【神戸新聞杯】栗東レポート~エポカドーロ [News]
2018/09/19(水) 15:35
9月23日(日)に阪神競馬場で行われる第66回神戸新聞杯(GII)に登録しているエポカドーロ(牡3、栗東・藤原英昭厩舎)について、追い切り後の藤原英昭調教師のコメントは以下の通り。

(前走の日本ダービー2着を振り返って)
「エポカドーロが連戦の中でよく戦ってくれて、馬に感謝しています。
 相手や枠やいろいろなパターンがあったのですが、戸崎ジョッキーと相談しました。しかし、一番力を発揮するのはあのような形かと思っていたので、それであの作戦で頑張ってくれました」

(前走後の調整について)
「北海道よりこちらの近くに置いて、見に行ったりできていました。今年は暑かったので、そこは牧場も苦労して上手く体調を管理してくれたので、ありがたいと思っています。
 ずっと見ていますので、ここがどう変わったというよりも、雰囲気的にすごくリフレッシュして帰ってきたなというのは分かります。
 精神的に成長はしていると思います。そこは見た目では分かりません。雰囲気的にはそういう感じはします。
 馬自体はずっと良かったので、あとは張りがあるかないかというところで、すごく張りを維持しています。体調は良いと思います」

(最終追い切りを振り返って)
「今日はある程度軽い走りをさせたくて、馬にもあまり負担をかけないというところでした。芝でサッという走りで、いつもの岡田ジョッキーに乗ってもらっていますので、このレースに向けては順調にいったと思います。
 もうある程度しっかりやっていますので、馬に負担をかけずに軽い走りで、ストレスのないような調教が目的でした。
 やはり良かったです。気持ち良く走っていたという印象はありました。先週、戸崎ジョッキーにも乗せて、しっかり負荷をかけて動いています。今週は調整という感じです。
 春は使い詰めでしたから、調教するというよりもレースごとにどう体調を持っていくかが重点でした。また今回とは作りが違います」

(今回のレースに向けて)
やはり気持ち良くパフォーマンスするには、逃げる競馬をした方が良いと思います。それでも相手がいますから、その逃げが時計的にどうなのか、とかいろいろなパターンがあります。一番は自分のペースで逃げるというのが理想です。今度はそうは行かせてくれないので、その辺はまた考えながら、枠順や相手をもう少し調査するというところです。
 小倉でも競馬していますし、いろいろなところで競馬しています。あまり心配はしていません。
 3歳同士というのは、ある程度能力差で距離を埋めてくれるというのは経験上分かっています。これから古馬と戦っていく上ではそうはいかないので、いかに適性のある距離を見つけていくかが課題です。その本質を探りながらやっているのですが、まだ見つかっていないのが現状です。
 芝は良いですし、クッションもあるし、良馬場でできたら一番良いと思います。
 今回は休み明けで、いかにフレッシュに走って、気持ちの良い走りができたら良いと思っています。それに結果が伴えばと考えています」

(取材:米田元気)