番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週土曜日 17:10~17:40、毎週日曜日 9:00~9:30(再)
ラジオNIKKEI第2 毎週日曜日 9:00~9:30(再)

ラジオNIKKEI随一の「ぬる~い」番組、
「競馬LIVEへGO!」
馬券が当たった?外れた?そんなことは関係なし。競馬番組ではありません。
フジマキ&山本が「ぬる~い」トークをするだけの番組でございます。
あ、一応、日曜のメインレースの予想もやってます。

新着記事

先週の予想を振り返る [フジマキの説法]

2019.01/21 フジマキ 記事URL

産まれてこの方、無縁だった私が始めて患うぐらい、例年以上の大ブームとなっておりますインフルエンザ。これは競馬界でも例外ではないようで、先週末は戸崎圭太騎手がインフルエンザで、騎乗できなかったそうな。

 ま、今の薬は効き目絶大ですから、すぐに熱も下がって、土日の競馬もTVで観戦していたことでしょう。さらに、乗り替わったシャケトラがアメリカJCCを勝ってしまうのですから、さぞかし悔しかったに違いありません。復帰した今週末はきっと気合いを入れて騎乗するはずでから、狙い目でありますな。


 そんじゃ、先週、私が掲載した"展開シミュレーション"の本命馬を当たりハズレに関わらず、成績とひと言コメントつきで振り返ります。

 で、その"展開シミュレーション"とやらは、なんぞや? それは、当ブログで、私が僭越ながらやっている予想コンテンツ。お値段の方は無料でありますので、好き勝手に見て参考にしてみてください。もっとも、馬券購入は自己責任ですから、ハズれても怒らないで下さいね( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )

 ちなみに、インフルエンザから復帰した私の予想は...。う~ん、気合いが入り過ぎて空回りした...、といいたいところですが、インフルエンザに関係なく当たっていないのですけど...。

※土曜日・中山

初茜賞◎ビッザーロ(6番人気・12着)=押して先行しましたが、まだ、このクラスでは荷が重いですかね。

初富士S◎カフジバンガード(4番人気・7着)=長く脚は使っていただけに、出遅れが痛かった...。発馬まともで好位で競馬ができれば。

12R◎アドマイヤシナイ(6番人気・11着)=外枠で流れに乗り切れなかったこともありましたが、なんとも不完全燃焼なレースぶりでしたね。

※土曜日・京都

祇園特別◎スカルバン(5番人気・9着)=好位で脚をためていたように思えていたのですが、伸びませんでしたね。輸送がダメだったのか、荒れた馬場がダメだったのか...。

すばるS◎ショコラブラン(8番人気・11着)=道中、揉まれる形となったこともあり、乗り難しいところを見せていました。こうなると1400m戦は厳しいですかね。

12R◎メイショウツバキ(9番人気・12着)=直線は伸びずバテずな感じでしたが、勝ち馬とはコンマ5秒差だったんですね。時計のかかる馬場は合いますし、相手、展開次第かと。

※土曜日・中京

なずな賞◎メジャーハリケーン(7番人気・9着)=1200m戦で先行する形がベストでしょうが、まずはクラス慣れが必要かと。

中京スポニチ賞◎スリーマキシマム(5番人気・8着)=すんなり先手を奪えたのですが、ちょっとペースが速かったですかね。

庄内川特別◎アングレーム(6番人気・4着)=休養明けながら、直線坂を上がってからの末脚は見どころ十分。発馬が課題となりそうですが、展開が向けば好勝負できますね。

※日曜日・中山

菜の花賞◎シトラスノキセキ(2番人気・6着)=外枠もあり途中から動いてしまう形となり、最後は脚がなくなりました。じっくり乗れる東京コース向きなのかも。

アレキサンドライトS◎バイタルフォース(8番人気・2着・複280円、3連複2130円)=後方からの競馬となりましたが、上がりのかかる流れが向きました。気性面からも極端な戦法が合うかと。

