番組紹介

国、特に厚生労働省は人に関わる諸政策を達成するためにさまざまな助成制度を設けています。
この助成金の種類や主旨、仕組みなどを、8回に渡って詳しくご紹介します。

番組を聞いて、ぜひとも今後の企業活動に活かして下さい。

各回の主な内容
(1)助成金とは?
(2)雇い入れの助成金1『トライアル雇用助成金』
(3)雇い入れの助成金2『3年以内既卒者トライアル雇用奨励金』
(4)雇い入れの助成金3『3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金』
(5)雇用を守る助成金1『中小企業緊急雇用安定助成金』その1
(6)雇用を守る助成金2『中小企業緊急雇用安定助成金』その2
(7)会社を作る時の助成金『受給資格者創業支援助成金』
(8)その他の助成金

有料版コンテンツのお知らせ

好評発売中!
 経営改善トラの巻~社会保険料節約法 パート1/パート2

ダウンロード版 各2,100円(税込み・各約45分)
CD版 2枚組 5,250円(税込・約45分×2)

「社会保険料が高すぎるよ」「何とかならないの?」そんな経営者や人事労務担当者の皆様に、社会保険料節約のポイントを解説します。

パーソナリティ
松川裕馬


松川裕馬
社会保険労務士。(株)セレナ顧問。
職業訓練学校やビジネスマン向けの研修等での講師業務を行うかたわら、都内や千葉県内のイベント会場や商工会にてセミナー講師を務める。

新着記事

4月16日より新シリーズ「社会保険入門」が放送されます。

2012.04/12 スタッフK 記事URL

これまでBizステージHRでは「経営改善トラの巻」シリーズとして、無料放送の「助成金活用法」8回と有料販売コンテンツ「社会保険料節約法」をお送りして参りました。

これに加えて、社会保険ってそもそも何?という疑問をお持ちの方や、年金や保険の仕組みをもう一度一から理解したいという方のために、入門編のコンテンツとしてシリーズ第3弾「社会保険入門」の無料放送全4回を4月16日(月)の17:45~18:00を皮切りに4日連続で放送することとなりました。

くわしい情報はこちらからどうぞ!


最終回 そのほか様々な助成金

2012.03/14 スタッフK 記事URL

あっという間の最終回です。今回はなるべくたくさんの助成金についてご紹介していきましょう。

派遣労働者雇用安定化特別奨励金

6ヶ月を超える期間継続して派遣労働者を受け入れていた業務に、派遣労働を直接雇用した場合に奨励金が支給される。
※H24/3/31までの暫定措置です。

被災者雇用開発助成金

東日本大震災による被災離職者及び被災地域に居住する求職者の方(65歳未満)をハローワーク若しくは地方運輸局又は適正な運用を期すことのできる有料・無料職業紹介事業者の紹介により、継続して1年以上雇用することが見込まれる労働者として雇い入れた事業主に対して、助成金が支給されます。

受動喫煙防止対策助成金(PDFは千葉県の例です。)

顧客が喫煙できることをサービスに含めて提供している旅館、料理店又は飲食店を営む中小企業に対し、喫煙室の設置等の取組に対し助成すること
により受動喫煙防止対策を推進することを目的としています。

このほか、都道府県・市町村などで設けている助成金もあります。ぜひ会社があるあるいは事業を行っている地方公共団体のホームページや広報をご覧いただいたり、お問い合わせいただければと思います。

そして是非、松川講師のメッセージをお聴きいただきたいと思います。制度を正しく、そして上手に活用して会社を是非軌道に乗せて頂きたいと願っております。松川講師は今後も、会社のホームページ自身のブログ、そしてイベント等で情報発信を行ってまいります。

尚、助成金を実際に申請する際には、PDFのパンフレット等をご覧いただいた上で、お近くのハローワークや、普段お付き合いのある社会保険労務士の方に是非ご相談ください。

<第8回放送日時>
3月14日(水)22時45分~
3月15日(木)17時45分~
3月28日(水)22時45分~
3月29日(木)17時45分~

※社会保険の仕組みを知り、保険料の節約を図りたい方。ぜひ、有料販売コンテンツ「社会保険料節約法」をご利用ください。


第7回 会社を作る時の助成金『受給資格者創業支援助成金』

2012.03/14 スタッフK 記事URL

これまで会社経営側の助成を中心にお伝えしてきましたが、
今回は新たに会社を作る人が受けられる『受給資格者創業支援助成金』をご紹介します。
厚生労働省の『受給資格者創業支援助成金』についてのPDFはこちらになります。


この助成金の狙いですが、「雇用保険の受給資格者(失業者)自らが創業し、その事業主が創業1年以内に継続して雇用する労働者を雇い入れて、雇用保険の適用の事業主となった場合に、その事業主に対して創業に要した費用の一部について助成することにより、失業者の自立を積極的に支援する」ということです。

