番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週土曜日 17:10~17:40、毎週日曜日 9:00~9:30(再)
ラジオNIKKEI第2 毎週日曜日 9:00~9:30(再)

ラジオNIKKEI随一の「ぬる~い」番組、
「競馬LIVEへGO!」
馬券が当たった?外れた?そんなことは関係なし。競馬番組ではありません。
フジマキ&山本が「ぬる~い」トークをするだけの番組でございます。
あ、一応、日曜のメインレースの予想もやってます。

新着記事

先週の予想を振り返る [フジマキの説法]

2017.08/21 フジマキ 記事URL

昨日、小倉で開催される重賞のひとつ北九州記念が開催されましたが、その北九州記念に、小倉大賞典、小倉記念の小倉三重賞を同一年(05年)に制覇した小倉の王様で、現役引退後は誘導馬として活躍したメイショウカイドウの誘導馬としての引退セレモニーが行われたそうで。

 誘導馬の引退式自体、ほとんど聞いたことがありませんが、それだけ小倉で愛されていたことがよくわかりますな。

 北九州記念が1200m戦になったことで、今後、同一年での三重賞制覇する馬が出現する可能性もほぼなくなりそうですからね。

 今後は、のんびり余生を過ごして欲しいもんだと思います。

 そんじゃ、先週、私が掲載した"展開シミュレーション"の本命馬を当たりハズレに関わらず、成績とひと言コメントつきで振り返ります。

 で、その"展開シミュレーション"とやらは、なんぞや? それは、ニコニコ動画"ラジオNIKKEIちゃんねる"で、私が僭越ながらやっている予想コンテンツで、月額324円を払えば閲覧することができます。

 ...しかし、実は、9月いっぱいをもちまして、ニコニコ動画"ラジオNIKKEIちゃんねる"自体のサービスが終了となることに。ということは、私の予想もメイショウカイドウのように引退するハメになるのか?

 展開シミュレーションの未来につきましては、後日、お知らせいたしますので、私と一緒に、震えて待っていてください((( ;゜ Д ゜)))

※土曜日・新潟

出雲崎特別◎クレッシェンドラヴ(5番人気・3着・複200円)=好位から息長く脚を使いましたね。鋭い決め手に欠けるだけに、持久力勝負になれば勝ち負けまで。

苗場特別◎アシャカダイキ(4番人気・4着)=序盤は追走に苦労していましたが、直線ではジワジワと脚を伸ばしました。初の古馬戦でしたし、クラス、距離慣れさえすれば。

日本海S◎グランアルマダ(3番人気・1着・単590円、複170円、3連複2690円)=1コーナーまでにハナを取りきったのが勝因。オープンでも、すんなり先手を奪うことができればとは思いますが、なかなかねぇ。

12R◎ツインプラネット(6番人気・2着・複300円、3連複1880円)=最内枠を利して先手を取れました。1200m戦でこの形なら確実に走れるだけに、今後も、同型馬と枠順次第かと。

※土曜日・小倉

小郡特別◎カノヤパリティ(8番人気・7着)=展開を考えれば、もっと伸びてきてもよいのですが、直線入口で外へ出すのにモタついたぶんでしょうか。

英彦山特別◎マスターコード(7番人気・7着)=インをロスなく通っていたのですが、まだ、良化途上なようで。

TVQ杯◎タガノヴェローナ(4番人気・1着・単790円、複260円)=逃げる同じ馬主さんの人気馬を使って、番手で上手く立ち回りました。ただ、上のクラスで、今回と同じような条件ならともかく、定量戦や坂のあるコースだと微妙かも。

12R◎エンゲージスマイル(12番人気・11着)=決して厳しい流れではなかったと思うのですが、行きっぷりが悪かった。大外枠もありましたが、馬体重がこれまでで最低だったように、調子も落としていたのかも。

