自分で取引を実際に体験・学習!「TOCOM 先物・オプションシミュレーター」はこちら!
(外部サイトへ移動します)


TOCOMスクエア

番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週月曜日~金曜日 18:00~18:15
提供:東京商品取引所

毎日夕方に15分生放送。
(月)「世界の経済・政治ニュースから」
(火)「小次郎講師のトレードラジオ講座」
(水)「専門家の目(コモディティ・マーケットの見通しなど)」
(木)「専門家の目(投資経験者のためのα情報など)」
(金)「岡安盛男のFXトレンド」 と、日替わりで最新の投資情報をお届けします。
いちはやくライブで、いつでもオンデマンドやポッドキャストでお聴きください。
キャスターは山本郁、大橋ひろこ、袰川有希が担当いたします。

新着記事

レンジが続く原油相場、ここからのポイント [大橋ひろこコラム]

2017.04/26 大橋ひろこ 記事URL

OPECの減産合意の遵守率は意外に高かったものの、米国の原油在庫増で供給過剰感が高まったことで3月、WTI原油価格は50ドル台のレンジを下方ブレイク。米国の商業用原油在庫が5億3千万バレルと市場最高になり、また石油掘削リグの上昇が弱気材料となりました。OECD諸国全体で第1四半期は、在庫増となっています。

3月末からリビアでの武装勢力による生産減少、OPECは6月以降も減産を継続するという観測から原油価格は下げ止まり、4月6日の米軍のシリアの軍事基地への攻撃で、地政学的な不安要因により再び50ドル大台を回復。しかし、50ドルレンジを維持するのは難しく、価格は再び40ドル台へと下落しています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はオイルエコノミスト藤沢治さんに原油市場を取り巻く材料と
今後の展望を伺いました。

ここからの原油市場の最大の関心は5月25日のOPEC定例総会。
現時点では減産の継続が決定されることを前提とした価格となっているため、
足並みが乱れることがあれば価格の下落要因となります。
市場予想通り減産延長が合意されたとしても、
これまでのような高い遵守率が維持できるのかどうかがポイントとなってきます。


米国のシェールオイルの生産回復も弱材料。
EIAは2017年のシェールオイル生産を日量60万バレル増と予想していますが、
藤沢さんはこの数字に懐疑的。日量100万バレル増にまで膨らむ可能性を
指摘されています。50ドルにまで原油価格が上昇してくると、シェール生産も
採算が見合うため、足元では増産基調がトレンドとなっています。

対して米国のガソリン需要は思ったほど伸びていません。5月末から
ドライビング・シーズンに入るので、需要増が期待されており
IEAは2017年の世界の石油需要を前年対比日量130万バレル増としているのですが、
足元の世界経済状況では、あまりに楽観的な予想のような気がしますね。

米国の対イラン制裁の復活もささやかれ、シリア、イラク、IS,そして
アラブ/イスラエル紛争激化と中東の不安定化は価格高騰要因となりますが
地政学上のリスクが価格を引き上げた場合、その高値は長期化しないものです。

藤沢さんに今後の価格動向を展望いただいています。
詳しくはオンデマンド放送で藤沢さんの解説をお聞きくださいね。

*****************************************

ここで、東京商品取引所(TOCOM)からお知らせです。
当番組を毎日放送しているコモディティの情報発信基地、
東京・日本橋「TOCOMスクエア」は、この5月で開設1周年を迎えます。

そこで5/10~5/12は「TOCOMスクエア1周年記念ウィーク!」とし、
ラジオNIKKEI「マーケット・トレンド」と連携して
毎日TOCOMスクエアで記念イベントを開催します。

3日間、ラジオ放送後にプレゼント(軽食)付きセミナーを開催。
投資に役立つ最新情報を、各分野の専門家から伺います。

詳しくは、下記のバナーをクリックしてください(外部サイトにアクセスします)

小次郎講師のトレードラジオ講座~一目均衡表の「半値線」の秘密 [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第1期]

2017.04/25 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座/中級編.
~チャート分析を極める~がテーマです。

18:15~18:30の15分間、毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)

生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。
また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。

こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。
テキストはこちらから→http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=115743699

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今シリーズは半年をかけて一目均衡表を徹底マスターしていきます。
今回は一目均衡表第4回「一目均衡表の骨格「半値線」の秘密」

