公開録音「2016年世界経済の動きと投資を考える」オンデマンドはこちら!


TOCOMスクエア

番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週月曜日~金曜日 18:00~18:15
提供:東京商品取引所

毎日夕方に15分生放送。
(月)「世界の経済・政治ニュースから」
(火)「小次郎講師のトレードラジオ講座」
(水)「専門家の目(コモディティ・マーケットの見通しなど)」
(木)「専門家の目(投資経験者のためのα情報など)」
(金)「岡安盛男のFXトレンド」 と、日替わりで最新の投資情報をお届けします。
いちはやくライブで、いつでもオンデマンドやポッドキャストでお聴きください。
キャスターは山本郁、大橋ひろこ、袰川有希が担当いたします。

新着記事

今週の放送予定(8月29日~9月2日) [山本郁コラム]

2016.08/28 山本郁 記事URL

今年で3回目の開催となる「神田カレー街食べ歩きスタンプラリー」
今年は8月23日からスタートしました。

100日間の期間中にこのスタンプラリーに参加しているカレー店を食べ歩いてスタンプの集めると
カレーマイスターに認定されるというイベントです。

去年、期間の終わりごろにこのイベントを知って残念な思いをしたので、今年の開催を楽しみにしていたんですよね♪

まずは公式ガイドブックを神保町駅でGET。
ガイドブックは一部の駅、書店、カレーショップなどで入手することが出来ます。

昨年は、参加60店舗のスタンプ全部集めるとカレーマイスターとして認定されましたが
今年はルールが変わりまして、参加83店舗を4つのブロックに分けて
1ブロック制覇したら「神田カレーマイスター」
2ブロック制覇したら「神田カレーシルバーマイスター」
3ブロック制覇したら「神田カレーゴールドマイスター」
4つ全部制覇したら「神田カレーグランドマイスター」の各賞が授与されます。


83店舗も参加しているので、このガイドブック、かなりの情報量ですよ。
今年オープンしたばかりのお店もあるんだそうです。

いろいろ迷いながらお店をチョイス。
最初に入ったお店がBブロックだったので、私はまずはBブロックを制覇することに決めました。
まずはと言いましたが、Bブロックは21店舗。
100日間で全部回るとなると5日に1店以上回らないとコンプリートは無理。
それがグランドマイスターを目指すなら、ほぼ毎日カレーを食べることになります。
これは中々のペースですよね。

ただ、どこのお店もなかなか個性的なのでカレー好きなら飽きることなく食べられそうな気がします♪

とりあえずこの週末で集めたスタンプは2つ。

牛タンカレーが名物の「仙臺(せんだい)」と、
生姜やスパイスがばっちり効いた「カリー&ワヰン ビストロべっぴん舎」

仙臺の牛タンカレーはカラメルの香ばしさが効いた欧風カレー
べっぴん舎のは、辛くないのに食べると汗が噴き出してくる薬膳カレー

どちらもガイドブックで初めて知ったお店で、どちらのもとっても美味しかったです。

新しいお店を知ることが出来るというのも楽しみの一つなんですよね。

第3回「神田カレー街食べ歩きスタンプラリー」期限は11月30日までです。

http://kanda-curry.com/?page_id=5604



それでは今週の放送予定です。

8月29日(月)
志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
「膠着抜け出すか、国際商品」


8月30日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』第2期
Lesson2「信用取引入門」


8月31日(水)
藤澤 治さん(オイルエコノミスト)
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」


9月1日(木)
津賀田真紀子さん(みずほ証券 シニアコモディティアナリスト)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」


9月2日(金)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今週も一日15分、マーケットトレンドにお付き合いくださいね!




今夜、待ち人来たる! [金曜・岡安盛男のFXトレンド]

2016.08/26 袰川有希 記事URL




オリンピックも高校野球も終わり、何かと"ロス"を感じている人が多かったであろう今週。
マーケットは見事な閑散ぶり。

週の終わりにジャクソンホールの講演が待っている、とあれば、
それも仕方ないのかもしれませんが...。

いや~今週、何度「イエレン講演待ち」というフレーズを聞いたことか。。
マーケット的には、今夜ようやく待ち人来たる、といったところでしょうかね~。

それを待つ間にも、次々に伝わった要人発言から利上げの可能性が嗅ぎ取られていましたが、
イエレン議長は「新たな金融政策」について言及している、とも。

とはいえ、これだけ利上げに関する発言が注目されている中ですから、
やはり市場の目はその点に向かうはず。

岡安さん曰く、「このところの膠着でエネルギーが溜まっている」状態だとのことなので、
発言の内容がタカ派でもハト派でも、為替が大きく動く可能性はありそうですね。

岡安さんが「大事」と言っていた、先週のドル円の週足の水準は、
100円台キープ、という結果。

今週も100円割れてもやはりすぐに戻ったし、ドルが底堅い状態は継続と言えます。
そんな中、イエレン議長の講演を経て、来週以降はどう動いていくのでしょうか。


そんなこんなで、この講演が終われば、あっという間に9月。
まだまだ暑いけど......もう秋もすぐそこですよー!

