番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週土曜日 17:10~17:40、毎週日曜日 9:00~9:30(再)
ラジオNIKKEI第2 毎週日曜日 9:00~9:30(再)

ラジオNIKKEI随一の「ぬる~い」番組、
「競馬LIVEへGO!」
馬券が当たった?外れた?そんなことは関係なし。競馬番組ではありません。
フジマキ&山本が「ぬる~い」トークをするだけの番組でございます。
あ、一応、日曜のメインレースの予想もやってます。

新着記事

先週の予想を振り返る [フジマキの説法]

2018.09/18 フジマキ 記事URL

月曜日の朝、馬券を買う前に、JRAのHPで変更情報を見て、福永騎手の騎乗馬がすべて乗り替わりとなっていましたが、その理由が"頭蓋骨骨折、気脳症"と書かれていて、びっくりしましたな。ヘタしたら騎手人生はもちろん、命の心配もしたのですが、もっとびっくりしたのが、怪我をした前日の阪神6レース以降も、10~12Rに騎乗し、能勢特別ではカフジバンガードで勝利していたこと。なんでも、怪我後も痛みとかなく、念のためにCTスキャンを撮ったところ、骨折が判明したんだとか。

 あとで怪我をした場面を映像で見ましたが、落馬後、後ろから来た馬に思いっ切り蹴られていましたからね。こんなことがあっても、恐怖心を振り払ってしっかり騎乗する福永騎手を見て、改めて尊敬しましたわ。

 もう、買った馬がこなかったからといって"このヘ○クソー"とかヤジるのは止めないといけませんね...。


 そんじゃ、先週、私が掲載した"展開シミュレーション"の本命馬を当たりハズレに関わらず、成績とひと言コメントつきで振り返ります。

 で、その"展開シミュレーション"とやらは、なんぞや? それは、当ブログで、私が僭越ながらやっている予想コンテンツ。お値段の方は無料でありますので、好き勝手に見て参考にしてみてください。もっとも、馬券購入は自己責任ですから、ハズれても怒らないで下さいね( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )

 で、その月曜日に、福永騎手から乗り替わった馬の成績は、8鞍中2着が1回あっただけだったとか。う~n、もし、私に何かがあって、他の人に予想が代わったら、きっと私よりよい成績になるのでしょうね。とほほ...。

※土曜日・中山

8R◎ホウオウジャッジ(4番人気・5着)=やはり1200m戦の方がいいですね。ただ、外から他馬が来た時、気にしていたそうで、揉まれずに先行できるかがカギとなりそう。

古作特別◎ダイイチターミナル(6番人気・4着)=ゴール前はよく伸びていましたが、坂で脚が鈍っている感があるので、直線平坦コースの方がいいのかも。

松戸特別◎オペラハット(7番人気・3着・複410円、3連複6120円)=ペースを考えて早めに仕掛けたのがよかったですね。ただ、これまで実績のなかった中山で好走したように、7歳にして力をつけているのも間違いないですし、条件が嵌れば軽視はできませんね。

レインボーS◎ギブアンドテイク(6番人気・3着・複320円、3連複8140円)=時計のかかる馬場もよかったですが、先行させた松岡騎手の騎乗も素晴らしかったですね。

12R◎ペイシャボム(9番人気・3着・複450円、3連複9410円)=流れも向きましたし、減量騎手の恩恵もありましたが、追ってバテないしぶとさは示しました。すんなり先行できれば今後も注目ですね。

※土曜日・阪神

阪神JS◎メイショウダッサイ(6番人気・3着・複440円、3連複2780円)=上位2頭からは離されましたが、昇級初戦で初重賞を考えれば上々の内容。中央の障害コースも合いますね。

瀬戸内海特別◎レッドレグナント(8番人気・6着)=初の1400m戦でしたが、行きっぷりはよかったですし、距離のメドは立ったかと。ただ、間隔を詰めると今イチなので、そこは要注意です。

オークランドRCT◎ブライトンロック(4番人気・9着)=馬体が絞れて、状態面は上向いていましたが、縦長の馬群になってしまい脚がたまらなかったですね。

12R◎ミスズメサイア(7番人気・4着)=上位馬とは決め手の差が出てしまいましたね。阪神なら内回りコース向きかと。

※日曜日・中山

汐留特別◎カマクラ(9番人気・7着)=澱みのない流れで、向正面過ぎから手応えが一杯になりました。長距離戦など流れが落ち着く展開がよいですね。

初風特別◎ウォーターラボ(8番人気・3着・複520円)=ギリギリまで追い出しを我慢して、一瞬の脚を生かしました。乗り難しいタイプですが、相手、展開、枠順次第では、今後も勝負になります。