半値線とは、ある一定期間の最高値と最安値を足して2で割ったものです。
ある一定期間の価格変動の中心を「相場水準」と呼びますが
半値線はある一定期間の相場水準、売買勢力の均衡点、トレンドを
教えてくれるのですが、実は一目均衡表は「半値線」で出来ている
と言っても過言ではありません。

①転換線  過去9日間の最高値と最安値の半値
     → 短期的な相場の均衡点

②基準線  過去26日間の最高値と最安値の半値
      →中期的な相場の均衡点

③先行スパン2 過去52日間の最高値と最安値の半値
       (※それを26日将来に描画)
      →長期的な相場の均衡点

何故半値線が重要で、それを描く一目均衡表をどのように見れば
相場が解ってくるのか、その真理を小次郎講師に解説いただきました。
読んで字のごとく「一目」で「均衡」点が解るチャートなんです!!

詳しくはオンデマンド放送で!



*****************************************

ここで、東京商品取引所(TOCOM)からお知らせです。
当番組を毎日放送しているコモディティの情報発信基地、
東京・日本橋「TOCOMスクエア」は、この5月で開設1周年を迎えます。

そこで5/10~5/12は「TOCOMスクエア1周年記念ウィーク!」とし、
ラジオNIKKEI「マーケット・トレンド」と連携して
毎日TOCOMスクエアで記念イベントを開催します。

3日間、ラジオ放送後にプレゼント(軽食)付きセミナーを開催。
投資に役立つ最新情報を、各分野の専門家から伺います。

詳しくは、下記のバナーをクリックしてください(外部サイトにアクセスします)

「地政学リスクと 金・原油相場」 [日経新聞編集委員]

2017.04/24 山本郁 記事URL

フランス大統領選挙の第一次投票の結果、EUの統合深化を掲げる独立系中道候補のエマニュエル・マクロン氏と、EU離脱の国民投票を掲げる極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン氏が5月7日の第二次投票へ進むことになりました。
ひとまず、‟即EU離脱"というシナリオは無くなり、緊張が解けて金相場が下げるかなと思ったら
今日のTOCOMマーケットは、金は小幅続伸、原油は反落という結果に。

本日のコメンテーターの、日本経済新聞社 編集局 編集委員の志田富雄さんによると
商品相場は、仏大統領選の結果をみて動いたというより、為替というワンクッションを置いて反応した。
ドル建ての金相場は、円安をみて大きく下げましたが、円建ての金は円安で相殺されて殆ど動かない...という格好になったと説明して下さいました。
ただ、仏のEU離脱の動きは第二次投票でどのような結果になるかは分からないし、英でにわか持ち上がった総選挙問題、根強く残る債務問題など、欧州を廻る不透明さは決して解消されたわけではありません。
そして北朝鮮問題も。

今日は「地政学リスクと金・原油相場」というテーマで志田さんにお話し頂きました。
金については、シリアやアフガニスタンへのミサイル攻撃などで、トランプ政権は実行に移す政権なんだ...と印象付けられたことからも、地政学リスクが改めてクローズアップされています。
長期的にはこれで相場転換があったかというのはまだ疑問があるけれど、短期的には底を打ったと見てもいいのではないかと志田さん。
また、原油についても伺いました。
詳しい志田さんの解説はオンデマンドでお聴きくださいね。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!
金の魅力を伝え、関心を深めるためのこの時期恒例イベント
「ゴールドフェスティバル2017」が、6月24日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。

金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。

当日は、"ゴールドのスペシャリスト"亀井幸一郎さんの講演や、当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さんと、お笑いコンビ・パックンマックンによる、ゴールドの魅力を語るスペシャルトークショーなど内容盛りだくさん!
友人・ご家族連れでぜひお越しください!

