番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎月第2・第4木曜日 23:30~23:50
提供:武田テバ

多職種の人が集い、語らう番組です。パーソナリティは帝京平成大学 薬学部 教授の井手口直子さん。医薬に関する最新の話題について、医療従事者の方をはじめ患者関係者や学生など、幅広いリスナーに向けてお送りします。

【Twitter】https://twitter.com/medical_cafe

新着記事

地域包括ケアにおける薬局薬剤師が担う役割 (1) 地域包括ケアにおける薬剤師の役割

2019.12/12 ディレクター 記事URL

今月の特集/ 地域包括ケアにおける薬局薬剤師が担う役割
タイトル/  地域包括ケアにおける薬剤師の役割
ゲスト/   マスカット薬局 医薬品情報管理室 副室長 安倉 央 氏

「マスカット薬局」倉敷店に勤務するゲストに、岡山県で14店舗を展開する保険薬局「マスカット薬局」におけるさまざまな取り組みを紹介してもらう1回目。保険薬局でも、医療従事者の専門性が十分に発揮されるように、各方面からの問い合わせにも対応可能な情報共有や連携体制を整えて、より質の高い医療・介護の提供に向けて、積極的に薬剤師が活動を行っている。その患者ケアの体制づくりと運用、その役割を果たす薬剤師の育成について詳しくお話いただく。患者の認知症早期発見を目的にした受診勧奨の実際なども紹介してもらう。ゲストは、現在でも大学院で学び研究発表をする向上心のある薬剤師だ。

[次回予告]
12月26日(木)
よる11:30 から放送予定

在宅医療において薬剤師が担う役割 (2) 在宅医療と薬局薬剤師の職能

2019.11/28 ディレクター 記事URL

今月の特集/ 在宅医療において薬剤師が担う役割
タイトル/  在宅医療と薬局薬剤師の職能
ゲスト/   株式会社ファーマシィ 医療連携部部長 孫 尚孝 氏

かかりつけ薬局薬剤師の基本的な機能に加え、地域住民の健康保持増進を積極的に支援する「健康サポート薬局」を拠点とした地域包括ケアについて、薬局の可能性をお話いただく。薬局薬剤師による患者の服薬期間を通じたフォローアップはどのように行ったらいいか、実績をまじえて考えをうかがう。副作用症状や服薬アドヒアランス、残薬の確認など、「サポートコール」という薬剤師によるフォローアップの方法を紹介してもらう。また、病院薬剤師、医療従事者などとの薬局薬剤師の連携に関しても、現状を具体的に紹介していただく。


[次回予告]
11月12日(木)
よる11:30 から放送予定

在宅医療において薬剤師が担う役割 (1) 地域の在宅医療を支える薬局・薬剤師を目指して

2019.11/14 ディレクター 記事URL

今月の特集/ 在宅医療において薬剤師が担う役割
タイトル/  地域の在宅医療を支える薬局・薬剤師を目指して
ゲスト/   株式会社ファーマシィ 医療連携部部長 孫 尚孝 氏


広島や岡山を中心に調剤薬局を展開する「ファーマシィ」では、約10年前から在宅医療に取り組んでいる。地域に貢献する在宅支援薬局を開局した経緯や業務内容、そして薬剤師の役割を紹介してもらう。また、24時間在宅医療にあたるなど、在宅医療でのニーズに対応できる体制づくりをどのように整えているのかうかがう。また、在宅緩和ケアにおける問題点、そして小児在宅における課題など、実例をまじえながら、多様な取り組みと課題をお話いただく。



[次回予告]
11月28日(木)
よる11:30 から放送予定

薬剤師を取り巻く環境変化 (2) 薬局薬剤師の役割と求められること

2019.10/24 ディレクター 記事URL

今月の特集/ 薬剤師を取り巻く環境変化
タイトル/  薬局薬剤師の役割と求められること
ゲスト/   東京都薬剤師会 会長 永田 泰造 氏


都薬会員による「健康サポート薬局」の登録件数が少ない現状を分析し、年内の登録件数の目標を示す。薬局は地域貢献の具体策を見出していけば達成できると指摘。また、現在国が進めている薬機法の改正についても触れる。「地域連携薬局あるいは専門医療機関連携薬局の在り方をどう考えるか」。これからの薬局薬剤師は、知識と経験をあわせもつ現場対応力が求められると語る。そのうえで今後、東京都薬剤師会が取り組んでいく重点項目についてお話いただく。


[次回予告]
11月14日(木)
よる11:30 から放送予定

薬剤師を取り巻く環境変化 (1) 薬剤師を取り巻く環境の変化と薬剤師会の役割

2019.10/10 ディレクター 記事URL

今月の特集/ 薬剤師を取り巻く環境変化
タイトル/  薬剤師を取り巻く環境の変化と薬剤師会の役割
ゲスト/   東京都薬剤師会 会長 永田 泰造 氏

薬局の薬剤師は、調剤した薬の使い方や副作用について患者に適切な指導を行い販売している。
医薬分業が進んだいま、かかりつけ薬剤師や「問題解決型の薬剤師」がとくに求められつつある。
今回は、環境変化に呼応した東京都薬剤師会の使命と取り組みを紹介してもらう。
また、「薬学教育」において薬局に期待することについてもお話いただく。



[次回予告]
10月24日(木)
よる11:30 から放送予定

がん患者への薬剤処方と薬薬連携 (2) 外来がん薬物治療における薬薬連携

2019.09/26 ディレクター 記事URL

今月の特集/ がん患者への薬剤処方と薬薬連携
タイトル/  外来がん薬物治療における薬薬連携
ゲスト/   静岡県立総合病院 薬剤部長 木村 緑さん

院外処方率が95%と高い静岡県立総合病院では、化学療法版お薬手帳「かけはし」
を作成している。これは薬局や他の医療機関との間の情報共有になり、治療の継続性
について振り返る手助けにもなるという。
薬局との関係構築も具体的にお話していただく。


[次回予告]
10月10日(木)
よる11:30 から放送予定

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

井手口 直子
いでぐち なおこ

帝京平成大学 薬学部 教授

パーソナリティ一覧はコチラ