番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週土曜日 17:10~17:40、毎週日曜日 9:00~9:30(再)
ラジオNIKKEI第2 毎週日曜日 9:00~9:30(再)
提供:高知県競馬組合

ラジオNIKKEI随一の「ぬる~い」番組、「競馬LIVEへGO!」!
フジマキ&米田が「ぬる~い」トークをするだけの番組でございます。
競馬ライターの井上オークスさんとお送りする「夜さ恋ナイター 高知けいばへGO!」もお聞き逃しなく!

新着記事

先週の予想を振り返る [フジマキの説法]

2020.07/06 フジマキ 記事URL

我が社杯であります、ラジオNIKKEI賞を筆頭に、CBC賞、エクリプスS。さらには日本での馬券発売こそありませんでした英国ダービーと、先週末行われた多くのビッグレースは、すべて逃げた馬が勝利しました。
 日本も世界も今の競馬は先行有利なのはわかりますが、ここまで逃げ残りばかりというのは予想できませんでしたね。特にエクリプスS以外は、みんな人気薄でしたし、ホント、競馬って難しい...。
 私も借〇取りから逃げ切らなければ...。まあ、そんな時に限って差し捕らえられちゃうんですけどねぇ。とほほ...。


そんじゃ、先週、私が掲載した"展開シミュレーション"の本命馬を当たりハズレに関わらず、成績とひと言コメントつきで振り返ります。

 で、その"展開シミュレーション"とやらは、なんぞや? それは、当ブログで、私が僭越ながらやっている予想コンテンツ。お値段の方は無料でありますので、好き勝手に見て参考にしてみてください。もっとも、馬券購入は自己責任ですから、ハズれても怒らないで下さいね( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )

 そして、高知けいばのその週末に開催されるメインレースの展望を中心に、高知けいばのありとあらゆる魅力を"美人旅打ち"競馬ライターでもお馴染みの井上オークスさんとともにたっぷりかつ濃厚に格調高く語りつくす、

"夜さ恋ナイター 高知けいばへGO!"

 も絶賛放送中。メイン予想も下ネタも絶好調なオークスさんのお話は必聴でありますぞ。

※土曜日・福島
開成山特別◎ジューンバラード(8番人気・8着)=いつもより前からの競馬となりましたが、やや行きたがる面を見せていたぶん、脚はたまっていませんでしたね。

松島特別◎グレイテスト(3番人気・2着・複150円、3連複1060円)=久々もあってか、最後は脚色一杯となりましたが、先週末のトレンド(?)であります、内枠からの逃げで好走しました。反動がなければ次走も有力かと。

安達太良S◎ハヤブサレジェンド(4番人気・1着・単720円、複200円、3連複1700円)=先週末のトレンド(?)であります、内枠からの逃げで粘り込みました。小回りで先手を取れればしぶといですが、さすがにオープンだとメンバー次第ですかね。

12R◎リッチクレマチス(7番人気・1着・単1830円、複340円)=軽量も生かして好位追走からアタマ差交わしました。昇級でも減量騎手が使える平場なら、ワンチャンあるかも。

※土曜日・阪神
生田特別◎スティーン(5番人気・7着)=久々もありましたが、それ以上に道悪はダメですね。

芦屋川特別◎レッドシャーロット(4番人気・4着)=インからロスなく追走していましたが、思いのほか、道悪はよくなかったようで。

大阪スポーツ杯◎サトノギャロス(2番人気・2着・複170円)=大外枠で揉まれずにレースができたのがよかった。展開などに注文はつきますが、1400m戦までなら今後も好勝負できますね。

12R◎メイショウカズサ(3番人気・1着・単410円、複150円、3連複1350円)=先週末のトレンド(?)であります、内枠からの逃げで粘り込みました。揉まれなければ好位からでも競馬ができるタイプですし、相手、展開ひとつで昇級でも侮れないかと。

※土曜日・函館
TVh杯◎スワーヴアーサー(13番人気・13着)=休養明けで本調子ではありませんでしたね。それにもっと時計がかかった方がよいかと。

北海H◎シスターフラッグ(4番人気・2着・複250円、3連複5530円)=久々を叩いての連闘で着実に良化。北海道なら定量戦でも勝ち負けに。

※日曜日・福島
さくらんぼ特別◎ルマーカーブル(8番人気・競走中止)=二の足を使って先行したと思ったら、そこで転倒...。う~ん、残念です。

ラジオNIKKEI賞◎コスモインペリウム(9番人気・12着)=途中でついていてなくなってしまいましたな。連戦の疲れが出てしまったのでしょうか...。

12R◎サトノユニゾン(9番人気・10着)=馬具を工夫したそうですが、それでもコーナリングが...。左回りでこそですね。

※日曜日・阪神
兵庫特別◎メイショウカミシマ(4番人気・9着)=控える競馬となりましたが、流れが遅かったこともあって、気の悪い面を出していましたね。この形ならもっと流れが速い方がよいかと。