参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。(外部サイトにジャンプします)



今週の放送予定(4月24日~28日) [山本郁コラム]

2017.04/23 山本郁 記事URL

東京でお花見の時期を外してしまったので、週末、桜前線を追いかけて岩手へ出かけてきました。

岩手の桜はようやく見ごろを迎え始めたばかり。
宿の人からは、桜は来週かな...と聞いていたのでちょっと心配だったのですが
北上川の岸辺には、ちゃんと桜の白い花のトンネルが出来ていました。

宮沢賢治の生誕の地、花巻。
この桜並木は、賢治の愛した「イギリス海岸」にあります。

賢治と親交のあった石川啄木も、北上川を懐かしんだ短歌を残していますよね。

ちなみに、岩手のブランド豚肉に「白金豚(はっきんとん)」があります。
プラチナポークとも呼ばれていますが、
宮沢賢治が「ブランドン農学校の豚」という作品の中で、豚が大地の恵みを受け上質な食肉を生み出していく様を
「自然界の触媒だ。白金と同じことなのだ」と豚を白金に例えたことに由来しているのだそうです。

宮沢賢治とコモディティーの接点を見つけてなんだか興奮した私でした。

花巻の街で、白金豚を食べさせてくれるお店を沢山見かけました。
新幹線の車中で食べた白金豚弁当もとても美味しかったです。

もうすぐGW
岩手、青森で満開の桜が見られるかもしれませんね。


それでは今週の放送予定です。


4月24日(月)
志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
「地政学リスクと金、原油相場」


4月25日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第1期
Lesson 4『一目均衡表の骨格「半値線」の秘密』


4月26日(水)
藤澤 治さん(オイルエコノミスト)
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」


4月27日(木)
菊川弘之さん(マーケットアナリスト)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」


4月28日(金)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」


今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね。







イースター休暇が明け、円高懸念要因後退の週に? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]

2017.04/21 袰川有希 記事URL


この時期の「あるある」。

一人はコートにセーター、一人はシャツに薄手のカーディガン、という「同じ東京の同じ場所にいる二人ですよね!?」と突っ込みたくなる、アンバランスな服装の人たちが集まる光景。

スタジオにやって来たときの、岡安さんと私の話です。
あるある......。



さて。
イースター休暇明けとなった今週。
そのイースターも無事過ぎ、市場には安心感が。

アメリカが中国を為替操作国に認定しなかったことは日本の円にとっても安心材料になったようで、そういったことからも、円高要因の諸々が後退した週明けとなったよう。

そんな中、週の前半にはヨーロッパでサプライズが。
イギリスのメイ首相が、総選挙前倒しに言及。

2020年に予定していたものを今年6月にという展開に、ポンドは急伸。
今メイ首相は支持率が高く、選挙は今が得策...との思惑から来ているそうです。

選挙と言えば、今度の日曜にはフランスの大統領選挙の第一回投票が。
直近の世論調査ではマクロン氏優勢と伝わっていたものの、パリの中心でテロがおき、マクロン氏優勢がこのまま続くかはわからなくなったそう。

その選挙の結果は、来週月曜、東京時間に伝わります。
岡安さん曰く、それまで大きなポジションを持つより様子を見てもいいかも、とのことでした。

ムニューシン財務長官が、トランプ大統領の「ドルは強すぎる」発言について弁明したり、「強いドルは長期的に見て良い」との発言もあるなか、ドル円は110円に再び乗せるのか?

ただ市場はドル円への見方が否定的、とのことなので、読みは難しそうです。



そして生放送の帰り道、少し肩をすくめて歩く私。
季節先行で薄着しちゃったパターン。

あるある......。




*     *     *     *     *





ここで、東京商品取引所(TOCOM)からお知らせです。
当番組を毎日放送しているコモディティの情報発信基地、
東京・日本橋「TOCOMスクエア」は、この5月で開設1周年を迎えます。

そこで5/10~5/12は「TOCOMスクエア1周年記念ウィーク!」とし、
ラジオNIKKEI「マーケット・トレンド」と連携して
毎日TOCOMスクエアで記念イベントを開催します。

3日間、ラジオ放送後にプレゼント(軽食)付きセミナーを開催。
投資に役立つ最新情報を、各分野の専門家から伺います。

詳しくは、下記のバナーをクリックしてください(外部サイトにアクセスします)





日本エネルギー経済研究所 小山氏に聞く原油市況 [大橋ひろこコラム]

2017.04/20 大橋ひろこ 記事URL

WTI原油価格50ドル台、、、どうやら現状ではこの価格帯が居心地が良いようです。2016年11月OPECと非OPECが協調減産で合意した後、40ドル台から水準を切り上げ、3か月あまりに渡って50ドル台でのレンジが続きました。3月に米国の原油在庫増やシェール生産増などを嫌気しレンジを下方ブレイクするも、再び価格は50ドル台へ通し戻されています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は日本エネルギー経済研究所 常務理事 首席研究員 小山 堅さんを
お迎えし、原油価格を取り巻く現状と今後についてお話を伺いました。


