか/コ―ネリアス
愛の言霊/サザンオールスターズ
夏の扉/松田聖子
サマー/カルヴィン・ハリス

2017.08/18 番組スタッフI 記事URL


8月15日エレマガラジオDX DJはやついいちろうさんです。
ゲストは先週に引き続きHomecomingsの畳野彩加さん。
畳野さんは台湾がお好きだそうで、そのきっかけは台湾で
ライブをおこなってからだそうです。すっかり台湾の魅力にハマったそうですが、
やついさんからは、台北もいいけど、台南もいいと勧められていました。
やついいさんも台湾好きなので、シャムキャッツの「台北」という曲が
あんなにも台湾を表しているのは素晴らしいと、意気投合していましたね。
畳野さん、2週にわたってありがとうございました!!

【選曲】

SLAKER/Homecomings
スタック・オン・ザ・パズル/アレックス・ターナー
フェイクファー/スピッツ
PLAY YARD SYMPHONY(BUSHMIND Rimix)/Homecomings
SURELY/ネバーヤングビーチ
寂しい宇宙/ゲートボ―ラーズ
MANGA SICK/ナンバーガール
ツイステレラ/RIDE






2017.08/10 番組スタッフI 記事URL


エレマガラジオDX!DJはやついいちろうさんです。
ゲストはHomecomings畳野彩加さんです。
のっけから京都の話で盛り上がりました。
やついさんはよく京都に行くそうですが、
鴨川に座ってるのはカップルだけ、という説を唱え、
畳野さんも座ったことがあるそうですが、それは大学の
サークル仲間だったようです。
でもイメージはやっぱりカップルだけですよね。
さらに話題は、"畳野"という珍しい名字の話に。
やついさんも、谷井と書いて、やついと読むので
こちらも珍しいそうです。
そしてHomecomingsの核心に迫る話に。
Homecomingsの歌は英語詞ですが、
それはどうしてかというと、畳野さんは日本語の歌詞が
うまく歌えないそうです。でも英語詞のほうがすらすら
歌詞が出てきて、歌えるそうです。
とっても意外、でも日本語詞も聴いてみたいですね。
もっと聴きたいという方は
エレマガで聴くことができます。
次回も畳野彩加さんをお招きします。お楽しみに!

【選曲】

PLAY YARD SYMPHONY/Homecomings
アクロス・ザ・シー/Weezer
トワイライト/ゴーイングアンダーグラウンド
WELCOME TO MY ROOM/Homecomings
スクラップ&クラップス/セブンティーンアゲイン
パーティーは終わったんだ/セブンティーンアゲイン





2017.08/02 番組スタッフI 記事URL


8月1日 エレマガラジオDX DJはやついいちろうさんです。
ゲストは先週に引き続き、クリープハイプの尾崎世界観さんです!
またまた、のっけから下ネタでした(笑)
選曲テーマで「いつかカバーしてみたいという曲」は、エレカシの「RAINBOW」!
絶頂からはじまる歌、あの高低差がすごくて、世界観さんはいつか歌ってみたいそうです。
あの曲はジェットコースターのよう、だとも仰ってました。
この曲を歌いこなせたらレベルが1つ上に上がる気がするそうです。
そう思って聞くと、また違って聞こえてきますね。
そして話題は、世界観さんの「歌声」に。
やついさんから「あの歌い方は自分で見つけたの?それとも作ったの?」というと
だんだんとああなったそうですが、きっかけは中学の頃に友達とカラオケに
行って、まわりから「お前の歌ぜんぜん聞こえないよ」と言われたそうです。
そこで、ゆずといった声が高い曲を歌うとまわりは歌が聞こえるようになったとか。
世界観さんは、本来キーが高かったんだそうです。
そこで気付かなかったら、あの歌声は生まれてなかった?!
世界観さんのトークを聞き逃したという方は、エレマガで聞くことができます。
2週にわたって尾崎世界観さん、ありがとうございました!
次回は、ホームカミングスの畳野彩加さんの登場です。お楽しみに!

【選曲】
イト/クリープハイプ
自殺志願者が線路に飛び込むスピード/野狐禅
RAINBOW/エレファントカシマシ
Y/C & K
ただ/クリープハイプ
脱構築的少女論/キケチャレ
その日がくるまで/キケチャレ
YYY/キケチャレ

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

やつい いちろう
やつい いちろう

エレキコミック

パーソナリティ一覧はコチラ