【皐月賞】栗東レポート~タイムフライヤー(内田博幸騎手) [News]
2018/04/11(水) 17:22
4月15日(日)に中山競馬場で行われる第78回皐月賞(GI)に登録しているタイムフライヤー(牡3、栗東・松田国英厩舎)について、鞍上の内田博幸騎手のコメントは以下の通り。

(追い切り前のイメージは?)
「結構良い感じでハミを取って、勝った時は馬群を捌いて直線で良い脚で伸びて来ているな、なかなか良い勝ち方をしているなと思いました」

(最終追い切りを振り返って)
「3ハロンぐらいから併せて行く感じで、最後はどれぐらい伸びるか感触を確かめてほしいと言われました。しかし、気が良さそうだったので、1馬身ぐらい離れて、4コーナー手前ぐらいで併せ馬の形になって、すごく良い伸びをしてくれていたと思います。
 時計も速かったのではないかと思いますが、最後までしっかりと走れているので、あれ以上やる必要はないかなという感じでした。相手もそこそこ走る馬だと思うので、それと一緒に併せ馬をして、長めから行って、あれだけ動ければ状態は良いのではないでしょうか。
 スタミナがありそうな感じがしました。上手く馬群を捌いて4コーナー辺りで楽に良い位置に付いて行ければ、十分にこの馬の能力を出せると思います。
 (調教師からは)この馬の特徴や走り方などを細かく私に伝えてくれました。調教師のGIに出走させる思いと、厩舎スタッフの方々の思いもあるので、その責任と馬券を買うファンの方や、生まれてきた牧場などから、いろいろな期待をされていると思います。恥ずかしくないレースをしたいです」

(今回のレースに向けて)
「GIなので、流れるか流れないかは分かりませんが、流れるのは非常に難しいかなと思っています。1コーナー辺りである程度皆の位置が決まったらペースが落ちる気がしないでもないです。それを頭に入れて、自分の枠といろいろ考えながら、自分が一番良い位置になるようにレースをしたいです。
 あとは馬場がどういう風になるかですよね。雨が降って馬場がもっと悪くなるのか、天気はいまいちと聞いているので、それも今年出る馬たちの運ではないでしょうか。雨が降ってもそれが逆に味方になるとかはありますし、勝つ馬の運が雨を降らせるのか、降らせないのかは当日にならないと分かりません。
 私はゴールドシップで勝たせてもらっていますので、ある程度のイメージはつきます。タイムフライヤーも中山で勝っています。そのイメージを持ってレースに行きたいです。
 あまり枠のことは考えないようにしています。確かに内枠の方が良いとかは、コース形態や馬場状態であります。しかし、"この枠になった。ああ!"と思ったら、そこでレースで負けたような気がするのです。どの枠でもこの馬だったら競馬ができると信じてあげるのが私たちジョッキーの役割だと思っています。なので、あまり枠順にはこだわらないように自分には言い聞かせています。
 皐月賞は牡馬最初のクラシックとして始まり、ダービー、菊花賞と続きますが、クラシックにジョッキーとして乗るというのは限られた人しかできませんし、限られた馬しか出られません。本当に騎手として乗れるということを誇りに思い、責任を持って、馬券を買う方に今年の皐月賞は凄かったよと思ってもらえるようなレースができればと思っています」

(取材:米田元気)