【端午S】(京都)~ホワイトフーガが間を割って突き抜ける [News]
2015/05/03(日) 16:11
京都10Rの端午ステークス(3歳オープン、ダート1400m)は8番人気ホワイトフーガ(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒3(良)。2馬身1/2差2着に7番人気カフジテイク、さらに1馬身1/4差で3着に1番人気ブルドッグボスが入った。

ホワイトフーガは美浦・高木登厩舎の3歳牝馬で、父クロフネ、母マリーンウィナー(母の父フジキセキ)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ホワイトフーガ(蛯名騎手)
「ペースが流れていましたし、いい位置だと思っていました。手応えも良かったですし、最後も弾けてくれました。1600mでも前に馬を置く形なら大丈夫でしょう」

2着 カフジテイク(国分優騎手)
「道中から追った分だけ伸びそうな感じで、ラストもしっかり脚を使ってくれました。ゲートが遅いのはまだ体が少し緩い分もあるからでしょうし、これからもっと良くなるでしょう」

3着 ブルドッグボス(ルメール騎手)
「休み明けの分、最後にもうひと押し利かなかった印象です。使って良くなると思います」