公開録音「2016年世界経済の動きと投資を考える」オンデマンドはこちら!


TOCOMスクエア

番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週月曜日~金曜日 18:00~18:15
提供:東京商品取引所

毎日夕方に15分生放送。
(月)「世界の経済・政治ニュースから」
(火)「小次郎講師のトレードラジオ講座」
(水)「専門家の目(コモディティ・マーケットの見通しなど)」
(木)「専門家の目(投資経験者のためのα情報など)」
(金)「岡安盛男のFXトレンド」 と、日替わりで最新の投資情報をお届けします。
いちはやくライブで、いつでもオンデマンドやポッドキャストでお聴きください。
キャスターは山本郁、大橋ひろこ、袰川有希が担当いたします。

新着記事

今週の放送予定(7月25日~29日) [山本郁コラム]

2016.07/24 山本郁 記事URL

「ポケモンGO」が日本でも配信されるようになって初めての週末。全国で大騒ぎでしたね。

これは24日の午後4時頃の、墨田区にある錦糸公園の様子。
普段はの休日は、広場でボール遊びをする子供たちや、芝生にビニールシートを敷いてお弁当を食べている親子連れの姿が見られるのどかな公園なのですが、今日ははっきり言って異様でした。
何もないのに集まっている大勢の人。
何百人?いや1000人を超える規模でしょうか。
しかも皆立ったまま、手にしているスマートフォンの画面を覗き込んでいます。

2日前に配信が始まったばかりなのに、もうこんなに大勢の人が「ポケモンGO」をやっているんですね。
ニュースによると、ここまでではなくとも都心の公園はみなこんな様子なんだとか。

事故や事件などのトラブルの心配もある一方で、「ポケモンGO」による経済効果「ポケモノミクス」に大きな期待が寄せられているようですね。
政府の景気対策並みの10兆円規模に上ると言われているとか。
この公園の様子を目の当たりにするとそれも納得できます。

ついでに一駅先にあるスカイツリーも覗いてみました。
ここの商業施設のソラマチタウンに7月6日にポケットモンスターのオフィシャルショップ「ポケモンセンター」がオープンしたばかりなんです。

センターは直接「ポケモンGO」には関わっていないそうですが、スカイツリー周辺には「ポケモンGO」のポケストップ(?)がいっぱいあって、ショップがジム(?)になっているのだとか。

お店の中はグッズを買い求める人でいっぱいでしたが、お店の外はスマートフォンを覗き込む人でいっぱいでした。
お店の人によると、やはり、この週末は普段よりもかなり人が多かったそうです。



ポケモノミクスはいつまで続くのでしょうか。

それでは今週の放送予定です。



7月25日(月)
志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
「ステージが変わった金投資」


7月26日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』第1期
Lesson12「トレードエッジの計算式」


7月27日(水)
山内弘史さん(セキツウ 常務取締役)
「専門家の目~石油・エネルギーの需給動向」


7月28日(木)
林知久さん(投資日報社)
「サイクルとアストロロジーで読む通貨・株式・商品」


7月29日(金)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今週も1日15分、マーケットトレンドにお付き合いくださいね!

やっぱり、吸いとってる?‏ [岡安盛男のFXトレンド]

2016.07/22 袰川有希 記事URL



「ちょっと前まで風邪なんて滅多に引かなかったのに...」

早くも夏風邪を引いてしまったという岡安さん。
今日、少し辛そうにこうおっしゃってました。

そういえば、少し前に言われたっけ...
「袰川さんと共演するようになった頃から、体調崩しやすくなったんだよね...」

あら...私ってば未だに岡安さんの元気を吸いとってるのかしら。。
(4/22のブログをご参照あれ...)


