【忘れな草賞】(阪神)~圧倒的人気のラヴズオンリーユーが無傷の3連勝を飾る [News]
2019/04/07(日) 15:54
阪神9Rの忘れな草賞(3歳オープン・リステッド・牝馬・芝2000m)は1番人気ラヴズオンリーユー(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒6(良)。3馬身差の2着に6番人気ルタンブル、さらにアタマ差の3着に5番人気キラープレゼンスが入った。

ラヴズオンリーユーは栗東・矢作芳人厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミー(母の父Storm Cat)。通算成績は3戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ラヴズオンリーユー(M.デムーロ騎手)
「強かったです。乗りやすくはなく、返し馬とかでは、まだ子供です。スタートでぶつかってしまいました。ハミを噛んでいましたが、賢い馬ですぐに折り合いがつきました。3~4コーナーでは良い感じで、直線では馬なりで伸びました。すごく良い脚でした」

(矢作芳人調教師)
「予定通りでした。6~7分の出来で、これだけのパフォーマンスをしてくれました。スタートでぶつけられたこともあって、少しハミを噛んでいました。オークスではGIの雰囲気で、スタンド前での発走で、2400mでは折り合いが課題になってくると思います。今日は装鞍から下見所まで落ち着いていました。そこがさすがだと思いますし、良いところだと思います」

2着 ルタンブル(松山弘平騎手)
「スタートして、そんなに出て行く感じがなく、他に行く馬もいたので、リズム重視の競馬にしました。楽に行ければ行っても良かったのですが、リズム重視の中で脚がたまって、良い脚を使ってくれました。位置取りというよりは、馬のリズムで走ったほうが良さそうです」

4着 ランブリングアレー(浜中俊騎手)
「最初から掛かりっぱなしでした。ブリンカーをつけましたが、逆にそれがききすぎた感じです。左にもたれたり、引っ掛かったりして良いリズムで行けませんでした。良い競馬が出来ませんでした。申し訳ないです」

5着 ラシェーラ(武豊騎手)
「もう少し伸びそうな手応えでしたが、もうワンパンチ欲しいです」