番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週木曜日 17:00~17:30
協力:一般社団法人 日本IFA協会

マーケットの“今”をつかむHOTなトピックをお届けしていくとともに、新たな時代を予感させる有望企業や業界を牽引するリーダー的企業の経営トップの素顔に迫っていきます。*ポッドキャスト、オンデマンド配信有り
★2019年1月から放送枠は木曜17:00~17:30になりました

New!【番組アーカイブの聴き方】
2019年1月から過去放送分は「ラジコタイムフリー」と「ポッドキャスト」に集約し、オンデマンドを廃止しました。従来のように音声をダウンロードせずブラウザで聴取したい方は当ページ右「いつも聴く!ポッドキャスト」内の過去のアーカイブ」をクリックのうえリンク先の過去放送一覧からお選びください。なおラジコタイムフリーの配信期間は放送7日後までで、一度再生した場合聴き直しは24時間以内となりますのでご注意ください。

新着記事

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:システムインテグレータ<東証1部・3826>2019.4.18 [番組放送後記]

2019.04/18 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証1部上場
株式会社システムインテグレータ 取締役管理本部長 山田ひろみさん でした。



番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:日本取引所グループ<東証1部・8697>2019.4.11 [番組放送後記]

2019.04/11 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証1部上場
株式会社日本取引所グループ 広報・IR部長 宮司和幸さん でした。

東京証券取引所と大阪証券取引所が2013年1月に経営統合してできた
日本取引所グループ。
遡ればその歴史は古く、明治初期の1878年、創設者の一人として渋沢栄一が
名前を連ねる東京株式取引所と、五代友厚が創設者の大阪株式取引所が
それぞれのルーツです。

企業に対しては機動的な資金調達の場を、
投資家には有効な資産活用の機会を提供、そして価格発見機能を果たす同社は
日本の資本市場を支える存在といっても過言ではないでしょう。

株式取引所創設から140周年を迎え、さらに今後 東証では市場再編も
予定されておりその動向は大いに気になるところ。

その市場再編も含め、なにかと注目ポイントの多い同社の今後の注目点や
展望を我らが櫻井所長がズバリ聞き出していきます。


番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:ANAP<東証JQ・3189>2019.4.4 [番組放送後記]

2019.04/04 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証JASDAQ上場
株式会社ANAP 代表取締役社長 家髙利康さん でした。


「楽しくないとモチベーションは上がらないから!」
そう言い切って創業当時からとにかく楽しい空間を創造することに徹して
いるという家髙社長。

多くの女性が "洋服を買う" ことにトキメキを感じる一方、SNSやネットの
普及により、その買い方は大きく変化しました。

......が。時代は単なる消費からイベント型のコト消費へ。
そんな流れもあってかここへきてネットだけではなくリアルの実店舗の
売上げも好調をキープ。ネットからリアルにお客さんが戻ってきてるのだそう。

リアルな店舗が、色々なものを詰め込んだ楽しいイメージであることを
何よりも大切しているという家髙社長ですが、そのためには働いている側の
作業負担も考えて、業務効率化のためのAI・IT化にも積極的に取り組んで
います。

売り方も製品ラインナップなど、時代に合わせて買えていかなければ
ならないこの時代で、単に変化するのではなく"創造して進化"しなければ
生き残ってはいけません。

流行に最も敏感な業種の一つであるからこそ、柔軟かつ斬新な視点での
経営で今後も目が離せない同社の魅力を、我らが櫻井所長が鮮やかに
切り出していきます。

番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:メディカル・データ・ビジョン<東証1部・3902>2019.3.28 [番組放送後記]

2019.03/28 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは東証1部上場
メディカル・データ・ビジョン株式会社 代表取締役社長 岩崎博之さん でした。


豊富な実証データに基づいた医療の実現を目指しているメディカル・データ・ビジョン。

医療技術や医薬品は日々進化しているのに、それ以外のシステムなどになると
途端にIT化、ICT化が遅れいているのが実状です。

特に医療において患者の立場にたった時になくてはならない「カルテ」は
デジタル化が遅れているものの一つといえると思います。
患者情報が記録されているカルテは医療の根幹であるとも言えますが、
そのデータは意外なほど共有されていません。

患者とドクターとの関係が希薄になりつつある中で、臨床データの共有化の実現は
今後ますますなくてはならないことになってくるはずです。


そんな医療・健康情報のデータを創業以来蓄積し有効活用することで
成長を遂げてきた同社の需要は今後も増していくことでしょう。
我らが櫻井所長が同社の魅力や今後の展望を、一つ一つ丁寧に導き出して
いきます。


