番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週金曜日 23:00~23:20
提供:株式会社JERA

経済ジャーナリスト・町田徹、シンクタンクエコノミストによる時事問題の解説と徹底研究。
画期的な提言、斬新な解決策を提案します。
日本の経済を新しい時代へ。

新着記事

8/14(金)第46回 「核兵器は二度と使わせない! 被爆者の思いを世界に。」

2020.08/14 ディレクター 記事URL

経済ジャーナリスト・町田徹がシンクタンクのエコノミストに経済問題を徹底インタビュー。
世界情勢や人口減少などに伴う、日本経済の諸問題を真摯に取り上げます。

本日8月14日(金)のゲストは、先週に続き、日本経済研究センターの特任研究員 長崎大学教授の鈴木達治郎さん

「核兵器は二度と使わせない! 被爆者の思いを世界に。」

と題してお送りします。


明日、8月15日は、太平洋戦争の終戦から75年の節目を迎えます。
太平洋戦争の末期には、人類史上初めて核兵器が実戦で使用され、
広島と長崎の原子爆弾が投下されるという大変な悲劇がありました。
先週、停滞する核軍縮の現状を検証していただいたのに続き、
今週は、そうした核兵器は二度と使わせないためにどうすべきか、鈴木達治郎さんに伺います。

 



第45回 「逆行する核軍縮:核戦争のリスクは防げるか?」

2020.08/07 ディレクター 記事URL

経済ジャーナリスト・町田徹がシンクタンクのエコノミストに経済問題を徹底インタビュー。
世界情勢や人口減少などに伴う、日本経済の諸問題を真摯に取り上げます。

8月7日(金)のゲストは、日本経済研究センターの特任研究員 長崎大学教授の鈴木達治郎さん

「逆行する核軍縮:核戦争のリスクは防げるか?」

と題してお送りしました。


8月6日、9日は、広島と長崎に原子爆弾が投下されてから、75年の節目にあたります。

来週の14日も引き続き、広島と長崎の悲劇を決して繰り返さないために、
原子力発電だけでなく、核軍縮の専門家でもある鈴木 達治郎さんに現状と課題を伺います。


ラジコのタイムフリー(放送後1週間)で、ポッドキャスト(Apple、Spotify)でいつでもお聴きいただけます。

 



8/7(金)第45回 「逆行する核軍縮:核戦争のリスクは防げるか?」

2020.08/07 ディレクター 記事URL

経済ジャーナリスト・町田徹がシンクタンクのエコノミストに経済問題を徹底インタビュー。
世界情勢や人口減少などに伴う、日本経済の諸問題を真摯に取り上げます。

本日8月7日(金)のゲストは、日本経済研究センターの特任研究員 長崎大学教授の鈴木達治郎さん

「逆行する核軍縮:核戦争のリスクは防げるか?」

と題してお送りします。

8月6日、9日は、広島と長崎に原子爆弾が投下されてから、75年の節目にあたります。
一方、核軍縮は、「核なき世界」を訴えた、アメリカのオバマ前大統領のもとで10年前、アメリカとロシアが「新START(戦略兵器削減条約)」に調印したものの、
その後、順調に進んでいるとは言えない状況です。

7日と来週14日の「町田徹の経済リポート ふかぼり!」は、広島と長崎の悲劇を決して繰り返さないために、
原子力発電だけでなく、核軍縮の専門家でもある鈴木 達治郎さんに現状と課題を伺います。

 





  

 



第44回 「コロナの先の世界 EUは危機を機会に変えられるか」

2020.07/31 ディレクター 記事URL

経済ジャーナリスト・町田徹がシンクタンクのエコノミストに経済問題を徹底インタビュー。
世界情勢や人口減少などに伴う、日本経済の諸問題を真摯に取り上げます。

7/31(金)のゲストは、日本経済研究センター研究主幹の刀祢館 久雄さん

「コロナの先の世界 EUは危機を機会に変えられるか」

と題してお送りしました。


ラジコのタイムフリー(放送後1週間)で、ポッドキャスト(Apple、Spotify)でいつでもお聴きいただけます。





  

 



7/31(金)第44回 「コロナの先の世界 EUは危機を機会に変えられるか」

2020.07/31 ディレクター 記事URL

経済ジャーナリスト・町田徹がシンクタンクのエコノミストに経済問題を徹底インタビュー。
世界情勢や人口減少などに伴う、日本経済の諸問題を真摯に取り上げます。

本日7/31(金)のゲストは、日本経済研究センター研究主幹の刀祢館 久雄さん

「コロナの先の世界 EUは危機を機会に変えられるか」

と題してお送りします。

新型コロナウイルス・ショックで大きな経済的打撃を受けたことに対応、EU(ヨーロッパ連合)は先週末、
ブリュッセルの本部で、首脳たちが一堂に会して直接対面する形で、臨時の首脳会議を開いて、懸案の90兆円規模の復興基金設置について協議しました。
この基金の設置目的は何であり、なぜが重要だったのか、そしてなぜ懸案になってしまったのか。
今回の首脳会議の結論とその評価とともに、 今後のEUの行方、国際社会で果たす役割などを考察する。





  

 



第43回 「どうなるアフター・コロナ後の産業地図 アゲインストを活かせる業態と厳しい業態とは?」

2020.07/24 ディレクター 記事URL

経済ジャーナリスト・町田徹がシンクタンクのエコノミストに経済問題を徹底インタビュー。
世界情勢や人口減少などに伴う、日本経済の諸問題を真摯に取り上げます。

7/24(金)のゲストは、日本経済研究センター政策研究室長 兼 主任研究員の小林辰男さん

「どうなるアフター・コロナ後の産業地図 アゲインストを活かせる業態と厳しい業態とは?

と題してお送りしました。

ご参考
日本経済研究センター
中期経済予測

コロナ危機のビフォー/アフター~債務の急拡大などで経済水準は2%低下~
感染長期化、国際摩擦の激化は、恐慌招く悪夢のシナリオ

ラジコのタイムフリー(放送後1週間)で、ポッドキャスト(Apple、Spotify)でいつでもお聴きいただけます。



  

 



新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

町田 徹
まちだ てつ

経済ジャーナリスト

杉浦 舞
すぎうら まい

【出演経歴】
テレビ山梨アナウンサー
TBSニュースバード キャスター
東証アローズ株式市況リポート兼務
TBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」アシスタント

【資格】
野菜ソムリエプロ

パーソナリティ一覧はコチラ