体調を崩しつつも、心は「怒っている」という岡安さん。

ブレグジット前後から、英国で情報操作!?とも思える事態が散見されるのだとか。
例えば、昨日の夕方の突然の円の急騰もそう。

黒田総裁による、「ヘリマネー否定」発言が、実は一ヶ月以上前のものだったなんて...
そんなこと、あってもいいのか!?と。
実際、そのニュースで相場が大きく動いてしまったわけですからね。。

もしそれが単なるミスならとんでもないことだし、
ミスに見せかけた作為的なものだったら...。

そんな怪しい動きに、岡安さんは怒っているわけです。

でも、ヘリマネー否定と間違った(今現在の発言ではない、という意味で)情報を流されても、
抗議しない日銀...。
それってまさか、ビンゴだったから!?なんて憶測も生まれてしまう、とのこと。

そんな観点からも、来週の日銀会合はますます注目となりそうです。


岡安さん、怒りは体に悪いかも...。
どうか静めて、週末はゆっくりしてお風邪を治してくださいね。

リスナーの皆様も、とうぞお風邪などにはお気をつけください。

私?
大丈夫、ピンピンしてます。

ヒトの元気を吸いとってるから...ではない、と思う。。笑






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。 

今年も東京・大阪で開催! 

917日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル 

924日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール 

 

世界を動かすコモディティ。 

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる
今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。
 

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さんもご登場。 

ご友人・ご家族連れでぜひお越しください! 

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、イベントの詳細は
下記のバナーをクリックしてください。
 






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

金は調整か、頭打ちか...。どう読むFOMC [大橋ひろこコラム]

2016.07/21 大橋ひろこ 記事URL

米株ダウ平均は連日の史上最高値を更新、日本株もヘリコプターマネー期待で堅調地合いが継続しています。英国のEU離脱ショックからすっかり立ち直ったかに見える金融市場で、ドル建て金価格は調整局面を迎えています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はみんかぶ商品調査部門の森成俊さんに
貴金属市場の現状と今後を伺いました。

7月6日には2014年3月以来の高値となる1,374ドルまで上伸した金市場ですが、米株高から高値調整局面入りとなっており20日には1,312ドルまで下落となっています。
当面は1,300ドル台を維持できるかに注目ですが、
来週は26、27日にFOMCの開催、29日に米第2四半期のGDP発表を受け
ドルがどのような反応を示すかがポイント。
ドル高進行なら1,300ドル維持に向けての正念場となる可能性があります。

7月のFOMCでの利上げは見送り予想も、9月20、21日のFOMCで利上げの
可能性は25%程度、年末12月13、14日は50%近い確率で利上げ予想と
少しづつ年内利上げの可能性を織り込み始めています。
夏場の個人消費が旺盛ならば米労働市場は持ち直し、
9月の利上げの可能性が高まってきたと、森さん。

ドル高は金市場上昇にとっては逆境ですが
現在 金市場へ中期投資資金の流入は継続しています。
金ETF市場は5月から再度、買い資金が流入していましたが、
6月に入って資金流入が加速しました。


ETFの金現物保有高は
7月20日現在、1,302.05トン(6月20日現在は1,245.60トン)
3月31日現在の1,153.94トンから約13%増加。
年初の974.68トンからは約34%増加です。

金ETFであるSPDRゴールの現物保有高は965.22トン。
3月31日現在の819.28トンから約18%増加。
年初の643.56トンからは約50%増加となりました。

注意が必要なのは投機資金。
二ューヨーク金市場での大口投機家の買い越しは
7月5日現在、31万5,963枚まで増加しました。
12日現在で29万7,463枚に減少もなお高水準。
先物市場の買いポジションはどこかで必ず反対売買によって決済されます。

ではここからの金価格動向の見通しのポイントは?
円建て金の動向やプラチナ価格との鞘などのお話を含めて
詳しく森さんにお話いただいています。
是非オンデマンド放送で森さんの解説をお聞きくださいね。

*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!

穀物生産4年連続豊作も中長期の需給は...。 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]

2016.07/20 大橋ひろこ 記事URL

エルニーニョからラニーニャへ、、、ということで天候リスクが警戒された2016年の穀物市場。実際に南米産の大豆生産には影響が出たことで4月から6月初旬にかけてシカゴ大豆相場が急騰、これに連れてとうもろこし相場も急伸する天候相場期待の値動きもありましたが、米国産トウモロコシの最重要期となるトウモロコシの受粉期の天候にはほぼ問題がなく、とうもろこし相場は上昇分の全てを吐き出す「行って来い」の相場となってしまいました。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は資源・食糧問題研究所 柴田明夫さんをお迎えして
穀物相場の足元の状況と中長期展望を伺いました。

