番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週木曜日 12:00~12:15

政治家、学者、評論家などのゲストを招き、ゲストの方々が今ある原点のストーリーについて語っていただくもの。

新着記事

2021年4月8日放送(映画評論家:角谷浩一氏)

2021.04/07 ディレクター 記事URL

4月8日放送のご案内(ゲスト:政治ジャーナリスト・角谷浩一氏)

 第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。

 ゲストは、政治ジャーナリストであり映画評論家でもある角谷浩一さんにご出演をいただきます。
 今回は、急成長のネットフリックス(NetFlix)について、分析します。
 進行・聞き手は、東海大学教授の葉千栄さん、放送作家の梅原由香さん。

 

【角谷浩一氏プロフィール】(内田忠男事務所ホームページより)
 
政治ジャーナリスト、映画評論家、選挙学会会員、日本映画ペンクラブ会員。

「東京タイムズ」紙、「週刊ポスト」「SAPIO」記者・編集者、テレビ朝日報道局などを経て独立。 各政党幹部との強いパイプがある一方、解り易い言葉で政治を語るジャーナリスト。
1961年、神奈川県横浜市生まれ、1985年 日本大学法学部新聞学科卒

【最近の活動】
株式会社ドワンゴ(顧問)/「ニコニコ動画」(コネクター)内閣府「美ら島ブランド推進会議」委員 日本大学法学部講師 社団法人ニューパブリックワークス理事 RFラジオ日本番組審議副委員長 日本外国特派員協会会員 日本マスコミ学会会員 政治学会会員 国境離島政策研究会委員 2003年7月1日「衆議院イラク人道復興支援並びに国際テロリズムの防止及びわが国の協力支援活動等に関する特別委員会」参考人


【お便り募集】
 番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。
宛先は、
 〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで
また、
 このホームページ右欄にある、番組宛送信フォームからも、ご投稿できます。


聴く この番組は radiko.jp から、ラジオ放送と同時にPC、または、スマートホーンからお聞きいただけます。
 また、放送から1週間内に限り、ラジコのタイムフリー機能から、いつでもお聞きいただくことができます。
 さらに、この番組はポッドキャスト、スポティファイ、オンデマンドにて配信をいたします。
 こちらは、放送から1週間後に、いつでもおききいただけるようUPいたします。
 この配信では、放送ではお伝えしきれなかった部分もお聞きいただくことができます。

書籍「森永卓郎のマイクロ農業のすすめ」(森永卓郎著、農文協刊)プレゼント

2021.03/31 ディレクター 記事URL

ゲスト著書「森永卓郎のマイクロ農業のすすめ」(農文協)のプレゼントのお知らせ

 4月1日放送の番組「私の原点・視点」のゲスト、獨協大学教授でエコノミストの森永卓郎氏の著書「森永卓郎のマイクロ農業のすすめ」(農文協)を抽選でプレゼントさせていただきます。

 こちらのプレゼントご希望の方は、下記、プレゼント応募欄からご応募ください。

なお、プレゼント応募欄の冒頭の希望プレゼント名に、
     『マイクロ農業』
 とご記入いただき、ご応募ください。


尚、応募の締め切りは2021年4月23日(金)必着となります。

2021年4月1日放送(独協大学教授、エコノミストの森永卓郎氏)

2021.03/31 ディレクター 記事URL

2021年3月25日放送のご案内(ゲスト:独協大学教授、エコノミスト・森永卓郎
 第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが 
 今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。

 今回のゲストは、獨協大学教授でエコノミストの森永卓郎氏。
 進行・聞き手は、東海大学教授の葉千栄さん、放送作家の梅原由香さん。

【森永卓郎氏プロフィール】
1957年生まれ。経済アナリスト。獨協大学経済学部教授。
都立富山高校卒、東京大学理科2類入学後、同大経済学部卒業。

日本専売公社、日本経済研究センター(出向)、経済企画庁(出向)、三和総合研究所などを経て、現職。

著書『年収300万円時代を生き抜く経済学』(光文社)、『こんなニッポンに誰がした 森永卓郎の政治経済学講座』(大月書店)、『庶民は知らないデフレの真実』(角川SSC新書)ほか多数。近刊は『年収200万円でもたのしく暮らせます コロナ恐慌を生き抜く経済学』(PHPビジネス新書)『グローバル経済の終わりとガンジーの経済学』(集英社インターナショナル新書)。
ブックレット『新型コロナ 19氏の意見』では、グローバル資本主義の行き過ぎから転換する生き方として、ガンジーの近隣の原理とマイクロ農業を提唱している。新刊本に「森永卓郎のマイクロ農業のすすめ」(農文教)がある。
 
なお、番組では、森永氏の著書「森永卓郎のマイクロ農業のすすめ」を抽選でプレゼントさせていただきます。
プレンゼントご希望の方は、番組の感想等をお書き添えの上、こちらからご応募ください。

【お便り募集】
 番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。

宛先は、
 〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで
また、
 このホームページ右欄にある、番組宛送信フォームからも、ご投稿できます。


聴く
 この番組は radiko.jpから、ラジオ放送(短波放送)と同時にPC、または、スマートホーンからお聞きいただけます。(15分バージョン)
 また、放送から1週間内に限り、ラジコのタイムフリー機能から、いつでもお聞きいただくことができます。(合計3時間分まで)
 さらに、この番組はポッドキャスト、スポティファイ、オンデマンドにて、30分前後のノーカットバージョンの音声配信をいたします。
 こちらは、放送から1週間後(ラジコタイムフリー機能終了後)に、いつでもおききいただけるようUPいたします。
 この配信では、放送ではお伝えしきれなかった部分もお聞きいただくことができます。

