旅行写真作家・結解喜幸さん書き下ろし! <台湾鉄路の列車旅>ミニ講座② [放送内容]
2020.11/12 番組スタッフ 記事URL

アジアフレンドシップシリーズ「21世紀の台湾と日本」が放送20周年を記念して豪華リニューアル!

「もっと聞きたい!21世紀の台湾と日本~台湾の元気を訪ねて」


2000年7月にスタートした台日友好番組が20周年を迎え、更にパワーアップします。

世界中から注目を浴びる、新型コロナ感染拡大防止の現在や、オシャレなTAIWANスタイルなど、台湾をタイムリーに紹介。

台湾の元気、台日交流が活発化する源泉は何か?など、多様なテーマを通じて"台湾の魅力"を紹介していきます。
「哈台」「哈日」には留まらない、未来志向の「台日友好」ラジオです。


現在西武ライオンズ・呉念庭選手のサイン色紙など豪華賞品が抽選で当たるプレゼント企画を実施中!
番組の感想や台湾のもっと聞きたい!と思ったことなどを添えて、ご応募ください。
詳しくはこちらをご覧ください。(今回から締め切りが放送翌週の金曜日までとなります。期間が短くなっておりますのでご注意ください)

https://ssl.radionikkei.jp/event/taiwan-present201107.html

次回の放送は11月14日(土)9:00~9:30です!

今週14日の第6回放送では最近人気の<台湾の鉄道の魅力>を特集します。

それに先駆け、ゲストの旅行写真作家・結解喜幸(けっけ よしゆき)さんが
この番組のために<台湾鉄路の列車旅>このミニ講座を書き下ろしてくださいました

充実の3回シリーズです。

写真もご覧になりながら、14日のオンエアも是非お聞きください。

放送では結解さんからの「お宝」プレセントもあります!お聞き逃しなく♪

講座2回目は平溪・深澳線です。


番組ではリスナーの皆様からの台湾について知りたいことやメッセージを募集しています。
順次、当HPで公開される出演者の皆様への質問も大歓迎です!
HP右側の「番組宛メールフォーム」からどしどしお送りください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■台湾鉄路の列車旅 平溪・深澳線

台北近郊の観光スポットで断トツの人気を誇るのが、東部幹線(宜蘭線)瑞芳駅を起点とするローカル線の列車旅。
台北駅から快速列車(區間快)で約40分、一部の列車を除いて特急・急行列車(自強號・莒光號)も停車するので、ゆったりと指定席で移動することもできる。
瑞芳駅前から路線バスに乗れば、かつて金鉱の町として栄えたレトロな街並みが人気の九份老街まで僅か10分。
この地は夕方から夜にかけて訪れるのがベストなので、列車旅の帰りに立ち寄るのがおススメとなる。


瑞芳駅に到着したら、駅窓口で「平溪・深澳雙支線一日週遊券」(80元)を購入。



台北駅の専用窓口でも販売しているので、台北駅を出る前に買っておくのがベスト。
平溪線全線と深澳線全線、東部幹線瑞芳~三貂嶺間が一日乗り放題となるので、行ったり来たり、気が向いたら途中下車と自由に利用できる、ローカル線の旅に必携のきっぷだ。

まずは深澳線の列車に乗って、終点の八斗子駅を目指そう。



途中停車駅は海科館駅のみの短いローカル線だが、次の海科館駅は台湾最北端にある鉄道駅。
2007年に営業休止となった路線だが、海洋科技博物館の開館に合わせて瑞芳~海科館間が2014年に復活した。
さらに2016年には八斗子駅まで延伸され、ホームから海を眺められる駅として人気がある。
なお、八斗子~深澳間の線路跡を利用したレールバイクが運行されており、レールバイクに乗れば深澳までの車窓を楽しむこともできる。

八斗子駅で海の風景を満喫した後は、平溪線直通の列車に乗って十分駅を目指そう。



瑞芳駅の次の侯【石同】駅は猫村の最寄り駅。村の中を自由に歩き回る猫が話題のスポットで、猫との時間を過ごしてみたい場合は、途中下車するとよいだろう。



この駅を発車すると列車の車窓左手に基隆河の渓谷が映し出され、都会の風景から自然豊かな風景に変わったことを実感できる。

次の三貂嶺駅から分岐した列車は、右手にカーブして平溪線を走る。
大華駅を過ぎて、トンネルを抜けると右手に施設の門が見えるが、ここは台湾のナイヤガラと呼ばれる十分瀑布の入り口。
列車が鉄橋を渡り、左にカーブすると街中へと入る。
線路の両側に民家や店舗が建ち並ぶ十分老街で、列車が軒先すれすれに通り過ぎると十分駅に到着する。




十分駅で途中下車し、列車に乗ってきた方向へと歩くと、すぐに十分老街に到着。
線路の両側には天燈店が軒を連ねており、天燈の4面に願いを書いて飛ばすことができる。
旅の記念に願い事を書いて上げてみてはいかがだろうか。

天燈を上げた後、線路沿いの道をさらに進むと左手に炭鉱の施設が見えてくる。
ここは旧炭鉱を利用した「新平溪炭礦博物館」で、炭鉱で使用されていたトロッコ列車に乗ることができる。






