【白百合S】(京都)~メイショウテッコンが逃げ切る [News]
2018/05/27(日) 17:21
京都11Rの白百合ステークス(3歳オープン・芝1800m)は3番人気メイショウテッコン(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒9(良)。3馬身差の2着に1番人気サラキア、さらにハナ差の3着に2番人気アイトーンが入った。

メイショウテッコンは栗東・高橋義忠厩舎の3歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母エーシンベロシティ(母の父Lemon Drop Kid)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウテッコン(松山弘平騎手)
「速いペースでしたが、よく踏ん張ってくれました。前走もハイペースの中よく頑張っていましたが、距離が短くなって、より踏ん張れたと思います。私はつかまっていただけで、馬が強かったです」

2着 サラキア(北村友一騎手)
「ゲートはうまく出ませんでしたが、道中はリズム良く上手に走っていました。今日のようなバラけた展開ではなく、まとまって競馬ができる流れが良かったです」

4着 アルジャーノン(川島信二騎手)
「少頭数で落ち着いてくれるかと思っていましたが、流れる競馬になってしまい、伸びきれませんでした」

5着 オメガラヴィサン(坂井瑠星騎手)
「隊列が長いのに前が残る特殊な展開でしたが、直線までは我慢して良い手応えでした。最後は多少前を追いかけた分でしょうか」