1月14日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [テイスト・オブ・ジャズ]
2021/01/14(木) 19:00 番組スタッフ
テイスト・オブ・ジャズ」は、毎週木曜22:30~23:00(本放送)と金曜18:30~19:00(再放送)で放送中。番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.548~正月3が日

 災」から「福」に...と願っている方も多い2021年が明けた。正月3日間は世間の心配をよそに、快晴の好天気続き。特に元旦は雲一つない全くのピーカン。こうなると新年恒例の富士浅間神社参り...と言うことで、例年よりも1時間ほど遅い8時過ぎに自宅を出て、中央高速をひとっ走りして富士吉田市に向かう。例年に比べると車の数も少なく、実に走り易い。2時間弱で富士吉田のICを降り神社方面に向かうが、拍子抜けするほどスイスイと車は進み、神社に着くと駐車場もガラガラ。いつもだと朝の10時過ぎは、駐車場も超満員で場所探しに手こずるのだが、今年はそんな気配まるでなし。本宮の参道も人は例年の4分の1程で、参拝もあっけない程スムーズに終わる。まあ密が昨年の一字で、暮れからまたまたコロナ禍第3波到来などと騒がれているのだから、こうした閑散状況も無理からぬ所。翌日のラグビー大学選手権準決勝戦に臨む、我が早稲田チームの勝利を願っておみくじを引くと、これがなんと大吉。ここ10数年中吉・小吉などはあっても、大吉は無し。これは年初めから縁起良しで、明日の早稲田チーム勝利は間違いなしと確信、正月もやっている吉田の地場の温泉につかり、気持ちを新たにして帰京する。

  翌日はいよいよラグビー観戦。試合開始の1時間ほど前に秩父宮ラグビー場に到着、ここもソーシャルディスタンス実施で観客数も例年に比べて少ないが、熱気は例年通り。相手の帝京大は今年のシーズン戦で軽く一蹴した相手ではあるが、数年前までは10年位全く歯が立たなかった強敵。6・4で不利と思いながらも早稲田の勝利を願い、おみくじの結果も最高だっただけにその勝利を信じる。ウオーム・アップを見ていると早稲田の面々の充実度が伺え、その勝利を確信する。帝京大の全盛時代には、この試合前のアップを見るだけでこれは早稲田ダメと思ったものだが、今は全く違う。12時過ぎにキックオフの笛が吹かれると、実に早稲田の選手全員が元気で、開始わずかでFW全員で押し込むモールトライを決めるなど、素晴らしい出来栄え。後半は帝京大のパワーに押されたものの、6点差のままノーサイド(試合終わり)が近ずく。胃の痛くなるようなディフェンスが続き、ようやく我が早稲田ラグビーチームは逃げ切る。万歳・万歳なのだが、歓声を上げることは禁じられていおり、心の内で万歳を三唱。第2試合の明治―天理戦は友人に会うために観戦は取り止め。どうせ明治がコテンパンに天理を痛めつけるだろうと勝手に判断。夜帰宅してオンデマンドのラグビー中継を見ると、これがなんと全く正反対の結果。あの明治が天理に軽くあしらわれているではないか...。これには全く驚かされた。まあ外人選手が4人もいるとは言え、天理大は攻撃も防御も想像以上にスピーディーで素晴らしいものだった。この天理大に我が早稲田がどう戦うか...、それを想像しながらもう一つのスポーツハイライトである、箱根駅伝を見ると、これも創価大の予想外の往路優勝となっている。まあコロナ禍の中、2021年もまたまた世の中何が起こるか分からないものの様である。

 そして3日は、暮れに行けなかった墓参りに...。我が家のお墓は鎌倉の鎌倉霊園にあり、この霊園が出来て直ぐにお袋がここを気に入ってその一角を購入。それだけにこの墓地を所有する、あの西武の堤家の壮大な墓所の直ぐ傍の仲々に恵まれた場所にある。はるか鎌倉の海も見渡せ、富士山も望めると言う理想的なロケーション。この日も湘南の海と富士山を望みつつ墓に線香をあげ、今年1年の自身の生存を祈願した。チャンジー(爺さん)になると、寂しいことにもうただ生き続けることのみ...。これではいかんとその帰り道、横浜の「ディスク・ユニオン」に立ち寄り、去年のジャズシーンで最も力感のある素晴らしいアルバムの一つ、話題の俊才トランぺッター、アンブロース・アキンムシーレの新譜『オン・ザ・テンダー・スポット...』(BN)を購入、家でじっくりと聞くことにする。その結果は一口縄では行かない仲々に難しいアルバムだったが、アフリカン・アメリカン(黒人)の原点とも言えるブルースの現代的解釈とも言える意味深いアルバムと気づく。一回では理解し得ない所も多い含蓄多い作品なので、新年の年初めはたっぷりとこのアルバムに浸ろうと思っています。また今年も我がジャズ番組、よろしくお付き合いの程...

【今週の番組ゲスト:ピアニスト、コンポーザー、ボーカリストの宮本貴奈さん
7年ぶりのリーダーアルバム『Wonderful World』から
M1It's All Up to You
M2Hello Like Before~Just the Two of Us」
M3Blue Motion
M4What a Wonderful World


コメント