【府中牝馬S】〜レース後のコメント [News]
2005/10/16(日) 14:24


1着 ヤマニンアラバスタ(江田照騎手)
「今日は道中、楽に、気負うところなくリラックスして走っていました。こういう稍重の馬場も苦にしませんよ。直線に入っても手応えよく、内の馬の出方を見てから追い出しました。本当に力強く伸びてくれましたよ。馬がここに来てまた成長しているし、僕もこれで600勝なので二重の喜びです。次のエリザベス女王杯に向けて楽しみになりました」

2着 マイネサマンサ(内田博騎手)
「最初引っ掛かりかけたけど何とか折り合ってくれました。直線では1着、3着の2頭の間で狭くなってフワッと怯むような感じになったのが残念。でもそれからまた伸びたのでそのうち重賞を勝てるんじゃないかな」

3着 オースミハルカ(川島騎手)
「道中マイペースで『よし』っと思ったんだけど、あの上がりで交わされたら仕方ないですね」

4着 マイティーカラー(内田浩騎手)
「ずっと使いづめできていてもう上がり目がないかなと思っていたけど、馬は落ち着いていたし、よく走ってくれましたよ」

5着 チアズメッセージ(津村騎手)
「道中勝ち馬と同じ位置にいたんですが、向こうとは切れ味の差ですね。でも力はあります」

7着 レクレドール(蛯名騎手)
「2ヶ月ぶりだったからね。これで次は変わるでしょう。勝ち馬が来た時には一瞬抵抗する感じはあったけどね」

8着 ダンスインザムード(北村宏騎手)
「今日はいい枠でしたが、内がゴチャつきそうだったし、どうもこのところ最後まで根気が続かないので、思い切って終いを生かそうとして中途半端にならないようにあの最後方の位置になったんです。今日は走る気持ちを戻す段階で、今日は決まらなかったけど、それでも一瞬脚を使っていましたからね」

17着 スティルインラブ(幸騎手)
「スタートで出遅れてしまいました。どうもいい頃の勢いが戻りませんね」