番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週土曜日 17:10~17:40
ラジオNIKKEI第2 毎週日曜日 9:00~9:30(再)
提供:高知県競馬組合

ラジオNIKKEI随一の「ぬる~い」番組、「競馬LIVEへGO!」!
フジマキ&米田が「ぬる~い」トークをするだけの番組でございます。
競馬ライターの井上オークスさんとお送りする「夜さ恋ナイター 高知けいばへGO!」もお聞き逃しなく!

新着記事

★また、万券当てましたけど何か? 12月4日分★ [また、万券当てましたけど何か?]

2020.12/04 フジマキ 記事URL

☆舞浜特別
 いつもの年なら、この季節は忘年会で夜の繁華街が騒がしくなるシーズン。...なのですが、某社の調査によりますと、約9割の会社が忘年会や新年会を中止するというように、今年に関しては、こんなご時世なこともあって、静かな夜となりそうです。とはいえ、特に寂しい上司さんのなかには、忘年会、新年会を画策している、わがままな人もいるようで。心理学の先生によりますと、様々な方法のある女性とは違い、殿方の場合、お酒でしかストレス発散方法がないんだとか。まあ、発散される部下や後輩はとんだ迷惑ですな。こんな困った上司を説得させるには、"年配の人ほど重症のリスクが大きくなるので、万が一、感染してしまったら、会社の損失になる"など、上司に対して心配しているという言葉をかけて説得するのがよいそうで。もちろん、心配しているのは表向きだけで、本気を心配する必要はありません。ク〇上司より自分の方が大事ですからねぇ。

 さて、今週の予想は、日曜中山舞浜特別で本命はプレシオーソ。関西馬ですが、中山ダート1800m戦で新馬、1勝クラスを連勝。なかでも1勝クラスを勝った時は、前半3ハロン37秒4と澱みのない流れの逃げを打つと、最後までバテることなく脚を伸ばし、後続にコンマ4秒差をつけており、のちの3、4、6、7着馬が1勝クラスを勝ち上がるなど、レベルの高い一戦。その後は、12、15着に敗れていますが、芝の重賞だった京都新聞杯(京都芝2200m)と、イレ込むが目立ち、前半1000mを59秒9とハイペースで失速した鳳雛S(京都ダート1800m)と敗因はハッキリ。今回は6ヵ月半ぶりの実戦も、調教の動きからも立て直してきた感が強く、強力な同型馬が不在のメンバー構成だけに、いきなりから粘り込みが期待できます。相手は、ショウナンマリオ、アルーフクライ、プントファイヤー、グリニッチシチー、デルマオニキス、スズノアリュールの、3連複1頭軸ボックス。

 ところで、毎日がひとり忘年会の小塚アナ。なんでも後輩を誘うも、みんなにお断りされまくっているんだとか。そんなに人望がないのか! と、自分のことのようにガッカリしたのですが、話を聞くと、ダービーを実況したイケメソアナウンサーということで、美女たちも集まってくるので、最初は楽しいんだそうですが、酔いが廻ると、裸になって股間から白いもの飛沫させて美女のコップに注ぎまくる、十八番のミルクピッチャー芸をするなど、酒癖が悪すぎて、美女やお店に平謝りしまくりで酔いも醒めるそうな。そりゃ、こんなご時世じゃなくとも、一緒に呑むのを断りますわな...。(ラジオNIKKEI藤巻)


先週の予想を振り返る [フジマキの説法]

2020.11/30 フジマキ 記事URL

さて、ジャパンCで盛り上がったところ、大変、申し訳ないのですが、"有馬記念ファン投票50位当てクイズ"をひっそりと開催しようかと思います。

 まず、もっとも重要な有馬記念ファン最終投票で50位になると思われる馬名1頭と、お名前、お住所、お連絡先、お性別。そして、当たったら欲しいプレゼント(具体的でも抽象的でもウソでも可)、そして、今やジャパンCとは正反対の見苦しい泥仕合と化している、オークスさんVS米田アナの対決に白黒をつけるための斬新な対戦方法、などなど好き勝手なことをお書きの上、当番組HP内の「番組宛メール送信フォーム」からか、お葉書で"有馬記念ファン投票クイズ"宛てまで投稿してください。