失業者が逆に雇用保険加入の労働者を雇うような起業をしたら、創業費用に関しては助成するということなんです。

今回のポイントは
○雇用保険の受給資格者って?
○受給の条件は?
○受給金額
○受給対象となる経費
等です。

実際にご利用の際には、PDFの記述等をご覧いただいた上で、お近くのハローワークや、普段お付き合いのある社会保険労務士の方にご相談ください。

<第7回放送日時>
3月14日(水)17時45分~
3月14日(水)22時30分~
3月28日(水)17時45分~
3月28日(水)22時30分~


次回は最終回ということで様々な助成金についてお伝えします。

※社会保険の仕組みを知り、保険料の節約を図りたい方。ぜひ、有料販売コンテンツ「社会保険料節約法」をご利用ください。


第6回 雇用を守る助成金2『中小企業緊急雇用安定助成金』その2

2012.03/12 スタッフK 記事URL

前回の続きで『中小企業緊急雇用安定助成金』のうち、教育訓練についてお届けします。
休業をずっと続けていると、仕事にでかけていた時のリズムが崩れ、従業員の士気がどうしても落ちてしまいます。

そこで『中小企業緊急雇用安定助成金』では従業員の方のスキルアップを図るための教育訓練を受けてもらって、そのための教育費をプラスして助成するという制度があります。

今回のポイントは
○受給の要件(前回同様)。
○事業所内訓練と事業所外訓練とは。
○対象となる訓練の種類。
○支給額について。
○注意していただきたいこと。
○補足事項。
などです。

この『中小企業緊急雇用安定助成金』には出向によって助成を受ける仕組みもございます。今回の番組ではご紹介できませんでした。
出向の仕組みも含めて実際にご利用の際には、PDFのガイドブック等をご覧いただいた上で、お近くのハローワークや、普段お付き合いのある社会保険労務士の方にご相談ください。

<第6回放送日時>
3月12日(月)22時45分~
3月13日(火)17時45分~
3月26日(月)22時45分~
3月27日(火)17時45分~

次回は『受給資格者創業支援助成金』についてお伝えします。

※社会保険の仕組みを知り、保険料の節約を図りたい方。ぜひ、有料販売コンテンツ「社会保険料節約法」をご利用ください。


第5回 雇用を守る助成金1『中小企業緊急雇用安定助成金』その1

2012.03/12 スタッフK 記事URL

中小企業の定義ってご存知でしたか?

中小企業基本法によりますと中小企業者の定義は
業種:従業員規模・資本金規模
製造業・その他の業種:300人以下又は3億円以下
卸売業:100人以下又は1億円以下
小売業:50人以下又は5,000万円以下
サービス業:100人以下又は5,000万円以下
となっています。
(ただし、中小企業緊急雇用安定助成金においては小売業の中に飲食業を含むこととしています。)

総務省「平成18年事業所・企業統計調査(基幹統計)」によれば、中小企業数(会社数+個人事業者数)は、約419.8万社で、全企業数に占める割合は99.7%です。

これらの中小企業がいわゆるリーマンショックをきっかけとした景気後退以降、東日本大震災・円高不況・風水害などで苦しんでいます。

それでも、従業員の雇用を守りたいと思っている事業主のために、厚生労働省は平成20年12月より、従来からあった雇用調整助成金(こちらも中小企業以外の企業向けに存続しています。)を見直し、中小企業緊急雇用安定助成金制度を創設しました。

雇用調整助成金及び中小企業緊急雇用安定助成金ガイドブック(WEB閲覧用PDF)はこちらからどうぞ。


今回はこの中小企業緊急雇用安定助成金の仕組みと休業についてご紹介しています。

ポイントは
○受給の要件(生産量要件について)
○休業のルール
○支給額について
○注意していただきたいこと。
などです。



実際にご利用の際には、PDFのガイドブック等をご覧いただいた上で、お近くのハローワークや、普段お付き合いのある社会保険労務士の方にご相談ください。


<第5回放送日時>
3月12日(月)17時45分~
3月12日(月)22時30分~
3月26日(月)17時45分~
3月26日(月)22時30分~

次回は『中小企業緊急雇用安定助成金』その2として「教育訓練」についてお伝えします。

※社会保険の仕組みを知り、保険料の節約を図りたい方。ぜひ、有料販売コンテンツ「社会保険料節約法」をご利用ください。


第4回 雇い入れの助成金3『3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金』

2012.03/07 スタッフK 記事URL

厚生労働省管轄の助成金には数十種類ありますが、雇い入れの助成金もいろいろあります。この番組でご紹介する3つめの雇い入れの助成金は『3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金』。

今回もいわゆる第2新卒対象ですが、こちらは正規雇用が前提で、今後の会社を担う中核人材足りうる正社員を採用してもらおうという助成制度です。


厚生労働省発行のPDFはこちらになります。


ポイントは
○3年以内既卒者とは。(これは前回と同じですね。)
○支給対象は。
○支給金額は。そして何度も利用できるものではないようですね。
○受給対象の労働者は・・・どういった学校の卒業者が対象でしょうか?『3年以内既卒者トライアル雇用奨励金』と違うようですね。
○注意していただきたいことは・・・

そして雇い入れの助成金にはほかのものもあります。ただ期間限定のものや、新年度から新たに立ち上がることもあると思います。ぜひ厚生労働省のホームページでご確認下さい。


実際、御社で利用しようと思われたら、PDFのパンフレット等をご覧いただいた上で、お近くのハローワークや、普段お付き合いのある社会保険労務士の方にご相談ください。


<第4回放送日時>
3月7日(水)22時45分~
3月8日(木)17時45分~
3月21日(水)22時45分~
3月22日(木)17時45分~

次回は、雇用維持のための助成金についてご紹介します。

※社会保険の仕組みを知り、保険料の節約を図りたい方。ぜひ、有料販売コンテンツ「社会保険料節約法」をご利用ください。


新着記事一覧

新着一覧はコチラ