【白富士S】(東京)~マイネルハニーがしぶとく逃げ切り連勝 [News]
2018/01/27(土) 17:11
東京11Rの白富士ステークス(4歳以上オープン・芝2000m)は3番人気マイネルハニー(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒0(稍重)。アタマ差の2着に4番人気スズカデヴィアス、さらに1馬身1/4差の3着に7番人気マイネルサージュが入った。

マイネルハニーは美浦・栗田博憲厩舎の5歳牡馬で、父マツリダゴッホ、母ブライアンハニー(母の父ナリタブライアン)。通算成績は21戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 マイネルハニー(柴田大知騎手)
「今日はうまくハミが抜けたところでレースが出来て、最後まで凌いでくれました。入れ込まなくなって、力を出せるようになってきました。今充実しています。本格化してきましたね。今後が楽しみです」

(栗田博憲調教師)
「2000mでもよく踏ん張ってくれました。次走はこの後の状態を見て決めたいです」

2着 スズカデヴィアス(福永祐一騎手)
「スムーズな競馬が出来ました。陣営からは良馬場のほうがいいと聞いていましたが、このような馬場でよく頑張っています」

3着 マイネルサージュ(三浦皇成騎手)
「道中我慢が利きました。直線で狭いところに入ってからハミを取って伸びてくれました」

4着 プラチナムバレット(浜中俊騎手)
「久々のレースだったので、まずは無事に終えることが出来て良かったです。使えばよくなるでしょう」

(河内洋調教師)
「無事に上がって来てよかったです。休み明けとしては悲観する内容ではないですね。今日は馬場が前残りで合わなかったです。次は状態を見て、3月の金鯱賞を視野に調整したいです」

5着 テオドール(C.ルメール騎手)
「2番手につけられて道中リラックスしていました。ただ直線で思っていたほど伸びませんでした」