番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:PALTEK<東証2部・7587>2019.3.14 [番組放送後記]

2019.03/14 番組ディレクター 記事URL




今回の
『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証2部上場株式会社PALTEK 代表取締役会長 高橋忠仁さんでした。


"半導体商社"と呼ぶにふさわいいPALTEKですが、単なる半導体の製造販売に
とどまらないところにこそ今後の同社への成長期待が高まっている所以です。

というのも、多くの場合 これまでの半導体製造については画一的なものを
大量に生産する...ということが主流だったのに対し、高橋会長は以前から
個別ユーザーのニーズに沿った質重視という考え方を打ち出されていたからです。

そして時代は今 AIや5Gなどの分野で個別案件ごとに再構築可能な半導体が
求められる時代に。まさに顧客の要望ごとに対応しやすいことがカギとなって
きたわけです。

そんな中 同社が取り扱う半導体製品「FPGA」は半完成品状態で製造されて
いるためニーズに合わせたプログラミングを搭載することが可能。つまり
半導体製品自体にAIを搭載することが可能となるため、よりコンパクトに、
さらに通信量を抑え、遅延時間の短縮を実現し、さらにセキュリティも向上させる
という今までにない製品モデルとなっています。

もちろんそれは容易なことではなく、落とし込むノウハウをきちんと持っている
からこそできることなのです。


まさに"時代のニーズ"を的確にとらえた事業展開で、今後の発展にますます
注目が集まる同社の魅力を、我らが櫻井所長が丁寧に深掘りしていきます。

番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

「櫻井英明のシン投資知識研究所」ゲスト:キャピタル・アセット・プランニング<東証2部・3965>2019.3.7 [番組放送後記]

2019.03/07 番組ディレクター 記事URL



今回の『櫻井英明のシン投資知識研究所』みなさんいかがだったでしょうか?

『櫻井英明のシン投資知識研究所』本日のゲストは
東証2部上場株式会社キャピタル・アセット・プランニング
代表取締役社長 北山雅一さんでした。


昨年9月18日に、東証JASDAQから東証2部に市場変更し、
企業ミッションである「フィンテックで豊かな老後と円滑な相続・事業承継を
創造すること」を実現に取り組んでいるキャピタル・アセット・プランニング
(以下CAP)。


金融サービス企業IDC Financial Insightsが発表する世界の金融ITサービス企業の
ランキング「FinTech Rankings(フィンテック・ランキングス)」では88位に
ランクインし、日本におけるフィンテックの先駆者としてその存在感を強めています。


長寿化などにより人生モデルが多様化している今日、銀行や対面証券など
金融サービスを取り扱う金融関連企業では商品の見える化や、より個のニーズに
応じたサービス提供が求められるようになってきましたが、それらの実現に欠かせない
のがスマホやI o TでありCAPが蓄積してきたノウハウや技術なのです。


「目指すは東証1部への昇格」とおっしゃる北山社長が、その実現のため
打って出る今後の事業展開について、我らが櫻井所長が深掘りしていきます。


番組をお聴きになった方も、またこれから......という方も、
ぜひradikoのタイムフリーやポッドキャストでぜひCHECKしてみてくださいね。

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

櫻井 英明
さくらい えいめい

日興証券での機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て、2008年7月からストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。幅広い情報チャネルとマーケット分析、最新経済動向を株式市場の観点から分析した独特の未来予測に定評があり、個人投資家からの人気も高い。ラジオNIKKEIでは常時複数のレギュラー番組でパーソナリティを務める。特に上場企業トップ、担当者をゲストに迎えた個人投資家向けIR番組、セミナーでは圧倒的な実績と高い評価を誇る。「櫻井英明のEimei.TV」ではPCおよび国内モバイル主要3キャリアの公式スマホサイトにて、毎日株式情報を配信中。

正木 彰夫
まさき あきお

一般社団法人日本IFA協会 理事長
日系証券会社を経てメリルリンチ東京支店に入社、金融法人営業担当。メリルリンチ日本証券執行役首都圏営業本部長を最後に2002年退社。04年に日興コーディアル証券IFA業務を開始。07年にNPO法人日本IFA協会を設立、副理事長に就任、18年一般社団法人日本IFA協会を設立し19年理事長に就任、現在に至る。

パーソナリティ一覧はコチラ