さらに先に進めば、先ほど入り口のあった十分瀑布があり、暑い日であれば一服の涼を求めて立ち寄ってみたい。

十分駅に戻ったら、次は終点の菁桐駅まで列車に乗車。
この路線はもともと沿線の炭鉱から産出する石炭を輸送するために敷設されたため、沿線には古い炭鉱町の面影が残っている。
石炭の積み出しに使用された施設なども残っており、終点にある施設はレストランとして活用している。
隣の平溪駅までは約2キロ、平溪老街を散策して往時の賑わいを感じてみるのも良いだろう。

復路は平溪駅から来た列車に乗ることにする。八斗子行きであれば、そのまま瑞芳駅まで行けるが、逆の菁桐行きでも終点ですぐに折り返すので大丈夫だ。
このように行き先に関わらず利用できるのが、一日乗車券の魅力となる。往路で途中下車しなかった猫村に立ち寄るのもよし、海の風景を見に八斗子駅まで行くのもよしと、自由自在の列車旅ができる。

瑞芳駅では駅前(九份行きは少し離れた場所)から九份老街へと向かえば、そこに旅のクライマックスとなる夕景が待っているだろう。

【MEMO】

・台北駅~瑞芳駅間の片道運賃は指定席の自強號が76元、自由席の區間車は49元。

・往復の運賃+一日乗車券「平溪・深澳雙支線一日週遊券」80元。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
結解喜幸さんプロフィール

1953年、東京生まれ。
幼少の頃から鉄道が好きで、暇さえあれば列車に乗って日本国中を旅していた。
出版社勤務の後、旅行写真作家として国内・海外の取材を行う。
30年以上前に訪れた台湾の鉄道の魅力に嵌り、すでに訪台歴300回を数える。
『台湾一周鉄道の旅』(光人社)、など単行本のほか、『台湾鉄道パーフェクト』(交通新聞社)、『台湾鉄道の旅完璧ガイド』(イカロス出版)、『鉄道ダイヤ情報』(交通新聞社)などで台湾の鉄道の魅力を発信中。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この番組は過去の放送をポッドキャスト配信で聴くことができます。
パソコンの方は番組HP右側の『いつも聴く!ポッドキャスト』、スマートフォンの方は番組HP下の「オンデマンド・ポッドキャストはこちら」をご覧ください。

旅行写真作家・結解喜幸さん書き下ろし! <台湾鉄路の列車旅>ミニ講座① [放送内容]
2020.11/11 番組スタッフ 記事URL

アジアフレンドシップシリーズ「21世紀の台湾と日本」が放送20周年を記念して豪華リニューアル!

「もっと聞きたい!21世紀の台湾と日本~台湾の元気を訪ねて」


2000年7月にスタートした台日友好番組が20周年を迎え、更にパワーアップします。

世界中から注目を浴びる、新型コロナ感染拡大防止の現在や、オシャレなTAIWANスタイルなど、台湾をタイムリーに紹介。

台湾の元気、台日交流が活発化する源泉は何か?など、多様なテーマを通じて"台湾の魅力"を紹介していきます。
「哈台」「哈日」には留まらない、未来志向の「台日友好」ラジオです。


現在西武ライオンズ・呉念庭選手のサイン色紙など豪華賞品が抽選で当たるプレゼント企画を実施中!
番組の感想や台湾のもっと聞きたい!と思ったことなどを添えて、ご応募ください。
詳しくはこちらをご覧ください。(今回から締め切りが放送翌週の金曜日までとなります。期間が短くなっておりますのでご注意ください)

https://ssl.radionikkei.jp/event/taiwan-present201107.html

次回の放送は11月14日(土)9:00~9:30です!

今週14日の第6回放送では最近人気の<台湾の鉄道の魅力>を特集します。

それに先駆け、ゲストの旅行写真作家・結解喜幸(けっけ よしゆき)さんが
この番組のために<台湾鉄路の列車旅>このミニ講座を書き下ろしてくださいました

充実の3回シリーズです。

写真もご覧になりながら、14日のオンエアも是非お聞きください。

放送では結解さんからの「お宝」プレセントもあります!お聞き逃しなく♪

講座1回目は「台湾新幹線」です。


番組ではリスナーの皆様からの台湾について知りたいことやメッセージを募集しています。
順次、当HPで公開される出演者の皆様への質問も大歓迎です!
HP右側の「番組宛メールフォーム」からどしどしお送りください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■台湾鉄路の列車旅・台湾新幹線3日間乗り放題




台湾新幹線の開業により、台湾西部エリアは北部~中部~南部間が日帰り圏となった。
台北駅と左營駅は最速1時間36分で結ばれ、始発・終発を利用すれば約14時間の滞在時間となる。





日本と高雄を結ぶ直行便が就航しているので、出入国審査場が比較的空いている高雄空港を利用するのがベストだ。
台北よりも高雄の方がホテル代など物価も安く、高雄を起点に台北まで足を延ばすのも台湾を楽しむ魅力的なルートとなる。

高雄を起点に中部や北部エリアを巡るには、台湾新幹線の利用が必要不可欠だが、外国人専用のおトクなフリーパスが用意されており、連続3日間乗り放題となる「台湾高鐵3日パス」(2,200元)が利用できる。



ちなみに台北駅~左營駅間の片道運賃は1,490元。往復するだけで2,980元となり、3日間乗り放題2,200元がいかにおトクかがわかるだろう。
日本出発前に旅行代理店(ネット決済後にEチケットバウチャー発券)で購入し、高鐵の駅窓口にパスポートともに提示すれば、すぐにパスを発見してくれる。
自由席が利用できるほか、何度でも指定席を利用することができるので、途中駅から乗る時も席の心配は不要だ。

