【メイクデビュー】(東京4R、5R)~シトラスノキセキ、ルヴォルグがデビュー勝ち [News]
2018/10/28(日) 14:17
東京4Rのメイクデビュー東京(芝1400m)は2番人気シトラスノキセキ(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒1(良)。ハナ差の2着に5番人気チビラーサン、さらに1馬身1/4差の3着に7番人気フォートエリーが入った。

シトラスノキセキは美浦・加藤征弘厩舎の2歳牝馬で、父ワークフォース、母シャイニンググラス(母の父サンデーサイレンス)。

~レース後のコメント~
1着 シトラスノキセキ(C・ルメール騎手)
「ゲートを出る時に馬が怖がってスタートは速くありませんでした。しかし、その後はリラックスして走り流れに乗れました。フットワークが速く、いい瞬発力があります。1400mがちょうど良いと思います」

1着 シトラスノキセキ(加藤征弘調教師)
「いい瞬発力があります。距離は1600mまでは大丈夫でしょう。様子を見て次を決めます」

2着 チビラーサン(和田竜二騎手)
「いい馬です。上手に走っていました。抜け出すのが少し早かったかもしれません」

7着 ブライトンテソーロ(大野拓弥騎手)
「スピードがある馬です。左回りで外に張るところがありました」


東京5Rのメイクデビュー東京(芝1800m)は1番人気ルヴォルグ(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒5(良)。4馬身差の2着に3番人気ストームリッパー、さらにアタマ差の3着に2番人気セントレオナードが入った。

ルヴォルグは美浦・藤沢和雄厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母キトゥンカブードル(母の父Kitten's Joy)。

~レース後のコメント~
1着 ルヴォルグ(C・ルメール騎手)
「真面目で乗りやすい馬です。大跳びですが、速い脚も使えますし、フットワークとバランスが素晴らしいです」

3着 セントレオナード(J・モレイラ騎手)
「距離は問題なかったですし、良い馬です。経験を積んでいけば、今後が楽しみです」

4着 イッツマイウェイ(和田竜二騎手)
「おっとりしていますが、しぶとく動けるタイプです。まだ子供っぽい所があるので、そのあたりが変わってくると良いですね」

5着 フォーティラブ(大野拓弥騎手)
「立ち回りが上手な馬ですが、まだ緩いところがあります。使っていくことで良くなるでしょう」