第1回 労基法ってなんだろう?
2012/09/06(木) 17:45 スタッフK

BizステージHRシリーズでは、有料販売コンテンツ「社会保険料節約法」、無料番組「助成金活用法」「社会保険入門」とお送りしてきて、今回の「労基法のキホン」はシリーズ第4弾。このシリーズの講師、松川裕馬先生(社会保険労務士)もだいぶ、ラジオにも慣れてきました。

松川先生はふだんの社労士としての業務や、セミナー講師などを通じて、労働基準法=労基法をもっと知っていたら、「きちんと会社が回って無用のトラブルが避けられるのに」とか「会社の状態が苦しいのに、経営者が知らないばかりに資金面ですごく苦労をしている。」ことなどを防げるのに。是非、経営者も働く人にも、また会社で労務・人事を担当されている方に、もう一度基礎から労基法のことを知ってもらいたい。そんな気持ちでこの番組を企画しました。是非、8回、合計2時間の番組を繰り返し、聴いていただいて経営改善に繋げていただければと思っています。

さて、第1回のテーマは「労基法ってなんだろう?」
働くとき、どうしても雇う側は、何とかして雇ってもらいたい労働者に比べて有利な立場に立ちます。有利な立場にある使用者と不利な立場で契約を結ばざるを得ない労働者の間に立って、最低限守らないとならないルールを定めているのが労基法です。今回の番組では、セリフいりで、無理な労働条件の例を挙げていますので、このどこが悪いのかを次回以降の番組を聴いていただくことで、是非ご理解いただければと思います。

難しい用語や、数字などをこのページでご案内しますので、ぜひ番組と合わせてご利用ください。

是非、労基法を理解した上で、具体的な節約方法は、BizステージHRの有料販売コンテンツ「社会保険料節約法」でお聴きいただきたいと思います。


コメント