アメリカJCC◎サクラアンプルール(4番人気・5着)=今回も末脚は使っているのですが、この流れで外を回る展開では厳しかったですね。内枠でまた狙ってみたいです。

12R◎ヴェロニカグレース(4番人気・4着)=最後は決め手の差で敗れてしまいましたが、先手を奪うレースができれば大崩れしませんね。

※日曜日・京都

舞鶴S◎エジステンツァ(3番人気・7着)=もう少し速い流れで、長く脚を使う形がいいのかも。

石清水S◎ハナズレジェンド(12番人気・10着)=連闘でも馬体が増えていたように、寒い時期は今ひとつなのでしょうか。

12R◎ラブリーイレブン(5番人気・4着)=直線でモタつく場面はありましたが、最後まで末脚は伸ばしていました。外枠でスムーズな競馬ができれば。

※日曜日・中京

金山特別◎ピスカデーラ(7番人気・13着)=2番手追走も、久々もあってやや折り合いに難しいところを見せていましたね。叩いてガス抜きができれば。

東海S◎カゼノコ(10番人気・7着)=いつものように追い込んではきましたが、強い先行馬が残る流れではここまでかと。

大須特別◎タマモコーラス(9番人気・7着)=最後は脚色が鈍りましたが、直線、一瞬は見せ場がありました。久々を叩いた次走は要注目です。

☆次走もっとも狙いたい馬=タマモコーラス

※展開シミュレーション1月20日分 [展開シミュレーション]

2019.01/20 フジマキ 記事URL

★京都11R石清水S
 今回と同条件だった3走前渡月橋Sで、勝ち馬からコンマ3秒差の3着だったハナズレジェンド。前半3ハロン35秒4と落ち着いた流れとなるなか、発馬で後手を踏み、4コーナーでは大外を回るロスの多い競馬ながら、直線では息長く末脚を伸ばしたもの。以前は、中距離戦で実績を残していたが、使える脚が短いこともあり、距離短縮が功を奏した印象。ただ、前々走2018ファイナルS(阪神芝1400m)は8着、前走新春S(京都芝1600m)は13着に敗れたが、ファイナルSは前半3ハロン34秒0、新春Sも前半3ハロン34秒2とともにハイペースで、なし崩しに脚を使ってしまったことが敗因。ここはボンセルヴィーソ、タイセイスターリーなどの逃げ争いも、極端に速いペースになることは考え難く、道中、馬群で脚をためる競馬ができるはず。時計のかかる今の京都芝も合っており、意欲の連闘策で巻き返しが期待できる。相手は、レッドアンシェル、レインボーフラッグ、ジョイフル、アマルフィコースト、ボンセルヴィーソ、サプルマインドの、3連複9番1頭軸、6、11、1、3、14、12のボックス。

その他のレース~中山
10RアレキサンドライトS◎バイタルフォース=3連複5番1頭軸で、相手は、7、1、3、2、9、5。11RアメリカJCC◎サクラアンプルール=3連複11番1頭軸で、相手は、4、1、5、9、10、7。12R◎ヴェロニカグレース=3連複10番1頭軸で、相手は、6、2、9、7、3。

その他のレース~京都
10R舞鶴S◎エジステンツァ=3連複3番1頭軸で、相手は、2、5、7、1、8、11。12R◎ラブリーイレブン=3連複2番1頭軸で、相手は、10、8、6、5、13、4。

その他のレース~中京
10R金山特別◎ピスカデーラ=3連複8番1頭軸で、相手は、15、12、2、10、14、11。11R東海S◎カゼノコ=3連複13番1頭軸で、相手は、4、3、7、6、5、10。12R大須特別◎タマモコーラス=3連複9番1頭軸で、相手は、6、11、10、2、13、15。

※展開シミュレーション1月19日分 [展開シミュレーション]

