【メルボルンT】(京都)~中団から運んだドレークが差し切る [News]
2018/05/19(土) 15:36
京都9Rのメルボルントロフィー(3歳500万下・芝2200m)は2番人気ドレーク(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分14秒7(良)。1馬身差の2着に5番人気アフリカンゴールド、さらにクビ差の3着に6番人気マイスターシャーレが入った。

ドレークは栗東・藤岡健一厩舎の3歳牡馬で、父ルーラーシップ、母ディアアドマイヤ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ドレーク(藤岡康太騎手)
「スタートが決まってくれて、終始リズム良く運べました。長丁場も合っていると思います。馬場が少し重たくなったのも味方したと思います」

2着 アフリカンゴールド(松若風馬騎手)
「良い位置でレースができました。レース中も耳を絞ったりしていましたが、しっかり走ってくれています。使うごとに良くなってくれています。昇級戦でしたが、メドの立つ内容だったと思います」

3着 マイスターシャーレ(川田将雅騎手)
「背中の良い馬で将来は走ってきそうです。現状の精一杯で走っています」