>
台湾新幹線は日本の新幹線システムの初輸出として建設され、車両は東海道・山陽新幹線の700系車両がモデルのため、TAIWANの頭文字を付した700T車両と呼ばれている。
先頭車の形状は700Tオリジナルだが、車体側面や車内は日本の新幹線そのものだ。
車内に一歩入ると3+2列配置の座席、ブルー系の座席モケット、座席背後のテーブルにある車両案内、壁面にある日本の家電メーカーのエアコンの広告など、東海道・山陽新幹線に乗るような錯覚に陥るはずだ。
もちろん、似て非なる部分もあり、それを探すのも楽しいだろう。

>
フリーパスを利用する時は気にかけることはないが、普通にきっぷを買う時は日本との大きな違いがあるので注意が必要だ。
在来線の台鐵も同様で、新幹線や特急列車に乗る時に必要なのは1枚のきっぷ(特急料金と運賃が合算されている)で、途中下車前途無効となることだ。
例えば、日本では東京→京都の乗車券と東京→名古屋、名古屋→京都の特急券を購入すれば名古屋駅で途中下車できるが、台湾では乗車区間ごとのきっぷを購入する必要がある。









また、フリーパスでは乗車できないが、6号車には日本のグリーン車に相当する商務車が連結されている。
2+2席配置の大型リクライニングシートが装備され、ゆったりとした乗り心地を楽しめる。
車内では飲み物や茶菓子のサービスを受けることもでき、至福の時を過ごすことができる。







二人で予約したのに席がAとCと離れ離れになったと思う人が多いが、実は普通車の窓側がAとE、通路側はCとDになることから、それに合わせてAC+DEの座席番号が付けられている。
商務車にはB席が存在しないのも面白いだろう。

そして、新幹線と在来線(台鐵)が同じ都市名を名乗る駅でも、南港駅、台北駅、板橋駅以外は離れた場所にあることも頭の中に入れておきたい。

桃園駅は在来線の桃園駅とバスアクセス、新竹駅は在来線の六家線六家駅(在来線の新竹駅まで電車で約20分)、苗栗駅は在来線の縦貫線豊富駅(在来線の苗栗駅までは電車で約4分)、台中駅は在来線の縦貫線新烏日駅(在来線の台中駅までは電車で約12分)、彰化駅は在来線の田中駅とバスアクセス、嘉義駅は在来線の嘉義駅とバスアクセス、台南駅は在来線の沙崙線沙崙駅(在来線の台南駅まで電車で約25分)、左營駅は在来線の新左營駅(もともと隣接して左營駅がある。在来線の左營駅には新幹線の乗換駅ではない案内が日本語で表示されたこともある)となる。

なお、雲林駅は在来線の駅にはない名称だが、在来線の縦貫線斗六駅までバスアクセスとなる。

以上の基礎知識があれば、台湾新幹線を利用した各地へのアクセスも楽々行うことができるだろう。台湾の西部エリアでは速くて快適なアクセスを楽しんでみよう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
結解喜幸さんプロフィール

1953年、東京生まれ。
幼少の頃から鉄道が好きで、暇さえあれば列車に乗って日本国中を旅していた。
出版社勤務の後、旅行写真作家として国内・海外の取材を行う。
30年以上前に訪れた台湾の鉄道の魅力に嵌り、すでに訪台歴300回を数える。
『台湾一周鉄道の旅』(光人社)、など単行本のほか、『台湾鉄道パーフェクト』(交通新聞社)、『台湾鉄道の旅完璧ガイド』(イカロス出版)、『鉄道ダイヤ情報』(交通新聞社)などで台湾の鉄道の魅力を発信中。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この番組は過去の放送をポッドキャスト配信で聴くことができます。
パソコンの方は番組HP右側の『いつも聴く!ポッドキャスト』、スマートフォンの方は番組HP下の「オンデマンド・ポッドキャストはこちら」をご覧ください。

放送後記⑤西武ライオンズ呉念庭選手サイン色紙プレゼント応募も受付中! [放送内容]
2020.11/09 番組スタッフ 記事URL

アジアフレンドシップシリーズ「21世紀の台湾と日本」が放送20周年を記念して豪華リニューアル!

「もっと聞きたい!21世紀の台湾と日本~台湾の元気を訪ねて」


2000年7月にスタートした台日友好番組が20周年を迎え、更にパワーアップします。

世界中から注目を浴びる、新型コロナ感染拡大防止の現在や、オシャレなTAIWANスタイルなど、台湾をタイムリーに紹介。

台湾の元気、台日交流が活発化する源泉は何か?など、多様なテーマを通じて"台湾の魅力"を紹介していきます。
「哈台」「哈日」には留まらない、未来志向の「台日友好」ラジオです。

第4回目の放送は、番組でもおなじみのイベントプロデューサー・福井昌平さん台湾の地方都市活性」をテーマに地方都市の面白さ、その魅力などを教えていただきました。
また交流メッセージには西武ライオンズの呉念庭選手が登場!
惜しくもCSシリーズ進出は逃してしまいましたが、来年の呉選手の活躍にも期待!ですね。
ますます広く深くなりそうな野球交流も、これから楽しみです。



是非お聴きいただいた方は感想や台湾のもっと聞きたい!と思ったことなどを添えて、豪華プレゼントへご応募ください!

