番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週木曜日 12:00~12:15

政治家、学者、評論家などのゲストを招き、ゲストの方々が今ある原点のストーリーについて語っていただくもの。

新着記事

2021年9月16日放送(ゲスト:元NHKアナウンサー松平定知氏)

2021.09/16 ディレクター 記事URL

2021年9月16日放送のご案内(ゲスト:元NHKアナウンサー・松平定知氏)

 第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。

 今回のゲストは、元NHKアナウンサー、京都芸術大学教授の松平定知氏。
 進行は、東海大学教授の葉千栄さん、放送作家の梅原由香さん。

【松平定知について】

元NHKアナウンサー。

1969年・早稲田大学卒。同年NHK入社。高知放送局赴任後、
1974年・東京アナウンス室。理事待遇アナウンサー。
2007年・NHK退社。現在・京都芸術大学教授。


主な番組歴は、「連想ゲーム」「日本語再発見」などの番組を経て「朝のニュースワイド(現・おはよう日本)」、「19時ニュース」「ニュース11」など、TVニュース畑を15年。


NHKスペシャルは「マネー資本主義」「日本人はなぜ戦争へ向かったのか」「テクノパワー」などの『シリーズもの』のキャスターや、「ワシントン条約」「箸墓古墳」「入れ歯のハナシ」などといった『単発もの』のキャスター。ラジオでも、ラジオ深夜便の「藤沢周平朗読シリーズ」は9年続き、いずれも好評を博した。


主な著作物は、『歴史を「本当に」動かした戦国武将』(小学館)、『幕末維新を「本当に」動かいした10人』(小学館)等多数あるほか、『松平定知朗読集』全5巻(小学館)がある。

また、2007(平成19)年間放送人グランプリ・特別賞、2010(平成22)放送文化基金賞(個人・団体 W受賞 )、2013(平成25)前島密賞 ほかを受賞。



【お便り募集】
 番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。
宛先は、
 〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで
また、
 このホームページ右欄にある、番組宛送信フォームからも、ご投稿できます。

聴く

 この番組は radiko.jp から、ラジオ放送と同時にPC、または、スマートホーンからお聞きいただけます。
 また、放送から1週間内に限り、ラジコのタイムフリー機能から、いつでもお聞きいただくことができます。
 アドレスは、 http://radiko.jp/#!/timeshift  になります。

 さらに、この番組は、ポッドキャストオンデマンドにて配信をいたします。
 こちらは、放送から1週間後に、いつでもおききいただけるようUPいたします。
 この配信では、放送ではお伝えしきれなかった部分もお聞きいただくことができます。







2021年9月9日放送(ゲスト:衆議院議員・元防衛大臣の稲田朋美氏)

2021.09/08 ディレクター 記事URL

2021年9月9日放送のご案内

 第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。

 今回のゲストは、衆議院議員で元防衛大臣の稲田朋美氏。
 
進行は、東海大学教授の葉千栄さん、放送作家の梅原由香さん。


【稲田朋美・元防衛大臣プロフィール】
(オフィシャルサイト http://www.inada-tomomi.com/  からの抜粋)
昭和34年 月20日 福井県今立郡今立町(現越前市)生まれ。その後、京都、大阪、京都と転居する。
昭和56年 早稲田大学法学部卒業。
昭和58年 第37期司法修習生

昭和60年 弁護士登録。
平成17年 第44回衆議院議員総選挙当選。
平成24年 内閣府特命担当大臣(規制改革)、行政改革・公務員制度改革担当、クールジャパン戦略担当、再チャレンジ担当大臣に就任。
平成26年 国家公務員制度担当大臣
      自由民主党政務調査会会長
平成28年 防衛大臣就任
座右の銘として「高邁な精神で決断し、断固として行動する」がある。
尊敬する人物は、西郷隆盛。
近著に、「強くて優しい国」がある。


 番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。
宛先は、
 〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで
また、
 このホームページ右欄にある、番組宛送信フォームからも、ご投稿できます。

聴く

 この番組は radiko.jp から、ラジオ放送と同時にPC、または、スマートホーンからお聞きいただけます。
 また、放送から1週間内に限り、ラジコのタイムフリー機能から、いつでもお聞きいただくことができます。
 アドレスは、 http://radiko.jp/#!/timeshift  になります。

 さらに、この番組は、ポッドキャストオンデマンドにて配信をいたします。

 こちらは、放送から1週間後に、いつでもおききいただけるようUPいたします。
 この配信では、放送ではお伝えしきれなかった部分もお聞きいただくことができます。







2021年9月2日放送(ゲスト:元自衛隊海将、金沢工業大学大学院教授・伊藤俊幸氏)

2021.09/01 ディレクター 記事URL

2021年9月2日放送のご案内(ゲスト:元自衛隊海将、金沢工業大学大学院教授の伊藤俊幸氏)

 第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。

 今回のゲストは、軍事・リーダシップ、危機管理の専門家、元自衛隊海将で金沢工業大学大学院教授の伊藤俊幸さん
 アフガニスタン情勢等をめぐる動きについて、解説いただきます。
 進行は、東海大学教授の葉千栄さん、放送作家の梅原由香さん。

