【皐月賞】美浦レポート~ジェネラーレウーノ(田辺裕信騎手) [News]
2018/04/11(水) 16:50
 15日(日)、中山競馬場で行われる皐月賞(GI)に出走するジェネラーレウーノ(牡3、美浦・矢野英一厩舎)について、追い切り後の田辺裕信騎手のコメントは以下の通り。

「(今朝の調教に乗って)競馬でも調教でもふわっとする、気難しいというよりは不思議な馬なのですが、今日は割合しっかりと走りきってくれた感じでした。何かするんじゃないかと思っていたのですが、淡々とメニューをこなしてくれて良かったです。1頭になった時にどうしても一生懸命走らない、ブレーキをかけてしまう面がレースでも調教でもあって、それが不安だったのですが、今回はあまりなかったですね。今日の調教だけでは安心するのは早いですが、難しい面を出さなかったのは良い事ですし、良い形の調教でした。

 一生懸命走る部分が他の馬に比べると...という面があるので、この馬の能力がどれくらいなのかという所が掴めないのですが、その辺りに可能性があるというのは楽しみです。賞金も加算出来ましたし、これからは真面目に走ってくれればいいですね。これまでは遊ぶ面を出していても良かったのですが。

 今まで逃げたり先行したりして勝ってきましたが、後ろから行って前の馬をかわすという調教もしてきましたし、前々で粘らせないといけない馬でもないですから。スタートがいいので良い位置が取れる馬ですが、流れによって対応出来ると思います。あとは週末に雨予報もあるので、馬場状態も見つつ考えようと思います。(馬場が渋った時の対応については)馬場が悪くなってくれた方がむしろ楽しみですね。パンパンの良で時計があまり速くなるとどうかなと思っているので、時計がかかってくれるのはプラスでしょう」

(取材:大関隼)