詳しくはこちらをご覧ください。(今回から締め切りが放送翌週の金曜日までとなります。期間が短くなっておりますのでお気を付けください)

https://ssl.radionikkei.jp/event/taiwan-present201107.html


聞き逃した方、もう一回聴き直したい方はラジコのタイムフリーやポッドキャスト配信で何度でも聴くことができます。

次回の放送は11月14日(土)9:00~9:30です!


今回は留学生よっちゃんが電話出演してくれた際にも話していた感激のYouTube出演についてメッセージが届きました!
~三原ジャパン(サンエンジャパン)~は蔡英文総統との動画コラボや、百万人超の登録者数が居るなど、今や台湾で最も有名ともいえる日本人ユーチューバーチームです。
台湾では本当に様々な日本人が活躍していますね。よっちゃんの大活躍、番組も応援していますよ~!


番組ではリスナーの皆様からの台湾について知りたいことやメッセージを募集しています。
順次、当HPで公開される出演者の皆様への質問も大歓迎です!
HP右側の「番組宛メールフォーム」からどしどしお送りください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

台湾で活躍されている日本人YouTuber『三原JAPAN』の動画に出演させてもらいました〜😭❣️

私は台湾の事を全く知らないまま中国語を勉強しはじめたのですが、
塾の先生に「台湾で活躍してる日本人YouTuberがいるよ〜」と教えてもらったのが三原JAPAN!
そんな憧れの方の動画に出演させてもらい、本当に夢のような時間でした✨

 

動画内で台湾の缶詰食べたのですが、どれもこれもいい意味で裏切ってくる🤣
全く予想ができないものばかりで面白かったので、みなさん3回は見てくださいね!

そして三原JAPANの三原さんご本人が私の大学にインタビューにも来てくださいました😚✨



外国人に台湾の好きな食べ物を聞き回りました!
輔仁大學は言語センターがあるので中国語を勉強しに来ている外国籍の方が沢山いらっしゃいます😯!
そしてキャンパスが緑で囲まれている大学なので、都会にありながらもゆったりとした雰囲気の大学です🌿☘️🍃🍀🌴

今回は私が大好きな食べ物がテーマだったので、熱く語り過ぎてしまいました😝三原さんまだ潤餅食べた事ないのとっても驚きでした!!是非食べて頂きたい...🥺
台湾に来て一年目なのにもかかわらず、こんなに素敵な経験をさせていただいてとってもハッピーです✌🏻💕 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Dianaさんプロフィール

よっちゃんプロフィール

Diana/良寧~よっちゃん

輔仁大学二年 スペイン語学科

福岡の予備校で中国語を一年学び、輔仁大学に入学。現在多国籍シェアハウスに住みながら、台湾の言語や文化を学んでいます。

趣味はグルメ開拓と魚を捌くこと。YouTube、インスタグラム、ブログにて台湾の情報を発信しています。

インスタグラム 

http://instagram.com/diana_000708

ブログ

https://diana78taiwan.xyz/?s=Diana




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この番組は過去の放送をポッドキャスト配信で聴くことができます。
パソコンの方は番組HP右側の『いつも聴く!ポッドキャスト』、スマートフォンの方は番組HP下の「オンデマンド・ポッドキャストはこちら」をご覧ください。

「もっと聞きたい!21世紀の台湾と日本~台湾の元気を訪ねて」11/7(土)9時から第5回放送! [放送内容]
2020.11/06 番組スタッフ 記事URL

アジアフレンドシップシリーズ「21世紀の台湾と日本」が放送20周年を記念して豪華リニューアル!



「もっと聞きたい!21世紀の台湾と日本~台湾の元気を訪ねて」
明日2020年11月7日() 9:00~9:30 第5回放送です!

 

2000年7月にスタートした台日友好番組が20周年を迎え、更にパワーアップします。
世界中から注目を浴びる、新型コロナ感染拡大防止の現在や、オシャレなTAIWANスタイルなど、台湾をタイムリーに紹介。

台湾の元気、台日交流が活発化する源泉は何か?など、多様なテーマを通じて"台湾の魅力"を紹介していきます。
「哈台」「哈日」には留まらない、未来志向の「台日友好」ラジオです。

第5回は最近注目を集める、台湾の地方都市活性に焦点を当てています。
地方都市の面白さ、その魅力など番組ならではの情報満載です。


ゲストは番組でもおなじみのイベントプロデューサー・福井昌平さん。
故・李登輝元総統からのひとことが、台湾のイベントアドバイザーとしてのきっかけという福井さんは、2010台北花博、2018台中花博など大成功の立役者です。


今度台湾に行く時は、どの地方都市に出かけてみようか・・・ぜひ参考にもなさってくださいね。

交流メッセージには西武ライオンズの呉念庭選手が登場!
高校時代から来日している呉選手からは"日本に来ている台湾人選手みんなを応援してほしい"とのメッセージをいただきました。
ますます広く深くなりそうな野球交流も、これから楽しみです。


豪華プレゼントもありますよ!