西脇特別◎サンティーニ(7番人気・6着)=やはり先行してこそなのかも。

CBC賞◎グランドロワ(7番人気・8着)=さすがに重賞ともなりますと、すんなり行かせてはくれませんね。

12R◎ビッグデータ(6番人気・4着)=3コーナー過ぎで外から動いたぶん、最後、甘くなってしまいました。ただ、脚抜きのいいダートは合いますね。

※日曜日・函館
噴火湾特別◎ゴールデンチョイス(9番人気・7着)=せめて内枠だったら...。

巴賞◎ドゥオーモ(6番人気・9着)=まったく伸びませんでした。どうしたのでしょう...。

HTB杯◎イルヴェントデーア(9番人気・6着)=大外枠で揉まれずに競馬ができたのはよかったのですが、そのぶん、コースロスがあったぶん伸び切ることができませんでした。なかなか上手くいきませんね。

※次走もっとも狙いたい馬=メイショウカズサ

※展開シミュレーション7月5日分 [展開シミュレーション]

2020.07/05 フジマキ 記事URL

★函館12RHTB杯
 前走STV杯(函館芝1200m)は、勝ち馬からコンマ4秒差の4着だったイルヴェントデーア。前半3ハロン33秒5と澱みのない流れのなか、好位馬群のインを追走するも、直線で前が壁になりブレーキがかかってしまう不利。それでも、再び行き脚がついてからは脚を伸ばしており、クラス4戦目でメドを立てたレースといえた。今回は牝馬限定戦になるのはもちろん、シャイニールミナス、デンタルハーンなど、テンに行きたい馬が揃い、前走以上にハイペースとなりそうで、折り合いに難しい面があるだけに、むしろレースがしやすいはず。また、初勝利(中山芝1200m)を挙げた時が重馬場だったように、開催が進んで荒れてきた馬場や、小柄な馬だけに滞在競馬で馬体を維持できているのもプラスといえ、スムーズなレースができれば、互角以上の勝負が期待できる。相手は、ウォーターエデン、ベッラヴォルタ、アヌラーダプラ、シャイニールミナス、デンタルハーン、グランドピルエットの、3連複11番1頭軸、10、2、7、5、4、3のボックス。

その他のレース~福島
10Rさくらんぼ特別◎ルマーカーブル=3連複7番1頭軸で、相手は、5、6、9、14、4、11。11RラジオNIKKEI賞◎コスモインペリウム=3連複10番1頭軸で、相手は、4、5、9、12、2、1。12R◎サトノユニゾン=3連複15番1頭軸で、相手は、16、10、12、13、7、8。

その他のレース~阪神
10R西脇特別◎サンティーニ=3連複3番1頭軸で、相手は、11、2、8、1、7、5。11RCBC賞◎グランドロワ=3連複4番1頭軸で、相手は、7、9、2、8、11、16。12R◎ビッグデータ=3連複10番1頭軸で、相手は、14、9、5、13、15、1。

その他のレース~函館
10R噴火湾特別◎ゴールデンチェイス=3連複12番1頭軸で、相手は、6、5、11、8、3、9。11R巴賞◎ドゥオーモ=3連複1番1頭軸で、相手は、4、8、2、6、10、3。

※展開シミュレーション7月4日分 [展開シミュレーション]