OPECの減産遵守率が高いことは歴史的に珍しいことのようですが、
今回はサウジを筆頭に減産が粛々と実施されているようです。
しかしながら、減産によって原油価格が押し上げられたことで
米国シェール生産が息を吹き返し、米国原油生産は増加傾向。
米国シェール原油の生産コストは40ドル前後にまで下がっているとか。

また、米国のガソリン消費も伸び悩んでおり、今後の世界景気にも
懸念があるなかで、原油価格が50ドルを超えて高値を追う環境には
なさそうです。ただし、2016年に原油価格が大きく下落したことで
設備投資が止まった影響も残っており、世界の石油需給は
2017年第4四半期にはリバランスするとみられており、
2016年にあったような20ドル台への急落があるというような
脆弱な相場でもありません。

トランプ政権のエネルギー政策、そして、昨今高まってきた有事への警戒。。。

小山さんにここからのポイントを伺っています。
詳しくはオンデマンド放送で小山さんの解説をお聞きくださいね。



*****************************************

ここで、東京商品取引所(TOCOM)からお知らせです。
当番組を毎日放送しているコモディティの情報発信基地、
東京・日本橋「TOCOMスクエア」は、この5月で開設1周年を迎えます。

そこで5/10~5/12は「TOCOMスクエア1周年記念ウィーク!」とし、
ラジオNIKKEI「マーケット・トレンド」と連携して
毎日TOCOMスクエアで記念イベントを開催します。

3日間、ラジオ放送後にプレゼント(軽食)付きセミナーを開催。
投資に役立つ最新情報を、各分野の専門家から伺います。

詳しくは、下記のバナーをクリックしてください(外部サイトにアクセスします)

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

山本 郁
やまもと かおる

新潟テレビ21アナウンサー・ラジオNIKKEI契約アナウンサーを経てフリーに。
ニッポン放送では『高嶋ひでたけのお早う!中年探偵団』最後のアシスタントをつとめた。
ラジオNIKKEI『聴く日経』、『テイスト・オブ・ジャズ』のパーソナリティー等。

新しい一週間の始まりにお耳にかかれて光栄です!!
今聴いて下さっている“あなた”をマイクの向こうに意識して価値ある情報を、正確に分かり易くお伝えします。

大橋 ひろこ
おおはし ひろこ

フリーアナウンサー。マーケット関連、特にコモディティ、デリバティブ番組でキャスターとして活躍中。一方で映画やアニメなど声優としての顔も持つ。趣味はアンチエイジング。

袰川 有希
いやがわ ゆき

三井住友銀行勤務を経てアナウンサーに。
日本テレビ系列・静岡第一テレビにてアナウンサーを務め、日テレ報道番組の中継なども経験。
その後、テレビ東京、BSジャパン、日経CNBCなどで経済キャスターとして出演。

小次郎講師
こじろうこうし

1954年(昭和29年)岡山県岡山市生まれ。
チャート研究家・トレード手法研究会・トレードコーチ・投資の学校講師。
タートルズの考え方をベースとした小次郎講師流の手法による投資家教育を続ける。
投資教育の第一人者として、私塾の小次郎講師投資塾や投資の学校などを通じて精力的に「勝てる投資家を育てる」活動を展開している。

【著書】
・「数字オンチあやちゃんと学ぶ、稼げるチャート分析の授業」/総合法令出版
・「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った商品先物取引入門 目からウロコのチャート分析編」/ダイヤモンド社

岡安 盛男
おかやす もりお

1979年4月アムロ銀行(現ABNアムロ銀行)入行。アービトラージディーラー としてスタートし、マネーやフォワードディーラーを経て外為スポットディーラーとなる。83年RBC(カナダロイヤル銀行)資金為替部長。85年ウエストパック銀行にシニア為替ディーラーとして入行。ロンドン支店を含み約10年間勤務1994年にはインドスエズ銀行(現カリヨン銀行)にチーフカスタマーディーラーとして入行。自動車や石油会社などのメーカーや、生損保、商社などの大手顧客へ為替のアドバイスを行う。 1998年独立してデイトレーダーに転身。日本ではまだFX業者はなく、海外のFXブローカーを使ったFXデイトレーダーの先駆けとなる。

パーソナリティ一覧はコチラ