番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週木曜日 17:00~17:30
協力:一般社団法人 日本IFA協会

マーケットの“今”をつかむHOTなトピックをお届けしていくとともに、新たな時代を予感させる有望企業や業界を牽引するリーダー的企業の経営トップの素顔に迫っていきます。*ポッドキャスト、オンデマンド配信有り
★2019年1月から放送枠は木曜17:00~17:30になりました

New!【番組アーカイブの聴き方】
2019年1月から過去放送分は「ラジコタイムフリー」と「ポッドキャスト」に集約し、オンデマンドを廃止しました。従来のように音声をダウンロードせずブラウザで聴取したい方は当ページ右「いつも聴く!ポッドキャスト」内の過去のアーカイブ」をクリックのうえリンク先の過去放送一覧からお選びください。なおラジコタイムフリーの配信期間は放送7日後までで、一度再生した場合聴き直しは24時間以内となりますのでご注意ください。

新着記事

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:PALTEK<東証2部・7587>2019.3.14 [番組放送後記]

2019.03/14 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証2部上場株式会社PALTEK 代表取締役会長 高橋忠仁さんでした。


番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:キャピタル・アセット・プランニング<東証2部・3965>2019.3.7 [番組放送後記]

2019.03/07 番組ディレクター 記事URL



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証2部上場株式会社キャピタル・アセット・プランニング
代表取締役社長 北山雅一さんでした。


昨年9月18日に、東証JASDAQから東証2部に市場変更し、
企業ミッションである「フィンテックで豊かな老後と円滑な相続・事業承継を
創造すること」を実現に取り組んでいるキャピタル・アセット・プランニング
(以下CAP)。


金融サービス企業IDC Financial Insightsが発表する世界の金融ITサービス企業の
ランキング「FinTech Rankings(フィンテック・ランキングス)」では88位に
ランクインし、日本におけるフィンテックの先駆者としてその存在感を強めています。


長寿化などにより人生モデルが多様化している今日、銀行や対面証券など
金融サービスを取り扱う金融関連企業では商品の見える化や、より個のニーズに
応じたサービス提供が求められるようになってきましたが、それらの実現に欠かせない
のがスマホやI o TでありCAPが蓄積してきたノウハウや技術なのです。


「目指すは東証1部への昇格」とおっしゃる北山社長が、その実現のため
打って出る今後の事業展開について、我らが櫻井所長が深掘りしていきます。


番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:デジタル・インフォメーション・テクノロジー<東証1部・3916>2019.2.28 [番組放送後記]

2019.02/28 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証1部上場
デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社 代表取締役社長 市川聡さん でした。


自動車の自動運転関連、
業務効率化、
サイバーセキュリティ。

まるで今の世の中を動かしているキーワードを並べたかにも思えるこれらの領域を
自社の基幹事業として手掛けているデジタル・インフォメーション・テクノロジー(DIT)。

もちろん手掛けるだけではなくそれぞれの分野できちんとした結果を
上げていることは、2019年6月期中間決算で増収増益で過去最高益を更新していること、
順調な進捗率、そして9期連続増収増益予定という数字面からも見てもあきらかだと
思います。

"最先端のIT技術で安心・安全な社会づくりに貢献する"というポリシーのもと、
さらなる飛躍を遂げる同社の成長戦略や今後の事業展開について、我らが
櫻井所長が丁寧に深掘りしていきます。


番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:シンシア<東証1部・7782>2019.2.21 [番組放送後記]

2019.02/21 番組ディレクター 記事URL



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証1部上場株式会社シンシア  代表取締役執行役員社長 中村研さん でした。


世の中 色々な分野で新製品が開発され、分野によっては目覚ましい進歩や進化を
遂げているものも少なくありませんが、「コンタクトレンズ」という分野もまた
ここへきてユーザーの快適性にこだわったものが登場してきています。

"誠実に"という意味をそのまま社名にした「シンシア」は、まさにその
コンタクトレンズという分野で新製品を武器に業界にうって出た企業の一社です。
2月22日発売の新製品「シンシアワンデーS」は業界初のヒアルロン酸採用コンタクト、
さらにシリコンハイドロゲル素材の使用により従来品の約12倍の酸素透過率を
実現したといいます。

コンタクトレンズ使用者の91.3%が乾燥感、違和感、異物感を感じるという
調査結果がある中で高い酸素透過率はこれらの不快感を改善するのに
大きな期待が寄せられており、実際 眼科医からも高評価を得ているそうです。

