【メイクデビュー】(東京5R、6R)~トーセンギムレット、ロードアクアが勝利 [News]
2018/06/17(日) 14:31
東京5Rのメイクデビュー東京(芝1600m)は3番人気トーセンギムレット(岩部純二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒5(良)。クビ差の2着に1番人気ベルクワイア、さらに2馬身半差の3着に14番人気プッシーウィローが入った。

トーセンギムレットは美浦・萱野浩二厩舎の2歳牡馬で、父ディープブリランテ、母エラドゥーラ(母の父Sultry Song)。

~レース後のコメント~
1着 トーセンギムレット(岩部純二騎手)
「調教の段階から良いと思っていましたが、その通りでした。まだ体に余裕がありますが、これから良くなると思います。大きな仕事ができそうな馬です」

2着 ベルクワイア(C.ルメール騎手)
「まだ少し緩いところはありますが、背中が柔らかい馬です。今日のような柔らかい馬場はあまり良くないようです。距離はこのくらいが良さそうで、まだ良くなってきそうです」

3着 プッシーウィロー(木幡育也騎手)
「道中力んでいましたが、直線は頑張ってくれました。伸びしろがあると思います」


東京6Rのメイクデビュー東京(芝1400m)は1番人気ロードアクア(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒8(良)。3/4馬身差の2着に5番人気アマデウス、さらに1馬身3/4差の3着に6番人気メイスンハナフブキが入った。

ロードアクアは栗東・浅見秀一厩舎の2歳牡馬で、父ロードカナロア、母オーシュペール(母の父ダイワメジャー)。

~レース後のコメント~
1着 ロードアクア(M.デムーロ騎手)
「強かったです。とても真面目な馬で馬場に出てからずっと走りたがっていました。レースではスタートが良く、ずっと一生懸命走っていました。ゴールしてからも止まらず、走りたがっていました。距離は1600mも大丈夫。この気性ですから次は引っ掛かるかもしれません」

2着 アマデウス(大野拓弥騎手)
「まだこれからの馬という感じでしたが、よく走ってくれました。調教を積んでいくうちに、だんだん動けるようになってきました。これから良くなると思います」

3着 メイスンハナフブキ(田辺裕信騎手)
「調教で乗った感じではもう少し距離が欲しい感じでした。今日はスタートで前に出して行った分、少しリズムが悪くなりました。もう少し馬に落ち着きが欲しいですね」

4着 マキ(C.ルメール騎手)
「スタートは少し遅れましたが、道中は真面目に走って長くいい脚を使いました。距離はこれぐらいか1600mぐらいまでは大丈夫だと思います」