【桜花賞】栗東レポート~クロノジェネシス(北村友一騎手) [News]
2019/04/03(水) 17:42
☆7日(日)阪神競馬場で行われる第79回桜花賞(GI)に出走を予定しているクロノジェネシス(牝3、斉藤崇)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎クロノジェネシスについて、北村友一騎手

・(デビューしてからこれまでの印象は)身体自体は少し小柄でピッチ(走法)で走る馬ですが瞬発力があって最後まで一生懸命走る馬です。

・(クイーンCは)馬の状態としては100%という感じではありませんでした。(その前の)阪神JFの時は少し出遅れてしまいましたが、今後のことを考えてスタートして少し出しながらのレースでした。しかしコントロールも利いてこの馬らしい瞬発力を使ってくれていい内容のレースだったと思います。

・(先週から今週の調教過程は)前走の時が100%では無いと思っていました。非力な面も感じて少し心配ではありました。でも今は体重が変わらなくともしっかりとした印象を感じる内容でした。馬のポテンシャルを改めて感じました。

・(相手関係は)阪神JFで負けたダノンファンタジーをはじめ、先行勢それに差し馬勢にいい馬が多くいます。その中でこの馬の武器である瞬発力と一生懸命走る脚を生かしたいと思います。

・前走はいい内容で勝ってくれました。阪神JFの僅差負けのリベンジを何とか果たしたいですね。そのために馬をしっかりエスコートできるように頑張ります。

〔取材:檜川彰人〕