【メイクデビュー】(東京4R、5R)~ケイアイターコイズ、アクアミラビリスが勝利 [News]
2018/11/17(土) 14:41
東京4Rのメイクデビュー東京(ダート1400m)は6番人気ケイアイターコイズ(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分25秒3(良)。クビ差の2着に2番人気デュープロセス、さらに大差の3着に4番人気ダラステソーロが入った。

ケイアイターコイズは栗東・山内研二厩舎の2歳牡馬で、父キンシャサノキセキ、母ケイアイデイジー(母の父クロフネ)。

~レース後のコメント~
1着 ケイアイターコイズ(内田博幸騎手)
「最初からもたれて走っていました。スタートも良く内枠だったので、下げずに行きました。最後の直線でもどんどん外へ行って内から交わされましたが、余力があったので差し返してくれました。センスがいい馬で、まっすぐ走ればもっと力を出せると思います」

3着 ダラステソーロ(三浦皇成騎手)
「気のいい馬で、馬群の中、タイトな所でも我慢してくれて、最後は伸びてくれました。初戦としてはいい内容で、よく頑張ったと思います」

5着 フィンガーポップ(C.ルメール騎手)
「ダートの1400mというのは、この馬にはいいと思います。ただ、走りは少しワンペースでした」



東京5Rのメイクデビュー東京(牝馬・芝1600m)は1番人気アクアミラビリス(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒2(良)。1馬身1/4差の2着に2番人気スイートセント、さらに2馬身半差の3着に6番人気ガロシェが入った。

アクアミラビリスは栗東・吉村圭司厩舎の2歳牝馬で、父ヴィクトワールピサ、母アクアリング(母の父Anabaa)。

~レース後のコメント~
1着 アクアミラビリス(M.デムーロ騎手)
「強かったです。賢い馬です。何でもできます。姉(クイーンズリング)にそっくりで、調教で騎乗した時にびっくりしました。小柄な馬ですが、乗っているとそういう感じはありません」

(吉村圭司調教師)
「騎手は『ゲートでフワッとしていた』と言っていました。1週前を見ると手応えはありました。この血統で勝てたのは嬉しいです。元々430~440キロぐらいの馬ですが、成長はできると思います」

2着 スイートセント(C.ルメール騎手)
「真面目な馬です。逃げましたが、控えるレースもできると思います。よく頑張りました。勝ち馬が強すぎます」

3着 ガロシェ(福永祐一騎手)
「気難しい所があります。スタートは速いですが、物見がすごいので、先手を取れるような性格ではないと思います。前に馬を置けば上手に走っています」