2020.07/04 フジマキ 記事URL

★阪神11R大阪スポーツ杯
 前2走はともに阪神ダート1200m戦に出走して、勝ち馬からコンマ3、5秒差の3、5着となったサトノギャロス。前々走陽春Sは、不良馬場とはいえ、前半3ハロン34秒5とハイペースだったこともあり、道中は後方からの追走となり、直線も外に出す時にロスがありながらも、上り3ハロン最速タイムの末脚を使ったもの。前走安芸Sは、稍重馬場で前半3ハロン34秒0とさらに速い流れとなるなか、距離慣れもあり中団で追走することができたが、直線では前々走ほどの鋭い脚は使えなかった。今回は1400m戦に距離が延びるが、昨春清里特別(東京ダート1400m)で、大外枠もあり、終始、外々を回りながらも、上り3ハロン最速タイムの末脚で差し切り勝ち。その後、2~5着と9着馬が2勝クラスを勝ち上がったように、レベルの高い一戦だった。ここはゴールドラグーン、ジャスパーウィンなど、テンに速い馬がいるだけに、ハイペースとなりそうだが、1200m戦を使ったぶん、楽に中団で脚をためて追走できるはず。馬場も不問だけに56kgのハンデでも、勝ち負けは必至。相手は、フィールドセンス、メイショウテンスイ、ヨドノビクトリー、マッスルビーチ、タガノプレトリア、スマートアルタイルの、3連複16番1頭軸、15、13、5、3、2、7のボックス。

その他のレース~福島
9R開成山特別◎ジューンバラード=3連複2番1頭軸で、相手は、1、11、4、8、7、9。10R松島特別◎グレイテスト=3連複1番1頭軸で、相手は、10、3、12、8、7、13。11R安達太良S◎ハヤブサレジェンド=3連複5番1頭軸で、相手は、1、7、15、6、8、13。12R◎リッチクレマチス=3連複6番1頭軸で、相手は、12、16、10、3、7、5。

その他のレース~阪神
9R生田特別◎スティーン=3連複8番1頭軸で、相手は、6、9、3、7、10。10R芦屋川特別◎レッドシャーロット=3連複1番1頭軸で、相手は、4、8、5、2、3、5。12R◎メイショウカズサ=3連複2番1頭軸で、相手は、10、12、8、5、3、6。

その他のレース~函館
11RTVh杯◎スワーヴアーサー=3連複13番1頭軸で、相手は、10、15、11、2、1、7。12R北海H◎シスターフラッグ=3連複5番1頭軸で、相手は、10、3、1、8、4、11。

★また、万券当てましたけど何か? 7月3日分★ [また、万券当てましたけど何か?]

2020.07/03 フジマキ 記事URL

☆兵庫特別
 世の中、なかなか数値で表すことのできないものってありますよね。そのひとつが個人それぞれの幸福度。自分では不幸だと思っていても、他人には"幸せそうですね"なんていわれたりするなど、比べる基準がまちまちだけに難しいところ。そんななか、日立製作所が、このほど、職場で従業員が感じる幸せ度合いを測定するサービスを開始すると発表したそうな。これは、これまでの調査、研究で分析された幸福感を感じる時に特徴的に表れる身体運動のパターンを、スマホやウエアラブル端末に内蔵する加速度センサーで検知。幸福感の度合いを"ハピネス関係度"としてデータ化するんだとか。ちなみに、某コールセンターの会社で実証実験をしたところ、ハピネス関係度が平均以上の集団は、平均以下の集団よりも案件受注率が34%高いことが判明したそうな。うむ、些細な動きで幸福度が分かるなんて、すごい時代になりましたな。

 さて、今週の予想は日曜阪神兵庫特別で本命はメイショウカミシマ。阪神芝2400m戦と同じ条件だった前走淡路特別は、前半3ハロン34秒8と澱みのない流れのなか、道中、先行3番手で後続を離してのレースとなり、最後は差し馬が上位を占めるなか、勝ち馬から1秒差の4着ながら、しぶとい粘りを披露。一昨年秋に阪神芝2400m戦で1勝クラスを勝ち上がった後は、勝負どころでズブさを出してしまうぶん勝ち味に遅いも、2着1回3着2回ですべて掲示板に載るなど、能力はこのクラスでも互角以上。それだけに今回初めて着用するブリンカーの効果が見込め、同型馬がロールオブサンダー、ピッツィカートだけなら、すんなりマイペースで先行できるはず。前走からひと息入るも、仕上がり早なタイプで、時計のかかる馬場もプラスだけに、ベウトの条件といえるここは勝ち負けまで期待できます。相手は、ヒートオンビート、プランドラー、メロディーレーン、テーオーフォルテ、ヴァイザー、ピッツィカートの、3連複1頭軸ボックス。

 ところで、一年中、お気楽そうな山本直也アナの姿を"うらやましいぁ"と、いつも羨望のまなざしで見つめている小塚アナ。私からしたら、小塚アナも充分、幸せそうですけどねぇ。そんな小塚アナが幸福な時に見せる動きは、手に棒状のナニかを握って、上下に動かす時。動きが速くなればなるほど幸福度が増すそうな...(ラジオNIKKEI藤巻)



先週の予想を振り返る [フジマキの説法]

2020.06/29 フジマキ 記事URL

私も欲しい"高知優駿オリジナルステンレスボトル"のプレゼントは6月末までです。ご応募、お忘れの方はお早めにここをクリック!

