【メイクデビュー】(阪神5R、6R)ダノンシュネラ、セレッソフレイムが新馬勝ち [News]
2020/07/11(土) 14:18
阪神5Rのメイクデビュー阪神(牝馬・芝1600m)は1番人気ダノンシュネラ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分38秒7(重)。1馬身差の2着に3番人気フォティノース、さらにハナ差の3着に4番人気アルムファーツリーが入った。

ダノンシュネラは栗東・池江泰寿厩舎の2歳牝馬で、父ドゥラメンテ、母ラッドルチェンド(母の父Danehill Dancer)。

レース後のコメント
1着 ダノンシュネラ(川田将雅騎手)
「こういう馬場なので進まず、バランスを崩していました。それでも勝ち切ることができました。改めて乾いた馬場で走らせてみたいです」

(池江泰寿調教師)
「ゲート練習ではスタートは速かったのですが、今日は出負けして行き脚がつきませんでした。脚が長く跳びが大きい馬で、進んで行かず3コーナーで外へ流れて行ったときは、着外まで覚悟しました。それでも能力だけで押し切るのですから、大したものです。次は秋からになるでしょう」

2着 フォティノース(福永祐一騎手)
「ちょっともったいない競馬でした。最後の直線で追い出しを待たされて、届きませんでした。悪い馬場も苦にせず走りました。馬込みなど色々と経験はできました」



阪神6Rのメイクデビュー阪神(芝1200m)は4番人気セレッソフレイム(小牧太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒3(重)。1馬身差の2着に2番人気ニシノカムイ、さらに3/4馬身差の3着に3番人気トーカイキングが入った。

セレッソフレイムは栗東・服部利之厩舎の2歳牝馬で、父パイロ、母ボストンサクラ(母の父ダイワメジャー)。

レース後のコメント
1着 セレッソフレイム(小牧太騎手)
「攻め馬も動いていて、手応えを持ってレースに臨みました。この馬場も合ってるのか、全く気にしていませんでした。距離は1200mから1400mぐらいが合っていると思います」

2着 ニシノカムイ(幸英明騎手)
「ゲートも速かったですし、これから楽しみな馬です」

5着 メイショウミツヤス(田中健騎手)
「ゲートの中で待たされて、後ろにもたれて、(スタートの)タイミングが合いませんでした。普段は大人しいので、慣れてくれば(ゲートは)問題ありません。終いはよく(前との差を)詰めています」

6着 ケイセブン(武豊騎手)
「スタートがもう一つで、道中は外に張り気味でした。まだまだ子供っぽいですね」