ラジオNIKKEIの聴き方


ゆったり聴く! ラジオ

短波ラジオ

ラジオNIKKEIは短波という電波を使って放送しています。
そのため、短波が受信できるラジオが必要です。

短波という電波は、地上数百キロにある電離層を反射することで日本全国に届きます。電波の伝わり方・聴こえ方は、自然現象に大きく左右され、時間、季節、受信する地点によって常に変動します。現在は3つの電波を出して同時に放送していますが、今年10月1日からは、最も聴かれている6MHzを中心に送信し、一部時間帯は3MHzで補完・代替する体制に移行します。9MHzは通常は休止しますが、大規模災害の発生時などには緊急放送にあたります。

◇使用周波数
ラジオNIKKEI第1:3.925MHz、6.055MHz、9.595MHz
ラジオNIKKEI第2:3.945MHz、6.115MHz、9.760MHz

運用変更後の詳しい送信体制は以下の通りです。 なお放送時刻に変更はありません。

ラジオNIKKEI第1は終日6MHzで放送し、朝と夕方以降のみ3MHzで補強します。
ラジオNIKKEI第2は朝から6MHzで放送し、(もともと6MHzの免許のない)19時以降は3MHzで代替します。

- 図をクリックすると拡大します -


(注)これ以外の周波数や時間も、大地震など大規模災害発生時などは緊急放送を発信します