7月12日発表の新穀需給報告としては3回目のUSDA需給レポートは
前月から需給が一段と緩和する内容となりました。

2016年~2017年度の世界農産物需給は
世界の穀物生産量25.25億トンで史上最高となり4年連続の豊作予想。

しかし柴田さんは生産量にブレはあるものの、おおよそ25億トンくらいが
世界穀物生産の頭打ちとなる水準ではないか、として、
一方で伸び続ける世界の需要(消費)を考えると、将来における需給には
不安がないわけではないと解説くださいました。

穀物貿易量(輸出)は3億8136万トンで過去2番目の水準にまで増えていますが
世界穀物生産量は25億トンです。貿易比率はわずか15%程度にすぎません。

国際も供物市場は生産量に対して貿易量が限定的であることから
「薄いマーケット」と呼ばれているのだそうです。
生産国はまずは自国の消費・備蓄分を確保、余剰分を輸出(貿易)に
回しているに過ぎないためです。

生産効率の向上などで生産量も増加している関係で貿易量も
今世紀にはいって2億トンから3億トン台後半へと拡大しているものの
全体で見れば貿易に回る比率は低いままです。


薄いマーケットであるということは、即ち値動きが大きい、ボラティリティが
高くなりがちである、ということでもあります。

特に中国は、90年台半ばの大豆輸入量はゼロだったのですが
前年度は8300万トン、今年度は8700万トンと輸入を一段と拡大するまでの
大豆輸入国となりました。90年台までは自国生産で賄っていたのですが
それでは足りなくなったということですね。


中国の場合、自国で大豆消費するだけでなく、輸入した大豆を搾油し輸出する
ビジネスを拡大しており、中国は世界の搾油工場としての性格を強めている
という背景もあるようです。

どのような理由にしろ、大豆の世界の貿易量の63%が中国という存在感。

こうした薄いマーケットに大国中国が参入してきたことは
将来の穀物価格変動のリスクでもあります。

特に多くを輸入に頼っている日本は、薄いマーケットと呼ばれる
穀物市場の激しい価格変動の影響を受けやすいのです。
自給自足ができるのが一番なのですが...。

短期的には豊作予想で価格下落となっている穀物市場ですが、
将来は。。。?!

詳しくはオンデマンド放送で柴田さんの解説をお聞きくださいね。

*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!

【観覧者募集】8月18日(木)杉村富生"特別"講演会【無料!】 [番組からのお知らせ]

2016.07/20 番組スタッフ 記事URL

8月18日(木)18:00~「マーケット・トレンド」公開生放送&杉村富生"特別"講演会を、東京・日本橋TOCOMスクエアで開催します。
決してオンエアされることのないホットな情報満載の、真夏のスペシャルイベント。このイベントに抽選で40名様を無料ご招待いたします。観覧者にはプレゼント抽選会もアリ!皆様のお申し込みをお待ちしております!


開催日 2016年8月18日(木)  受付開始 17:30  開演(放送開始) 18:00
会場 東京・日本橋 TOCOMスクエア

〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町1-10-7 東京商品取引所1階
地下鉄日比谷線 小伝馬町駅 徒歩5分
地下鉄日比谷線・浅草線 人形町駅 徒歩7分
地下鉄銀座線・半蔵門線 三越前駅 徒歩13分
会場周辺地図(TOCOMスクエアのウェブサイト)
内容 17:30 受付開始
 
18:00~18:15 「マーケット・トレンド」公開生放送

タイトル未定
コメンテーター:株式評論家・杉村富生さん
進行:大橋ひろこキャスター

18:20~18:30 東京商品取引所からお知らせ

18:30~19:30 杉村富生"特別"講演会
テーマ「投資、ここだけの話」

19:35 抽選会

19:40 終了予定

 
※スケジュールは変更される場合があります
定員 抽選で40名様をご招待(先着順ではありません)
当選者の発表は、入場券の発送をもってかえさせていただきます。
落選者の方への通知は行いませんので、予めご了承ください。

参加費用 入場無料
締切 8月10日(水)必着
主催 ラジオNIKKEI(株式会社日経ラジオ社)
お申込方法 ●インターネット 下記のウェブサイトから必要事項を明記の上お申し込みください。
プレミア証券のウェブサイトからお申し込み