ラジオ日本賞◎ラテンロック(8番人気・9着)=休養明けで太めでしたし、距離も長かったですね。

12R◎レッドオリアナ(9番人気・6着)=大幅馬体増は回復分でしたが、ちょっと、ハイペースで行き過ぎてしまいましたかね。好位で控える競馬ができればチャンスはあるはず。

※日曜日・阪神

夙川特別◎タイセイスペリオル(7番人気・10着)=久々の1200m戦もあってか、追走に苦労していましたかね。ペースに慣れればもう少しは。

能勢特別◎シーズスプラッシュ(4番人気・7着)=ゲート内で落ち着きを欠くなど、気難しいところが出てしまいましたかね。

ローズS◎ウラヌスチャーム(6番人気・5着)=大外から追い込んできましたが、さすがに重賞でこの流れだと届きませんね。ただ、力はつけていますし、広いコースで自己条件なら。

12R◎キスミーワンス(8番人気・5着)=芝でもダートでも短距離戦なら崩れないのですが、あと一歩ですねぇ。

※月曜日・中山

白井特別◎バケットリスト(3番人気・7着)=今回は序盤からすんなり先行できたのですが、さすがに昇級で相手が強かったですかね。

浦安特別◎トウカイパシオン(4番人気・3着・複370円、3連複20340円)=揉まれずに先行できたとはいえ、前崩れのなか粘った内容濃いレースぶり。ダート替わりはもちろん、状態も立て直しましたし、この条件なら次走も注目です。

セントライト記念◎ブレステイキング(2番人気・4着)=最後、粘れるかと思ったのですが、3着馬の末脚に屈しましたね。ただ、着実に成長しているようですし、1000万なら何とかなるのでは。

12R◎ラヴファンシフル(4番人気・13着)=展開が向きませんでしたが、着順ほど着差は離れていませんし、流れが向けばもう少しは。

※月曜日・阪神

甲武特別◎ピッツィカート(6番人気・2着・複330円、3連複4820円)=まさかの先行策がバッチリ決まりました。いつもこんなレースができれば安定して走ることができるはずです。

吹田特別◎ホーリーブレイズ(3番人気・1着・単580円、複180円、3連複1600円)=以前にも増してズブさが出ているようですが、反面、エンジンがかかってからの伸びも増したような。それだけに昇級後も、展開がカギとなりそうです。

仲秋S◎ヤマカツグレース(7番人気・4着)=好位で流れに乗ることができました。やはり1400m戦がいいようです。

12R◎ファステンバーグ(5番人気・7着)=発馬ひと息だったとはいえ、最後も伸びずバテず。直線平坦で、もう少し時計のかかる馬場がいいのかも。

☆次走もっとも狙いたい馬=ブライトンロック

※展開シミュレーション9月17日分 [展開シミュレーション]

2018.09/17 フジマキ 記事URL

★阪神11R仲秋S
 降級後、函館芝1200m戦を使うも、ともに13着と2ケタ着順に終わったヤマカツグレース。前々走TVh杯は、先行するもなし崩しに脚を使ってしまい、前走函館日刊スポーツ杯は、本来の末脚勝負に徹するも、直線で前が詰まってブレーキがかかる不利。ただ、それ以上に小回りコースの1200m戦自体も合わなかった印象。今回は、大阪-ハンブルグCで、上がり3ハロン2番目に速い末脚を使い、インから鮮やかに差し切って現級勝ちを果たした阪神芝1400m戦。ツーエムマイスター、トラストの逃げ争いなら澱みのない流れとなりそうで、ハンデも1kg増なら問題なく、条件良化で巻き返しが期待できる。相手は、レインボーフラッグ、キアロスクーロ、レッドアンシェル、トラスト、サフランハート、テラノヴァの、3連複2番1頭軸、1、4、11、13、10、12のボックス。

その他のレース~中山
9R白井特別◎バケットリスト=3連複4番1頭軸で、相手は、5、8、2、1、7、9。10R浦安特別◎トウカイパシオン=3連複15番1頭軸で、相手は、7、13、2、14、1、12。11Rセントライト記念◎ブレイステイキング=3連複7番1頭軸で、相手は、15、4、5、1、13、2。12R◎ラヴファンシフル=3連複11番1頭軸で、相手は、3、14、1、13、4、15。

