【2歳未勝利】(中山1R、2R)~エコロディアマンテ、ミトロジーが人気に応えて勝利 [News]
2018/09/08(土) 16:54
中山1Rの2歳未勝利(ダート1200m)は1番人気エコロディアマンテ(木幡巧也騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒6(良)。3/4馬身差の2着に6番人気キタノオドリコ、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気ニシノオウキが入った。

エコロディアマンテは美浦・岩戸孝樹厩舎の2歳牡馬で、父ショウナンカンプ、母シップスログ(母の父ネオユニヴァース)。通算成績は3戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 エコロディアマンテ(木幡巧也騎手)
「今日はスタートが速かったのでスピードを生かす競馬をしました。このメンバーでは持ち時計が上位でしたから自信を持って乗りました。抜けてから物見をしましたが、完勝でした」

2着 キタノオドリコ(石川裕紀人騎手)
「勝ち馬のいい目標になりましたが、ダートに変わって良かったです。前走のデビュー戦は芝でしたが、断然ダートです」

3着 ニシノオウキ(田辺裕信騎手)
「初めてのダート戦でしたが、頑張っていました。前半は流れに乗りにくそうな感じでしたが、終いよく踏ん張っていました。力はあります」

4着 ペイシャリルキス(山田敬士騎手)
「4コーナーで外にふられてしまったのが残念でした。1200mは忙しい感じでした。次は距離を延ばすそうです」


中山2Rの2歳未勝利(芝1600m)は1番人気ミトロジー(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒2(良)。1馬身差の2着に5番人気スペキュラース、さらにクビ差の3着に2番人気ギフトオブアートが入った。

ミトロジーは美浦・尾関知人厩舎の2歳牡馬で、父ダイワメジャー、母リードストーリー(母の父Editor's Note)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ミトロジー(C・ルメール騎手)
「初戦と違って後方のポジションからのレースでしたが、いい脚を使いました。マイルの距離はピッタリです。いい加速でしたし能力のありそうな馬です」

2着 スペキュラース(柴田大知騎手)
「スタートが速く楽なペースでレースができました。前回のような不利もなく最後までスムーズなレースでした。今日は相手が悪かったということでしょう」

3着 ギフトオブアート(三浦皇成騎手)
「ゲートは前回よりは良く出たとは思いますが、どうしてもゲートが開いてから少し待つような形になります。それを考えるとよく最後に追い上げています。いい馬だと思います」