番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週木曜日 17:00~17:40
協力:NPO法人 日本IFA協会

マーケットの“今”をつかむHOTなトピックをお届けしていくとともに、新たな時代を予感させる有望企業や業界を牽引するリーダー的企業の経営トップの素顔に迫っていきます。*ポッドキャスト、オンデマンド配信有り
★2018年1月から放送枠は木曜17:00~17:40に拡大&移動しました

新着記事

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:アンジェス<マザーズ・4563>2018.5.17 [番組放送後記]

2018.05/17 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証マザーズ上場
アンジェス株式会社 代表取締役社長 山田 英さんでした。


今年1月、重症虚血肢を対象とした遺伝子治療薬の国内承認申請を
行ったアンジェス。
これが承認されれば国内初の遺伝子治療薬になるのだそう。

承認されるかされないかが判明するのには1年ほどかかるとのことですが、
アンジェスは遺伝子医薬のグローバル・リーダーを目指し、日夜
研究開発に取り組んでいます。


同社の事業展開の特徴は大きく分けると3つ。
まず一つは遺伝子医薬の研究開発に特化していること、
二つ目は現状 有効な治療法のない疾患・病気を対象としていること、
そして三つ目は国内外の製薬会社と戦略的提携を行っていることです。

本来 医薬品の開発は多くの場合、10年前後の月日を必要とするものです。
そういった意味では目先の動きに捉われがちな株式市場においては
なかなか評価が難しいかも知れません。

ただ医薬品開発の成功を一番に願っているのは、現状有効な治療法が
見つからず途方に暮れていたり、新薬の効能に一縷の望みをつないでいる
患者の方々のはず。

アンジェスではこうした患者の方々の期待に応えるため、限られた
資源を有効活用するための製薬会社との戦略的提携や、研究開発のための
安定した資金調達にも取り組んでいるそうです。



現時点では研究開発の途上であるものも多いものの、先述した重症虚血肢の
遺伝子治療薬の承認申請を皮切りに今後も積極的な事業展開を目指して
いきたいとする同社の注目点に、我らが櫻井所長が鮮やかに斬り込んで
いきます。



番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
詳細はぜひオンデマンドでcheckしてみてくださいね。



「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:ディップ<東証1部・2379>2018.05.10 [番組放送後記]

2018.05/10 番組ディレクター 記事URL



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証1部上場ディップ株式会社 岩田和久 取締役COO でした。


「バイトル」や「はたらこねっと」など日本最大級の派遣求人サイトを
運営しているディップ。

"ディップ=dip"というその社名はdream、idea、passionの頭文字を
組み合わせたものだそうで、実際 社内ではプロモーションなどのアイデアを
社員から募る仕組みがあったり社風そのものにも夢とアイデアと情熱が満ち溢れて
いる様子がうかがえます。

求人サイトはこれまでにも多く存在していましたが、ディップが創業当初から
一貫しているのが紙媒体での展開を行わず、ネット媒体やスマホなどの
モバイル媒体での展開にその的を絞ってきたこと。

様々な業界で人手不足が叫ばれる中、いまや若い人の多くはネット媒体から
情報を得る時代。当初からネットやスマホ媒体での展開に照準を合わせてきた
同社には、まさに現状は追い風と言えます。

さらにこの追い風の勢いのまま、ネット展開に優位性があるからこそできる
職場の現場の動画の公開を行ったり、業界初となる仕事体験応募・職場見学応募
機能をリリースするなど積極的に新規展開を行っています。


某アイドルグループのCM起用により若者からの圧倒的認知度を誇る同社の
魅力や気になる今後の展開を、我らが櫻井所長が丁寧に切り出していきます。

番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
ぜひオンデマンドでcheckしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:ワイヤレスゲート<東証1部・9419>2018.04.26 [番組放送後記]

2018.04/26 番組ディレクター 記事URL



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証1部上場株式会社ワイヤレスゲート 池田武弘 代表取締役CEO でした。


ワイヤレスゲートを一言で言うなれば「無線通信サービスのPASMO!」という櫻井所長。
その例えの意味は、同社が適材適所かつ便利な無線通信サービスを提供していきたい、
というところに起因しています。

