【レインボーS】(中山11R)~逃げたドレッドノータスが直線で後続を突き放し圧勝 [News]
2018/09/15(土) 17:14
中山11Rのレインボーステークス(3歳以上1600万下・芝2000m)は7番人気ドレッドノータス(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒0(稍重)。3馬身差の2着に1番人気シャルドネゴールド、さらに半馬身差の3着に6番人気ギブアンドテイクが入った。

ドレッドノータスは栗東・矢作芳人厩舎の5歳セン馬で、父ハービンジャー、母ディアデラノビア(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は18戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ドレッドノータス(石橋脩騎手)
「返し馬から元気が良かったので、行けるなら行こうと考えていました。3コーナーから4コーナーで後続を離し、直線でもうひと伸びするという強い競馬でした」

2着 シャルドネゴールド(内田博幸騎手)
「今日は流れが全てでした。溜めたほうが良さそうなタイプですので、逃げ切られてはどうしようもありません。もう少し前で競馬ができたらさらに良かったのかもしれませんが、ひとまず力のあるところは見せられたと思います」

4着 ショウナンマルシェ(三浦皇成騎手)
「今日は馬の気持ちとリズムを重視して乗りましたが、この馬がしっかり応えてくれました。よく頑張ってくれました」