実は私も、ちょっとだけ五輪ロス...。
私にとって今年は、スポーツの秋ではなく、スポーツの夏だったようです。

......いやまぁ、私は観ていただけなんですけどね。。






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。 

今年も東京・大阪で開催! 

917日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル 

924日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール 

 

世界を動かすコモディティ。 

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる
今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。
 

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さんもご登場。 

ご友人・ご家族連れでぜひお越しください! 

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、イベントの詳細は
下記のバナーをクリックしてください。
 






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

揉みあい続く金相場、注目はファンドポジション [大橋ひろこコラム]

2016.08/25 大橋ひろこ 記事URL

ドル建て金価格は6月24日ブレグジット決定で1,358ドルまで暴騰。押し目を形成後、7月6日には2014年3月以来の高値となる1,374ドルまで上伸しましたが、その後は揉みあいに終始しています。8月24日に1,323ドルまで下落しており、7月21日安値1,311ドル近くまで下落の可能性が出てきました。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はみんかぶ商品部門アナリスト森成俊さんに
貴金属市場の動向と今後の見通しを伺いました。

現在の金市場は米金融政策待ちの揉みあい。
市場は9月の早期利上げはないとの見方が優勢でドル安が進みやすい環境と
なっていますが、26日のジャクソンホールでのイエレン議長の講演を前に
金には利食い売りが出やすい環境となっています。

ブレグジット後金市場へ中期投資資金が流入しましたが、その流れも一服。
ETFの金現物保有高は7月20日現在、1,302.05トンありましたが
現在は1,300トン割れの状態が続いています。

ただし年初の974.68トンからは約33%増加水準で高止まり中。
金ETFであるSPDRゴールの現物保有高は958.37トンとなっており、
年初の643.56トンからは約49%増加しています。

投機筋ポジションは今月16日現在、28万3,851枚の買い越し。
8月2日現在の29万4,183枚をピークに減少はしているものの依然、高水準です。
積みあがったヘッジファンドらの金ロングのポジション整理が続くかどうかが
足元の金相場にとっては大きなポイントとなっています。

ここからの金価格展望は?!
詳しくはオンデマンド放送で森さんの解説をお聞きくださいね。

*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!




ジャクソンホール会合前、原油再上昇か?! [大橋ひろこコラム]

2016.08/24 大橋ひろこ 記事URL

オリンピックも終わり、そろそろマーケット参加者が戻ってくるかと思っていましたが、まだまだ商い閑散。動意にかける値動きが続いています。特に今週は26日金曜日のジャクソンホールシンポジウムでのイエレン議長の講演に注目が集まっており、様子見気分も強い展開となっています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はエモリキャピタルマネジメント代表の江守哲さんに
金、原油市況について伺いました。


ダドリーNY連銀総裁、FRB副議長のフィッシャーさんなどFRB高官らが
タカ派発言を繰り返しているのに、ドル高機運が高まりませんが
イエレン議長はどのような発言をされるでしょう・・・。

江守さんは、金の投資家らのロングポジションが過去最高レベルに
積みあがっているリスクに言及し、長期的には金が最もいいパフォーマンスを
上げることができる投資先となるとしながらも、短期的には調整が必要な
ポジションの偏りがあると解説くださいました。

金が一時的に大きく調整するということがあるなら、
一時的なドル高がある、ということなんでしょうか?!

また、WTI原油相場は50ドルがマジックナンバーとされていましたが、
再び50ドルを目指す展開に入っているようです。
9月のOPECの非公式会合での増産凍結に向けた期待が高まる中、
積みあがったショートカバーが原油価格を押し上げています。

コモディティ市場は、投機筋のポジションの偏りのアンワインドで
価格が大きく動く市場ですので、金のロングポジション解消にも
注意が必要かと思われます。

現状の原油相場を動かす材料はシェール生産や米国在庫水準よりも
OPECの生産量がポイントだと江守さん。
特に足元ではイランの増産や凍結に向けての姿勢などが
価格変動要因となっていますね。

ここからの見通しは?!
詳しくはオンデマンド放送で江守さんの解説をお聞きくださいね。

*****************************************************************

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。


9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。

コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。

私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!

『小次郎講師のトレードラジオ講座』第2期スタート~FX取引 [火曜・『小次郎講師のトレードラジオ講座』第2期]

2016.08/23 大橋ひろこ 記事URL


日本橋堀留町のTOCOMスクエアから毎日公開生放送。マーケット・トレンド毎週火曜は「小次郎講師のトレードラジオ講座」です。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
小次郎講師のトレードラジオ講座、今回から第2期新シリーズがスタートします。lesson1は「FX取引の急所」。



FXは両替である!と小次郎講師。
FX取引は2国間の経済情勢等を比較して決まるレートを
取引するものですが、実際にはあるレートで売り手と買い手が
それぞれの通貨を交換しているということです。
よってその時折々の経済・政治情勢によって、一方の国の通貨が
偏って安くなることはあっても、通貨価値がゼロとなることはありません。