外資系や国内老舗上場企業にも数社 コンタクトレンズを取り扱う企業は存在し、
そういった意味ではシンシアは後発企業であることは否めませんが、
その分 周囲の状況を見回して的確に動けること、さらに工場を持たない
ファブレス企業であることも加わって、厳選した素材を使用することを可能にし
成長を遂げることに成功しています。


新製品投下により切り拓かれる今後の同社の事業展開や魅力を、我らが
櫻井所長が丁寧に明らかにしていきます。

番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:セグエグループ<東証2部・3968>2019.2.14 [番組放送後記]

2019.02/14 番組ディレクター 記事URL



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証2部上場セグエグループ株式会社  取締役経営管理部長 福田泰福さん、そして
セグエグループ傘下企業 ジェイズ・コミュニケーション株式会社
事業推進本部営業推進部長代理 
太田博士さんでした。


先日2月1日の日本経済新聞トップにも掲載されていた
「総務省、IoT機器の防御の義務化」の記事。

IoTによりありとあらゆるものがインターネットでつながることで便利になる
一方で、それを逆手にとってサイバー攻撃を仕掛けられる可能性も高まります。
一度 攻撃を仕掛けられてしまうと以前にも増してかなりの規模で打撃を受ける
危険性を孕んでいるだけに、そういった事故が起こる前に事前に備えよ、
という世の中の流れは当然のことです。

こうしたセキュリティ対策への関心の高まりを追い風に、着々と成長を
遂げているのがセグエグループ。

先端的なセキュリティ商材をいち早く輸入し、それらの製品販売と
自社開発のソリューションやサービス販売を展開。さらに社員の7割が技術者
だという同社は技術者教育などの人材育成にも積極投資し、"高い技術力"を
付加価値としてつけることでさらに一段上のサービス提供を実現しています。

その結果 上場来連続2桁増益を達成。
今期2019年12月期決算でも売上高+8.1%、経常利益+18.1%を見込んで
います。


昨年12月、東証JASDAQ市場から東証2部に市場変更、もちろんその先に
目指すのは東証1部への昇格です。

ITソリューション事業、その中でもセキュリティという高い注目が
集まる分野に強みをもつ同社の気になる今後の展開を、我らが櫻井所長が
ググっとフォーカスしていきます。


番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:エル・ティー・エス<マザーズ・6560>2019.2.7 [番組放送後記]

2019.02/07 番組ディレクター 記事URL



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証マザーズ上場株式会社エル・ティー・エス  代表取締役社長 樺島弘明さん でした。


「働き方改革」というキーワードで言えば、まさにその王道的存在であるエル・ティー・エス。
放送翌日に発表された今期2019年12月期決算では営業利益の+11%増益を見込んでいます。

企業一社一社の働き方に合わせた業務の自動化支援を行う"プロフェッショナル事業"、
日本国内に2万8000社あると言われるIT企業のサービスの可視化とマッチング支援を
行う"プラットフォーム事業"を軸に順調な成長を続けています。

働き方改革という旗の下、多くの企業がプロジェクトを組んで業務プロセスの見直しを
行おうとしている中、実際 着手してみると具体的に何をどうすればよいのか? 意外と
とまどうことも多いはず。そういった企業に対し、同社は業務プロセス全体の見直しを
可視化し、設計、アセスメントを実施しています。
特にデジタルテクノロジーを用いての事務処理の自動化支援を得意としているのです。


人材不足、業務のIT化などを背景に、今後ますます企業からのニーズが高まるであろう
同社の戦略を、我らが櫻井所長が鋭い視点で深掘りしていきます。


番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

櫻井 英明
さくらい えいめい

日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。ラジオNIKKEIでは常時複数のレギュラー番組でパーソナリティを務める。特に上場企業トップ、担当者をゲストに迎えた個人投資家向けIR番組、セミナーでは圧倒的な実績と高い評価を誇る。「櫻井英明のEimei.TV」ではPCおよび国内モバイル主要3キャリアの公式スマホサイトにて、毎日株式情報を配信中。

正木 彰夫
まさき あきお

NPO法人日本IFA協会 副理事長
日系証券会社を経てメリルリンチ東京支店に入社、金融法人営業担当。メリルリンチ日本証券執行役首都圏営業本部長を最後に2002年退社。04年に日興コーディアル証券IFA業務を開始。07年にNPO法人日本IFA協会を設立・副理事長に就任、現在に至る。

パーソナリティ一覧はコチラ