2019.01/19 フジマキ 記事URL

★京都12R
 メイショウツバキは、これまで現級では、3、10、4、13、2、14着とムラ駆けな印象だが、1ケタ着順だった3回を見ると、3着となった昨秋(阪神芝1400m)が稍重馬場で、4着だった4走前(阪神芝1400m)が重馬場。そして、前々走飯坂温泉特別(福島芝1200m)は、開催最終のレースで、良馬場ながら自身の時計が1分9秒1だったように、時計がかかる馬場が得意な印象。それだけに、良馬場でも時計を要している現在の京都芝はピッタリといえ、エヴァイエ、ソフトポジション、プラチナコードなど、テンに速い馬が揃い、澱みのないこの馬向きの流れとなりそう。前走桑名特別(中京芝1200m)は、不得手の左回りに加え、直線で大外を回る厳しい競馬で14着に敗れるも、勝ち馬からはコンマ7秒差と大きくは離されておらず、条件良化となるここは巻き返しが期待できる。相手は、デザートストーム、クインズチャパラ、クルークヴァール、エヴァイエ、モンテヴェルデ、ゲンパチケンシンの、3連複4番1頭軸、7、16、13、12、2、9のボックス。

その他のレース~中山
10R初茜賞◎ビッザーロ=3連複4番1頭軸で、相手は、1、5、11、10、2、13。11R初富士S◎カフジバンガード=3連複10番1頭軸で、相手は、8、5、1、11、4、3。12R◎アドマイヤシナイ=3連複13番1頭軸で、相手は、7、4、15、11、8、3。

その他のレース~京都
9R祇園特別◎スカルバン=3連複2番1頭軸で、相手は、11、5、8、6、1、4。11RすばるS◎ショコラブラン=3連複5番1頭軸で、相手は、8、6、7、2、15、3。

その他のレース~中京
10Rなずな賞◎メジャーハリケーン=3連複2番1頭軸で、相手は、10、7、12、4、13、5。11R中京スポニチ賞◎スリーマキシマム=3連複8番1頭軸で、相手は、2、4、1、7、5、10。12R庄内川特別◎アングレーム=3連複6番1頭軸で、相手は、16、9、17、1、12、15。

★また、万券当てましたけど何か? 1月18日分★ [また、万券当てましたけど何か?]

2019.01/18 フジマキ 記事URL

☆菜の花賞

 私事ではありますが、先週、当コラムを書いたのを最後に、インフルエンザを発症してしまい、みなさまに(恐らく)ご迷惑をおかけしてしまいました。流行りモノには疎い人間が、こんなことに限って流行りに乗ってしまうなんて...。みなさまも健康には十分注意してくださいませ。で、インフルエンザとともに、寒くて乾燥するこの季節、多くの人が悩んでいるのが"かかとのひび割れ"。これって、小さいものでも、結構、痛いんですよね。お風呂やシャワーに入ると染みて、これまた痛いのなんの...。そのひび割れの原因なのですが、某インターネッツによりますと、鍼灸師ののぶ先生曰く"踵から足裏まで伸びている「足底腱膜」という膜状に広がる腱が、固くこわばることで、血流が悪くなる"からなんだとか。それを解消するには、ふくらはぎやアキレス腱を動かすこと。具体的には"階段を歩く""かかとを挙げてつま先立ちの運動をする""アキレス腱を伸ばす"などすると痛みが緩和するのだとか。私も横着しないで会社のビルは階段移動にしますかねぇ...。

 さて、今週の予想は日曜中山菜の花賞で、本命はシトラスノキセキ。前走(東京芝1400m)新馬勝ちをした時が、前半3ハロン36秒4と落ち着いた流れのなか、ダッシュつかず後方からの競馬となりましたが、スムーズに折り合いをつけながら、徐々にポジションを上げ、直線坂を上がったところで仕掛けると、上がり3ハロン33秒5と鋭い末脚で差し切ったもの。まだ、成長途上ながら、決め手のあるところを披露。今回も徹底先行馬不在でスローペースとなりそうですが、決め手勝負となりそうなぶん能力を発揮できそう。また、馬群が捌きやすい少頭数もプラスといえ、昇級戦で初の中山も、牝馬限定戦ならいきなりから勝ち負けできるはずです。相手は、コントラチェック、ユニバーサルレディ、ブリッツアウェイ、タンタラスの、3連複1頭軸ボックス。