そのレートを決めるのは「実需」と「投資・投機」の動向。
実需取引は、反対売買が行われることのない
買い切り、売り切りの取引であるのに対して、
投資、投機による取引は、いずれ利益確定、あるいは損失確定による
反対売買が行われるということですから、大局のトレンドを形成する
ものではありません。この点を押さえて取引できるかどうかは
非常に重要なポイントとなってきます。


ではFX取引というのはどのような商品設計なのでしょう。


詳しくは小次郎講師の解説をお聞きくださいね。
テキストはこちら→http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=105919631


新シリーズ、第2期のテキストも販売開始しております。
こちらからダウンロードできますので、是非テキストを
ご覧いただきながらお聞きくださいね。


*****************************************************************


ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。


コモディティ投資が学べる1日。コモフェス、今年も東京・大阪で開催します。



9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール


世界を動かすコモディティ。


コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さん、江守哲さんが登壇されます。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しくださいね。


私、大橋ひろこもイベントに参加しますよ~!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、
イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!


五輪効果で日本経済も元気に!~メダル数と景気の関係 [月曜・世界の経済政治ニュースから]

2016.08/22 山本郁 記事URL

リオオリンピック、本日閉会式を迎えました。
振り返ってみると今回は、金メダル12個、銀メダル8個、銅21個、計41個と
合計メダル数は過去最高となりました。
本日のコメンテーター 経済評論家の岡田晃さんは
過去のオリンピックを見てみるとメダルの獲得が多かったオリンピックの後は経済が上り調子になった例が多いとおっしゃるのです!?

実際に、金メダルの数が10個を超えていた1964年の東京オリンピック、68年メキシコオリンピック、72年のミュンヘンオリンピックの頃は、日本は高度成長期を迎え、いざなぎ景気、列島改造論で盛り上がりました。
その後は、84年のロサンゼルスオリンピック後は、景気拡大からバブル景気に突入。
少し空いて、2004年アテネオリンピックの後は小泉構造改革で沸いた頃でした。
そして2012年のロンドンオリンピックでは金メダルの数は少なかったもののメダル総獲得数は38個で当時記録を更新。
そして2016年リオ。

国民の気持ちが上がるということもありますが、その戦い方に学ぶところがあるからなのだと岡田さんは指摘します。
今回は特に柔道と、卓球に企業が成長するヒントが大いにあったということで、具体的に説明頂きました。

岡田さんの詳しい解説はオンデマンド放送をお聴きくださいね!


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

今年も東京・大阪で開催!
9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。
コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さんもご登場。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しください!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!


新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

山本 郁
やまもと かおる

新潟テレビ21アナウンサー・ラジオNIKKEI契約アナウンサーを経てフリーに。
ニッポン放送では『高嶋ひでたけのお早う!中年探偵団』最後のアシスタントをつとめた。
ラジオNIKKEI『聴く日経』、『テイスト・オブ・ジャズ』のパーソナリティー等。

新しい一週間の始まりにお耳にかかれて光栄です!!
今聴いて下さっている“あなた”をマイクの向こうに意識して価値ある情報を、正確に分かり易くお伝えします。

大橋 ひろこ
おおはし ひろこ

フリーアナウンサー。マーケット関連、特にコモディティ、デリバティブ番組でキャスターとして活躍中。一方で映画やアニメなど声優としての顔も持つ。趣味はアンチエイジング。

袰川 有希
いやがわ ゆき

三井住友銀行勤務を経てアナウンサーに。
日本テレビ系列・静岡第一テレビにてアナウンサーを務め、日テレ報道番組の中継なども経験。
その後、テレビ東京、BSジャパン、日経CNBCなどで経済キャスターとして出演。

小次郎講師
こじろうこうし

1954年(昭和29年)岡山県岡山市生まれ。
チャート研究家・トレード手法研究会・トレードコーチ・投資の学校講師。
タートルズの考え方をベースとした小次郎講師流の手法による投資家教育を続ける。
投資教育の第一人者として、私塾の小次郎講師投資塾や投資の学校などを通じて精力的に「勝てる投資家を育てる」活動を展開している。

【著書】
・「数字オンチあやちゃんと学ぶ、稼げるチャート分析の授業」/総合法令出版
・「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った商品先物取引入門 目からウロコのチャート分析編」/ダイヤモンド社

岡安 盛男
おかやす もりお

1979年4月アムロ銀行(現ABNアムロ銀行)入行。アービトラージディーラー としてスタートし、マネーやフォワードディーラーを経て外為スポットディーラーとなる。83年RBC(カナダロイヤル銀行)資金為替部長。85年ウエストパック銀行にシニア為替ディーラーとして入行。ロンドン支店を含み約10年間勤務1994年にはインドスエズ銀行(現カリヨン銀行)にチーフカスタマーディーラーとして入行。自動車や石油会社などのメーカーや、生損保、商社などの大手顧客へ為替のアドバイスを行う。 1998年独立してデイトレーダーに転身。日本ではまだFX業者はなく、海外のFXブローカーを使ったFXデイトレーダーの先駆けとなる。

パーソナリティ一覧はコチラ