●台湾観光局より~観光局マスコットキャラクター・オーション特製ミニタオル+眼鏡ふきセット   2名様

●呉念庭選手のサイン色紙   1名様



皆様からのご応募お待ちしています!(応募受付は第5回放送後からとなります)

https://ssl.radionikkei.jp/event/taiwan-present201107.html


番組ではリスナーの皆様からの台湾について知りたいことやメッセージを募集しています。
順次、当HPで公開される出演者の皆様への質問も大歓迎です!HP右側の「番組宛メールフォーム」からどしどしお送りください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



後援
 台北駐日経済文化代表處
 公益財団法人 日本台湾交流協会
 台湾観光局

協力
 RTI 中央広播電台

 

出演(敬称略)
パーソナリティ 山本 直也(台湾大好き!アナウンサー)


番組パートナー:陳璟さん(筑波大学人間総合科学研究科芸術専攻博士2年)



呉選手を応援に来ました!ケイちゃんの楽しそうな様子が伝わってきます。



「現在台湾」リポーター:よっちゃん(輔仁大学留学生 スペイン語学科2年)




メイントーク:福井昌平さん(イベント学会理事・副会長/日本デザインコンサルタント協会理事/日本ESD学会評議員/台湾行政院文化部国際諮問顧問/八王子市産業振興参与)






交流メッセージ:呉 念庭さん(野球選手 西武ライオンズ



ⒸSEIBU Lions



ⒸSEIBU Lions



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この番組は過去の放送をポッドキャスト配信で聴くことができます。
パソコンの方は番組HP右側の『いつも聴く!ポッドキャスト』、スマートフォンの方は番組HP下の「オンデマンド・ポッドキャストはこちら」をご覧ください。

「もっと聞きたい!21世紀の台湾と日本~台湾の元気を訪ねて」放送後記④小林幸子さんサイン色紙プレゼント応募も受付中! [放送内容]
2020.10/26 番組スタッフ 記事URL

アジアフレンドシップシリーズ「21世紀の台湾と日本」が放送20周年を記念して豪華リニューアル!

「もっと聞きたい!21世紀の台湾と日本~台湾の元気を訪ねて」


2000年7月にスタートした台日友好番組が20周年を迎え、更にパワーアップします。

世界中から注目を浴びる、新型コロナ感染拡大防止の現在や、オシャレなTAIWANスタイルなど、台湾をタイムリーに紹介。

台湾の元気、台日交流が活発化する源泉は何か?など、多様なテーマを通じて"台湾の魅力"を紹介していきます。
「哈台」「哈日」には留まらない、未来志向の「台日友好」ラジオです。

第4回目の放送は、おなじみのジャーナリスト・野嶋剛さんに「今、なぜ台湾なのか!」をテーマ"今、なぜこんなにも台湾が人気なのか、この20年で消費文化としても進化を遂げた台湾"などについて、分かりやすく解説していただきました。

またアシスタントは初回に続き、ケイちゃんこと陳璟さん
今回は小林幸子さんへのインタビューを担当してくれましたよ。

是非お聴きいただいた方は感想や台湾のもっと聞きたい!と思ったことなどを添えて、豪華プレゼントへご応募ください!

詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.radionikkei.jp/news/present/taiwan-present201024.html


聞き逃した方、もう一回聴き直したい方はラジコのタイムフリーやポッドキャスト配信で何度でも聴くことができます。

次回の放送は11月7日(土)9:00~9:30です!


今回は野嶋さんから放送後記が届きましたので紹介します。
次回の登場は、12/5(土)の予定です!お聴き逃しなく。

番組ではリスナーの皆様からの台湾について知りたいことやメッセージを募集しています。
順次、当HPで公開される出演者の皆様への質問も大歓迎です!
HP右側の「番組宛メールフォーム」からどしどしお送りください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





ラジオNIKKEIでのスタジオ出演、実は今回が初めてでした。
取材でなんども話を聞いていただきましたが、スタジオはやっぱり格別です。
アットホームなみなさんのチームワークはとても居心地がよく、
台湾のことをとても楽しみながらリラックスしてたっぷり話をさせてもらいました。
このシリーズではあと一回出演します。
ぜひぜひまたお会いしましょう!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この番組は過去の放送をポッドキャスト配信で聴くことができます。
パソコンの方は番組HP右側の『いつも聴く!ポッドキャスト』、スマートフォンの方は番組HP下の「オンデマンド・ポッドキャストはこちら」をご覧ください。

「もっと聞きたい!21世紀の台湾と日本~台湾の元気を訪ねて」10/24(土)9時から第4回放送、超豪華!小林幸子さんサイン色紙プレゼントも! [放送内容]
2020.10/23 番組スタッフ 記事URL

アジアフレンドシップシリーズ「21世紀の台湾と日本」が放送20周年を記念して豪華リニューアル!



「もっと聞きたい!21世紀の台湾と日本~台湾の元気を訪ねて」
明日2020年10月24日() 9:00~9:30 第4回放送です!

 

2000年7月にスタートした台日友好番組が20周年を迎え、更にパワーアップします。
世界中から注目を浴びる、新型コロナ感染拡大防止の現在や、オシャレなTAIWANスタイルなど、台湾をタイムリーに紹介。

台湾の元気、台日交流が活発化する源泉は何か?など、多様なテーマを通じて"台湾の魅力"を紹介していきます。
「哈台」「哈日」には留まらない、未来志向の「台日友好」ラジオです。

第4回は前回の「日本に根付いてきた台湾」を更に掘り下げるべく「今、なぜ台湾なのか!」をテーマに、番組でおなじみのジャーナリスト・野嶋剛さんにお話を伺っています。

大東文化大学特任教授でもある野嶋さんならではの視点で、"今、なぜこんなにも台湾が人気なのか、この20年で消費文化としても進化を遂げた台湾"などについて、分かりやすく解説くださいました。

さすが!の野嶋さんのお話に、これから更に注目されていきそうな" TAIWAN"~納得です。

 

そしてあの!ラスボス★Sachiko Kobayashi!も登場!!
台湾愛にあふれる小林幸子さんのメッセージもお聞き逃しなく!