 ところで、北国育ちなのに寒がりな小塚アナは、前記の運動をひと足先に実践しているようで。ただ、伸ばしているのは鼻の下ばかり。"こうやって、美女の前で鼻の下を伸ばさないと、股間の真ん中の足の血行が悪くなって...。"うむ、世界中の美女からしたら、小塚アナの股間は冬に限らず、ズッと血行不良でいてもらった方が安心ですな。(ラジオNIKKEI藤巻)

★また、万券当てましたけど何か? 1月11日分★ [また、万券当てましたけど何か?]

2019.01/11 フジマキ 記事URL

☆雅S
 年末年始のお休みを使って、田舎への帰省や旅行などで新幹線を利用した人も多いはず。新幹線に乗って車窓を眺めていると、必ずといってほどあるのが、赤で"727"とだけ書いてある看板。ま、余りにも有名になったことで、この会社が化粧品メーカーというのをご存知の人もいるかと思います。とはいえ、やっぱり、何の会社だかワカンネ、という人もかなりいるということで、1月7日に新聞広告を出したそうな。で、その内容があのウィキペディアをそのまま掲載したんだとか。なんでも"企業からあれやこれや伝えようとするより、手っ取り早い"というのが理由なんだそうで。関係者ではない人も書き込めるものだけに、真偽が謎な書き込みも少なくないといわれるなか、堂々と企業側が利用したのにはビックリでありますな。とにかく面白い社風であることは間違いないようで。

 さて、今週の予想は月曜京都雅Sで本命はタガノヴェローナ。同条件だった前々走花園Sは、前半3ハロン36秒3も途中からペースが上がって、追い込み馬上位を占めるなか、好位からしぶとく脚を使って、勝ち馬からコンマ5秒差の3着と、昇級初戦で結果を残すと、前走摩耶S(阪神ダート1800m)は、マイペースで逃げた馬が、2着馬以降にコンマ7秒差をつける展開のなか、スタートで後手を踏んで後方からの競馬となるも、息長く末脚を伸ばし、2着馬とは同タイムの4着と、実績のない阪神を考えると上々のレースぶり。今回は得意の京都に替わり、ディープオーパスの単騎逃げも、早めに仕掛けるタイプが多く、緩急の激しいこの馬向きの流れとなりそう。引き続き52kgのハンデなら、好勝負が期待できます。相手は、プロスパラスデイズ、サトノウライム、サノサマー、モズアトラクション、エンクエントロス、キーグラウンドの、3連複1頭軸ボックス。

 ところで、年末年始は新幹線を使って、奥さまの実家で過ごすも、悶々としていたらしい小塚アナ。そりゃ、奥さまの親類に気をつかわないといけない上に、大好きな自家発電もお預けだったわけですから。なので、帰りの新幹線で"727"の看板が"0721"に見えたぐらいですから...。(ラジオNIKKEI藤巻)

先週の予想を振り返る [フジマキの説法]

2019.01/07 フジマキ 記事URL

今さらではありますが、新年、あけましておめでとうございます。世の中は、平成から新しい年号となる変化の年となりそうですが、当番組や私がこれといった変化もなさそうですので、一年間よろしくお願いいたします。


【続きを読む】

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

藤巻 崇
ふじまき たかし

浦和レッズとホッピーと下ネタをこよなく愛する永遠の29歳。競馬もちょっとだけ?好き。ニコニコ動画内「ラジオNIKKEIちゃんねるブロマガ」で 展開シミュレーション予想を披露、数々の穴馬券を炸裂させる。基本は三連複1頭軸買い。多くの引き出しから繰り出されるトークの数々は本職のアナウンサーをも凌駕する。「東武動物公園」「伊勢崎オート」「浦和競馬場」など、住んでるところがバレるトークが得意。酔うとダイコウガルダンの東京大賞典の話をするのも得意。

山本 直
やまもと なお

パーソナリティ一覧はコチラ