【チューリップ賞】栗東レポート レシステンシア [News]
2020/03/04(水) 15:44
7日(土)に阪神競馬場で行われるチューリップ賞(GII)に出走予定のレシステンシア(牝3、栗東・松下武士厩舎)について、追い切り後の松下武士調教師のコメントは以下の通り。

「(前走は)本当に強かったと思います。時計も速かったので、(レース後は)しっかり走った感じがありましたけれども、すぐに疲れは取れました。

3週間前に栗東へ帰厩して、そこから思ったように調整できていると思います。僕は牧場でちょこちょこと見ていたのであまり気づきませんでしたが、厩舎の担当者は『背が伸びた』と言っていました。体重は増えているのですが、背が伸びている分、太く見せないのでちょうど良いかと思います。

1週前は最後の1ハロンでしっかり追って、負荷をかけました。元々調教は動くのですが、良い動きでした。

今日の坂路はみんな時計が出ていたのですが、それでもスーッと反応していい動きだったと思います。

前走でいい走りをしてくれたので、(このコースの)相性は良いと思います。前走の時は距離が1ハロン延びるのはどうかと思っていましたが、心配はいらなかったようなので、今回も前走みたいなレースが出来れば心配はないと思います。

(作戦は)メンバーと枠順があるので、こう、というのはないですが、自分のペースで気持ちよく走れたらな、と思います。前走からちょっと間隔は空いていますが、しっかり力を出せる状態にあると思いますので、桜花賞につながる競馬ができたらな、と思っています」

(取材:山本直)