今回インタビューさせていただいたのは、10月17日(土)埼玉県のメットライフドーム(旧・西武球場)の埼玉西武ライオンズ×オリックス戦で開催された毎年恒例の「台湾デー」。



まだ観光目的での渡航ができない中ですが、台湾観光親善大使・小林幸子さんによる始球式などで、大いに盛り上がりました!




第4回パートナーはそんな小林幸子さんへのインタビューにチャレンジ!してくれたケイちゃんこと陳璟さんです。
ケイちゃんのこの笑顔から小林さんに会えた喜びが伝わってきます!





豪華プレゼントもありますよ!

●台湾観光局より~故宮博物院キーホルダー ※デザインは選べません 2名様

●大好評の「台湾エクセレンスマスク」(抽出後のコーヒー豆から作ったエコマスク)と「すごいぞ!台湾」ムック本(優れた台湾商品や産業を紹介)のセット 3名様


●小林幸子さんサイン色紙(台湾で"媽祖"と崇められる小林さんをお守りのように飾れる自立式色紙です)  1名様


●ゲスト・野嶋剛さんサイン入り著書「なぜ台湾は新型コロナウイルスを防げたのか』(扶桑社新書)   1名様



皆様からのご応募お待ちしています!(応募受付は第4回放送後からとなります)

http://www.radionikkei.jp/news/present/taiwan-present201024.html


番組ではリスナーの皆様からの台湾について知りたいことやメッセージを募集しています。
順次、当HPで公開される出演者の皆様への質問も大歓迎です!HP右側の「番組宛メールフォーム」からどしどしお送りください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



後援
 台北駐日経済文化代表處
 公益財団法人 日本台湾交流協会
 台湾観光局

協力
 RTI 中央広播電台

 

出演(敬称略)
パーソナリティ 山本 直也(台湾大好き!アナウンサー)


番組パートナー:陳璟さん(筑波大学人間総合科学研究科芸術専攻博士2年)



野嶋 剛さん(ジャーナリスト、作家、大東文化大学特任教授)

 


小林 幸子さん
(歌手 台湾観光親善大使)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この番組は過去の放送をポッドキャスト配信で聴くことができます。
パソコンの方は番組HP右側の『いつも聴く!ポッドキャスト』、スマートフォンの方は番組HP下の「オンデマンド・ポッドキャストはこちら」をご覧ください。

「もっと聞きたい!21世紀の台湾と日本~台湾の元気を訪ねて」10/24(土)放送は小林幸子さんのインタビューをOA! [放送内容]
2020.10/19 番組スタッフ 記事URL

アジアフレンドシップシリーズ「21世紀の台湾と日本」が放送20周年を記念して豪華リニューアル!

「もっと聞きたい!21世紀の台湾と日本~台湾の元気を訪ねて」


2000年7月にスタートした台日友好番組が20周年を迎え、更にパワーアップします。

世界中から注目を浴びる、新型コロナ感染拡大防止の現在や、オシャレなTAIWANスタイルなど、台湾をタイムリーに紹介。

台湾の元気、台日交流が活発化する源泉は何か?など、多様なテーマを通じて"台湾の魅力"を紹介していきます。
「哈台」「哈日」には留まらない、未来志向の「台日友好」ラジオです。


今週10/24(土)第4回目の放送は、台湾観光親善大使を務める小林幸子さんのインタビューをお届けします!
第1回放送アシスタントのケイちゃんこと陳璟さんにインタビュアーを務めてもらいました。
今回取材させていただいたのは埼玉西武ライオンズが毎年実施している「台湾デー」
西武にはケイちゃんと同じ台北出身の呉念庭選手が所属していることもあり、楽しく観戦できたようです♪
そんなケイちゃんから取材レポートが届きましたので、今回はこちらを紹介します。


次回の放送は10月24日(土)9:00~9:30です!

番組ではリスナーの皆様からの台湾について知りたいことやメッセージを募集しています。
順次、当HPで公開される出演者の皆様への質問も大歓迎です!
HP右側の「番組宛メールフォーム」からどしどしお送りください!


また豪華プレゼント企画も実施中!
詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.radionikkei.jp/news/present/taiwan-present201010.html


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


10月17日に西武対オリックスの試合を「台湾デー」取材のお陰で観戦することができました。



コロナ禍のため、今年はなかなか野球観戦ができませんでした。


でも前日に先発投手を見て、オリックスは台湾の張選手ということで、西武の呉選手が先発できれば、台湾選手対決が見れる!と、いつもの観戦よりワクワクしました。


 



ワクワクのもう一つの理由は、始球式のゲスト~小林幸子さんのインタビューを任されたことです。

 小さい頃から、いつも台湾で「紅白」に出演していた小林さんを見ていたので、その小林さんが私の目の前に座ってインタビューを受けてくださるなんて、非現実だと思っていました。

でも短い時間でしたが、本物の小林さんにお話をお聞きすることができ、小林さんの優しさと台湾愛が私にもはっきり伝わりました。


 


