【神戸新聞杯】栗東レポート~ワールドプレミア [News]
2019/09/19(木) 15:04
◎22日(日)阪神競馬場で行われる第67回神戸新聞杯(GII)に出走を予定しているワールドプレミア(牡3、友道)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

○ワールドプレミアについて、友道康夫調教師

・デビューの頃からソエに悩まされていたので(前走の若葉ステークスの時は)気にはしていましたが競馬に行くと頑張ってくれて、あと少しでした。惜しい結果でした。

・(その後は)ソエを気にしていたのでダービー路線は諦めてすぐに北海道に(放牧に)出して休養しました。ソエの方も良くなって身体も一回りぐらい大きくなって大人の体になって戻ってきました。

・一週前二週前と藤岡康太騎手に乗ってもらい馬場(CW)でしっかりやりました。二回続けてしっかり追ったことで本来の動きに戻ってきたなという感じがあります。

・(最終追い切りは)本番の武豊騎手に乗ってもらいました。久しぶりに乗ってもらい感触を確かめてもらいました。いい感じで動いていました。

・元々どっしりとした馬なので(精神面は)あまり変わっていません。ただ走り出すと以前に比べて前向きさが出てきたことと馬場入りで落ち着きが出て、より大人の競走馬になってきた印象があります。

・競馬に行ってムキにならないので今回の神戸新聞杯の2400mとか次に予定している菊花賞とか距離が伸びて持ち味を出してくれると思います。ただこの阪神開催は時計が速いので、その勝負になった時に若干心配です。でも良い競馬ができる舞台だと思っています。

・いつも先行する馬ではありませんが3コーナーでズブい面を見せます。その点は騎手がわかってくれているので、3コーナーあたりから進出して最後まで頑張って欲しいですね。

・春はクラシックに出走できませんでしたがなんとか最後の一冠目指して頑張っていきたいので応援よろしくお願いします。

〔取材:檜川彰人〕