※土曜日・札幌

9R◎ショーカノン(6番人気・7着)=最後はいい脚で追い込んできただけに、スタートで後手を踏んだのが痛かったです。

富良野特別◎ゼニステレスコープ(5番人気・10着)=洋芝は合わないのでしょうかね。

札幌日刊スポーツ杯◎マイネルヴンシュ(7番人気・5着)=いい感じでまくってきたのですが、最後は距離が長かったか...。ただ、クラスのメドは立ちましたし、距離短縮で見直したいです。

石狩特別◎コスモスピード(5番人気・5着)=距離短縮で追走に苦労しましたね。現状は1800m戦がベストですね。

※日曜日・新潟

村上特別◎ラベンダーメモリー(6番人気・7着)=久々もありましたが、それ以上に序盤に競りかけられる形となったのが響きましたね。

阿賀野川特別◎コスモジャーベ(7番人気・8着)=途中から早めに仕掛けたかったところですが、馬群が前後で大きく二分割された特殊な展開で、動くに動けませんでした。

NST賞◎ストロングトリトン(6番人気・11着)=前走だけ走れば馬券に絡んでいたのですが、やはりいきなりオープンは厳しかったですね。

12R◎スノードーナツ(11番人気・3着・複590円)=気難しいところがあるだけに、ペースが速くて一定になりやすい直線競馬はピッタリですね。

※日曜日・小倉

戸畑特別◎サウンドテーブル(7番人気・11着)=昇級もありましたが、スタートから流れに乗れませんでした。

西部スポニチ賞◎アクセラレート(6番人気・9着)=勝負どころで手応えが一杯に。芝替わりというより、クラスの壁なのかと。

北九州記念◎ダイシンサンダー(9番人気・8着)=中団から脚をためることはできましたし、直線もそれなりに伸びてはいますが...。重賞だともうワンパンチ不足していますね。

12R◎クリノピョートル(3番人気・5着)=このクラスだと、広いコースで楽に追走できる方がいいのかも。

※日曜日・札幌

おおぞら特別◎タマモコーラス(4番人気・2着・複160円、3連複840円)=昇級戦でもスピードは通用しました。1200m戦でも平坦のダートスタートなコースならこなせそうです。

札幌記念◎ツクバアズマオー(11番人気・11着)=ペースの上がった勝負どころで、追っつけどおしに。復調に手間取っているようです。

小樽特別◎ウエスタンボルト(12番人気・14着)=芝は厳しかったです...。

☆次走もっとも狙いたい馬=マイネルヴンシュ

先週の予想を振り返る [フジマキの説法]

2017.08/14 フジマキ 記事URL

さて、昨日の関屋記念で勝利したマルターズアポジーに騎乗していた武士沢友治騎手。この勝利が今年の4勝目だったそうで。もっと勝っている印象があったのですが意外ですな。

 で、その4勝を見てみると、小倉大賞典、関屋記念のマルターズアポジー、信夫山特別のデルマサリーチャン、そして1000万のアトランタと、すべて1000万クラス以上の高額条件でのもので、500万以下では何と未勝利。大きい獲物しか狙わないという気概(?)がひしひしと感じる成績となっているようで。

 また、関屋記念が7番人気だったように、2、3着を含めて、1000万以上で馬券になった9回のうち、8回が4番人気以下。まあ、元々、人気にならないタイプではありますが、今後も、高額条件で人気薄馬に騎乗していたなら、迷わず馬券に押えておきたいですな。


【続きを読む】

先週の予想を振り返る [フジマキの説法]

2017.08/07 フジマキ 記事URL

 さて、昨日のレパードSで、ある意味、上位馬以上に注目を集めたのが、発馬直後に競走中止となったテイエムアンムート。ゲートで驚き、煽ったり躓いたりして、騎手が落馬して競走中止なんていう事態はよく見かけますが、この馬の場合、何と、ゲートが開くと、アンムート(ドイツ語で優雅)という馬名どおり、落ち着いた雰囲気でゆったりと出ると、そのまま歩いて外ラチから帰ってしまったとのこと。

 パトロールビデオを見てみましたが、みんながスタートしたのを"いってらっしゃーい"と見送り、安心してそのまま帰っていった姿は、まさにお目付け役といった感じでしたな。