試合は「台湾デー」を主催した側の西武が負けましたが、台湾人選手の対決を見ることができて、小林さんにインタビューした私は、昨日の一番の勝者かもしれません(笑)。

 いつ台湾へ帰れるのがわからない今、友達と会いたい・・・、母親の手料理を食べたい・・・と、たまにホームシックになる時もあります。

でも自分と同じように、日本で頑張っている人がいるのを考えると、私も負けずに、台湾にいる人達と再会するためにも元気で頑張ろうと思えます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この番組は過去の放送をポッドキャスト配信で聴くことができます。
パソコンの方は番組HP右側の『いつも聴く!ポッドキャスト』、スマートフォンの方は番組HP下の「オンデマンド・ポッドキャストはこちら」をご覧ください。

アジアフレンドシップシリーズ「もっと聞きたい!21世紀の台湾と日本~台湾の元気を訪ねて」放送後記③ [放送内容]
2020.10/12 番組スタッフ 記事URL

アジアフレンドシップシリーズ「21世紀の台湾と日本」が放送20周年を記念して豪華リニューアル!

「もっと聞きたい!21世紀の台湾と日本~台湾の元気を訪ねて」


2000年7月にスタートした台日友好番組が20周年を迎え、更にパワーアップします。

世界中から注目を浴びる、新型コロナ感染拡大防止の現在や、オシャレなTAIWANスタイルなど、台湾をタイムリーに紹介。

台湾の元気、台日交流が活発化する源泉は何か?など、多様なテーマを通じて"台湾の魅力"を紹介していきます。
「哈台」「哈日」には留まらない、未来志向の「台日友好」ラジオです。

第3回目の放送は、TAITRA台湾貿易センター東京事務所所長の陳英顯さんに台湾製品の魅力をお話いただきました。

またアシスタントは初登場の馬嘉伶さん(AKB48)!山本アナとのトークも必聴です。

是非お聴きいただいた方は感想や台湾のもっと聞きたい!と思ったことなどを添えて、豪華プレゼントへご応募ください!

詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.radionikkei.jp/news/present/taiwan-present201010.html


聞き逃した方、もう一回聴き直したい方はラジコのタイムフリーやポッドキャスト配信で何度でも聴くことができます。

次回の放送は10月24日(土)9:00~9:30です!


第3回の放送ではよっちゃんが電話で出演してくれました。
実はAKB48のファンだったというよっちゃん!
馬嘉伶さんとお話できて、とっても楽しそうだったよっちゃんの様子もタイムフリーやポッドキャストで聴くことができますよ(笑)

そんなよっちゃんから放送後記が届きましたので紹介します。

番組ではリスナーの皆様からの台湾について知りたいことやメッセージを募集しています。
順次、当HPで公開される出演者の皆様への質問も大歓迎です!
HP右側の「番組宛メールフォーム」からどしどしお送りください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大家好!皆様こんにちは。

Dianaこと留学生のよっちゃんです。

 

10/10の放送は初めての電話で、とっても緊張しました。

でも放送はとても楽しいです。

 

楽しいといえば、実は台湾で活躍されている日本人YouTuber『三原JAPAN』にも出演させてもらいました〜。



私は台湾の事を全く知らないまま中国語を勉強しはじめたのですが、塾の先生に「台湾で活躍してる日本人YouTuberがいるよ〜」と教えてもらったのが三原JAPAN!

そんな憧れの方の動画に出演させてもらい、本当に夢のような時間でした。

 

次回はそのお話をぜひさせて頂きたいと思います。

日本の皆様、お元気でおすごしください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Dianaさんプロフィール

よっちゃんプロフィール

Diana/良寧~よっちゃん

輔仁大学二年 スペイン語学科

福岡の予備校で中国語を一年学び、輔仁大学に入学。現在多国籍シェアハウスに住みながら、台湾の言語や文化を学んでいます。

趣味はグルメ開拓と魚を捌くこと。YouTube、インスタグラム、ブログにて台湾の情報を発信しています。

インスタグラム 

http://instagram.com/diana_000708

ブログ

https://diana78taiwan.xyz/?s=Diana


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この番組は過去の放送をポッドキャスト配信で聴くことができます。
パソコンの方は番組HP右側の『いつも聴く!ポッドキャスト』、スマートフォンの方は番組HP下の「オンデマンド・ポッドキャストはこちら」をご覧ください。

「もっと聞きたい!21世紀の台湾と日本~台湾の元気を訪ねて」10/10(土)9時から第3回放送! [放送内容]
2020.10/10 番組スタッフ 記事URL

アジアフレンドシップシリーズ「21世紀の台湾と日本」が放送20周年を記念して豪華リニューアル!



「もっと聞きたい!21世紀の台湾と日本~台湾の元気を訪ねて」
明日2020年10月10日() 9:00~9:30 第3回放送です!

 


2000年7月にスタートした台日友好番組が20周年を迎え、更にパワーアップします。
世界中から注目を浴びる、新型コロナ感染拡大防止の現在や、オシャレなTAIWANスタイルなど、台湾をタイムリーに紹介。

台湾の元気、台日交流が活発化する源泉は何か?など、多様なテーマを通じて"台湾の魅力"を紹介していきます。
「哈台」「哈日」には留まらない、未来志向の「台日友好」ラジオです。

<第3回>のテーマは"日本に根付いてきた台湾製品"

 

台湾製品を語るならこの方!

