【メイクデビュー】(東京5R、6R)~ブラストワンピース、ロードライトが勝利 [News]
2017/11/19(日) 14:41
東京5Rのメイクデビュー東京(芝1800m)は5番人気ブラストワンピース(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒4(良)。1馬身1/4差の2着に1番人気ロードダヴィンチ、さらに1馬身半差の3着に4番人気バールドバイが入った。

ブラストワンピースは美浦・大竹正博厩舎の2歳牡馬で、父ハービンジャー、母ツルマルワンピース(母の父キングカメハメハ)。

~レース後のコメント~
1着 ブラストワンピース(池添謙一騎手)
「初めて乗りました。スタートが良くて、馬の後ろで折り合えました。瞬発力のある馬でいい反応でした。大きな身体で余裕がありそうです。いいものを持っていると思います。距離はもっとあった方がいいと思います」

2着 ロードダヴィンチ(戸崎圭太騎手)
「奥がありそうです。これから良くなりそうです」

4着 プレシャスリーフ(三浦皇成騎手)
「ポジションを取りに行きました。前に壁を作りたかったですからね。内容は良かったです。スタミナがあるので、スローのヨーイドンよりも、自分から動く形が良くなってくると思います」


東京6Rのメイクデビュー東京(芝1400m)は8番人気ロードライト(嶋田純次騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒7(良)。クビ差の2着に2番人気マートルリース、さらに5馬身差の3着に7番人気シュバルツリッターが入った。

ロードライトは美浦・手塚貴久厩舎の2歳牝馬で、父ヴィクトワールピサ、母パパラチア(母の父グラスワンダー)。

~レース後のコメント~
1着 ロードライト(嶋田純次騎手)
「調教の動きが良く、乗りやすい馬だと聞いていました。スタートをポンと出て、いい位置で折り合って行けました。追ってからの反応も良く、最後内からマートルリースが来てからもまた馬が頑張ってくれました」

2着 マートルリース(柴山雄一騎手)
「素直な馬です。最後並んでから脚色が一緒になってしまいました。頑張っていたと思います。これから良くなりそうな馬です」

3着 シュバルツリッター(三浦皇成騎手)
「スピードはありますが、まだ子供っぽいところがあります。距離の適性などはレースを使った後の感じ次第だと思います」

5着 オメガプランタン(戸崎圭太騎手)
「乗りやすい馬です。馬群に入った時に遊ぶところがありましたが、一度使われて良くなってくればいいでしょう」