番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎月第2、第4水曜日 20:40~21:00
提供:武田テバ

多職種の人が集い、語らう番組です。パーソナリティは帝京平成大学 薬学部 教授の井手口直子さん。医薬に関する最新の話題について、医療従事者の方をはじめ患者関係者や学生など、幅広いリスナーに向けてお送りします。

新着記事

地域医療と人材育成 (2) 地域医療に貢献する薬剤師の育成

2017.05/24 ディレクター 記事URL

今月の特集/   地域医療と人材育成
タイトル/    地域医療に貢献する薬剤師の育成
ゲスト/     長崎大学病院 教授・薬剤部長 佐々木均 氏


多職種協働による在宅がん医療・緩和ケアを担う専門家育成のための「在宅医療・福祉コンソーシアム長崎」の取り組みについてうかがう。また、薬剤師が患者さんの症状の把握などのため行うフィジカルアセスメントの重要性などについてもお話いただく。


[次回予告]

6月14日(水)

よる8:40 から放送予定

テーマ/ 「薬剤師の教育方針」(1)
ゲスト/  千葉大学医学部附属病院 教授・薬剤部長 石井伊都子さん

地域医療と人材育成 (1) 地域医療の連携システム

2017.05/10 ディレクター 記事URL

今月の特集/   地域医療と人材育成
タイトル/    地域医療の連携システム
ゲスト/     長崎大学病院 教授・薬剤部長 佐々木均 氏

長崎大学病院は、医薬分業の推進を背景に、1992年から、国立大学病院では初めて院外処方せんを全面発行した。地域性なども生かして、医療の先駆的な取り組みをしてきた。患者同意のもとで、検査値などの患者情報を公開する病院と、地域薬局や医療機関などの閲覧施設とを結ぶ医療連携ITシステムである「あじさいネット」が地域医療に貢献している。長崎の地域医療ネットワークの運営と、その展開などについて紹介していただく。


[次回予告]

5月24日(水)

よる8:40 から放送予定

テーマ/ 「地域医療と人材育成」(2)
ゲスト/  長崎大学病院 教授・薬剤部長 佐々木均 氏

医療と食 (2) 医療関係とのコラボレーション

2017.04/26 ディレクター 記事URL

今月の特集/   医療と食
タイトル/    医療関係とのコラボレーション
ゲスト/     株式会社おいしい健康 代表取締役社長 野尻哲也 氏


家庭での食事は、病気の予防、生活習慣病などの重症化を防ぐためにも重要だ。豊富なレシピリソースを基に「おいしく健康的なレシピと献立」を、管理栄養士監修のもと、サイト上で公開している。医療従事者や製薬会社との連携についてお話いただく。さらに「おいしい」にこだわる理由、「健康」を確保するための取り組み、そして今後の展開などをうかがう。



[次回予告]

5月10日(水)

よる8:40 から放送予定

テーマ/ 「地域医療と人材育成」(1)
ゲスト/ 

長崎大学病院 教授・薬剤部長 佐々木均 氏

医療と食 (1) 食事療法とレシピ情報サービス

2017.04/11 ディレクター 記事URL

今月の特集/   医療と食
タイトル/    食事療法とレシピ情報サービス
ゲスト/     株式会社おいしい健康 代表取締役社長 野尻哲也 氏

毎日の食事は、病気の予防、生活習慣病などの重症化を防ぐためにも重要だ。健康情報事業を手がける「おいしい健康」のサービス内容などを聞く。健康的で、おいしい食事をとるために、管理栄養士が栄養調整・計算を監修したレシピを提案するウェブサイトを運営している。ユーザーの健康状態を踏まえ、かつ行動変容を最小化した、生活者目線の健康的な食事レシピを集め、献立を提案するという。今後の展開や事業の狙いもお話いただく。



[次回予告]

4月26日(水)

よる8:40 から放送予定

テーマ/ 「医療と食」
ゲスト/ 

株式会社おいしい健康 代表取締役社長 野尻哲也 氏

在宅医療における薬剤師の今後 (2) 抗がん剤治療での薬局薬剤師の役割

2017.03/22 ディレクター 記事URL

今月の特集/   在宅医療における薬剤師の今後
タイトル/    抗がん剤治療での薬局薬剤師の役割
ゲスト/     ファルメディコ株式会社 代表取締役社長 狭間研至 氏


薬剤師の調剤業務の技能と経験は、医療の確実性と安全性に欠かせない。薬剤師は、薬物治療を通じて、よりよい治療や高いQOL、副作用の発現状況などをサポートしていくことが重要になってきている。外来化学療法を行う患者に向けて、薬局薬剤師ができることや課題について考える。







[次回予告]

4月12日(水)
よる8:40 から放送予定

テーマ/ 「医療と食」
ゲスト/ 

株式会社おいしい健康   代表取締役社長 野尻哲也 氏

在宅医療における薬剤師の今後 (1) 発展する在宅医療での薬剤師の仕事

2017.03/08 ディレクター 記事URL

今月の特集/   在宅医療における薬剤師の今後
タイトル/    発展する在宅医療での薬剤師の仕事
ゲスト/     ファルメディコ株式会社 代表取締役社長 狭間研至 氏


日本在宅薬学会理事長の狭間研至氏にうかがう1回目。高齢化社会で、在宅医療・在宅介護の必要性が高まっている。地域包括ケアという概念のもと、薬剤師の地域医療における薬物治療への関わりも変化しているといえる。
従来の薬剤師業務は、処方の応需から医薬品の説明と受け渡しが主体であった。ただ、地域医療においては、調剤した薬が想定された効果を発揮しているか、副作用を発現させていないかなどについて、薬局薬剤師は計画的に患者宅へ訪問して必要に応じたバイタルサインの採取を通じ、専門性に基づいて観察することが新たな役目と説く。在宅医療のチームにおいて薬剤師は、医師や看護師と、患者の情報を共有しながら職能の拡大が期待される。



[次回予告]

3月22日(水)
よる8:40 から放送予定

テーマ/  在宅医療における薬剤師の今後 (2)
ゲスト/  ファルメディコ株式会社 代表取締役社長 狭間研至 氏


◆番組の聴き方:

ラジオNIKKEIは、短波放送(SW)が受信できるラジオ受信機のほか、「radiko.jp」でパソコンやスマートフォンでも全国無料で放送を聴ける。スマホ用にはアプリがある。
当番組は放送後にポッドキャストとオンデマンドでも配信!

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

井手口 直子
いでぐち なおこ

帝京平成大学 薬学部 教授

パーソナリティ一覧はコチラ