※展開シミュレーション1月6日分 [展開シミュレーション]
2020/01/06(月) 00:00 フジマキ
★中山10RジュニアC
前々走(東京芝1400m)で2勝目を挙げたゼンノジャスタ。前半3ハロン34秒9と平均ペースのなか、内枠を利して好位から競馬を進めると、直線ではやや反応が鈍かったものの、エンジンがかかると外から息長く末脚を使って、後続にコンマ3秒差をつける完勝劇。フェニックス賞2着、小倉2歳S4着と、小倉芝1200m戦で良績を挙げていたが、距離が延びてよさが出た印象。ただ、前走東京スポーツ杯2歳S(東京芝1800m)は、相手も強かったこともあるが、逆に距離が長かった感。今回は中山マイル戦となるが、デンタルハーン、ドゥーベなどの逃げ争いなら、澱みのない流れとなりそうで、外回りコースで3コーナーから徐々に仕掛けることができるぶん、レースがしやすいはず。関西馬ながら輸送慣れしており、オープンとはいえ1勝馬が多い組み合わせのここなら、勝ち負けまで期待できる。相手は、サクセッション、サクラトゥジュール、ハーモニーマゼラン、ドゥーベ、ラッシュアップ、デンタルハーンの、3連複7番1頭軸、6、9、8、2、15、13のボックス。

その他のレース~中山
9R初茜賞◎アフターバーナー=3連複11番1頭軸で、相手は、1、12、16、10、2、7。11RカーバンクルS◎メイソンジュニア=3連複1番1頭軸で、相手は、3、10、8、7、5、11。12R◎エターナルヴィテス=3連複5番1頭軸で、相手は、10、8、4、3、1、11。

その他のレース~京都
9R許波多特別◎グラットシェル=3連複3番1頭軸で、相手は、11、8、6、9、10、5。10R新春S◎サムシングジャスト=3連複9番1頭軸で、相手は、5、3、10、2、6、11。11R万葉S◎レノヴァール=3連複3番1頭軸で、相手は、11、15、7、1、13、5。12R◎スズカカナロア=3連複5番1頭軸で、相手は、16、11、1、13、15、3。

コメント