実際 ワイヤレスゲートでは今や無線通信のインフラとしてなくてはならない「Wi-Fi」を
安くて早くてどこでも使えるサービスとして提供しています。
さらに通信インフラの充実が進むにつれ、色々なソリューションを付加し活用できる
ところにまで領域にまで達しています。

ここまでのことをワイヤレスゲートは少数精鋭(1部上場企業ながら社員数が20数名!)で
やってのけてきたのですが、だからこそ池田社長は次なるフェーズとして今度は
"失敗を繰り返しながら、今度は何もないところから新しいものをつくる"という
体制づくりの着手を掲げています。


そして、そんな中、今 同社が新たに挑み始めたのが、ある意味 圧倒的力をもつ
携帯電話キャリアへの挑戦ともいうべき「携帯キャリアがもつLTE技術の民主化」です。

具体的に歯2017年9月に発表されたリリースに
「LTE over Wi-Fi技術を活用したセキュリティソリューションを開発」とあるのですが、
櫻井所長、正木研究員に限らず一般市民でもなかなか理解できないのがこの手の
IT専門技術の内容(苦笑)。

一言で言うとPCがセキュリティの高い安全な状態で、携帯電話のように簡単に使える
ようになります...ということらしいのですが。。。


具体的に実現したらどれだけすごいことなのか? という疑問はもちろん、
今後同社がさらなる飛躍を遂げようとしている大いなる戦略を、我らが櫻井所長が
わかりやすく丁寧に一つ一つつまびらかにしていきます。



番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
ぜひオンデマンドでcheckしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:ロコンド<マザーズ・3558>2018.4.19 [番組放送後記]

2018.04/19 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証マザーズ上場
株式会社ロコンド 代表取締役 田中裕輔さん でした。


「靴」を中心とした通販サイトを運営するロコンド。
数あるファッション系ECサイトの中でも靴に特化する、ということに
男性の中には「???」と思われる方もいるかも知れません。

しかし!
世の女性の靴やバッグに対して示すこだわりや関心はかなりのもの。
実際 百貨店やセレクトショップなどに足を運んでみると、同じ靴やバッグ
であっても男性物と女性物ではその売り場面積の差は歴然としています。

ロコンドが他のECサイトと一線を画すのが"自宅で試着・気軽に返品"
という点。ECサイトでありがちな実際に手元に届いたらイメージが違う、
サイズが合わないなどの問題を解消すべく、規定の期間内であれば返品や
サイズ交換に伴う費用が無料になるという利用する側としては画期的かつ
うれしいサービスを実現しています。


ユニークな着眼点もさることながら最近ではデヴィ夫人を起用した
TV CMも話題となっていた同社。けれどもマーケットでそれ以上に反応を
示したのが同社が4月13日に発表した2018年2月期の決算内容。
経常損益は+60%となり増収増益、ここまではよしとして
2019年度2月期の会社見通しで営業損益▲10億円という数字がいきなり
飛び出してきてしまったのです。

......でも、この数字の理由はきちんとした今後の成長戦略があってのこと。

今回ご出演いただいた田中社長は、Eコマース事業を展開する
重要ポイントに下記4点を挙げています。
 1.商品展開、品揃え
 2.Webサイトにユーザビリティー
 3.倉庫を軸としたオペレーション
 4.広告展開による認知度向上

この4つのポイントをバランスよく拡大していくことこそ、ECサイトを
大きく成長させていくことができるというのが田中社長の持論。

実際この持論に基づき、ここ数年同社では商品・品揃えが継続的に増える
モデルを確立し、Webエンジニアを増員してサイトの充実を図り、倉庫の
移転・拡張で取扱高を伸長させる受け皿を整えてきました。そして今、
準備万端整ったところで、大々的な広告展開を仕掛けつつある、という
状況なのです。


実は同社には、もう一つ大きな強みがあります。
それは現金(資本金)をしっかり持っているということ。ここを溜め込む
消極的な手法ではなく、財務体質の健全さをしっかり保ちつつ、潤沢な
資金を今後の成長のための投資に回す...、今はまさにその成長フェーズに
入ったところなのです。

現状150億円の取扱高を2020年には300億円とし、さらにその後
近い将来には1000億円も視野に入れているという田中社長。


正木研究員をも納得させる理に適った成長戦略の全容に
我らが櫻井所長が鮮やかに斬り込んでいきます。


番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
詳細はぜひオンデマンドでcheckしてみてくださいね。