 なお、締め切りは、メールは12月9日(水)23時59分59秒まで。お葉書は12月9日消印まで有効であります。

 あ、賢いリスナーさんは既に勘づいていると思いますが、予算、権力ともに皆無な番組ですので、当たったからといって、ご希望されたプレゼントが必ず貰えるとは限りませんのでお許しくださいませ。


【続きを読む】

※展開シミュレーション11月29日分 [展開シミュレーション]

2020.11/29 フジマキ 記事URL

★阪神12R京阪杯
 初めての1200m戦となった前走オパールS(京都芝1200m)で、2年半ぶりの勝利を挙げたリバティハイツ。重馬場で前半3ハロン33秒0とかなりのハイペースながら、道中は好位でスムーズに追走すると、直線で外に持ち出してしぶとく末脚を伸ばして、粘るケープゴットをコンマ1秒差し切った。ひと息入れて状態を立て直したことや、前々走から着用したブリンカーの効果もあったが、初の距離で不得手な道悪を克服してのものだけに評価できるレースといえた。今回は阪神となるが、フィリーズレビュー(阪神芝1400m)勝ちがあるように、直線に坂のあるタフなコースに替わるのは好材料といえ、ジョーカナチャン、ラブカンプー、ロードアクアなどの逃げ争いで、この距離らしいハイペースとなりそうなのも、前走のレースぶりからも、むしろこの馬の能力を発揮できる印象。定量戦となり斤量は増えるも、叩いた上積みを考えれば、重賞でも互角以上の勝負が期待できる。相手は、レッドアンシェル、カレンモエ、アンヴァル、フィアーノロマーノ、シヴァージ、ジョーアラビカの、3連複9番1頭軸、3、13、2、10、11、7のボックス。

その他のレース~東京
10Rシャングリラ賞◎ワンダーマンボ=3連複16番1頭軸で、相手は、9、13、11、4、1、15。11RウェルカムS◎ショウナンハレルヤ=3連複5番1頭軸で、相手は、3、4、13、2、12、14。12RジャパンC◎ミッキースワロー=3連複7番1頭軸で、相手は、2、15、6、5、4、1。

その他のレース~阪神
9R白菊賞◎サナティオ=3連複7番1頭軸で、相手は、4、2、3、10、9、5。10R立雲峡S◎アルティマリガーレ=3連複5番1頭軸で、相手は、6、3、10、11、8、1。11RカノープスS◎バーンスター=3連複4番1頭軸で、相手は、12、9、1、2、3、13。

※展開シミュレーション11月28日分 [展開シミュレーション]

2020.11/28 フジマキ 記事URL

★東京12R
 東京芝1400m戦だった前走は、勝ち馬からコンマ8秒差の6着に終わったスイートセント。6ヵ月ぶりの実戦と、これまででもっともレース間隔が開いていたこともあり、過去でもっとも馬体重が重かったように、仕上がりひと息だったことに加え、レースでも大外枠で出遅れてしまい、前に壁を作ることができず、さらに直線で追い出すと右にモタれる面を見せるなど、チグハグなレースぶり。ただ、それでも上がり3ハロンで2番目に速い末脚を使って追い込んでくるなど、能力の高いところは示した。このクラスでは昨秋木更津特別(中山芝1600m)の4着が最高も、順調に使い込めないように体質の弱さがネックとなっていただけに、初めて中2週で出走できるのは大きなプラス材料。エンジェルカナ、デンタルハーンの逃げ争いで、平均ペースで流れそうだけに、発馬さえまともなら中団馬群で脚をためる競馬ができるはず。また、開催末で外差しの利く馬場もプラスだけに、牝馬限定戦なら勝ち負けまで期待できる。相手は、フランジヴェント、セルフィー、ヤマニンプレシオサ、ヴェルスパー、フィルムフェスト、トロイメントの、3連複9番1頭軸、13、1、10、11、2、4のボックス。

その他のレース~東京
9RカトレアS◎プルスウルトラ=3連複7番1頭軸で、相手は、11、1、6、4、10、3。10R銀嶺S◎ハルクンノテソーロ=3連複14番1頭軸で、相手は、7、11、4、1、2、8。11RキャピタルS◎ミラアイトーン=3連複1番1頭軸で、相手は、5、9、8、11、2、10。

その他のレース~阪神
9R江坂特別◎ノーチカルチャート=3連複5番1頭軸で、相手は、3、1、4、2、9、8。10R竹田城S◎シャンパンクーペ=3連複11番1頭軸で、相手は、12、14、5、15、9、7。11RラジオNIKKEI杯京都2歳S◎ビップランバン=3連複1番1頭軸で、相手は、9、6、5、8、4、2。12R◎トンボイ=3連複5番1頭軸で、相手は、6、8、9、4、11、1。

★また、万券当てましたけど何か? 11月27日分★ [また、万券当てましたけど何か?]