なお、ラジオ放送は、今回の放送は8月17日の収録したものをベースに編集をしております。また、ラジオ放送に先行して、ポッドキャスト、スポティファイは8月19日に配信をしています。

【伊藤俊幸氏プロフィール】
軍事問題、リーダシップ問題の専門家、元海上自衛隊海将、金沢工業大学大学院教授

1958年生まれ、愛知県出身。防衛大学校機械工学科卒、筑波大学大学院修士課程(地域研究)修了。

海上自衛隊で潜水艦乗りとなる。潜水艦はやしお艦長、在米国日本国大使館防衛駐在官、第2潜水隊司令、海上幕僚監部広報室長、同情報課長、情報本部情報官、海上幕僚監部指揮通信情報部長、海上自衛隊第2術科学校長、統合幕僚学校長、海上自衛隊呉地方総監を経て、
2016年金沢工業大学教授就任。

海上自衛隊に入隊以来34年間、潜水艦艦長を始め、種々の組織の長やスタッフを経験。
特に、在米防衛駐在官在任中は、「えひめ丸事故」の収拾や、9.11テロ後の米国防総省との調整にあたる。

また、情報課長在任時にはイージス艦情報漏洩事件の後処理にあたるなど危機管理を担当する。

平成23年から3年間は海上自衛隊 第2術科学校長及び防衛省統合幕僚学校長として、その教育体系と組織の再編、教員の意識改革に取り組む。


平成26年からの海上自衛隊呉地方総監時代には、国民と海上自衛隊との距離を縮めるための各種施策(地域経済団体に対する講演、イクボス宣言、「呉海軍カレー」イベントを提案・実施など)を行う。

研究業績としては、筑波大学大学院で「ロシアの外交政策」の研究で「地域研究学修士」を修得し、それ以降11年以上、海上幕僚監部防衛班での対外政策担当、在米国大使館勤務など対外政策・情報分析の業務も担当。
現在、安全保障問題において報道番組などメディアに多数出演している。
主な著書に、『リーダーシップは誰でも身につけられる』等がある。

【お便り募集】
 番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。
宛先は、
 〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで
また、
 このホームページ右欄にある、番組宛送信フォームからも、ご投稿できます。

聴く

 この番組は radiko.jp から、ラジオ放送と同時にPC、または、スマートホーンからお聞きいただけます。

 また、放送から1週間内に限り、ラジコのタイムフリー機能から、いつでもお聞きいただくことができます。

 アドレスは、 http://radiko.jp/#!/timeshift  になります。

 さらに、この番組は、ポッドキャストオンデマンドにて配信をいたします。
 こちらは、放送から1週間後に、いつでもおききいただけるようUPいたします。
 この配信では、放送ではお伝えしきれなかった部分もお聞きいただくことができます。







2021年8月26日放送(双日総研チーフエコノミスト・吉崎達彦氏)

2021.08/25 ディレクター 記事URL

2021年8月26日放送のご案内(ゲスト:エコノミスト・吉崎達彦氏)
 第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。

 今回は、双日総研チーフエコノミストの吉崎達彦さんにご出演をいただきます。
 アフガニスタン 首都陥落等についてご解説いただきます。
 進行・聞き手は、東海大学教授の葉千栄さん、放送作家の梅原由香さん。
なお、今回の放送は、8月17日に収録したものとなり、ポッドキャストは先行して、8月17日に配信をしております。

【吉崎達彦氏プロフィール】
1960(昭和35)年富山県生まれ。双日総合研究所チーフエコノミスト。
一橋大学社会学部を卒業後、日商岩井(現・双日)に入社。
ブルッキングス研究所客員研究員、経済同友会代表幹事(速水優氏)秘書

日商岩井総合研究所主任エコノミスト等を経て、現在に至る。

 この間、「かんべえ」のハンドルネームで、ホームページ「溜池通信」を主催。2013年 第14回正論新風賞を受賞

 主な著書に、「アメリカの論理」(新潮)、「溜池通信発 いかにもこれが経済」(日本経済新聞出版)「気づいたら先頭に立っていた日本」(新潮)などがある。

【お便り募集】

 番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。
宛先は、
 〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで
また、
 このホームページ右欄にある、番組宛送信フォームからも、ご投稿できます。


聴く この番組は radiko.jp から、ラジオ放送と同時にPC、または、スマートホーンからお聞きいただけます。また、放送から1週間内に限り、ラジコのタイムフリー機能から、いつでもお聞きいただくことができます。アドレスは、 http://radiko.jp/#!/timeshift  になります。

「ポッドキャスト配信】
 さらに、この番組は、ポッドキャストにて配信をいたします。
 放送から1週間後をメドに、いつでもおききいただけるようUPいたします。
 こちらは、画面右にあります「いつも聴く!ポッドキャスト」内の「過去のアーカイブ」をクリックいただき、「過去のアーカイブ」頁から、お聞きになりたい放送回をクリックください。
 