TAITRA台湾貿易センター東京事務所所長の陳英顯さんに様々な台湾製品の魅力と、これから更に進化していく"メイド イン TAIWAN"についてたっぷりお聞きしています。

 

パートナーはいよいよ初登場!AKB48のまちゃりんこと馬嘉伶さんです。


豪華プレゼントもありますよ!

●台湾観光局より〜故宮博物院キーホルダーを2名様※デザインは選べません  2名


●馬嘉伶さんの出身地・台中で誕生した、タピオカミルクティー発祥の台湾カフェ「春水堂」から春水堂全店舗で使用可能なドリンクチケット 10名様(※12月31日有効期限)

●TAITRA台湾貿易センターから「台湾エクセレンスマスク」(抽出後のコーヒー豆から作ったエコマスク)と「すごいぞ!台湾」ムック本をセット 5名様


皆様からのご応募お待ちしています!(応募受付は第3回放送後からとなります)

http://www.radionikkei.jp/news/present/taiwan-present201010.html


番組ではリスナーの皆様からの台湾について知りたいことやメッセージを募集しています。
順次、当HPで公開される出演者の皆様への質問も大歓迎です!HP右側の「番組宛メールフォーム」からどしどしお送りください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



後援
 台北駐日経済文化代表處
 公益財団法人 日本台湾交流協会
 台湾観光局

協力
 RTI 中央広播電台

 

出演(敬称略)
パーソナリティ 山本 直也(台湾大好き!アナウンサー)


番組パートナー:馬嘉伶(AKB48)

AKB48 馬嘉伶オフィシャルYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCc7yVzUspydhv4zPd3PgIbQ






「現在台湾」リポーター:よっちゃん(台湾 輔仁大学留学生)



謝 長廷台北駐日経済文化代表處 代表)



陳英顯(TAITRA台湾貿易センター東京事務所 所長)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この番組は過去の放送をポッドキャスト配信で聴くことができます。
パソコンの方は番組HP右側の『いつも聴く!ポッドキャスト』、スマートフォンの方は番組HP下の「オンデマンド・ポッドキャストはこちら」をご覧ください。

アジアフレンドシップシリーズ「もっと聞きたい!21世紀の台湾と日本~台湾の元気を訪ねて」放送後記② [放送内容]
2020.09/28 番組スタッフ 記事URL

アジアフレンドシップシリーズ「21世紀の台湾と日本」が放送20周年を記念して豪華リニューアル!

「もっと聞きたい!21世紀の台湾と日本~台湾の元気を訪ねて」


2000年7月にスタートした台日友好番組が20周年を迎え、更にパワーアップします。

世界中から注目を浴びる、新型コロナ感染拡大防止の現在や、オシャレなTAIWANスタイルなど、台湾をタイムリーに紹介。

台湾の元気、台日交流が活発化する源泉は何か?など、多様なテーマを通じて"台湾の魅力"を紹介していきます。
「哈台」「哈日」には留まらない、未来志向の「台日友好」ラジオです。

第2回目の放送は、藤重太さんから台湾のコロナ対策についてや、久しぶりの登場!漫才少爺からの近況報告をお送りしました。

是非お聴きいただいた方は感想や台湾のもっと聞きたい!と思ったことなどを添えて、豪華プレゼントへご応募ください!

詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.radionikkei.jp/news/present/taiwan-present200926.html


聞き逃した方、もう一回聴き直したい方はラジコのタイムフリーやポッドキャスト配信で何度でも聴くことができます。

次回の放送は10月10日(土)9:00~9:30です!


第2回の放送のアシスタントは番組出演10年以上の一青妙さんに務めていただきました。

山本アナとの掛け合いもすっかりお馴染みですね!

いつも変わらぬ笑顔にスタッフも癒されています。

今回は妙さんから放送後記をいただきましたので紹介します。

妙さん、お疲れさまでした!

次回出演は、11月放送の予定です。



番組ではリスナーの皆様からの台湾について知りたいことやメッセージを募集しています。
順次、当HPで公開される出演者の皆様への質問も大歓迎です!
HP右側の「番組宛メールフォーム」からどしどしお送りください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



番組20周年記念ということですが、私もこの番組にお世話になってから10年以上が経ちました。

「台湾」をテーマとした番組ということもあり、プロデューサーからコーディネーター、アナウンサーの方々は、みなさん台湾人のように明るくて親切な人ばかり。
すっかり仲良くさせてもらいながら、毎回、収録を楽しんでおります。

振り返れば、台湾と日本の関係はここ20年でだいぶ変わってきました。

コンビニや街中では台湾関連の店が増え、様々な場面で「台湾◯◯」を見聞きできるようになり、嬉しい限りです。

今回のゲスト・藤重太さんのように、日台を行き来しながらご活躍されている方の声を一人でも多く取り上げ、日台の交流がさらに盛んになることを、番組を通して応援していきたいです。

また、私自身も、文章を書くことで、台湾と繋がっていきたいと思います。

これからも、どうぞよろしくお願い致します!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この番組は過去の放送をポッドキャスト配信で聴くことができます。
パソコンの方は番組HP右側の『いつも聴く!ポッドキャスト』、スマートフォンの方は番組HP下の「オンデマンド・ポッドキャストはこちら」をご覧ください。

 全6ページ中4 ページ   前の10件 1 2 3 [4] 5 6 次の10件