【メイクデビュー】(東京2R、5R)~オータムヘイロー、フィエールマンがデビュー勝ち [News]
2018/01/28(日) 14:49
東京2Rのメイクデビュー東京(ダート1400m)は8番人気オータムヘイロー(嘉藤貴行騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分27秒3(不良)。1馬身1/4差の2着に1番人気ラブリランテ、さらに1馬身1/4差の3着に5番人気ウインメディウムが入った。

オータムヘイローは美浦・田島俊明厩舎の3歳牝馬で、父ゴールドヘイロー、母ウインクセレネ(母の父ダンシングブレーヴ)。

~レース後のコメント~
1着 オータムヘイロー(嘉藤貴行騎手)
「素直な馬で、追ってからの反応も良かったですね。最後もよくしのいでくれました。折り合いもつきますし、もう少し距離を延ばしても大丈夫そうです」

2着 ラブリランテ(柴田善臣騎手)
「ゲートを出てからものんびりしていたのですが、少し動かしたら一気に上がって行きました。走りますね。馬っぷりも良いです」

4着 プリモアイズ(武士沢友治騎手)
「小さい馬ですが、よく頑張っています。勝った馬の後ろにつけて一瞬おっ、と思いましたが...。まだ体力のつききっていない分の差でしょうか」


東京5Rのメイクデビュー東京(芝1800m)は1番人気フィエールマン(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒3(良)。クビ差の2着に4番人気サンライズシェル、さらにクビ差の3着に6番人気パストゥレイユが入った。

フィエールマンは美浦・手塚貴久厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母リュヌドール(母の父Green Tune)。

~レース後のコメント~
1着 フィエールマン(石橋脩騎手)
「調教から能力を感じていて、今日は着差以上に強い勝ち方でした。スタートはあまり良くなくて、芝1800mの大外ということもあり少し遅れましたが、スローの流れの中上がって行けました。最後もせまられたらその分だけ伸びるという余裕のある勝ちでした。とても賢い馬で、距離は延びてもこなしてくれそうです」

2着 サンライズシェル(C・ルメール騎手)
「いいポジションがとれて、リラックスして走っていました。最後はどの馬も伸びていたのでとらえられませんでしたが、能力のある馬です。距離はこれくらいが良さそうです」

4着 パンコミード(田辺裕信騎手)
「流れが遅い中でも、しっかりと脚を使えています。すぐに勝つチャンスがありそうです」