 きっと、テイエムアンムートは、周りの馬からも面倒見のいい人...ならぬ馬と、いわれているのでしょうね。もっとも、暑いから走るのが嫌だったからかも知れませんが...。

 とにかく、馬券でヤラれた私からしたら、ちょっと心が和んだシーンでしたが、この馬から馬券を買っていた人からしたら、おかんむり二郎で熱くなってしまったことでしょうな...。


【続きを読む】

先週の予想を振り返る [フジマキの説法]

2017.07/31 フジマキ 記事URL

さてさて、先週末ですが、来年度から4歳馬の収得賞金を夏競馬から半分にするという、いわゆる降級制度を止めることが、JRAから発表されました。

 まあ、詳しくない人にとっては分かりにくい制度ではありましたし、この時季の1600万やオープン特別がスカスカな頭数になっていることを考えると、止むを得ないことかもしれませんが、降級を目当てにしていた厩舎、馬主関係の人にとっては、不満ヾ(`ε´)ノぶーぶーでありましょう。

 私も、この時季の予想ファクターのなかに降級馬がインプットされているので、来年の今頃は、"降級馬が全然いない"なんて慌ててしまうかも知れませんね。齢を取って物忘れも激しいですし(´ω`)


【続きを読む】

先週の予想を振り返る [フジマキの説法]

2017.07/24 フジマキ 記事URL

さて、今年になっていろいろなコトが起こっている当番組周辺でありますが、先週は、(たぶん)初めて私が番組をお休みする失態を演じてしまいました。

 前日の夜から、急にお熱が上がってしまい、翌朝は動くのもしんどい状況に。何とか病院で診察してもらったところ、扁桃腺炎との診断が。

 今は幸いにも熱も下がり、仕事ができるようになりましたが、みなさまには、大変なご迷惑ならびにちょっとのご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

 今は素敵なワイフもいることですし、健康第一で過ごさないといけませんね(o´_`o)

 で、こっそり、先週の番組を聴いてみたのですが、山本直アナがいつも以上にいきいきと喋っていたような気が...。




【続きを読む】

先週の予想を振り返る [フジマキの説法]

2017.07/18 フジマキ 記事URL

さてさて、みなさまはこれまで馬券を買う上で"この馬を買うと必ず来ないんだよ"とか、"この馬は買わないと馬券に絡んで困る"など、相性の悪い馬がいた経験があるはず。

 どうやらこれは、騎手にも当てはまるようですな。それは、サンシャワーという馬と坂井瑠星騎手。先週日曜日の函館2レースに出走を予定するも、パドックで落馬してしまったそうなのですが、実は、昨年8月27日の札幌、今年4月30日の新潟でもこのコンビで放馬していたんだとか。

 もっとも、過去2回はその後、無事に騎乗したのですが、今回はさすがに怪我を負って、乗り替わりとなってしまったそうな。

 このサンシャワー号は、これまで8戦しており、うち、坂井瑠星騎手が騎乗を予定していたのが6回。つまり半分で落とされているんだそうな。サンシャワーは、坂井瑠星騎手のことが嫌いなのか? それとも遊んで欲しくてワザと振り落としたのか? 3歳牝馬の乙女心はわかりませんな( ´ω`)


【続きを読む】

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

藤巻 崇
ふじまき たかし

浦和レッズとホッピーと下ネタをこよなく愛する永遠の29歳。競馬もちょっとだけ?好き。ニコニコ動画内「ラジオNIKKEIちゃんねるブロマガ」で 展開シミュレーション予想を披露、数々の穴馬券を炸裂させる。基本は三連複1頭軸買い。多くの引き出しから繰り出されるトークの数々は本職のアナウンサーをも凌駕する。「東武動物公園」「伊勢崎オート」「浦和競馬場」など、住んでるところがバレるトークが得意。酔うとダイコウガルダンの東京大賞典の話をするのも得意。

山本 直
やまもと なお

パーソナリティ一覧はコチラ