その他のレース~阪神
10R吹田特別◎ホーリーブレイズ=3連複5番1頭軸で、相手は、1、3、10、6、2、9。12R◎ファステンバーグ=3連複1番1頭軸で、相手は、7、4、2、10、8、14。

※展開シミュレーション9月16日分 [展開シミュレーション]

2018.09/16 フジマキ 記事URL

★中山12R
 中央再転入初戦となった前走(東京ダート1400m)は、勝ち馬から2秒7差の14着と大敗したレッドオリアナ。ただ、3ヵ月ぶりの実戦ながら馬体重が前走から31kgも減っていた上に、レースも前半3ハロン35秒1と良馬場としてはかなりのハイペースとなるなか、先行争いに加わるなど厳しい競馬。3歳夏の新潟でデビューだったこともあり、未勝利戦では勝ち上がれなかったが、初ダートとなった2戦目(中山ダート1200m)では、脚抜きのいい馬場もあり、先行馬が残る流れのなか、大外を回って、上がり3ハロン3番目に速い末脚を使い、勝ち馬からはコンマ5秒。2着馬とはコンマ1秒差の4着。1、3着馬はその後、500万クラスでも馬券になっているように、3歳未勝利戦としてはレベルの高いメンバーを考えると、能力はここでも十分通用するものを秘めている印象。立て直して、中山ダート1200m戦となる今回は、オペラグローブ、ブランシュ、テンキセキなど、テンに行きたい馬が揃ってハイペース必至も、デビュー2戦目のような競馬ができれば大駆けが期待できる。相手は、トロピカルスパート、テンプルツリー、オペラグローブ、ラヴタクティクス、トワードポラリス、フレンドアリスの、3連複8番1頭軸、12、7、11、16、15、1のボックス。

その他のレース~中山
9R汐留特別◎カマクラ=3連複2番1頭軸で、相手は、4、9、5、3、8、7。10R初風特別◎ウォーターラボ=3連複2番1頭軸で、相手は、5、3、1、11、7、4。11Rラジオ日本賞◎ラテンロック=3連複7番1頭軸で、相手は、5、6、4、9、2。

その他のレース~阪神
9R夙川特別◎タイセイスペリオル=3連複11番1頭軸で、相手は、5、1、2、12、14、4。10R能勢特別◎シースプラッシュ=3連複4番1頭軸で、相手は、6、1、3、5、8、7。11RローズS◎ウラヌスチャーム=3連複14番1頭軸で、相手は、8、5、7、10、6、13。12R◎キスミーワンス=3連複10番1頭軸で、相手は、13、12、14、6、4、15。

※展開シミュレーション9月15日分 [展開シミュレーション]

2018.09/15 フジマキ 記事URL

★阪神11RオークランドRCT
 降級戦となった前走柳都S(新潟ダート1800m)は、4着とはいえ勝ち馬から1秒3も離されてしまったブライトンロック。ただ、2ヵ月半ぶりの実戦で鉄砲はひと息だったことに加え、前半3ハロン35秒4とハイペースで馬群がバラける展開となったことで、前に壁を作ってレースすることができず、なし崩しに脚を使わされてしまったもの。末脚勝負の馬だが、1000万クラス以上で連対した3回は、いずれも逃げ、先行馬が上位に残っていたように、平均ペースで馬群が固まった展開で能力を発揮している印象。今回は、アイアンテーラーの単騎逃げで序盤は平均ペースとなりそうで、道中、じっくり脚をためる競馬ができるはずで、叩き2戦も2勝2着1回と使って良化するタイプ。また、遠征競馬や馬場状態も不問といえ、ここは勝ち負けが期待できる。相手は、アイアンテーラー、チュウワウィザード、ダンツゴウユウ、モズアトラクション、メイプルブラザー、マイネルクラースの、3連複7番1頭軸、1、10、2、6、5、9のボックス。

その他のレース~中山
8R◎ホウオウジャッジ=3連複15番1頭軸で、相手は、6、4、8、12、9、16。9R古作特別◎ダイイチターミナル=3連複2番1頭軸で、相手は、5、6、7、4、16、3。10R松戸特別◎オペラハット=3連複11番1頭軸で、相手は、9、6、8、3、1、5。11RレインボーS◎ギブアンドテイク=3連複2番1頭軸で、相手は、9、6、12、4、1、11。12R◎ペイシャボム=3連複3番1頭軸で、相手は、10、5、11、6、1、9。

その他のレース~阪神
8R阪神JS◎メイショウダッサイ=3連複3番1頭軸で、相手は、4、7、8、2、9、5。10R瀬戸内海特別◎レッドレグナント=3連複7番1頭軸で、相手は、9、5、11、12、8、10。12R◎ミスズメサイア=3連複3番1頭軸で、相手は、11、12、5、1、7、9。

★また、万券当てましたけど何か? 9月14日分★ [また、万券当てましたけど何か?]

