第4回 労基法の全体像
2012/09/12(水) 17:45 スタッフK

今回は労働基準法=労基法の全121条を13の章ごとに分けてご紹介しています。
ここで13の章を改めてご案内しておきましょう。

第1章 「総則」・・・プロローグみたいなもの。
第2章 「労働契約」・・・ここからが労基法のメイン
第3章 「賃金」・・・労働契約の中でも大切なお金のことをより詳しく定めています。
第4章 「労働時間、休憩、休日、及び年次有給休暇」・・・これも労働契約上、定めておかなければならないことです。
第5章 「安全及び衛生」・・・「労働安全衛生法」のルーツがこの章になります。
第6章 「年少者」
第6章の二 「妊産婦」
第7章 「技能者の養成」
第8章 「災害補償」・・・ここから「労災」と呼ばれる労働者災害補償保険法が生まれています。
第9章 「就業規則」
第10章「寄宿舎」
第11章「監督機関」
第12章「雑則」
第13章「罰則」

これらの法律によって労働者は過度に劣悪な条件で働くことがないよう守られています。


コメント