●ハガキ 〒105-8565(住所不要) 「ラジオNIKKEI 8/18講演会」係 
●FAX 03-6205-7809 「8/18講演会」係
 
郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、職業、(同伴者氏名、住所)を明記ください。
お問合せ 03-6205-7805(ラジオNIKKEIセミナー事務局/平日10:00~18:00)

小次郎講師のトレードラジオ講座~予想から確立へ [『小次郎講師のトレードラジオ講座』第1期]

2016.07/19 大橋ひろこ 記事URL

日本橋堀留町のTOCOMスクエアから毎日公開生放送。マーケット・トレンド毎週火曜は「小次郎講師のトレードラジオ講座」です。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。今回のテーマはLesson11「予想から確立へ」

小次郎講師が常に口にされるダジャレ「予想はよそう」ですが、、、
いえいえ、ダジャレじゃないんです。大真面目におっしゃっているのです。

明日上がるか下がるかは50%50%。

しかし、ある局面ではバランスが崩れエッジが生じます。
エッジとは、確率の高い優位性が発生しているということ。
そのエッジのある方向にトレードすれば当たり外れはあったとしても
最終的には資金を残していくことができます。
これが「大数の法則」

大数の法則とは、
データが多くなればなるほど正確に確率が反映されることです。

例えばサイコロを6回振っても必ず1回1の目が出るとは限りませんが
6000回振れば1000回近くは1の目が出るのです。
出口調査や視聴率などはこの大数の法則に基づいています。


予想するのではなく、大数の法則に則ってエッジのある状況を見抜き
トレードすることで勝利の確率を高めることが肝要ですが、
最も大事なのは「資金管理」であるとも...。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

山本 郁
やまもと かおる

新潟テレビ21アナウンサー・ラジオNIKKEI契約アナウンサーを経てフリーに。
ニッポン放送では『高嶋ひでたけのお早う!中年探偵団』最後のアシスタントをつとめた。
ラジオNIKKEI『聴く日経』、『テイスト・オブ・ジャズ』のパーソナリティー等。

新しい一週間の始まりにお耳にかかれて光栄です!!
今聴いて下さっている“あなた”をマイクの向こうに意識して価値ある情報を、正確に分かり易くお伝えします。

大橋 ひろこ
おおはし ひろこ

フリーアナウンサー。マーケット関連、特にコモディティ、デリバティブ番組でキャスターとして活躍中。一方で映画やアニメなど声優としての顔も持つ。趣味はアンチエイジング。

袰川 有希
いやがわ ゆき

三井住友銀行勤務を経てアナウンサーに。
日本テレビ系列・静岡第一テレビにてアナウンサーを務め、日テレ報道番組の中継なども経験。
その後、テレビ東京、BSジャパン、日経CNBCなどで経済キャスターとして出演。

小次郎講師
こじろうこうし

1954年(昭和29年)岡山県岡山市生まれ。
チャート研究家・トレード手法研究会・トレードコーチ・投資の学校講師。
タートルズの考え方をベースとした小次郎講師流の手法による投資家教育を続ける。
投資教育の第一人者として、私塾の小次郎講師投資塾や投資の学校などを通じて精力的に「勝てる投資家を育てる」活動を展開している。

【著書】
・「数字オンチあやちゃんと学ぶ、稼げるチャート分析の授業」/総合法令出版
・「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った商品先物取引入門 目からウロコのチャート分析編」/ダイヤモンド社

岡安 盛男
おかやす もりお

1979年4月アムロ銀行(現ABNアムロ銀行)入行。アービトラージディーラー としてスタートし、マネーやフォワードディーラーを経て外為スポットディーラーとなる。83年RBC(カナダロイヤル銀行)資金為替部長。85年ウエストパック銀行にシニア為替ディーラーとして入行。ロンドン支店を含み約10年間勤務1994年にはインドスエズ銀行(現カリヨン銀行)にチーフカスタマーディーラーとして入行。自動車や石油会社などのメーカーや、生損保、商社などの大手顧客へ為替のアドバイスを行う。 1998年独立してデイトレーダーに転身。日本ではまだFX業者はなく、海外のFXブローカーを使ったFXデイトレーダーの先駆けとなる。

パーソナリティ一覧はコチラ