「21世紀の台湾と日本」2021年6月28日(月)初回のコメンテーターは池田リリィ茜藍さん(通訳・翻訳家)です [放送内容]
2021/06/21(月) 12:00 番組スタッフ
アジアフレンドシップシリーズ「21世紀の台湾と日本」今年度も放送が決定!

台湾は環境問題など、日本が直面する諸課題に早くから向き合ってきた社会として"今"を学ぶ項目が豊富です。
"台湾ロス"の言葉にも象徴されるように、今だからこそ新しい世界を拓き、発見する喜びを体験できるよう、番組開始から21年目の今年は「観光」「経済」「芸術・文化」「留学」を中心にお送りします。

■放送日時
ラジオNIKKEI第1 2021年6月~12月 全8回シリーズ
2021年6月28日(月)より毎月第4月曜日18:00~18:45(12月のみ第3・4月曜日)

後援
 台北駐日経済文化代表處
 公益財団法人 日本台湾交流協会
 台湾観光局

■パーソナリティ
山本 直也(フリーアナウンサー)

今回初回ゲストコメンテーターを務めていただいた通訳・翻訳家の池田リリィ茜藍(チェンラン)さんから意気込みコメントが届きました
今後もご出演いただく予定なのでお楽しみに!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日台の"伝え人"として、翻訳・通訳の業務に従事しています。
台湾にゆかりのない皆さまをはじめ、一人でも多くの方々に、心あたたまるメッセージや交流秘話をお届けできるよう、精一杯努めたいと思います。



撮影:Satoshi Kaneko

 

コメント