2020.11/27 フジマキ 記事URL

★ベゴニア賞
 さてさて、早いもので、あと1ヵ月ちょっとでお正月がやってきます。お正月の食べ物といって、おせちとともに思い浮かぶのがお餅。ただ、味付けは千差万別いろいろあって、なかにはそれをきっかけに喧嘩になるケース...、は、ほとんどないですけど、育った地域によって、違いがあるようですね。ということで、某ポータルサイツが、全国の人に"好きなお餅の食べ方"を調査したそうな。それによりますと、もっとも多かったのが"醤油をつけて食べる"で、次いで"きなこ"が続きました。トップの"醤油"はほぼ全国まんべんなく支持されていましたが、なかには、北陸、関西のように砂糖醤油だったり、関東のように海苔を巻く"磯辺"だったりと、アレンジが加わっているあたりは面白いですね。2位の"きなこ"は、中国地方で根強い人気を誇っているようですね。ま、お餅はどんな味付けでも合いますが、調子に乗って、食べ過ぎや喉の詰まらせないよう、注意しましょうね。

 さて、今週の予想は日曜東京ベゴニア賞で本命はフェアリーリング。デビュー勝ちを収めた前走(東京芝1600m)は、前半3ハロン36秒7とスローペースのなか、スタートで出遅れた上に、直線半ばで前が詰まり、ブレーキがかかるロスがありながらも、立て直して前が開くと、上り3ハロンで他馬よりコンマ6秒以上も速い末脚で差し切ったもの。牝馬限定戦で時計も平凡でしたが、高い素質を感じられる内容でした。今回は昇級で牡馬混合となりますが、前走と同じ、少頭数の東京マイル戦で、スローペース必至の展開も、折り合い自体には問題ないだけに、鋭い決め手勝負になりそうなのはプラス材料。叩き2戦目で上積みも見込めるだけに、ここは勝ち負けまで期待できます。相手は、ステラリア、キングストンボーイ、アルコディオーサ、トーセンマッシモ、ヴィクトゥーラの、3連複1頭軸ボックス。

 ところで、お餅の食べ方で、宮城県だけは"ずんだ"がトップだったそうで。ヤンチャな若い頃に仙台で過ごした小塚アナも、周りの人が、みんな、ずんだ餅を食べているのを見てビックリしたそうな。そこで、股間の太い櫛にずんだ餅を刺して、地元美女に食べさせようと企てたそうで。しかし、地元美女が食べようとすると、何故か櫛からしょっぱい汁が出てきてバレたそうで。ま、ちょっと海産物のカヲリ漂う、甘じょっぱい珍味になったようで、マニアな美女だったら受けたかも知れませんな。(ラジオNIKKEI藤巻)


先週の予想を振り返る [フジマキの説法]

2020.11/25 フジマキ 記事URL

珍しく、番組のお知らせを。

 今週末ですが、競馬中継がどちらも朝9時から始まるということで、当番組は土曜日17時10分からの放送のみで、翌日朝の再放送はありません。ま、誰も困ることはないでしょうけどね。万が一、それは困るという、米田寅さんのような変わり者な方は、ラジコのタイムフリーをお聴きくださいませ。よろしくお願いいたします。

【続きを読む】

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

藤巻 崇
ふじまき たかし

浦和レッズとホッピーと下ネタをこよなく愛する永遠の29歳。競馬もちょっとだけ?好き。ニコニコ動画内「ラジオNIKKEIちゃんねるブロマガ」で 展開シミュレーション予想を披露、数々の穴馬券を炸裂させる。基本は三連複1頭軸買い。多くの引き出しから繰り出されるトークの数々は本職のアナウンサーをも凌駕する。「東武動物公園」「伊勢崎オート」「浦和競馬場」など、住んでるところがバレるトークが得意。酔うとダイコウガルダンの東京大賞典の話をするのも得意。

米田 元気
よねだ もとおき

パーソナリティ一覧はコチラ