この配信では、放送ではお伝えしきれなかった部分もお聞きいただくことができます。

2021年8月19日放送(政治アナリスト・伊藤淳夫氏)

2021.08/18 ディレクター 記事URL

8月19日放送のご案内(ゲスト:政治アナリアスト・伊藤淳夫氏)

第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。

 番組ゲストは、政治アナリストの伊藤淳夫さん。
 今回は、自民党総裁選、衆議院解散の行方等の話題が展開します。

 進行・聞き手は、東海大学教授の葉千栄さん、放送作家の梅原由香さん。


【伊藤淳夫氏プロフィール】
生年月日 1948年8月28日(神奈川県)
学  歴 学習院大学法学部卒
職  歴 
1973年自民党本部勤務、以後、主に広報を担当。
89 ~92年には自民党政治改革事務局主査補として「政治 改革大綱」等の作成にあたる。
また、現在、政治アナリストとして活動。また、「とくダネ」「グッディ」(いずれもフジテレビ)、「ワイド!スクランブル」「スーパーJチャンネル」(同テレビ朝日)、「ひるおび」(TBS)など、テレビ番組にも多数出演。

【お便り募集】

 番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。
宛先は、

 〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで
また、
 このホームページ右欄にある、番組宛送信フォームからも、ご投稿できます。


聴く この番組は radiko.jp から、ラジオ放送と同時にPC、または、スマートホーンからお聞きいただけます。

 また、放送から1週間内に限り、ラジコのタイムフリー機能から、いつでもお聞きいただくことができます。

 アドレスは、 http://radiko.jp/#!/timeshift  になります。

 さらに、この番組は、ポッドキャストオンデマンドにて配信をいたします。
 こちらは、若干の例外を除き、放送から1週間後をメドに、いつでもおききいただけるようUPいたします。
 この配信では、放送ではお伝えしきれなかった部分もお聞きいただくことができます。

2021年8月12日放送(ジャーナリスト・鈴木哲夫氏)

2021.08/11 ディレクター 記事URL

2021年8月12日のご案内(ゲスト:ジャーナリスト・鈴木哲夫氏)

 第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。
 今回のゲストは、政治ジャーナリストの鈴木哲夫さん。
 今回は、衆議院選挙と自民党総裁選の行方 等、お話しいただきます。
 
 菅政権の行方、衆参補欠選挙3敗、解散、コロナ対策等について解説をいただきます。 
 
 進行・聞き手は、東海大学教授の
葉千栄さん、放送作家の梅原由香さん。

なお、情勢が日々変化しているため、ポッドキャスト、スポティファイの配信は、ラジオ放送に先行して配信をしております。

【鈴木哲夫氏プロフィール】
早稲田大学法学部卒業。1982年テレビ西日本へ入社し報道部の記者になる。1992年フジテレビ報道センター政治部へ出向。1995年には東京MXテレビに移籍し東京ニュースセンター編集長に就任した。2001年に朝日ニュースターの報道制作本部の報道制作部長に着任。2007年には日本BS放送執行役員、報道局長に就任。2013年よりフリージャーナリストとして活動している。「最後の小沢一郎」、「政治報道のカラクリ」ほか、著書も多数

【お便り募集】

番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。

宛先は、〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 です。
また、このホームページ右欄にある、番組宛送信フォームから、ご投稿いただくことができます。


聴く この番組は radiko.jp から、ラジオ放送と同時にPC、または、スマートホーンからお聞きいただけます。
 放送から1週間以内に限り、ラジコのタイムフリー機能から、いつでもお聞きいただくことができます。

「ポッドキャスト配信】
 さらに、この番組は、ポッドキャストにて、音声配信をしております。
 放送から1週間後をメドに、いつでもおききいただけるようUPいたします。
 こちらは、画面右にあります「いつも聴く!ポッドキャスト」内の「過去のアーカイブ」をクリックいただき、表示された頁から、お聞きになりたい放送回をクリックいただければお聞きいただくことができます。
 また、
この音声配信では、放送ではお伝えしきれなかった部分をお聞きいただくことができます。

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

葉 千栄
よう せんえい

中国上海市生まれ。日本国籍取得。

早大大学院(政治学研究科)修了後、東海大学助教授等を経て、現在、東海大学教授。

MXテレビ「Log in TOKYO」「アジア電視台」、朝日ニュースー「ニュースの深層」のキャスターを務める。

ラジオNIKKEIでは、「Toyo Market Strategy」「新華ファイナンス情報」「中国ビジネス最前線」に出演する。

主な著書に、「チャイナ・ビッグバン」(アーク出版)、「リアル・チャイナ」(ダイヤモンド社)「大中国はどうなる」(文藝春秋)等がある。

梅原 由香
うめはら ゆか

早大一文卒業後、信越放送ディレクターを経て、フリーのディレクター、放送作家へ。

ラジオNIKKEIでは、葉千栄氏出演の番組「Toyo Market Strategy」「新華ファイナンス情報」「中国ビジネス最前線」等を担当する。

現在、FM放送局等で、構成作家、ディレクターを担当する。

パーソナリティ一覧はコチラ