「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:ウイルプラスホールディングス<東証1部・3538>2018.04.12 [番組放送後記]

2018.04/12 番組ディレクター 記事URL



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証1部上場株式会社ウイルプラスホールディングス 成瀬隆章 代表取締役 でした。


前回ご出演いただいた2017年8月24日時点では東証JASDAQ上場、
その後 同年9月6日に東証二部に市場変更し、さらに2018年2月20日には
東証一部に昇格と怒涛の快進撃を続けるウイルプラスホールディングス。


もちろん上場市場の変更のみにとどまらず、本業でもこれまでの
FIAT・Alfa Romeo・ABARTH・CHRYSLER・JEEP・BMW・MINI・VOLVOブランドに
加え、3月末から英国御用達「JAGUAR」と昨今のSUVブームの中でも人気上位の
「Land Rover」の取扱いも開始。

単に取扱いブランドが増えたというスケールメリットだけではなく、これにより
一つの店舗で複数のブランド車を比較できるようになるなどユーザーメリットも
ますます向上することになります。

輸入車はそのデザイン性もさることながら電気自動車やプラグ・イン・ハイブリッド
などの分野では国産車よりも優位性が高いものも多く、さらに価格面でもひと昔前に
比べれば意外とお手頃価格な車種・ラインも増えてきつつあるので今後の市場拡大の
期待がますます高まりつつあります。
(某有名高級輸入車は15分の充電で450kmの走行が可能になったものもあるとか!)


「未来に+αの喜びを」を企業理念にさらなる進化を遂げようとする
国内輸入車ディーラーの次なる一手を、我らが櫻井所長が軽快に紐解いていきます。



番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
ぜひオンデマンドでcheckしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:インフォテリア<東証1部・3853>2018.04.05 [番組放送後記]

2018.04/05 番組ディレクター 記事URL



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証1部上場インフォテリア株式会社 平野洋一郎 代表取締役社長/CEO でした。


1998年に都内の6畳一間のアパートからスタートしたインフォテリア。
国内シェアNo.1ソフトを複数抱え、いまやブロックチェーンのど真ん中企業と
なった同社は、先日3月26日、東証マザーズから満を持しての東証一部昇格を
果たしました。

創業時から一貫して手掛けてきたのが"つなぐ"ソフトウェアの開発。
国内初となるインターネット上でシステムを"つなぐ"技術である「XML」の
専業ソフトウェア開発に始まり、いまやモノとシステム、人とモノなど
つなぐべきものは多岐にわたります。

同社創業前 世界中で使用されているソフトを扱う外資系企業に10年ほど勤務
されていたという平野社長は、そこでどんなふうにやれば(なれば)そういった
世界中で使われる存在になるかを体感されたそうです。そしてその経験こそが
つなぐべきもの・つながることにあたって求められるニーズを的確に見極める
目となり、さらにブロックチェーンに対する豊かな発想へとつながっていった
のかも知れません。


シェアNo.1ソフトを開発するにあたっての事業モデルや同社における今後の
ブロックチェーンにおける気になる取り組みなどを、我らが櫻井所長が
平野社長がこれまでに体感されてきたことなどを掘り下げながら、わかりやすく
紐解いていきます。

番組をお聴きになった方も、まだこれから...という方も、
ぜひオンデマンドでcheckしてみてくださいね。

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

櫻井 英明
さくらい えいめい

日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。ラジオNIKKEIでは常時複数のレギュラー番組でパーソナリティを務める。特に上場企業トップ、担当者をゲストに迎えた個人投資家向けIR番組、セミナーでは圧倒的な実績と高い評価を誇る。「櫻井英明のEimei.TV」ではPCおよび国内モバイル主要3キャリアの公式スマホサイトにて、毎日株式情報を配信中。

正木 彰夫
まさき あきお

NPO法人日本IFA協会 副理事長
日系証券会社を経てメリルリンチ東京支店に入社、金融法人営業担当。メリルリンチ日本証券執行役首都圏営業本部長を最後に2002年退社。04年に日興コーディアル証券IFA業務を開始。07年にNPO法人日本IFA協会を設立・副理事長に就任、現在に至る。

パーソナリティ一覧はコチラ