2018.09/14 フジマキ 記事URL

☆甲武特別
 ようやく、暦らしく暑さが和らいできましたな。そんなよい気候となるなか、世の中は、来週、再来週と、連続して三連休だそうで。きっと、この連休を利用してバカンスと洒落込む人も多いかと思われます。で、日本のバカンスにつきものといえば"お弁当"。どんなに風光明媚なところへ行ったとしても、お弁当は不味いと、後々までガッカリな思い出として残ってしまいがち。そんななか、某ネッツサイトが、"お弁当で好きなおかずは?"という調査をしたそうで。全体の4割が好きと答えるなどダントツで1位となったのは"たまご焼き"。うむ、"巨人、大鵬、卵焼き"は昭和で終わりかと思いましたが、たまご焼きだけは今でも大人気なようで。2位以下は、"唐揚げ""ハンバーグ""焼き魚""とんかつ"と、肉系が上位を占める結果となりました。これから家族に作るお母さんや彼氏に作る彼女は、是非、参考にしてみては如何かと。ワイフにお弁当を作る私も、参考にさせていただきます...。

 さて、今週の予想は月曜阪神甲武特別で本命はピッツィカート。前2走は、函館、札幌の芝2600m戦を使い、勝ち馬からコンマ9秒、1秒差の6、4着に敗れていますが、小回りコースで先行馬が残る厳しい展開のなか、エンジンのかかりが遅く、ともに上がり3ハロン2番目に速い末脚を使っているように、直線だけの競馬となってしまい、脚を余した印象。それだけに阪神外回りコースの芝2400m戦に替わるのはプラスといえ、展開も、タマモベルガモ、ウォルビスベイの逃げ争いなら、極端なスローペースとはならないはず。叩き3戦目で状態も上向いているだけに、ここは絶好の狙い目といえます。相手は、インヴィクタ、プリンスオブペスカ、メイショウカミシマ、ウォルビスベイ、シェルブック、イペルラーニオの、3連複1頭軸ボックス。

 ところで、以前、TVに出演する時は、お昼のお弁当は叙○苑か今●じゃないと認めなかったらしい、大スタァな小塚アナ。ところが今では、奥さまの薄味な愛妻弁当を喜んで食しているそうな。で、そのお返しに、夜は奥さまを食そうと、抱え上げると駅弁(略...、しようとしたそうですが、やんわりと断られた上に、夕飯抜きとなってしまい、泣く泣くコンビニのお弁当を食べる日々だとか...。(ラジオNIKKEI藤巻)

先週の予想を振り返る [フジマキの説法]

2018.09/10 フジマキ 記事URL

先日ですが、蛯名正義騎手が今年の調教師試験を受験することが報じられました。

 武豊騎手と同じ49歳で、今年も青葉賞のゴーフォーザサミットで重賞勝ちするなど22勝を挙げており、まだまだ現役でもやれると思っていただけに、びっくりしましたな。

 蛯名騎手といえば、牝馬三冠のアパパネや、天皇賞春連覇のフェノーメノ。そして、凱旋門賞で2着となったエルコンドルパサーなど、多くの名馬に騎乗していましたが、私も、99年にオークスを勝ったウメノファイバーなど、たびたび懐を暖めていただくなど、馬券でお世話になった相性のよいジョッキーでありました。

 あの味わい深い眉毛...、いや、騎乗ぶりを拝むことができなくなるのは残念ではありますが、人柄がよいので調教師としても大成功するはずですな。


【続きを読む】

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

藤巻 崇
ふじまき たかし

浦和レッズとホッピーと下ネタをこよなく愛する永遠の29歳。競馬もちょっとだけ?好き。ニコニコ動画内「ラジオNIKKEIちゃんねるブロマガ」で 展開シミュレーション予想を披露、数々の穴馬券を炸裂させる。基本は三連複1頭軸買い。多くの引き出しから繰り出されるトークの数々は本職のアナウンサーをも凌駕する。「東武動物公園」「伊勢崎オート」「浦和競馬場」など、住んでるところがバレるトークが得意。酔うとダイコウガルダンの東京大賞典の話をするのも得意。

山本 直
やまもと なお

パーソナリティ一覧はコチラ