 さて、個性派が減ったといわれています最近の競走馬。そんななか、ひと際目立っている個性を発揮(?)しているのがニシノジャガーズ。

 某競馬新聞によりますと、これまで走った21戦中、通過位置順の最初に〇囲みがついている、いわゆる"出遅れマーク"がついていなかったのが僅か3回。未勝利戦を勝った一昨年10月を最後に13戦連続で出遅れております。それもただの出遅れではなく、すべての馬がスタートしたのを見届けてから"さて、出ますかね"という感じでゆっくりゲートを出るという大物感たっぷりな出遅れっぷり。

 当然、陣営もありとあらゆる対策を講じており、ゲート試験までは上手くいくのですが、本番になるとやっぱり出遅れるようで。

 で、2月に出走停止となってしまったのを機に、とうとう去勢するまで至ったのですが、復帰戦となった清里特別では、出遅れどころか、最後までゲートを出ることなく競走中止に...。

 2勝クラスでも勝ち負けできる能力はあるだけに、関係者はもどかしいことでありましょうな。

 もっとも、ニシノジャガーズの気持ちはわからなくもありませんな。私も休日明けはゲート(お家)で膠着状態になりたくなりますしね。あ、ずっとお家で膠着状態だと、そのうち去勢されちゃうかも...。


【続きを読む】

※展開シミュレーション6月28日分 [展開シミュレーション]

2020.06/28 フジマキ 記事URL

★東京11RパラダイスS
 前走安土城S(京都芝1400m)は、勝ち馬からコンマ7秒差の10着に敗れたアマルフィコースト。前半3ハロン35秒0と平均ペースのなか、好位の外でスムーズに追走しているように見えたが、内の馬に弾かれる場面があったとはいえ、直線の伸びはひと息。直前の調教がいつもより軽かった影響もあり、馬体重がこれまででもっとも増えていたように、太め残りも敗因といえた。今回は前走より間隔を詰めて使う上に、輸送もあり確実に絞れて出走できるはず。また、グランドロア、アンリミットなどの逃げ争いで、澱みのない流れとなりそうも折り合って追走できる絶好の展開。開催末で雨が残る馬場となりそうなのもプラスといえ、牡馬との対戦も、オープン特別で53kgのハンデなら互角以上の勝負ができる。相手は、アンリミット、スマートオーディン、ストーミーシー、ボンセルヴィーソ、アルーシャ、グランドロアの、3連複3番1頭軸、14、16、6、4、1、12のボックス。

その他のレース~東京
10R江の島S◎ドラグーンシチー=3連複11番1頭軸で、相手は、13、6、2、14、8、7。12R◎ファイヴレター=3連複10番1頭軸で、相手は、9、13、14、3、12、7。

その他のレース~阪神
9R舞子特別◎プリュス=3連複6番1頭軸で、相手は、9、12、4、7、10、11。10R花のみちS◎ショートストーリー=3連複8番1頭軸で、相手は、11、14、16、1、10、5。11R宝塚記念◎ダンビュライト=3連複13番1頭軸で、相手は、5、16、14、7、11、18。12Rリボン賞◎クレッセントムーン=3連複16番1頭軸で、相手は、5、12、3、10、9、11。

その他のレース~函館
11R大沼S◎カラクプア=3連複11番1頭軸で、相手は、13、14、8、4、10、12。12R松前特別◎シスターフラッグ=3連複3番1頭軸で、相手は、9、10、11、5、8、1。

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

藤巻 崇
ふじまき たかし

浦和レッズとホッピーと下ネタをこよなく愛する永遠の29歳。競馬もちょっとだけ?好き。ニコニコ動画内「ラジオNIKKEIちゃんねるブロマガ」で 展開シミュレーション予想を披露、数々の穴馬券を炸裂させる。基本は三連複1頭軸買い。多くの引き出しから繰り出されるトークの数々は本職のアナウンサーをも凌駕する。「東武動物公園」「伊勢崎オート」「浦和競馬場」など、住んでるところがバレるトークが得意。酔うとダイコウガルダンの東京大賞典の話をするのも得意。

米田 元気
よねだ もとおき

パーソナリティ一覧はコチラ