2021年3月25日放送(ノンフィクション作家の小松成美氏)

2021.03/25 ディレクター 記事URL

2021年3月25日放送のご案内(ゲスト:ノンフィクション作家・小松成美
 第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。

 ゲストは、ノンフィクション作家の小松成美氏。
 進行・聞き手は、東海大学教授の葉千栄さん、放送作家の梅原由香さん。

【小松成美氏プロフィール】
 ノンフィクション作家・インタビューアー・小説家。
中田英寿、イチロー、五郎丸歩、GReeeeN、YOSHIKI、中村勘三郎、片岡仁左衛門、森光子など、アスリートやアーティストを主題に本を書いています。最近は企業家や政治家本も。最新刊は浜崎あゆみをモデルにした小説『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)

神奈川県横浜市生まれ。
専門学校で広告を学び、1982年毎日広告社へ入社。放送局勤務などを経たのち、作家に転身。生涯を賭けて情熱を注ぐ「使命ある仕事」と信じ、1989年より執筆活動を開始する。人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。執筆活動をはじめ、テレビ番組でのコメンテーターや講演などで活動。2014年6月、高知県観光特使就任。
 

【お便り募集】
 番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。

宛先は、
 〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで
また、
 このホームページ右欄にある、番組宛送信フォームからも、ご投稿できます。


聴く
 この番組は radiko.jpから、ラジオ放送(短波放送)と同時にPC、または、スマートホーンからお聞きいただけます。(15分バージョン)
 また、放送から1週間内に限り、ラジコのタイムフリー機能から、いつでもお聞きいただくことができます。(合計3時間分まで)
 さらに、この番組はポッドキャスト、スポティファイ、オンデマンドにて、30分前後のノーカットバージョンの音声配信をいたします。
 こちらは、放送から1週間後(ラジコタイムフリー機能終了後)に、いつでもおききいただけるようUPいたします。
 この配信では、放送ではお伝えしきれなかった部分もお聞きいただくことができます。

3月18日放送(フジテレビ解説委員:鈴木款氏)

2021.03/17 ディレクター 記事URL

3月18日放送のご案内(ゲスト:フジテレビ解説委員、ジャーナリスト・鈴木款氏)

 第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。

 今回は、ジャーナリスト、フジテレビ解説委員の鈴木款さんにご出演をいただきます。
 進行・聞き手は、東海大学教授の葉千栄さん、放送作家の梅原由香さん。
 

【鈴木款氏プロフィール】
1961年北海道函館市生まれ。神奈川県立小田原高校、早稲田大学政治経済学部卒業後、農林中央金庫で外国為替ディーラーなどを経て、1992年フジテレビに入社。「報道2001」ディレクター、ニューヨーク支局長、経済部長を経て現在解説委員であるジャーナリスト。
著書に「小泉進次郎 日本の未来をつくる言葉」、「日本のパラリンピックを創った男 中村裕」、「日経電子版の読みかた」、編書に「2020教育改革のキモ」。映倫の年少者映画審議会委員。はこだて観光大使。2017年にサハラ砂漠マラソン(全長250キロ)を走破。

【お便り募集】

 番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。
宛先は、
 〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで
また、
 このホームページ右欄にある、番組宛送信フォームからも、ご投稿できます。


聴く この番組は radiko.jp から、ラジオ放送と同時にPC、または、スマートホーンからお聞きいただけます。

 また、放送から1週間内に限り、ラジコのタイムフリー機能から、いつでもお聞きいただくことができます。

 アドレスは、 http://radiko.jp/#!/timeshift  になります。

 さらに、この番組は、ポッドキャストオンデマンドにて配信をいたします。
 こちらは、放送から1週間を目途に、いつでもおききいただけるようUPいたします。
 この配信では、放送ではお伝えしきれなかった部分もお聞きいただくことができます。

小説「再建の神様」(江上剛著、PHP刊)プレゼント

2021.03/11 ディレクター 記事URL

小説「再建の神様」(PHP)のプレゼントのお知らせ

 3月11日放送の番組「私の原点・視点」のゲスト、作家の江上剛氏の新刊小説「再建の神様」(PHP)を抽選でプレゼントさせていただきます。

 こちらのプレゼントご希望の方は、下記、プレゼント応募欄からご応募ください。

なお、プレゼント応募欄の冒頭の希望プレゼント名に、
     『再建の神様』
 とご記入いただき、ご応募ください。


尚、応募の締め切りは2021年3月30日必着となります。

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

葉 千栄
よう せんえい

中国上海市生まれ。日本国籍取得。

早大大学院(政治学研究科)修了後、東海大学助教授等を経て、現在、東海大学教授。

MXテレビ「Log in TOKYO」「アジア電視台」、朝日ニュースー「ニュースの深層」のキャスターを務める。

ラジオNIKKEIでは、「Toyo Market Strategy」「新華ファイナンス情報」「中国ビジネス最前線」に出演する。

主な著書に、「チャイナ・ビッグバン」(アーク出版)、「リアル・チャイナ」(ダイヤモンド社)「大中国はどうなる」(文藝春秋)等がある。

梅原 由香
うめはら ゆか

早大一文卒業後、信越放送ディレクターを経て、フリーのディレクター、放送作家へ。

ラジオNIKKEIでは、葉千栄氏出演の番組「Toyo Market Strategy」「新華ファイナンス情報」「中国ビジネス最前線」等を担当する。

現在、FM放送局等で、構成作家、ディレクターを担当する。

パーソナリティ一覧はコチラ