亮的閑話 第44回 AKBの癒し派は実は大物だった [亮的閑話]
2022/01/14(金) 11:00 スタッフ
栗林さみ,佐々木優佳里,岩立沙穂,武藤小麟

オミクロン型のコロナウイルスが猛威を振るい始めたが、ラジオiNEWSは今日も元気に放送を続けている。13日のゲストはAKB48の岩立沙穂さんと佐々木優佳里さんだ。岩立さんは昨年2月以来3回目、佐々木さんは初登場だ。

ファンの皆さんは先刻ご承知だろうが、AKBは昨年12月、4年ぶりとなる新チームのメンバーを発表した。AKBのイベントでセンスの良さを感じるのはキャッチコピーの巧みさだ。新たなチーム編成を「組閣」と銘打っている。このひと言だけで、何か一大事という印象を与える。ファンの人気投票は「総選挙」と称し、あたかも国民全員が参加するかのような雰囲気を作り上げる。実にうまい。

チームBのキャプテンだった岩立さんはチームAに移籍、同じくチームBだった佐々木さんはチーム4に変わる。先週、武藤小麟さんがチームAに移ると伺い、「学校のクラス替えのようなものですか」などと聞いていたのだが、これがとんだ事実誤認だった。AKB事情に詳しい会社の後輩によると、チームAというのは、野球で例えれば最高峰のメジャーリーグのようなもの、公演回数も多いし、いわばAKBグループの顔なのだと教えられた。

武藤さんも岩立さんも謙虚なお人柄だから自慢めいたことは一切、口にされないが、聞けば今回のチームAは既存チームのキャプテンが終結し、大ヒット曲「根も葉もRumor」のセンター岡田奈々さんなど錚々たる顔ぶれになる。

佐々木さんは3回目のチーム4で、チーム最年長メンバーになる。「新キャプテンの良き相談役になれるように頑張りたい」と抱負を語ってくれた。岩立さんもチームAの最年長だ。お二人とも見るからに癒し系で、大和なでしこ感が満載なのだが、実はすごい大物なのだと、この日再認識した。

多くのAKBメンバーがこれまで、この番組に出演してくれたが、例外なく皆さん優秀だ。初登場でニュース読みを楽々クリアーするのはAKBメンバーでは珍しくない。先週の武藤さん、安田叶さんに続き、初登場の佐々木さんもあっさりクリアー、岩立さんも連勝記録を伸ばした。

アイドルとしての経験値の高さが彼女たちの財産になっているのだろう。さすがは日本アイドル界のトップランナー、AKB48である。そんなAKBグループが新春からライブを立て続けに仕掛けている。この日の横浜での「新春!AKB48フレッシュコンサート2022 ~冬もやっぱりAKB」などに続き、2月も新チームのお披露目を兼ねたライブが目白押しだ。筆者も栗林さみさんと拝観させていただく予定だ。2022年はAKBの年になりそうな予感がする。

(日本経済新聞 編集委員 鈴木亮)


コメント