3月25日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [テイスト・オブ・ジャズ]
2021/03/25(木) 19:00 番組スタッフ

テイスト・オブ・ジャズ」は、毎週木曜22:30~23:00(本放送)と金曜18:30~19:00(再放送)で放送中。番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.558~日本ラテンジャズの中核・森村献ちゃん】

  今年は例年になく桜の開花が早く、桜前線も予想以上に早く北上しそうな気配だと聞くので、皆様のお住まいの近くでも既に開花している桜も多いのでは...。我が街国立は都下でも屈指の桜タウン、この時期の街はパッと明るく賑わう筈なのだが桜まつりなども中止となり、この2年間はその賑わいも少ない。言わずと知れたコロナ禍の所為だが、それにしても我が国の政治状況は、このコロナ禍で無残な程に露呈されてしまった。国のトップと自治体のトップ、それぞれが自身の政治メンツの為に、非常事態宣言を巡って綱引きを続け、その体面を保つだけの施策を誇示、肝心の国民や都民の方には殆んど目を向けていない。悲しすぎる状態でニュージーランドや台湾などに比べるとその相違に愕然とする。しかもこの2国ともトップは女性。あの森発言では無いが、これからの日本が心配になる。

 まあそんな心配をしても詮無いこと、この春くらいは明るく楽しく...と言うことで、今年も番組ではこの時期恒例の新入生・新社会人向けのジャズ入門講座を3回にわたり企画することにした。3月末の1回目はラテンジャズ=サルサの愉しみ方、4月第1週の2回目は純粋なジャズ入門講座、そして3回目は以前このコラムでも取り上げた、グレッチェン・パーラトなど注目女性シンガー達の魅力...と言ったラインアップである。

 さてその第1回、ぼくの好みを目一杯取り込んだラテンジャズ=サルサの愉しみ方となれば、もう本当に長い付き合いの森村献・あずさ夫妻の登場となる。久々にあずさにTELしてみると番組出演は直ぐに快諾。ただ条件として2人で...というより、献ちゃんひとりのゲストにして欲しいとのこと。そこは少しも構わないので、献ちゃんだけの登場と言うことで番組ゲストが決定、内容は2人で詰めると言うことで、全面的にお任せすることにした。

 収録当日2人でやってきた森村夫妻。カミさんのあずさとは、彼女がまだ高校生時代、当時人気絶頂の「ペドロ&カプリシャス」にもヴァイオリンで参加していた頃からの付き合い。一方献ちゃんの方は、あずさの旦那として知り合ったのだが、その頃には既に若くしてJ-ラテンジャズ=サルサ界の大物ピアニストで貫禄充分だった。考えてみればもう40年近い付き合いになる。本当に長い。

 今は熱帯ジャズ楽団などJラテンジャズ~サルサ・シーンの主要バンド、そのピアノには献ちゃんが座っていることが多い...、と言うほどにシーンのボス格的な存在なのである。彼が一言掛ければすぐにラテンジャズ系のミュージシャンが集まり、セッションやレコーディングも実現してしまう...と言った存在だけに、その彼が紹介するラテンジャズ=サルサの魅力はまさに言うこと無し。ティト・プエンテなどの代表的アルバムを紹介してくれると同時に、自身のバンドの演奏もアルバム化していないものも持参、番組で紹介してくれている。中でも面白いのは、今注目の島、淡路島にある公立中学校のラテンバンド部、正式名称がラテンバンドかはしかとはしないが、献ちゃんが数年前から頼まれ指導しており、これがかなり本格的なバンド。昨年は全国のフルバンドコンクールで優勝したのだと、自慢げに彼らの演奏を紹介してくれているが、これが中々に聞き入ってしまう出来栄えなのだ。今年もまた指導に行くんだと実に愉しそう。そんな彼をあずさも頼もしく見つめている。長年続けていたフリーペーパー「サルサ120%」は残念なことに今は休刊中だが、また復活するんだと意気も盛んだし、この夫妻はこの所キューバなどの中南米諸国の大使館から、その活動を称え表彰も受けている。日本で最初の女性サルサバンド(彼女がリーダー)「チカ・ブーン」も、時々は集まって活動しているらしい。

 日本のラテンジャズ=サルサ普及に邁進するこの森村夫妻、いつまでも元気で華やかな活動を続けて欲しいもの。ぼくの大好きなラテンジャズ振興の為に...

【今週の番組ゲスト:ラテンジャズピアニストの森村献さん】

M1「Mambo Inn / Machito」
M2「Tanga / KM Special」
M3「Nica's Dream / Horace Silver」
M4「Seven Steps To Heaven / KM Special」
M5「Seven Steps To Heaven / Miles Davis」
M6「Day By Day / 蒼開中学・高等学校ジャズバンド部」
M7「Bluesette / Tito Puente」

 

コメント