アジアフレンドシップシリーズ「もっと聞きたい!21世紀の台湾と日本~台湾の元気を訪ねて」放送後記① [放送内容] [21世紀の台湾と日本]
2020/09/15(火) 11:00

アジアフレンドシップシリーズ「21世紀の台湾と日本」が放送20周年を記念して豪華リニューアル!

「もっと聞きたい!21世紀の台湾と日本~台湾の元気を訪ねて」


2000年7月にスタートした台日友好番組が20周年を迎え、更にパワーアップします。

世界中から注目を浴びる、新型コロナ感染拡大防止の現在や、オシャレなTAIWANスタイルなど、台湾をタイムリーに紹介。

台湾の元気、台日交流が活発化する源泉は何か?など、多様なテーマを通じて"台湾の魅力"を紹介していきます。
「哈台」「哈日」には留まらない、未来志向の「台日友好」ラジオです。

記念すべき第1回目の放送はお聴きいただけましたか?

是非お聴きいただいた方は感想や台湾のもっと聞きたい!と思ったことなどを添えて、豪華プレゼントへご応募ください!

詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.radionikkei.jp/taiwan/21_2.html


聞き逃した方、もう一回聴き直したい方はラジコのタイムフリーやポッドキャスト配信で何度でも聴くことができます。

次回の放送は9月26日(土)9:00~9:30です!


新たな試みとして、台湾からの留学生に番組パートナーの一人として登場頂いています。

それが"ケイちゃん"こと、陳 璟さんです。

ラジオは初めて!のケイちゃんから、初収録の感想を聞いてみました。

ケイちゃん、お疲れさまでした!次回出演は、10月24日放送の予定です。

リスナーの皆さん、ケイちゃんの応援もよろしくお願いします。



番組ではリスナーの皆様からの台湾について知りたいことやメッセージを募集しています。
順次、当HPで公開される出演者の皆様への質問も大歓迎です!
HP右側の「番組宛メールフォーム」からどしどしお送りください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ラジオ局っていったいどんな所だろう?

ラジオの収録って、スタジオって、どういう感じなんだろう?

と興味津々ながらも、ちょっと緊張してラジオNIKKEIさんに向かいました。

虎ノ門からすぐのビルで、それはお洒落で大きな建物。

ますます緊張しながら、スタジオに入りました。

 

でも自分が使うマイクを見た瞬間、落ち着けました。

なぜなら、放送用のマイクが、大学のディペート授業などで使っている物と、形がほぼ同じだったからです。

放送用のマイクが、ものすごい形状の物に違いないと、私は勝手に想像していたのです。

なので、とても安心しました。

 

収録はとても楽しく、また勉強になりました。

 

山本アナウンサーさんが本番になると、ふだんとは違う話し方になり、さすがプロだなと、前で聞いていて感動しました。

私は大学院の発表でも、日本語だとついつい"棒読み"になってしまい、先生から「もっと明るく楽しくを心がけて」と言われるので日本語に感情を乗せていくのは、今の課題なのです。

感情をコントロールしながら話す山本さんのおしゃべりや時間や内容の調節に、瞬時に対応できる仕事ぶりを目の当たりにできて感激でした。

 

また小西プロデューサーさんの指示が分かりやすく、次はこんな風に喋ろう、余計なことを話さず簡単に伝えてみよう、と、自分もその場で考えながら対応することが、少しできた気がします。 

次回の収録では、もう少し感情や気持ちを入れて、楽しくお話しができたら良いなと思っています。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この番組は過去の放送をポッドキャスト配信で聴くことができます。
パソコンの方は番組HP右側の『いつも聴く!ポッドキャスト』、スマートフォンの方は番組HP下の「オンデマンド・ポッドキャストはこちら」をご覧ください。